スコとyuwataの部屋

スコティッシュフォールドのスコとyuwataのブログです。

Street Kings

2018年09月18日 21時30分26秒 | 映画

げっ、ハンサムマンのキアヌ・リーブスと同級であった。

同じイケメンの僕の方がちょっと若い。(笑)

 

 

僕はこの映画は設定、舞台が違うが、『ジョン・ウィック』の前身とみている。

シビアな演技のキアヌも好きだが、アクション満載の彼も好きだ。

彼の私生活も匂わす、影の表情がいい。

コメント

Kongens nei

2018年09月18日 20時27分24秒 | 映画

ノルウェー映画。

原題の意味は「国王の拒絶」。

邦題は『ヒトラーに屈しなかった国王』。

 

 

たまにはアメリカ合衆国以外の国の映画を観てみるのもいい、勉強になる。

第二次世界大戦時、ドイツ軍の侵攻に激しく抵抗したノルウェー国王ホーコン7世を描いた歴史ドラマである。

戦争がいかに悲劇、悲惨であるかは、痛いほどにわかっているつもりだが・・・・・。

 

ノルウェー王国立憲君主制国家で首都はオスロ

人間開発指数(HDI)が、世界トップクラスに位置する。

また世界で最も男女平等が浸透している国としても知られている。

 

曲、小説で『ノルウェーの森』が有名だ。

コメント

A Time to Kill

2018年09月15日 16時51分36秒 | 映画

僕でもそうしただろう・・・・。

 

この映画も2、3回観ただろうか?

映画だけのことではない。

この世界は男と女、人種、マインドなところで宗教間の各差別が横行している。

何千年経っても終息、解決はしていない。

実際ならず者、鬼畜者が大勢いるのが現状である。

正義とはなんなのか?

道徳とはなんなのか?

倫理とはなんなのか?

今一度、自分自身で考え、思い起こす必要があると思う。

 

法廷物が好きだ。

再度この映画を観てみると、僕の好きな俳優が大勢出演している。

有名なところでマシュー・マコノヒー、 サンドラ・ブロック、

サミュエル・L・ジャクソン、 ケヴィン・スペイシー、

ドナルド・サザーランド、その息子のキーファー・サザーランド、アシュレイ・ジャッド等。

コメント

Nocturnal Animals

2018年09月11日 09時26分15秒 | 映画

彼女(元妻)に送った自分が作った小説の中と、現実、過去が錯綜、交差する。

彼は彼女を愛していたが、その小説の真髄で彼女の事を、自分自身を整理しようとしてたのか?

ジェイク・ジレンホールは『サウスポー』も観たが、いろんな意味で幅の広い役者になったなぁ。

 

コメント (2)

Still Alice

2018年08月29日 09時24分34秒 | 映画

楽しかった、嬉しかった記憶。

は温存してもらいたい。

胸が張り裂けそうな辛い、嫌な記憶。

は消し去ってもらいたい。

それが僕の願いである。

 

でも実際この病気は全ての記憶を奪ってしまう。

・・・・怖ろしい。

コメント

Safe Haven

2018年08月27日 07時16分49秒 | 映画

とは、安全な居場所という意味。

天国が一番最良の場所なのかも知れない。

 

いきなりサスペンスフルな話で始まる・・・・。

意外な事実で困惑する。

う~ん、これは僕も痛いほど良くわかる。

これほど酷くは無いけれど。

最後に思わぬ驚きが・・・・・。

 

コメント

Abre los ojos

2018年08月26日 13時19分57秒 | 映画

スペイン映画。

オリジナルの『オープン・ユア・アイズ』である。

ハリウッドでリメイクの『バニラ・スカイ』はトム・クルーズ主演で有名である。

ともに2、3回は見た。

女優のペネロペ・クルスはリメイクでも出演。

どちらも金持ちのイケメンいい女の中で物語は進行する。

しかし、悲劇は待ち構えている。

悲しいけれど人事とは思えないので、僕は好きな作品だ。

確かに『』を観ている時は現実だと思う時もあるよね。

 

 

今の現実も我々は錯覚を見せられているのかも?

いい加減目を覚ました方がいいのではなかろうか?

 

げっ、ペネロペ・クルスの旦那が『ノーカントリー』ハビエル・バルデムだとは今知った。

コメント

Ready Player One

2018年08月25日 11時02分23秒 | 映画

スピルバーグらしい映画だね。

巧みな脚本と映像。

これもありかな?

ガンダムも出てきたぞぉ~。

メカゴジラと対戦。

原作にはウルトラマンも出てたらしいけれど、著作権の関係で没。

 

 

VRの世界に居たいけれど・・・・・

辛い現実が待っている。

コメント

ねこあつめの家

2018年08月22日 07時48分58秒 | 映画

ネコは女性と同じで、追いかけると逃げるのよ

 

う~ん、なるほど・・・・・。

大丈夫、僕は追いかけられない・・・・。

 

ネコは基本的にツンデレである。

デレデレのネコもたまにはいるが、うちのネコもツンデレ(餌をもらう時だけデレ)。

抱っこは僕でも嫌がる。

特にメスはその傾向があるようだ。

オスデレデレらしい。

人間でも男はデレデレする。

でも、そんなネコが好きだ。

確かにネコを観てると心が和むのだ。

もっとネコを観ていたかったが「もう終わっちゃうの?」 

そんな感情を抱かせる映画であった。

 

コメント

容疑者Xの献身

2018年08月19日 07時47分06秒 | 映画

福山雅治はいい男だが、嫌いではない。

男性の僕でも好印象を持っている。

 

人間は時間にとらわれない生活をすると、逆に規則正しい時間の生活をする。

今の僕がそうだから、これはそうだと思う。

 

献身愛、犠牲愛、と言うものは僕もこれだと思っている。

君のためなら、死んでもいい』ってやつ。

何故に神は我々にこんな切ないけれど、素晴らしい感情を与えたのか・・・・。

 

堤真一が天才数学者のいい演技をしている。

コメント

The Search

2018年08月16日 09時04分05秒 | 映画

グルジア(今のジョージア)、フランス合作映画。

 

いつの時代も犠牲になるのは女、子供、老人である。

これはチェチェンでの物語だが、現在もいたるところで銃器が暗躍している。

ある兵士の姿と平行して話は進むが、最後に「ああ、なるほどなぁ」と思う。

いかなる人種、何処の国でもある人間(男)の残虐性を思う。

コメント

Frozen

2018年08月15日 18時23分35秒 | 映画

ディズニーではない。

今みたいに夏の暑い日に観るのもいい。

今日も暑かったなぁ。

凄い夕立がきたけれども・・・・・。

観ると尚更涼しくなるよ。

 

に食べられて死ぬのは嫌だなぁ。

コメント

Stoker

2018年08月14日 09時03分02秒 | 映画

あのストーカーではない。

あのストーカーStalkerである。

 

少女は自分の血の中に眠ってたものを掘り起こす。

魅惑の叔父によって、18才になるとその才能と欲望を覚醒させられる。

 

『オールドボーイ』のパク・チェヌク監督の作品。

エンドロールが上から下がってくる。

コメント

UNFAITHFUL

2018年08月13日 08時50分40秒 | 映画

FATHFUL(フェイスフル)は『忠実、忠誠』の意味である。

FATHFULLY』というジャーニーの曲があったなぁ。

UNが付くと『浮気』という意味になる。

 

これは浮気サスペンスである。

熟女ダイアン・レインが美しい。

熟女好きにはたまらん。

ダメダメ。

若いいい男との浮気はダメよ。

 

げっ、ダイアン・レインて僕と同い年で誕生日が4日しか違わない。

コメント

奇跡のリンゴ

2018年08月12日 15時13分52秒 | 映画

僕も『奇跡』は信じる。

これも感動の一作だが・・・・。

菅野美穂と3人の子役が嘆かわしく可愛い。

そして・・・・リンゴの花が美しい。

 

 

見方をかえれば「タダの偏屈親父じゃね~かぁ~?」

コメント