自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ

映画作りの糧とすべく劇場鑑賞作品徹底分析(ネタバレ)
ブロガー37名による「00年代映画ベストテン」発表

ポール・ニューマン死去

2008-09-29 23:06:15 | 映画人についての特集
特別好きな俳優ではなかったが、映画ファンを長くやっていると必ず通る道にたつ道標のような方だったので、それなりの感慨はある。 個人的に最初の出会いは多分、「タワーリング・インフェルノ」であろう。中学のころ家でついに購入したビデオデッキがうれしくて、「タワーリングインフェルノ」のビデオを入手して20回くらい繰り返し見た。 スティーブ・マックイーンが自分の名前がポール・ニューマンの後に出るのはイヤ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

おくりびと [監督:滝田洋二郎]

2008-09-29 22:40:11 | 映評 2006~2008
評判いいようだが、自分的にはそれほどとは・・・・納棺という仕事を知ることができてタメになったことと、納棺の儀の美しさにみとれはしたものの、演出やシナリオの頑張り不足が目に付いてちょっと残念な映画 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (6)

片腕マシンガール [監督:井口昇]

2008-09-25 01:20:34 | 映評 2006~2008
残虐血飛沫女子高生マシンガン乱射殺戮ショーに、君はついてこれるか!!?? . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

イントゥ・ザ・ワイルド [監督:ショーン・ペン]

2008-09-22 07:36:13 | 映評 2006~2008
個人的評価: ■■□□□□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] かつて監督として「インディアンランナー」や「クロッシングガード」といった傑作を生み出したショーン・ペン。久々の彼の監督作品は・・・独善的でつまらない映画だった。 一応はロードムービーである。大学を卒業し、親(金持ち)の援助を捨て、クレジットカードを捨て(携帯電話はもともと無 . . . 本文を読む
コメント

追悼 市川準

2008-09-21 23:50:15 | 映画人についての特集
本当にありがとうございました。 . . . 本文を読む
コメント

市川準監督死去

2008-09-20 01:25:33 | 映画人についての特集
なんてことでしょう。私の最も愛する映画監督が逝ってしまわれました。 BUSU 会社物語 つぐみ 病院で死ぬということ 東京兄妹 トキワ荘の青春 東京夜曲 たどんとちくわ 大阪物語 ざわざわ下北沢 東京マリーゴールド 龍馬の妻とその夫と愛人 トニー滝谷 あしたの私のつくり方 私を日本映画好きにしてくれた監督でした。 尊敬していた監督でした。 お手本にし、目標としてきた . . . 本文を読む
コメント

告発のとき [監督:ポール・ハギス]

2008-09-16 22:28:23 | 映評 2006~2008
ポール・ハギスとトミー・リー・ジョーンズ。二つの旬が重なり、とってもいい作品として結実したように感じる。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

20世紀少年 [監督:堤幸彦]

2008-09-13 22:04:17 | 映評 2006~2008
見所の無い、ひたすら説明台詞をくどくど喋り続けるだけの面白くない映画。 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (9)

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪 [監督:河崎実]

2008-09-13 02:05:42 | 映評 2006~2008
個人的評価:■■■□□□ 怪獣ファン的歓びと、怪獣ファン的不快感の同居する困った作品。 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (10)

昭和50年代までの日本の空想特撮怪獣映画一覧

2008-09-13 01:52:51 | 映評でなく、映画についてのエトセトラ
補足資料 昭和50年代までの日本の空想特撮怪獣映画一覧 空想特撮怪獣映画→私が勝手に考えたくくり。  (1)SFで、(2)巨大生物か宇宙人か怪人が登場する、(3)特撮映画・・・を指す。 「大魔神」は(1)にも厳密には(2)にも該当しないが例外的に含める . . . 本文を読む
コメント