自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

2010年度 国内映画賞一覧

2011-05-30 22:55:08 | 映画賞
映画賞シーズンになりました。今年も主だった映画賞を追跡しご紹介いたします。 日本映画戦績 9冠「告白」、7冠「悪人」、2冠「ヘヴンズ・ストーリー」、1冠「十三人の刺客」「キャタピラー」「アンダンテ~稲の旋律~」「さんかく」「借りぐらしのアリエッティ」「アウトレイジ」「オカンの嫁入り」「川の底からこんにちは」。 外国映画戦績 3冠「息もできない」「アバター」「ハート・ロッカー」「第9地区」、2冠「キック・アス」「インビクタス/負けざる者たち」「インセプション」、1冠「エクスペンダブルズ」「ハリー・ポッターと死の秘宝1」。 ワースト系 2冠「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、1冠 「セックス・アンド・ザ・シティ2」「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」「告白」「東京島」「アリス・イン・ワンダーランド」 . . . 本文を読む
コメント

これから応募できる自主映画コンテストをピックアップ

2011-05-20 08:47:25 | 自主映画関連
れから応募できる自主映画コンテストをいくつかピックアップしてみました . . . 本文を読む
コメント

「七人の侍」脚本の感想

2011-05-18 06:21:46 | 映評でなく、映画についてのエトセトラ
塩尻の図書館で借りた『全集 黒澤明 第四巻』に収録の「七人の侍」脚本を読む。 黒澤明と橋本忍と小国英雄の共作。黒澤明の弁によると小国が魂を担当、橋本がテクニックを担当・・・とある。同じ場面を黒澤と橋本で別々に書き小国が判定していたともある。 **** 勘兵衛(読む)「菊千代・・・天正二年甲戌・・・二月十七日生」 勘兵衛、急に大声で笑い出す。 菊千代「やいッ 何が可笑しいッ」 勘兵衛「ハハハハ、 . . . 本文を読む
コメント

キック・アス [監督:マシュー・ヴォーン]

2011-05-14 06:07:58 | 映評 2011~2012
これほど、痛快爽快豪快に面白い映画を映画館で観たのはいつ以来だったろう。ヒットガールの姿に萌えていられるのも最初のうちだけ、やがて展開されるヒットガールの壮絶な光景に言葉を失う。ヒーローを愛する全てのオトナたちに見てほしい傑作 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

釜山国際短編映画祭に私たちの作品「せば・す・ちゃん」が出品されています

2011-05-11 07:45:03 | 自主映画関連
釜山国際短編映画祭 →ENGLISH→Programs→Invitation / Japan Cinema・・・とたどっていくと プログラムの一番上に、画面写真なしで「세바.스.짱 / Seba.s.tian」と紹介がありました。 私らの作品「せば・す・ちゃん」のことです。 コピペ >Review Communication is . . . 本文を読む
コメント (2)

英国王のスピーチ [監督:トム・フーパー]

2011-05-10 21:43:02 | 映評 2011~2012
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■、最悪:■□□□□□] あの「ソーシャル・ネットワーク」を破ってアカデミー賞とは一体どんだけ面白いのだろう・・・ というほど期待していたわけではないのだけど、さすがになかなか見応えある映画に仕上がっていた。 面白いストーリーに見事な演技を堪能した。 けれど、驚きとか新しさはなくて、オーソドックスな会話劇。ストーリーと演技なら演劇で . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

岳 -ガク- [監督:片山修]

2011-05-07 23:44:34 | 映評 2011~2012
山岳映像に全てのエネルギーを注ぎ込み、それ以外はできるだけ安く上げた感じの映画。山の映像は美しく、原作の様々なエピソードをうまくまとめた物語にじんわり泣けたりはするが、ドラマ演出が決定的に物足りない。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (10)

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW [監督:ソン・ヘソン]

2011-05-06 21:04:20 | 映評 2011~2012
「挽歌」とユンファと2丁拳銃を愛するものには悪夢のようなリメイク . . . 本文を読む
コメント (1)

ソーシャル・ネットワーク [監督:デビッド・フィンチャー]

2011-05-06 20:38:42 | 映評 2011~2012
今年の、あるいはこれから数年間の映画評価の基準作品にしようと思った。「ソーシャル・ネットワーク」より満足感を感じたら★五つ。「ソーシャル・ネットワーク」に及ばなかったら★四つ・・・みたいな。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

ヒアアフター [監督:クリント・イーストウッド]

2011-05-05 21:17:31 | 映評 2011~2012
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] 鑑賞はもちろん震災前。感想が書き難くなった。 本作は冒頭のTSUNAMIシークエンスの映像表現が高く評価されアカデミー賞で視覚効果賞にノミネートされた。 冒頭の場面は津波である必要は無い。火山噴火でも竜巻でもいい。異国の地で天変地異に遭遇するシチュエーションが必要である . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (7)

山専用のブログ別館を開設

2011-05-05 11:59:15 | 映画と関係ない雑談
一昨年より山に登り始め、山頂の手前に来る旅に「劔岳 点の記」の浅野忠信と香川照之のゆずりあいごっこをやっているしんです。 本格的山シーズンを前に、山日記専門のブログを開設しました スタジオゆんふぁ登山部 日帰り~テント縦走3泊程度、夏山のみのライトな登山日記です。 主な舞台は北アルプスになるかと思います。 山に登ってみたいけどよく知らないしどうしよーかなーとか思ってる皆さんに少しでも有意義な情報 . . . 本文を読む
コメント

アンストッパブル [監督:巨匠トニー・スコット]

2011-05-04 01:34:42 | 映評 2011~2012
トニー史上最薄。あの「トップガン」が深い話に思えるぐらい。しかしシンプルに、ユーモアたっぷりで、働く庶民を讃えながら、暴走列車と同じように映画はシンプルにまっすぐ突き進んで行く。ああ面白かったと感動し、やっば自分にとってトニーは愛する作家だと再認識。止め方あっけなさ過ぎなのがちと残念ではあるが・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

GW東京行 (買い物と右翼と友達とエドガー・ライトと時計と募金のこと)

2011-05-01 11:37:06 | 映画と関係ない雑談
妻と2人の女性(KとM)と私の4人で東京に行く。 「Mの友達」の家に泊まる予定で出かけた 目的は今年の登山シーズンに向けて登山グッズを買うためだ。 具体的には靴とトレッキングポール、軽アイゼン、バーナーなど諸々。 心密かに東京で時間があれば映画が観たいと思って候補を二つピックアップしていたが、ショッピングに忙しくてみる時間は無いだろう・・・・と思っていた。 4/29 高速バスで新宿 . . . 本文を読む
コメント