スコとyuwataの部屋

スコティッシュフォールドのスコとyuwataのブログです。

V-Ray vs Corona Render vs Octane Render

2018年11月09日 12時11分33秒 | CG

大分以前にV-Ray(v1.5)で作った室内パースを

Corona Renderで再度作ってみた。

モデリング、マテリアルは若干変えた。

Octane Renderでも作ってみようかな?

同じC4Dなので、Octane RenderのマテリアルをCorona Renderのマテリアルに上書きしてやればいい。

(Altキーを押しながらドラッグする。)

・・・・出来た。

 

ああ、V-RayのマテリアルはCorona Renderでも使えるらしいね。

 

 

 V-Ray

 

 

 

Corona Render

 

 

 

Octane Render

素材、テクスチャーの色柄はOctaneの方にあってる。

こんな部屋で彼女と暮らしたいねぇ。

 

どのソフトも一長一短があるね。

コメント

レンダラーの選び方

2018年09月23日 14時53分07秒 | CG

 

https://c3dpoly.com/how-to-choose-renderer

コメント

マウスの利点

2018年09月14日 10時18分44秒 | CG

3dsMaxは真ん中を押してスクロールすると、 画面が動くのがいいね。

SINEMA4Dは真ん中をクルクルすると、 カーソルを中心にして拡大してくれるのがいいね。

コメント

A.I. GigaPixel

2018年08月24日 08時43分02秒 | CG

$99.99。

 

 

コメント

マテリアルID

2018年07月20日 16時27分50秒 | CG

を今日知った。

サッシの縦横部材を別けてくれ(細かいわりに細かくすると、それはよしてくれと言う)

と言うので丁寧にレイヤー(選択)で別けてやったら、

マテリアルIDで別けてくれと言う。

3dsMaxのこの機能があることは知っていたが、使った事はなかった。

恥ずかしい。

勉強した。

一つのレイヤー(選択)でオブジェクトを別けておけば、マテリアルIDで別けられるのね。

面にもあてられる。

これは便利だなぁ。

V-Rayのモデリングはキッチリ作らないといけないから大変だなぁ。

壁の開口部をブーリアンで切り抜いては駄目らしい。

ええっ~!

MaxwellOctaneのモデリングは物理レンダーなので、超てきとうだ。

勉強しない僕です。

 

コメント

絵画風内観パース

2018年06月11日 10時40分01秒 | CG

ほんとうに、こう描けるといいんだけれど・・・・。

 

 

 

 

 

 

コメント

絵画パース

2018年06月10日 15時13分09秒 | CG

入院中ずっと絵を描いてた。

 

 

 

 

 

うそピー、難儀いくてそんなこと出来なかった。

コメント

絵画風パース

2018年05月21日 10時56分00秒 | CG

今回のやつをPhotoshopで絵画風にしてみた。

 

コメント

雲ブラシ

2018年04月26日 08時51分32秒 | CG

僕は雲一つ無い快晴の空が好きだけれど・・・・

お客さんは何故か空に「雲を入れてくれ!」と言う。

そんなに雲が好きなんかい!・・・・建物じゃないんかい?

 

今回、雲ブラシをダウンロードしてみた。

使えるね。

 

#Photoshop

コメント

MENTAL RAY

2017年11月22日 15時20分00秒 | CG

メンタルレイがご臨終だそうで・・・・・。

3dsMaxに付いてたけど、最初から使わなかったからなぁ。

 

コメント

グーグルマップ、ストリートビューからHDRI

2017年10月30日 09時45分04秒 | CG

を抽出する方法。

これはJPG、PNGしか抽出できないから、JPG→HDRIに変換できる方はやってね。

ただし、これは前面道路からの絵、図の大小もあるので背景には使えないなぁ。

パノラマJPGだけでも照明、写り込みには使えるよ。

僕は外観パースの場合は、太陽光を使う方が多いからね。

 

コメント

スタジオThe Millの動物アニメーション

2017年10月18日 17時38分45秒 | CG

凄いね。

みんな3DCGだよ。

 

コメント

第1回 Maxwell vs Octane vs Redshift

2017年07月30日 13時43分53秒 | CG

真っ白で試してみた。

みんなskylight + sunlightである。

光のまわり方、色合いがわかる。

画像の大きさはすべてW1,080。(W560にリサイズしてある)

画像はレンダリングしたまま。

 

 

 

それでは・・・・

Maxwell Render

denoiser使って、SL10、約4分。

 

 

 

Octane Render

PMC、SL1,000で5分。

 

 

 

Redshift(デモなので文字が入る)

まあ、高設定で3分40秒。

まだちょっとよく解らない。

 

 

 

使い易さでは、僕はCinema4D、OctaneRenderだね。

ちょっと夕方の設定でOctane Render。

コメント

OpenEXR

2017年05月09日 12時13分43秒 | CG

A氏から手に入れてもらった、ハイダイナミックレンジイメージのデータ。

高解像度だね。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

F値

2017年05月04日 10時55分40秒 | CG

レンズの焦点距離を有効口径で割った値であり、レンズの明るさを示す指標として用いられる。

本物のカメラと僕らが使っている3DソフトのカメラのF値とはこのようなもの。

 

コメント