ブラジルって??

ブラジルに赴任することになったサラリーマンによるお気楽ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL廃止

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは晴天です。

昨日のニュースでJALのサンパウロ便が正式に廃止になるようです。
以前は成田-サンパウロ間を週3便飛んでいましたが、JALの経営不振から今年の2月以降週2便で運行されていました。
公式な発表では9月末までは現行の週2便で運行し、10月以降は運休と言う事です。
しかし、支店も閉鎖されるようですから、事実上の撤退でしょう。

成田-サンパウロ便は32年間に渡って継続運行されてきました。
日本から遠く離れたブラジルに住む日本人・日系人にとっては日本とブラジルを繋ぐ象徴のような路線でした。
昨年から廃止の可能性が取りざたされるようになると、ブラジルの日系人社会では署名活動やロビー活動によりなんとか廃止を食い止めようと努力をしてきたようです。しかしその甲斐もなく運休となってしまいました。

ブラジルは2014年ワールドカップ、2016年のリオオリンピックを始め、これからますます経済が発展していく国であることは最早疑いようがありません。
それを見越してか中国や韓国などはナショナルフラッグによる乗り入れ便は増加傾向にあるようです。
なぜ日本だけが時代に逆行するような動きをするのか理解に苦しむ所です。
まるで元気の無い日本を象徴するかのようなJALの撤退ですね。
これから日本に帰るときにはどの便を選ぶか悩まなくてはなりません。
コメント

ブラジルでも

 | 

こんにちは。サンパウロは晴天です。

アメリカを始め世界中で吹き荒れたトヨタ自動車のリコール問題ですが、とうとうブラジルでもリコールとなりました。
対象となるのはトヨタカローラで、アメリカと同様にフロアマットの巻き込みによる急加速のようです。
急加速と言ってもアクセルが戻らないまたは戻りにくくなるというものですから、落ち着いて対処すれば大丈夫なのですが、パニックを起こすのかもしれません。

実は私の車も対象車種で、確かにフロアマットがアクセルペダルの近くに寄っていた時にマットを巻き込み、アクセルが戻りにくくなったことがあります。
その時はフロアマットの位置を後ろに下げて対処しました。

リコール台数は10万台になる見込みです。
トヨタは新工場の建設も計画しているようです。これからブラジル市場でシェア獲得に乗り出そうというときですから、早期に解決を図る必要がありそうです。
コメント

世論調査

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは晴天です。

しばらく間が開きましたが、まぁ相変わらずといった所です。

10月の大統領選挙に向けて月に1回程度世論調査が行われています。
4/16に行われた調査ではセーラ前サンパウロ州知事(PSDB党)が38%、ジルマ前官房長官(PT党)が28%、マリーナ上院議員(PV党)10%、シロ下院議員(PSB党)9%となっており、今の所セーラ氏とジルマ氏の一騎打ちの様相です。

数字の上では差が開いているようですが、他の調査ではセーラ氏とジルマ氏の差は0.3%という情報もあり、どちらが正しいとも言えません。

現職のルーラ大統領はジルマ氏を後継に選んでいるため、ジルマ有利と言う見方も根強いようです。
選挙まではまだ半年近くもあり、まだまだ混沌としています。
これから冬に向かうブラジルですが、大統領選挙では熱い戦いが繰り広げられます。
コメント

リオの水害

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは曇りです。

このところ雨続きでブラジルらしくない寒い日が続いています。
特にリオデジャネイロは雨が多く50年ぶりの雨量のようです。
そのため、リオ市内のあちこちでがけ崩れが起こり大変な状況になっています。

日本でも報じられているようですが、リオではがけ崩れによりすでに200人もの死者が出ています。
リオの町はあちこちに丘があり、その斜面に沿って家が建てられているのですが、多くの家は土台があるわけではなく、ただ斜面にレンガを積んだだけ、所謂貧民街です。
そのため地すべりを起こすとひとたまりもありません。

がけ崩れは1箇所で起こっているわけではなく、30箇所以上で発生しています。
死者が出ているがけ崩れは15箇所以上にもなります。
昨日発生したがけ崩れは1つの集落を丸ごと呑みこみ200人ほど生き埋めになり救出されたのは20人程度で、多くの人はまだ埋まっているようです。

リオ市では危険箇所に住む住民を移転させる方針を発表しました。
これにより一部の貧民街は撤去されるようです。
オリンピック等に向けて貧民街が減ることは良いことなのですが、それが災害の結果と言うのは皮肉なことではあります。
それにほとぼりが覚めればまた住みつくのかもしれませんが。
コメント

閣僚辞任

 | 習慣などなど

こんにちは。サンパウロは晴天です。

今年は4年に1度の大統領選挙の年です。また併せて各州の知事や上院下院の議員選挙もあります。
選挙は10月に行われるのですが、早くも選挙戦をスタートさせるために現役の閣僚11人が3/31付けで辞任しました。
これは選挙の半年前から選挙活動ができることと、大臣職に留まっていては選挙活動が出来ないという事情によるもののようです。

官房長官はルーラ大統領の後の大統領職を狙って、その他の閣僚達も州知事、議員を狙っています。
各閣僚の後任はそれぞれ副大臣が就任するようです。
日本とは大きく異なる選挙制度とそれに向けた要職辞任は興味深いですね。
コメント