自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

キューティ・ブロンド [監督:ロバート・ルケティック]

2009-04-08 00:24:14 | 過去に観た映画
3本3000円でDVDを売っていたので、ジュラシック・パーク、グーニーズとともに「キューティ・ブロンド」をチョイス。 久々に見たが、やっぱり面白い。とにかくシナリオが完璧すぎるのだ。 昔、サークルのHPに書いた映評をパソコンの奥底のフォルダから見つけ出したので、アップしてみる。 . . . 本文を読む
コメント

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

2008-06-16 23:52:36 | 過去に観た映画
「クリスタル・スカル~」公開記念の旧シリーズおさらいレビュー第三弾 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説

2008-06-16 23:09:56 | 過去に観た映画
「クリスタル・スカル~」公開記念の旧シリーズおさらいレビュー第二弾 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

レイダース 失われた聖櫃

2008-06-16 22:14:03 | 過去に観た映画
「クリスタル・スカル~」公開記念の旧シリーズおさらいレビュー第一弾 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

ビデオ感想 『野獣教師』 1996年アメリカ映画

2007-11-15 19:59:55 | 過去に観た映画
主演:トム・ベレンジャー、監督:ロバート・マンデル  ストーリー:傭兵が高校教師(歴史担当)になりすまし学園を根城にする悪を叩く . . . 本文を読む
コメント

カジノ・ロワイヤル公開記念 007シリーズ全作短評 第10作~第14作

2007-01-14 13:10:36 | 過去に観た映画
カジノ・ロワイヤル公開記念と、適当に言い訳して、シリーズ全作を簡単に振返ってみよう・・・ ロジャー・ムーアがミスター・ボンドとして定着した傑作ぞろいの10~14作を ムーア充実篇 . . . 本文を読む
コメント (4)

カジノ・ロワイヤル公開記念 007シリーズ全作短評 第6作~第9作

2006-12-30 10:09:57 | 過去に観た映画
カジノ・ロワイヤル公開記念と、適当に言い訳して、シリーズ全作を簡単に振返ってみよう・・・ 次々と主役交代しながら駄作を繰り返した暗黒時代の6~9作を 迷走篇~レイゼンビー→コネリー→ムーア~ . . . 本文を読む
コメント

カジノ・ロワイヤル公開記念 007シリーズ全作短評 第1作~第5作

2006-12-20 00:32:11 | 過去に観た映画
カジノ・ロワイヤル公開記念と、適当に言い訳して、シリーズ全作を簡単に振返ってみよう・・・ まずは、シリーズとして方向性を模索していた初期三作、そしてひな形が完成し勢いよくすっ飛び始めた4~5作。 ショーン・コネリー篇~クールなスパイが気がつくとバカ騒ぎ~ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ブレード・ランナー [我が永遠のオールタイムベスト1]

2005-05-16 00:01:21 | 過去に観た映画
中学2年のころ。当時、札幌に住んでいた僕は、チャリンコで、すすきのの繁華街に向かいとある小さな、有名なミニシアター専門館に向かった。二つのスクリーンがあり、比較的大きな方ではミニシアター系映画を上映し、小さい方はいわゆる名画座だった。ただし、カルトな映画のリバイバルが多かった様に記憶している。配管むき出しな客席だったそこで「未来世紀ブラジル」のリバイバルも観たが、雰囲気あいすぎ。今は無くなった映画 . . . 本文を読む
コメント (4)

『悲情城市』と候孝賢(ホウ・シャオシェン)

2005-05-04 02:01:14 | 過去に観た映画
世の中というものは、概ね何事もなく過ぎていく。どんな激動の時代でも、ヒートアップした状態が途切れることなく続きはしない。比率にすれば特に何も起こっていない時間の方が圧倒的に多いはずだ。1%の緊張と99%の弛緩。大抵の映画ではドラマ性を高めるため、1%の緊張を選びとってそれらを繋げていく。だが人間が考え、次の行動や、自分の目指す方向、悩み、悲しみ、喜びは99%の弛緩した時間の中で蓄積されていき、1% . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

個人的映画ランキング・・・流れた涙の量TOP10

2005-05-04 01:37:40 | 過去に観た映画
勝手にランキングシリーズ第二弾 最初に注意しておくが、「泣きまくった映画=生涯のベスト映画とは限らない」 以下は、鑑賞しながら溢れ出た涙の推定累計量の多い順である。 何度も繰り返し見てその都度泣いた映画が有利だ 順位 タイトル (監督名) [鑑賞回数] {累計涙量(注…推定かつ過剰申告)} 1位 チャンプ (フランコ・ゼッフィレリ) [2回]{250cc} 2位 愛を乞う人 (平山秀幸)  [1 . . . 本文を読む
コメント

クリムゾン・タイド [私的オールタイムベスト(洋画)第7位]

2005-04-06 07:38:07 | 過去に観た映画
オールタイムベスト洋画第七位 ・・・いや、もちろんこの映画が、オールタイムベストに値するほどの素晴らしい映画とは思ってない。 10点満点で8点くらいの映画だ。しかし、こういう8点くらいのハリウッド娯楽アクション/サスペンス/戦争映画のおかげで僕は映画ファンをやっていられるのだ。だから8点くらいのハリウッド映画を代表してランクインさせた。 監督はリドリーの弟、トニー・スコットだ。最近のトニーは面白い . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

乱 [私的オールタイムベスト(邦画)第6位]

2005-04-01 02:08:43 | 過去に観た映画
黒澤明。 日本の映画監督の代名詞的な存在だ。 ほめる人もけなす人も自然とヴォルテージが上がる。 けなす人たちは言う 「黒澤映画の侍って、何かみんなうす汚いかっこしててさぁ、俺はもっと美しくてかっこいい武士が見たいよ」 「黒澤映画の台詞まわしってわざとらしくない?」 「音質が悪くてさあ、三船敏郎なんて何喋ってんだか、聞き取れないよ」 「勧善懲悪で予定調和で」 もっとコムズカしい批判を読みたければ「 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)