ブラジルって??

ブラジルに赴任することになったサラリーマンによるお気楽ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマゾン旅行⑤ピラニア&ワニ

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは曇りです。

原住民の住居を後にし、そのままピラニア釣りに向かいました。

ジャングルの木を掻き分けながら船は進みます。


木々を抜けると池のような沼のような場所に出ました。
このあたりがポイントか?


早速釣り糸を垂らします。
餌は生の牛肉です。
日本のスーパーでよく見るカレー用の肉みたいです。

水面を叩くと獲物が来たと思ってピラニアが寄ってくるようですが・・・。
全く寄ってきません(笑)。
釣れたのは1人だけです。
この時期は水が多く、ピラニアもあちこち遊びに行ってしまうようです。
ということで30分ほどで終了(笑)。


更にその足でワニ狩りに向かいました。
夕暮れになりあたりはだんだん暗くなります。


ワニ狩りはアリアウのすぐ傍まで戻ってからでした。
草むらをサーチライトで照らすと大きなワニが・・・でも暗くてよく見えませんでした(笑)。
もっともよく見える場所まで近づくのは危険です。


ガイドが船の上から草むらに近づき小さいワニを捕らえました。
これでちょうど生後1年くらいだとか。


小さくても歯は鋭く、噛まれたら大変そうです。

というわけでこの日は終了。
楽しみにしていたピラニア釣りが不発に終わり残念でした。
また乾期に来れればいいですが・・・。

コメント

アマゾン旅行④原住民

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは晴天です。

昼食後は原住民の家を訪ねるツアーでした。

原住民といってもそれほど奥地に住んでいるわけではないので、身なりも普通の洋服です。


ちなみにこの人は原住民ではありません。このツアーのガイドです。
手に持っているのはマンジョッカという芋を絞って乾燥させる際に使う道具です。
木の皮を編んで造られており、中に摩り下ろした芋を入れて引っ張ると筒が狭まって絞られる仕組みです。
ちなみにこの絞り汁は猛毒だそうです。
マンジョッカにも色々種類はあるようですが、アマゾンで出来るものは猛毒を含んでおり、そのまま食べたら必ず死ぬようです。
そうして出来た粉を焼けばタピオカの出来上がりです。


家は草で葺いてあり窓がありません。
いかにも蚊が多そうですが、ネグロ川の水質は蚊の繁殖には向かないようで、ここでは蚊はほとんど見ませんでした。
ネグロ川沿いでもジャングルの中には蚊がいますが、開けた場所は大丈夫なようです。
そういえばアリアウにも蚊はほとんどいませんでした。


大きなフライパンで粉を焼いてタピオカを作ってくれました。
焼けたらマーガリンなどを塗って食べます。
もちもちした食感で美味しいです。
それにしてもこのフライパン、パエリアを作れば1度に100人分くらい出来そうです。


花?フルーツ?説明を聞き逃しました。
家の周りには沢山のフルーツの木が植えられていました。
おそらく10種類くらいありました。いくつか試食しましたが、甘酸っぱいものが多かったと思います。名前は・・・忘れました(笑)。


ツアーのお客さんのためのお土産も置いてあります。
手作りっぽいものが多かったです。

原住民も秘境に住んでいる部族ばかりではありません。
開拓が進んでいけば文明社会と共存することになるのでしょう。
それにしても彼らの言葉は全くわかりませんでした。
唯一原住民らしいところは言葉の壁でしょうか。
コメント

アマゾン旅行③ジャングルトレッキング

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは晴天です。

2日目。朝食後にジャングルトレッキングに出発です。
ジャングルの中は虫が多く、特に蚊に刺されると思わぬ病気にかかる恐れもあるので、長袖長ズボンに虫除けをたっぷり付けて出発です。


ボートで川を30分ほど進み、ジャングルに入っていきます。


この人が今回のガイドです。
野性味溢れる風貌です。耳に何かピアスのように刺している物があります。


その正体はこの木の棘です。
この棘は原住民が吹き矢を作るときの矢じりにするそうです。
先に毒を塗って鳥を射落とすとか。


これは蝶(蛾?)の幼虫です。
栗ような木の実の中で育ちます。
ジャングルの非常食になるとか。


この蟻は気配を消すときに使うそうです。
身体に刷り込むと匂いが紛れるので狩りの時に動物に気づかれにくくなるようです。


蟻といえばこの蟻、比較するものが無いので大きさがわかりにくいと思いますが、体長3Cm以上あります。頭はパチンコ玉のようです。
噛まれると1日中高熱にうなされるとか。


この木はナイフで削るとおが屑のようになり、すぐに火が付くようです。
火おこしに最適とか。


ボートの運転手が待ってる間に葉っぱ細工を作っていました。
器用に帽子などの細工を作ります。


この時期は水が多いので、鳥は多く見かけましたが動物は見かけませんでした。
2時間ほど歩いてジャングルを後にします。

昼食後はまた別のツアーに向かいました。
コメント (2)

アマゾン旅行②アリアウ

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは晴天です。

今日は宿泊したアリアウタワーロッジについて。
昨日外観写真を載せましたがもう少し。


入口はこんな感じ、入口の上におサルがいます。


おサルはあちこちにいますが、飼われているわけではなく野生です。
ただ、観光客がバナナなどを与えるので近寄ってきます。


おサル以外にも鳥たちがいます。


こんなのがのたのた歩いてるので、踏みそうになりました(笑)。


ロッジから見た朝焼けです。


船着場からネグロ川方面です。

アリアウはターザンハウスという木の上の家が有名なのですが、写真のアップが間に合いませんでした。
他のアリアウ写真は数日後にアップする予定です。

アリアウはマナウスから50Kmほど上流にあり、周りは全てジャングルです。
目の前のネグロ川の川幅は・・・とりあえず対岸は見えます(笑)。
こんな大きな川の脇にあるのに洪水のときは流されないのだろうかと思いますが、あまりに巨大な川であるが故に急な洪水にはならず、徐々に水かさが増えていくようです。

次回はジャングルを歩きます。
コメント

アマゾン旅行①

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは曇りです。

子供の頃、特撮ヒーロー物のテレビをよく観ていました。
その中でも仮面ライダーシリーズは大好きでした。
仮面ライダーといえば、バッタをモチーフにデザインされたキャラクターで、歴代それほど風貌に違いは無かったのですが、突如異型のライダーが出てきました。
それが仮面ライダーアマゾンです(笑)。
なんだか野獣の風貌で、子供心にアマゾンって恐ろしい所だという印象が残りました。

前置きが長くなりましたが、アマゾンはブラジルにいる間に一度は訪れたいと思っていました。
何しろ仮面ライダーアマゾンの育った場所ですから(笑)。

アマゾン川沿いにはいくつか町がありますが、もっとも有名な観光ルートとしてはマナウスから船でジャングルロッジを訪れるものです。
マナウスはサンパウロから直線距離で2,680Km,飛行機で4時間半ほどかかります。
ちょっとした海外旅行の距離です。
空港から船着場までは車で20分ほどです。


このようなのどかな船でジャングルロッジを目指します。
川沿いにはいくつかジャングルロッジがありますが、今回泊まったのはアリアウタワーというロッジです。ここはマイケルジャクソンやビルゲイツ、ケビンコスナーなども宿泊した有名なロッジです。


ロッジまでは2時間ちょっとかかります。
海のような川を遡って行きます。
この川はネグロ川といい、黒い川という意味です。


途中で水面から細波が消え、のっぺらとした感じになりました。


これがアリアウタワーです。


このアリアウタワーに2泊して色々なツアーに参加するわけです。

チェックインしてからはホテル内を探検、タワーは全部で8棟ほどあり、その間は遊歩道になっています。
夕方になり担当ガイドと打ち合わせ、翌日以降の予定を確認します。
当日夜にワニ狩りに行く予定でしたが、雨により翌日に順延でした。
この時期は雨季にあたるので時々スコールがやってきます。
また川の水量も増えジャングルは水に漬かる事になります。

続きます。
コメント

運転免許

 | 

こんにちは。サンパウロは曇りです。

昨日は禁煙条例のことを書きました。
これはサンパウロの愛煙家にとっては悩ましい問題ですが、今度は日本を含む外国からの駐在員にとって悩ましい問題です。
昨年だったと思いますが、自動車の運転免許取得手続きが厳格化されました。
これはサンパウロにおける運転免許の交付があまりに出鱈目だったことに起因したものです。

本来運転免許はオートエスコーラという自動車学校で実技講習や筆記試験、適正試験を受けて合格者が取得できるものです。
ところがいい加減なオートエスコーラが替え玉受験を行っていたことから、全盲の人でも運転免許を取得出来てしまうような状態でした。
当然交通事故も多発することから、当局としてもオートエスコーラに対する取締りを厳しくしました。
そんなわけで、外国人も筆記や実技試験を受けないと運転免許が取得できないような状況になりました。
しかし、実技はともかく筆記はポルトガル語です。
問題が読めなければ答えの書き様が無いわけですから当然免許は取得できません。
一時は免許取得を諦め、タクシーや運転手付の車で移動する駐在員が増えました。

その後いろいろな交渉を経て、現在は少なくとも実技試験と適正試験は受けることになったようです。
実技試験はマニュアル車で坂道発進や縦列駐車ができればOKだとか。
それにしても日本の乗用車はオートマチック車が多いので、慣れない人には大変だと思いますが…。

しかし…そもそもブラジルが国際免許の加盟国で無いためにこのようなややこしいことが起こるわけです。
まぁ、いい加減な免許交付が行われてきたので、加盟できないのかもしれませんが(笑)。
コメント (4)

禁煙条例

 | 日常生活

こんにちは、サンパウロは雨です。

先週、サンパウロ州議会は禁煙法案を可決しました。
これは閉鎖された公共の空間での喫煙を全面的に禁止するものです。
例えばショッピングセンターや飲食店、ホテル、職場、マンションの共用部分、タクシー等不特定多数が利用する全ての施設に及びます。

喫煙可能なのは個人の住宅内、自家用車内及び道路などのオープンスペースです。
レストランも外部のテラス等では喫煙可能なようです。

そもそもは受動喫煙の防止が目的のようです。
ブラジルは世界でも有数の喫煙大国。そのため呼吸器系の疾患が多く、特に子供に受動喫煙の健康被害が及んでいることから今回の条例が議会に提出されたようです。

今まであった喫煙スペースや喫煙席での喫煙も認められなくなるため、愛煙家にとっては大変です。
今まではレストランに入ると禁煙席か喫煙席か聞かれていましたが、条例が施行されればすべて禁煙ですから聞かれることもなくなります(笑)。

面白いのはこの条例に違反した場合、違反者とともに施設管理者にも最高320万レアル(約1億5千万円)の罰金が科されるほか、営業許可の取り消し等の行政処分もあるようです。
要は吸っているのを注意せず見逃した人も罰金の対象となるということです。

当然ながら飲食業界は大反発です。
昨年レイ・セッカ(世界一厳しい飲酒運転禁止令)が発令されたときも飲食店は大打撃を受けました。
今回も痛手を受けるのは必至で、議決当日議会前でデモを行っていたようです。

このまま行けば7月から施行されることになります。
レイ・セッカに続く厳しい禁煙条例により、バール(酒場)はジューススタンドになってしまうのでは…(笑)。

それにしてもブラジルでは昨日までOKだったものが突如としてダメになることが多いのです。
レイ・セッカもそうですが、ゆるゆるの制度やザル法から急に厳しい法令が作られ厳しい取締りが行われる。
そんな状況は赴任してから何度目でしょうか(笑)。
こんなこともブラジル・リスクの一つと言えるかも知れません。

追伸:花粉症が治りました。週末にゴルフをしたら花粉を感じなくなりました。
運動したためなのか、時間の経過により花粉が排出されたのか定かではありませんが…。
当分は苦しみから解放されそうです(笑)。
コメント   トラックバック (1)

花粉症

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは晴天です。

日本に帰っている間に花粉にやられ花粉症が再発しました。
ブラジルでは発症しなかったので、日本を離れれば大丈夫なのかと思いきや…。
なんと到着してからも症状はあまり改善されません。
体内に残っているアレルゲンが排泄されるまでに時間がかかるのでしょうか??
飛行機の中は日本に近い環境ですから、花粉も相当残っていたのではと思いますが、ブラジルの住居までは付いてきていないと思いますし、新たな花粉もありません。
それでも目が痒かったりくしゃみが出たり…。
今日で丸2日経過しましたが、何日程度ですっきりするのか…人体実験です(笑)。
コメント (2)

再びサンパウロへ

 | 入国手続などなど

こんにちは、サンパウロは雨です。

ブラジルに戻ってきました。
成田を出てから25時間半でサンパウロに到着です。
飛行機の中では映画も見飽きますし、雑誌も読み終えてしまうのでやることがありません。
仕方なくお酒を飲んで寝るというパターンの繰り返しです。
ただ、飛行機内は酔い易いので注意が必要です。
その微妙な加減を保ちつつ飲むわけですが…今回は何事も無く到着しました。
2年ちょっと前にサンパウロに着いた時は飲みすぎてフラフラでしたが(笑)。
これも学習効果でしょうか。

学習効果といえば、今のところ時差ぼけの症状が出ていません。
ちょうど12時間違うので昼夜が逆転しているはずなのですが…。
東京→ニューヨークは夕方に出て夕方に着きます。
ニューヨーク→サンパウロは夜に出て朝に着きます。
ということは、東京→ニューヨークは出来るだけ寝ないように我慢し、ニューヨーク→サンパウロでしっかり睡眠を取れば時差ぼけになりにくいのではと考えました。
しかし現実は…酔っ払って両方とも寝てました(笑)。

実はまだお酒が残っていて元気なだけなのかもしれないと思いつつ暫く様子を見たいと思います(笑)。
コメント

日本

 | 旅行などなど

こんにちは。東京は曇りです。

日本滞在もあとわずかです。
今週末にはサンパウロに向けて出発します。
日本にいるとだんだんブラジルに戻りたくなくなりますが・・・。
まぁこれはおそらく休暇でのんびりしているからでしょう。

日本のほうが食事は美味しいですし、遊ぶところもたくさんあります。
何しろ周囲の安全確認をする必要が無いので精神的に楽ですね。
ブラジルに戻る日が近づくにつれ、あまりのんびりもしていられなくなってきましたが、残り少ない滞在を有意義に過したいと思います。
コメント