好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※かつては名探偵コナンと逆転裁判、今はシティーハンターとADV全般の話題が主。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その12)(終)

2018-04-19 | CRAZE系
★あとがき

番外編まで全て読了すると発動。


★隠しエピソード

※完結編の或る場面を「縦読み」するとヒントがあります。

全エンディングを見た状態で、任意のエピソードを読み始め、
改行マークが出ている状態で5分間放置する

→読書録に戻る→前回の続きから→隠しエピソード発動



以上をもって、PS『魔女たちの眠り 復活祭』全クリア。
後に残るは、DSの『月の光』ですかね。

当ブログの今後としては、こうしたノベル系のゲーム記録を増やしていく予定です。


PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その11)

2018-04-08 | CRAZE系
★番外編
登場人物回収を終えると、一覧の字が赤に変わる→番外編発動。
SFC版では、コレが完結編扱いだったというが本当?

《物語編》

家の中に飛びこんだ!→
(一人で谷へ行った場合)→『魔男たちの目覚め』(第1巻)
(誰かと一緒に谷へ行った場合)→『わりと現実』(第2巻)

外から様子をうかがった。
→『テーマパーク・魔女村』(第3巻)

家の中に忍びこんだ。
→『魔女たちの眠り・2?』(第4巻)


《質問編》
恋人がいい。→『恋人質問編』(第1巻)
OL達がいい。→『OL質問編』(第2巻)
多江がいい。→『多江質問編』(第3巻)
??がいい。→『お種質問編』(第4巻)

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その10)

2018-04-02 | CRAZE系
★登場人物回収作業のヒント

あくまでも私の場合の覚書。
選択肢を潰していけば、いつかは回収できます。
詳しくは世の他の攻略サイトさんで調べた方が良いかと。

《第1話 序盤》
・職場に男性キャラが3名、女性キャラが4名いる。
電話に出ない、電話に出てすぐに切る、デートや飲みに誘う、などを試す。
・【恋人失踪】を知らせにくる人。
男性の場合と女性の場合があります。

《第1話『魔女復活編』ルート》
・祠に入る裏山で迷って色々試す。

《第1話『忘れられた谷編』ルート》
・角田が水谷を殴るのを止めない→祠に入る裏山で迷って色々試す

《第2話『魔女復活編』》
・村の入り口で色々試す。
・谷に入る前に色々試す。

《第2話『不老不死編』》
・夜中の自宅にて、少女が訪ねて来る場合あり。
酒を飲めばフラグ成立するが、そこに至れるかどうかは完全にランダム
祈るしかない。
・村の入口で抜け道を探してから、色々試す

《第2話『金塊編』》
・儀式を突破した後の自由行動。

《第2話『忘れられた谷編』》
・分校に現れる自衛隊員。
女性の場合と男性の場合があります。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その9)

2018-03-29 | CRAZE系
★完結編『ふたり』

『魔女復活編』のトゥルーエンドを得れば発動。
なかなかに読み応えのある短編ではあった。
ただコレ「完結」というより寧ろ「プロローグ」ではないか。(・・;
そして、後に恐ろしい現実を知った。
この肝要なエピソードが、SFC版に入ってないという事を。
……それじゃあ、SFC版がクソゲーと呼ばれるわけだ。


★『夜想曲』予告編

主人公の名前を「赤川 次郎」、
恋人の名前を「夜想 曲」にすると発動。
『魔女たちの眠り』本編より、こっちの予告編の方が、制作の気合い入ってる気がする。
なお、名前を入力する際、漢字は音読みしか対応してない
「あか・がわ」でなく「せき・せん」で探さないと、漢字が見つからないので注意。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その8)

2018-03-26 | CRAZE系
『忘れられた谷編』
(攻略の一例です)

今まで勘違いしていたのか?(→赤が正解になる)
多江の事を思った(→青が正解になる)
こんな大事になっていたとは!(→黄色が正解になる)

(谷で恋人に会うまで自由行動)

どちらかを選ぶ事なんて出来ない!
→『僕は一体!?』(第7巻)

(恋人)を諦めるしかない→
最後の力を振り絞って、爆弾をセットした
→『世界の運命、彼女の命』(第1巻)

(恋人)を諦めるしかない→
諦めて、全てを受け入れた
→『ガラス越しの支配』(第2巻)

(恋人)を諦めるしかない→
叫び声をあげながら、スイッチを押した
→『一人じゃ行かせない』(第3巻)

それでも(恋人)を諦めることができなかった→
正解のコードを切る
→『ポケットの中の後悔』(第5巻)

それでも(恋人)を諦めることができなかった→
不正解のコードを切る
→『解除失敗』(第4巻)

それでも(恋人)を諦めることができなかった→
爆弾のカバーを元に戻した
→『救いの道』(第6巻)


★『魔女復活編』が反転した構図。
爆弾解除法をくれぐれも忘れないように。
ところで、ウィルスとか特殊部隊とか、いつかどこかで見たような。
時系列的に、本作の方が遙かに先達ですな……。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その7)

2018-03-22 | CRAZE系
『金塊編』
(攻略の一例です)

《儀式の正解》
二礼…二拍手…三回転…二拍手→
知…力…純…欲→
全てを見抜く光りだ!→
みんなを助けるものだ!→
自分に正直な事だ!→
危ないものだ!


彼女を助けるためだ→
(自由行動)→
僕の命だ
→『生まれ変わるその日まで』(第1巻)

彼女を助けるためだ→
(自由行動)→
僕の記憶だ
→『記憶喪失』(第2巻)

彼女を助けるためだ→
(自由行動)→
分からない……
→『忘却の光』(第5巻)

このままじゃ、多江がかわいそうだ→
(自由行動)→
分からない……
→『大切なものは』(第3巻)

全てを元通りにするためだ→
(自由行動)→
分からない……
→『私の命を…』(第4巻)


★ほこらの儀式では、選択肢ミスしてもペナルティ無し。
虱潰ししていけば、いつかは終わる。
魔物が去った後、主人公の恋人は助かる。良かった……のか?

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その6)

2018-03-18 | CRAZE系
『不老不死編』
(攻略の一例です)

(犯人を挙げる場面まで自由行動)

それは、僕だ!
→『嘘か真か』(第1巻)

河村さん、あなただ!→
そんな事を許すわけにはいかない→
君は地球人を見くびっている
→『終末』(第6巻)

河村さん、あなただ!→
そんな事を許すわけにはいかない→
こうなったら戦争だ!
→『閃光』(第2巻)

河村さん、あなただ!→
そんな事を許すわけにはいかない→
その考え方は横暴だよ
→『宇宙へ……』(第5巻)

河村さん、あなただ!→
ちょっと、待ってくれ!→
君は気が短いほうかい?
→『100年後に』(第4巻)

河村さん、あなただ!→
また! 多江ちゃんたら冗談が上手いんだから!→
こうなったらジャンケンで勝負を決めよう!→
チョキ!
→『世界をかけたグーチョキパー』(第3巻)

★犯人の推理は、手がかり皆無のため不可能。
展開によっては、主人公どころか地球が滅亡する。
何でいきなりSFになるのか、謎。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その5)

2018-03-15 | CRAZE系
『魔女復活編』
(攻略の一例です)

(谷に着くまでは自由行動)

《バッドエンドルート》
大声で叫んだ→
「人間を捨てろ、というのか?」
→『闇の誘惑』(第1巻)

大声で叫んだ→
「ちょっと、まってくれ」→
(自由行動)→
女の子を連れて逃げることにした→
(自由行動)→
村を出る事にした
→『千晶』(第2巻)

大声で叫んだ→
「ちょっと、まってくれ」→
(自由行動)→
女の子を連れて逃げることにした→
(自由行動)→
多江と再会するしかないと思った→
河村巡査を逆上させて、スキをつくろうとした
→『不死の代償』(第3巻)


《トゥルーエンドルート》
大声で叫んだ→
「ちょっと、まってくれ」→
(自由行動)→
女の子をおいて逃げ出そう
→『魔女たちの長い眠り』(第4巻)(完結編が発動します)


★メインルート。完結編を読みたいなら、この編だけ読めばいい。
中盤の角田の描写がグロい。私は毎周逃げてる。
千晶が本気出した場面もグロ画像が出るので注意。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(第2話の注意事項)

2018-03-08 | CRAZE系
どのルートでも第1話は、多江が大変な事になって終わる。

因みに、SFC版では、
高速スキップもエンディングリストもなく、
第2話から読み始めたくても、
必ず第1話を通過しなければならなかったという話も。
当時のプレイヤーの方々に最敬礼。

次回から第2話の攻略を述べるが、
第2話の前半は攻略に影響しない
登場人物回収を兼ねて、せいぜい自由行動に励むが吉。

第2話も、エンドマークを3回見れば高速スキップが解禁される。
それまでは試練と思って進めよう。

それでは。また次回。

PS『魔女たちの眠り 復活祭』攻略。(その4)

2018-03-04 | CRAZE系
(周回プレイしてからソフトを再起動しています)

【『忘れられた谷編』ルート】

それでも仕事に熱中していた→
今日は帰る事にした→
そのままにしておいた→
いや、今日は遠慮しておくよ→
あれは、いたずらではないような気がしていた
【恋人失踪】

無断で欠勤した→
取りあえず、車に戻ろうと思った
【お種に会う】


《バッドエンドルート》
彼女の事を調べようと思った
or
栄子ちゃんの死について調べようと思った



多江を信じた→『懐かしい笑顔』(第5巻)
村人を信じた→『吸血鬼たちの叫び』(第4巻)


《トゥルーエンドルート》
謎の少女の事を調べようと思った
or
魔物の事を調べようと思った
→『魔女たちの狂宴』(『忘れられた谷編』が発動します)


★吸血鬼との戦い、別パターン。
主人公の恋人の行方は不明のまま。