しるばにあの日誌

プリキュアシリーズレビューやいろいろな事について語るブログです。

2010年10-12月期アニメ評価(2)そらのおとしものf(フォルテ)

2010-12-18 19:13:00 | そらのおとしもの


評価項目は、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の主催によります。


・そらのおとしものf(フォルテ)
12話すべて視聴しました。

ストーリー:3点
 1期と比べると、胸のところのアップが多かった気がします。とくにアストレアとカオスには頭が下がります。

キャラクター性:4点
 そはらのキャラは、ゴセイジャー・・悪き魂に天罰を下す!ってかんじでした。

画:3点
テレ玉のアナログで先行録画し、チバテレビの地デジで録画しました。智樹くんのエロにはもう、どうにも止まりませんでした。

演出:4点
 もうエ○と言うしかありません。水着も最後はスク水で良かったです。でもニンフって貧乳だったんですね。

音楽:4点
 今回もあったエンディング攻撃・・コロムビア原盤が多くちょっと選曲が荒っぽく、あっけない感じがしました。

総合的な評価:3点
 角川書店はこういうことしか頭になかったようなんで、劇場版に期待します。

合計:21点

輝いていた人:該当なし

ベストエピソード:第3話 煩悩(プライド)ある戦い
プロレスの戦い・・あのパ○ツ仮面・・相当凄かったですね。「かけめぐる青春」のエンディングもよかったです。

コメント
 あの角川書店からのアニメの2期!エ○度がアップしているというか、後半カオスいやスウが出てきてこんにちはっていった感じでした。



・管理人総合評価
B+(21点):まあしばらくたったら見て見たい

・主題歌評価(OP・ED)(5段階評価)
ジャケット:3点
CDデザイン:3点
プロモーションビデオ:3点(ハートの確率 ノンクレジットOP)
曲:4点
総合:4点
合計17点(B) 

劇場版が公開になるようなので、見たい方はたぶん東京都の条例に引っかからないようにしましょう。




そらのおとしものf(フォルテ) “今年も”エンディング・テーマ・コレクション
日本コロムビア
TVサントラ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そらのおとしものf(フォルテ) “今年も”エンディング・テーマ・コレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コメント

そらのおとしものf(フォルテ) 第12話(最終話)「明日に羽飛くフォルテ」

2010-12-18 07:06:00 | そらのおとしもの
(そらのおとしもの シリーズ 第26話:最終話)



<感想>
 しるばにあです。イカロス・ニンフ・アストレアのその後・・と思いきや、トモ子になった智樹の話でしたね。
 トモ子はやはりスケベでしたか・・。でもト○レばっかりで、ちょっと露骨すぎるかなあという気がしました。
 東京都青少年育成条例が改正後、このアニメは放送できないかなあという気持ちで見ていました。

<ちなみに1期目はこうでした>
「そらのおとしもの」第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」
 ニンフとイカロスのデートはすさまじかったですね。本当に本当に本当に本当にライオンだあ 富士サファリパーク♪って言う感じでした。

ED:第1期「赤い花 白い花」/イカロス(早見沙織)
オリジナル:赤い鳥



<今日の主役>
トモ子(藤田咲)

<気付き事項>
・OPで効果音が付いていました。
・劇場版の予告映像が流れました。

<エンディング方式とエンディングテーマソング>
エンディングテロップ方式:スタンダード式
「時代遅れの恋人たち」/ 歌 - イカロス(早見沙織)、ニンフ(野水伊織)、アストレア(福原香織)
オリジナル:中村雅俊(日本テレビ系ドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」主題歌、PK-131/1978/11/1発売)

</object>


<演出>
五十嵐紫樟

<脚本>
柿原優子

<番組提供会社:テレ玉の順番>
角川書店
日本コロムビア
ニコニコ動画
コメント

そらのおとしものf(フォルテ) 第11話 「幻想哀歌(ムサベツ)の果て」

2010-12-11 07:46:00 | そらのおとしもの
(そらのおとしもの シリーズ 第25話)



<感想>
 しるばにあです。ついにカオスが復活!イカロスが倒れてしまったようです。アストレアとニンフが守るも捕まってしまったようです。
 ついにイカロスまで、殺そうとしたその時、智樹が3人まとめてマスターにしてやるといったその時・・カオスが弱ってしまったようです。カオスの闘う理由・・それはどうやら寂しがりやだったんだとしか言いようがなかったようです。
 カオスは愛で死んでしまいましたがも○乳でお腹いっぱいです・・。



<ちなみに1期目はこうでした>
「そらのおとしもの」第11話「いざ征かん! 我が銭湯領域(パラダイス)」
 これは女のお○呂をのぞきたいという話でトモ子になった話でしたねえ。男心誘うような話だなあ。

ED:第1期「チャンピオン/桜井智樹(保志総一朗)、トモ子(藤田咲)
オリジナル:アリス



<今日の主役>
カオス(豊崎愛生)

<気付き事項>
・この話のOP「ハートの確率」は、メインボーカルがイカロスになっていました。(CDのカップリング曲:トラック2に収録)

<エンディング方式とエンディングテーマソング>
エンディングテロップ方式:スタッフロール式
「帰るから」/ blue drops(吉田仁美&イカロス(早見沙織))(2010/11/10発売:COZC473-4)
曲はこちら↓
</object>

<演出>
鈴木薫

<脚本>
柿原優子

<番組提供会社:テレ玉の順番>
角川書店
日本コロムビア
ニコニコ動画


コメント

そらのおとしものf(フォルテ) 第10話 「節穴世界(ファンタジーフィールド)を覗け!」

2010-12-04 15:59:00 | そらのおとしもの
(そらのおとしもの シリーズ第24話)



<感想>
 しるばにあです。智樹くんの自由研究は、やはり、覗きめあてでした。でも、イカロスの恋に気付いているものの、そはらには頭が上がらないんです。なぜなら、カオスがイカロスをねらっているからかと思うんです。
 アストレアも食べることしか考えませんでした。智樹くんの覗きを阻止するために、そはらが、ゴセイジャーのように、熱き魂に天罰を下してしまったのでした。チャンチャン!


<ちなみに1期目はこうでした>
「そらのおとしもの」第10話「天使の旋律(コトバ)の向かう先」
 高校生生徒会出し物対決!キャラソンで盛り上がりましたねえ。智樹くんのチクチクBチック・・すごすぎましたねえ。

ED:第1期「僕等のダイアリー」/五月田根美香子(高垣彩陽)、守形英四郎(鈴木達央) オリジナル:H2O(フジテレビ系ドラマ「翔んだカップル」エンディングテーマ)


<今日の主役>
桜井智樹(保志総一朗)


<エンディング方式とエンディングテーマソング>
エンディングテロップ方式:スタッフロール式

望郷の旅/桜井智樹(保志総一朗) そはら(美名)
オリジナル:森本太郎とスーパー・スター:朝日放送製作TBS系時代劇ドラマ「助け人走る」主題歌(P-322:1973年発売)

曲はこちら↓


<演出>
高島大輔

<脚本>
柿原優子

<番組提供会社:テレ玉の順番>
角川書店
日本コロムビア
ニコニコ動画

コメント

そらのおとしものf(フォルテ) 第9話 激闘!夢のドリームカーニバル

2010-11-27 07:37:00 | そらのおとしもの
(そらのおとしもの シリーズ第23話)



<感想>
 五月田根さんのメイン回だったようです。ヨーヨー釣り・・。ボンボンという音をボ○ンボ○ンとかけていたんですか。エ○シーン満載の前半は規制してもあまり意味はなかったような気がしないでもありません。
 後半は、イカロスの恋話。まあ恋という物がどんな物かは、まだ分からなかったようです。


<ちなみに1期目はこうでした>
「そらのおとしもの」第9話「嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)」
 これは、ニンフの過去話でした。こちらも水着でせめまくっていましたねえ。

ED:第1期「初恋」/イカロス(早見沙織)&五月田根美香子(高垣彩陽)
オリジナル:村下孝蔵のヒット曲
 


<今日の主役>
五月田根美香子(高垣彩陽)=>イカロス(早見沙織)


<エンディング方式とエンディングテーマソング>
エンディングテロップ方式:スタッフロール式

「夏のお嬢さん」/ニンフ(野水伊織)
オリジナル:榊原郁恵のヒット曲(PK-118:1978/7/1発売)

曲はこちら↓


カバーもされていますが、今年怒髪天がロックバージョンをだしたようです(2010年7月14日発売:「真夏のキリギリス」のカップリング曲として収録TECI-221)
http://www.youtube.com/watch?v=OiYEpPOzyiE



<演出>
柳沢テツヤ

<脚本>
柿原優子

<番組提供会社:テレ玉の順番>
角川書店
日本コロムビア
ニコニコ動画


コメント