自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

劇評 演劇集団BLUE MOON「海からの手紙」

2019-05-28 22:25:52 | 演劇評
引き算の演出のすごさを思い知る 演劇集団 BLUE MOON 原作 関治 作・演出 廣田謙一 出演 太田理恵子、ひらのみゆき、ひさよ、神田健太、いつみ . . . 本文を読む
コメント

バイス [監督:アダム・マッケイ 現実がコメディより笑えるのは相当ヤバい]

2019-05-25 15:12:38 | 映評 2013~
バイスはポリティカルコメディというより、ポリティカル&コメディ。2000年代を検証しつつ2010年代のみならず全世界の民主主義の未来への問題提起をする、笑ってる場合じゃないが笑っちゃう映画として、かなり心に残る超傑作でありました サム・ロックウェルは俺たち左派の「理想」のブッシュを完ぺきに再現 . . . 本文を読む
コメント

バカが国会議員やってる件

2019-05-14 22:57:47 | 映画と関係ない雑談
バカもいるものだ ただのイカれたネトウヨやイカれた作家がTwitterで「戦争だ!」とかほざくぐらいならともかく、現職の国会議員が北方領土の中でほざくってのは笑い事でもないし、あのバカは積極的に日本国民の命を危険に晒している。 ネトウヨっぽく言えばあいつこそ真の反日だ。 「戦争しないとどうしようもなくないですか?」 こんな頭の悪い想像力もないバカで国民の敵で世界の敵を当選させたのは誰だ バカ . . . 本文を読む
コメント

キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

2019-05-07 09:18:27 | ビデオ・DVD・テレビ放映での鑑賞
キャプテンアメリカの誕生と第二次世界大戦のヨーロッパ戦線でのキャプテンと悪の組織ヒドラの戦いを描いた作品。 誤解していた。 私はキャプテンアメリカは恥ずかしい格好をして戦う頭の悪い奴だと思っていた。まあ、やたら目立つアメリカ国旗をあしらった盾を装備して敵基地に潜入したり、作戦はといえば正面から突撃だったりと、実際頭は悪そうだけど。 しかしキャプテンは人間として真に尊敬できる素晴らしい男で、本物 . . . 本文を読む
コメント