好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※かつては名探偵コナンと逆転裁判、今はシティーハンターとADV全般の話題が主。

文字を綴るという意味。

2016-06-17 | 物語全般
映画『海よりもまだ深く』を劇場へ見に行く。

これなら万人受けする内容だろうと、仲間たちで決め打ちして赴いた。

母と息子、その息子と離婚した妻、妻の親権下にある子供。
いったん分かれた“家族”たちが、久しぶりに共に過ごす、ある台風の晩。

私としてはこの映画、かなり非常にどうにもこうにも、
身につまされて堪らない内容だった。
というのは、この映画の主人公はずばり、
「挫折した(事を自分で認めない)物書き」だから。

15年前、人生で一度、私小説で受賞した事が最大の誇り。
その後は続かず、探偵事務所で生計を立てる。
ただし、この主人公自身の能力は決して低くない。
問題なのは、中途半端なプライド。
今もひいきにしてくれてる編集者(!)が漫画原作のチャンスをくれたのに、
言い訳して逃げ、それでいて未練を見せる。
物書きを名乗るなら、ああいうチャンスは逃しちゃならないんじゃないかなあ。

今の世の中、金にこだわらなければ、心のままに文字を残せます。
逆に、心を投げ捨てれば、文字で金は稼げます。
どちらを選ぶかは、その人次第です。
私は、この自分のブログ&サイトを続けられれば、それで充分だ。

それでは。また次回。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『Fate / stay night レアル... | トップ | 病を治すのは自らの心である。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mochi)
2016-06-17 18:05:47
そういう話のエッセイや自叙伝風小説なんか面白いですよね。村上春樹なんかいっぱい出してますね。
森博嗣や野崎まどの文章が苦手でなければ、森博嗣「小説家という職業」野崎まど「小説家の作り方」なんかオススメです。
Unknown (りえ)
2016-06-19 20:31:21
この映画の主人公は自叙伝書いたらエライ事になります。
違法行為しまくってますから(汗)。
森氏の本はいつか読んでみます。

物語全般」カテゴリの最新記事