経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

PHP入門(その2)

2020-05-15 13:52:28 | 日記

配列

変数には1つのデータしか入りませんが、配列には複数のデータを代入できます。

$names = array ("あらき","たかはし","ふくだ","やまもと")

[ ]を使ってIDが付番され、$names[0]="あらき"、$names[1]="たかはし"… となります。

$names[]="なかむら" でデータ追加、$names[3]="いしだ" でデータ上書きされます。

 

また、次のようにしてIDの代わりにキー(文字列等)を使うこともできます。

$user = ('name'=>'あらき', 'age'=>36, sex=>'男')

連想配列と呼ばれますがID配列同様に追加上書きできます。$user[hobby]='書道'、$user[age]=37

 

繰り返し処理

for (初期化; ループ条件; 変数更新) {処理内容;}

 for ($i=1; $i<=100; $i++) {echo $i;}    1から100まで値を出力する

初期化; while(条件) {処理内容; データ更新;}

 $i=1; while($i<=100) {echo $i; $i++;}

 

for ($i=1; $i<=100; $i++) {if ($i>50) {break;} echo $i;}   値出力を50で中断する

for ($i=1; $i<=100; $i++) {if ($i%3==0) {continue;} echo $i;}   値出力を3の倍数だけとばす

 

foreach ($names as $value) {echo $value;}   配列の値を順番に出力する

 

関数

PHPの主な関数には以下のものがあります。

strlen( )      ( )内文字列の文字数を返します

count( )      ( )内配列の要素の数を返します

rand(  ,  )     (  ,  ) 内に入力した2つの整数の間のランダムな整数を返します

 

function を使って関数を作ることもできます

 function printCircleArea($radius) {echo $radius*$radius*3.14;}   半径を入力して円の面積を表示する

 function good() {echo 'Good!';}    引数のない関数

 function printSum($n1,$n2) {echo $n1 + $n2;}   引数を2つ入力して合計を表示する 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« PHP入門(その1) | トップ | PHP入門(その3) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事