好事家の世迷言。

調べたがり屋の生存報告。※かつては名探偵コナンと逆転裁判、今はシティーハンターとADV全般の話題が主。

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP8)雑感。

2016-09-26 | うみねこのなく頃に
今作に限っては、原作(PC版)と異なる部分を単に列挙するわけにもいかない。
物語の基本的な流れは同じでも、世の評判通り別物だ。

・過去EPの殺人トリック
・EP5の不義理=ベアトが敢えてやらない事=戦人を共犯にする
・黄金郷=死
・紗音&嘉音の同一人物論をヱリカが説明
・金蔵の遺体の在処
・安田紗代の半生
・嘉音を演じる変装
・真里亞にベアトの演技を披露する紗代
・紗代による島の人々への買収
・六軒島爆破直前の戦人と紗代
・八城十八の来歴
・偽書が書かれた経緯

……などなどなど、具体的に描かれている真相の量が桁違い。
どれもPC版の時点で明かしていれば良かっただろう事ばかり。
EP7の「ハラワタ」の回答も示された。
紗代が近親相姦の子である事。紗代に生殖能力が無い事。
そして死体がああも打ち捨てられている以上、
日伊兵殺しの主犯は金蔵である事は明白である。

個人的に得心が行ったのが、海中のシーン。
紗代に突き放された現実の戦人(乱れたベスト姿)と、
紗代と心中した幻想の戦人(上着ありの正装姿)とが
異なる人物として明確に描写されている。
最初からこうだったら、素直に感動できたかもしれない初読当時。

ここまで補完してもらえてるなら、わざわざ私がRewriteする必要ないかなとも思う。
少なくとも、この漫画版の内容をいったん頭から消さないと、独自の文章を書けない。
今はまず、他作品を読む事に集中だ。

それでは。また次回。


漫画版「うみねこのなく頃に」(EP7)雑感。

2016-05-23 | うみねこのなく頃に
【第1巻】
・3人のベアトリーチェ  六軒島の怪談、金蔵と会ったイタリア人、九羽鳥庵の娘

【第2巻】
・ビーチェ登場(金蔵視点)→ベアトとの邂逅(真里亞視点)→屋敷の怪談(朱志香視点)

【第3巻】
・「ベアトは金蔵の子であり孫」とベルンが明言。
・姿を現す前のクレルに、メイド服のネクタイが見える
・「ヤス」は長い白髪の少女。さすがに相応の姿が描写されている

【第4巻】
・鍵束をまるごと交換すればトリック成立するそうで

【第5巻】
・紗音の背、当初はヤスを見下ろすほど有ったのに、戦人と関わる頃には縮んでる。
・ホワイダニットの推理小説が少ないって言うが、いわゆる社会派の立場は?

【第6巻】
・ベアトと紗音を遠くの席から見ているヤスが「設定変更」を行う
・ベアトの姿が銀髪から金髪へ変化

【第7巻】
・EP1~4の事件の真相については、この巻を見よう
台詞でない文字で「買収」などの具体的解答が記されている
紗音が鏡台に銃を引っかけたり、服装を着替えたり
銃殺や絞殺も具体的に描写されている
が……EP4の、全て狂言って答えはやっぱり豪快だ
と言いますか、紗音の射撃は殺し屋レベルか

【第8巻】
・譲治から戦人へのコンプレックス 少年姿の画があると違和感増すなあ……
・時計のスイッチ 下から上へ動かしてonとベアト説明
・ベルンの「全て真実   ふきだしの下が隠れている

それでは。また次回。
コメント (2)

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP6)雑感。

2015-06-12 | うみねこのなく頃に
細かい所ほとんど覚えてなかった。

【第1巻】
・フェザリーヌ「2週間でも百年の魔女」
台詞の際、梨花の姿が登場。

【第2巻】
・カップの「魔法」。一度目の呪文の際、真里亞の目が描写されていない。
・中学生譲治が小学生男女に嫉妬するの図。

【第3巻】
・若い霧江の姿、登場。
・明日夢は最後まで顔が描かれないで終わりそう。
・真里亞の圧死。直接描写が怖い。

【第4巻】
・「遡り手」ってのは何度読んでも納得できない。
非現実に過ぎるし、物語としても野暮の骨頂だろう。

【第5巻】
・事件での戦人を「駒の戦人」と魔術師の戦人が呼んでいるというカオス。
・ベルンの「ゲーム」。『ひぐらし』の世界観?と思わせる画像たち。
・寝室の想像図。ヱリカ脱いでる。
・指輪のシーン。明らかにエロ狙いの描写。
・親との恋、子との恋。近親愛の伏線。

【第6巻】
巻末おまけの「お前、役立たずだったんじゃね?」(byベアトリーチェ)が全てを言い表してる。

それでは。また次回。
(※『粋』プレイ始めています。ただいま共通ルート踏破中)

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP5)雑感。

2015-06-07 | うみねこのなく頃に
改めて読み返して、探偵が露悪的に描かれてるのが腹に据えかねる。

【第1巻】
・前見返しに「解答編」って書かれちゃってる。
・金蔵、眼鏡かけて椅子に。
・秘密の通路は1本までなら良いんです。
というか、形だけでも調べようよ……。
・秀吉による武将トーク割愛。
・ヱリカの「水着」は事実上ウェットスーツ。

【第2巻】
・赤子転落の幻想描写。影絵のサイレント劇。

【第3巻】
・夜の寝室。いくら眠くても、血の臭いがエライ事になってると思うんだ。
・犠牲者ランキング。本来のミスオタなら実際の事件を挙げると思うんだ。

【第4巻】
・迷路庭園。招かれた者しか目的地に辿り着けない設定。

【第5巻】
ベアトリーチェ「そなたの約束など妾は二度と信じぬぞ」。
6年前の件の伏線。表情注目。

【第6巻】
・「情交」の具体的シーンが描かれちゃってる。
・虚空から創造される戦人のマント。
・金字は傍線の種類が異なる。

それでは。また次回。

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP4)雑感。

2015-05-22 | うみねこのなく頃に
加筆&整理整頓に驚いた。
原作(PC版)とは打って変わって非常に分かりやすい。
逆に漫画版しか知らない人が原作を読んだら、愕然とするかもしれない。

【第1巻】
・六軒島の2日間より前に、縁寿の周辺を充分に掘り下げる。
・クレーンゲームの回想シーン。私服の戦人。
・ルチーアでのいじめ。椅子に接着剤。髪飾りを汚される。
・霞、車のガラスを殴って割る。

【第2巻】
・大学教授との会話、直接描写は全カット。縁寿が天草とホテルで思い返す形に。
・「猫箱」の語は天草が説明。(原作ではベルンカステル)
・ワルギリアの出す「鯖飴」。(原作では喉飴)
・縁寿は、「98年の縁寿」と「駒のエンジェ」との二人に分離したと明確に説明される。

【第3巻】
・青字は白文字に傍線。
・さくたろうのぬいぐるみ崩壊シーン。
・真里亞の日記の筆跡。乱れていくのが読みとれる。

【第4巻】
・真里亞の「黒き魔法」。大きな手で潰される楼座。
・シェスタ556の存在が匂わされる。
・譲治と朱志香の敗北シーンで次巻へ。

【第5巻】
・敗北フラグネタ、全カット。英断である。
・寝具の棚に何があるのか私には視えない。
・小6の戦人の姿、登場。

【第6巻】
・全員での狂言説に戦人が気づいている。
・最後、抱き合う戦人とベアトにどこまで共感できるかにかかってる。漫画の本領発揮だ。

それでは。また次回。

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP3)雑感。

2015-05-01 | うみねこのなく頃に
論戦が一部、原作よりも分かりやすくなってる印象。

【第1巻】
表紙の絵羽、素足に見える。
大学生絵羽と蔵臼。
小学生戦人の白馬発言が登場。
恥ずかしがって悶える戦人を見る紗音の顔が描かれていない。
朱志香、スカート広げたまま砂浜に直に座ってないか?
中学生楼座。二つ分けのお下げ髪。

【第2巻】
楼座の「パンダ」発言カット。
戦人による拒絶の結界。鎖を巡らせた箱。

【第3巻】
薔薇庭園にて。絵羽、皮を剥ぐように変貌。
霧江、飛ぶレヴィアタンの杭を手でつかむ。

【第4巻】
家庭内での絵羽。エプロン姿。
戦人「心を蔑ろにするな」発言。
ベアトリーチェ「“私”は魔女になれたかな」発言。

【第5巻】
チェックメイトされるエヴァ。文字通り「破れる」。
縁寿の時代。老いた絵羽の姿。

それでは。また次回。
(※サーバー不具合につき投稿遅れました)

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP2)雑感。

2015-04-17 | うみねこのなく頃に
早くも頭が混乱してきた。
元々この物語は、「三人称の文章」で虚偽を述べている以上、
既に信憑性を失っている。
そんな虚偽の物語を漫画で、即ち、一段と客観的であろう「画像」で
描いているのだから。何が何だか分からない。
分からないけど分からないなりに、チェックすべき点を。

【第1巻】
・文化祭ステージでの朱志香「ゆっくりして行ってね」発言。

【第2巻】
・後に「幻想描写」と呼ばれる、三人称での虚偽のオンパレード。
「駒世界」と「メタ世界」との切り替えも非常に分かりにくい。
原作を踏まえていなければ、少なくとも私には意味不明になりつつある。

【第3巻】
・楼座、ベアトリーチェの事を思い出そうとして頭痛を感じる。
・赤字は、台詞の文字に波線が引かれる形。

【第4巻】
・嘉音の傷がグロテスク。直視できず。

【第5巻】
・紗音の死。この描写で「死んだふりです」は通じないと思う。
・戦人全裸。原作では曖昧に書いていたのをズバリ描写。
・楼座に出される茶会の食事もそのままズバリ。

それでは。また次回。

漫画版「うみねこのなく頃に」(EP1)雑感。

2015-04-06 | うみねこのなく頃に
グロテスクな描写から目を背けつつ、原作(PC版)との違いを中心に。

【第1巻】
・真里亞の見てるアニメに、梨花の口調で喋る「まじかるベルン」
・海辺にて。
戦人の「シーユーアゲイン」のエピソードが登場しない。
・昼食の場面で、初めて親世代キャラが紹介される。
・「チェス盤をひっくり返す」言いながら指を鳴らす。

【第2巻】
・戦人の回想シーン。
6年前に右代宮家を出た時点で学ランを着てる。中学生?
・夜、傘を差す紗音。
胸を譲治に押しつけてるが……バレないの?
・園芸倉庫。
紗音の死に様が描かれてしまってる。(しかも全身)
・笑う真里亞が笑って見てるアニメに、ラムダデルタらしき人物が。

【第3巻】
・朱志香の喘息。ひゅーひゅー言わない(原作と同じ)
・絵羽、夏妃に対して足技寸止め。

【第4巻】
お茶会にて。
冒頭で戦人、状況に困惑してる。

それでは。また次回。

3rd Game前編完了、そして今後の予定。

2014-12-01 | うみねこのなく頃に
『うみねこのなく頃にrewrite』3rd Game「I am a detective」(前編)を脱稿した。

ひとまずここで、『うみねこのなく頃にrewrite』は、いったん休止する。

もともと私としては、2nd Gameを完成させた所で、
自分のやりたい事を尽くしている。
ここから先は、真犯人たる彼女が、
壊れた自らの人格を統合していく様を書いていく予定だった。
アニメ版を参考にしていた今までと違い、
指針となる媒体が無いのが、正直に言って悩みどころだった。

その転機となったのが、漫画版の展開である。
世間様の評判で聞く限り、特にEP8は、
原作の不備を補完した良作になっているとの事。
なので、まずはこの漫画版をじっくり読み込み、
その内容を意識してプロットを編みなおしたい。

漫画版がいつの完結になるかは分からないが、
今後の動きに注目したいと思う。

それでは。また次回。

3rd Game 始動。

2014-02-23 | うみねこのなく頃に
『うみねこのなく頃にrewrite ――白き探偵、黒き魔女。――』の
3rd Gameを書き始めた。
差し当たって冒頭部分、戦人のミステリ談義のみup。

ここ数ヶ月間は、つくづくスランプに陥っていた。
ずっと昔、サイトを立ち上げる前以来の危機だった。
書き終えなけばならないという義務感と焦燥感ばかりが先に立ち、
実際には全く指が動かなかった。

つまるところ、これは私以外、誰も読まない物語だ。
まさしく天草十三の言うところの「自己満足」だ。

今までにあった反応は、更新する度に執拗に、
或る閲覧者から理不尽に攻撃され続けた事だけだ。
画面が見づらい、ケータイで読めない、長い、リンクが切れてる、
と文句をつける一方、感想は、「アレがツボ」くらいしか書かれていない。
こちらの意見を酌んでもらえる事は、最後まで無かった。

でも、そんな拙い物であっても、やっぱり書きたい。衝動は止められない。
探偵として真実を追った戦人を書きたい。
魔女として虚構を作ったベアトを書きたい。
私は最終話まで、責任をもって彼らを生かし、殺す。
どこにどうやって着陸するかは、私自身にもまだ分からないけれど。
だからどうか皆様方、静かに見守っていて下さい。

それでは。また次回。