ブラジルって??

ブラジルに赴任することになったサラリーマンによるお気楽ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アングラ・ドス・ヘイス①

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは快晴です。

先日の連休にアングラ・ドス・ヘイスに行きました。
アングラ・ドス・ヘイスはサンパウロとリオの間の海岸線にあるリゾートです。
位置的にはリオに近く、リオデジャネイロ州に属しています。
以前訪れたパラチーから100Km弱ということもあり、今回も車で行くことにしました。

早朝に出発したのが功を奏し、道中は順調でした。
途中休憩を挟んでもアングラ・ドス・ヘイスまでは5時間ほどで到着しました。
但し、到着したら現地は雨です。
折角のリゾートも雨では何もすることが無く、ホテルのバーでカイピリーニャを飲みながら過ごすという不健康な2日間でした。

3日目にようやく天候が回復したので、泳ぎに行きました。

プールで泳いだあと、海にも繰り出しました。

海は波が高かったのですが、水はきれいで泳ぐには申し分ありませんでした。
今まで何ヵ所かプライア(海岸)に行きましたが、今のところここが一番きれいな印象です。

折角のリゾートですし、やっぱり天気が良くないと面白くありません。
子供も大好きな海で遊ぶことが出来てとても喜んでいました。
コメント

CAVERNA DO DIABO

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは晴天です。

昨日の続きです。
ようやくCAVERNA DO DIABO(悪魔の洞窟)に到着しました。

こんなに遠くの山奥まで来てつまらない観光地だったらどうしよう(笑)。
などと思いつつ入り口ゲートを通過すると、広い駐車場とちゃんとした建物があって一安心(笑)。
日本ではマイナーな観光地でもちゃんと写真入りで紹介されたりしていますが、ブラジルではマイナーな観光案内は現地もしくは現地近くの観光案内所まで行かないと手に入りません(笑)。

車を停めて洞窟の方に歩いていくと案内人がいました。
もちろん勝手に入ることも出来ますが、案内の人に付いて行く事にしました。

洞窟の中には小川が流れ込んでおり、小川は100mくらい入ったところで地下に流れ込んで消えてしまいます。
小川の中には体長10Cm程度の小魚が泳いでいましたが、暗闇の中なので眼は見えない魚とのことでした。

観光用は400mほどになりますが、実際は3Km以上あるそうです。
またこの洞窟以外にも近くには多くの洞窟があるとのこと。
以前には遊びに来た子供たちが道を誤った(又は勝手に入っていった)ため迷子になり、捜索隊が入り込んで1日かかってようやく救出したこともあったとか。


日本の鍾乳洞もそうですが、ここでも奇岩にいろいろ名前があるようで、魔女の横顔とかピサの斜塔とか悪魔の顔とかコーラの瓶とか(笑)色々言ってました。
また、肌につけると若返るとかいう水や土があり、競って付けていました(笑)。

洞窟内は高低差もかなりありましたがとても広く、立ったまま歩いて廻ることができました。
しかし残念なことに落書きやら鍾乳石を折った痕やらが見受けられました。
心無い観光客の仕業ということで、近年案内人が監視も兼ねて配備されることになったようです。

洞窟を出てから併設のレストランで食事を摂り、これまた併設の資料館をざっと見てから帰途に着きました。
帰りはサンパウロまで3時間半です。もちろん例の悪路を通ります。
洞窟よりもBR116号線のほうに悪魔が潜んでいるのではないかと思う次第です(笑)。
コメント

BR116

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは今日も曇りです。

昨日の続きです。
翌日は悪魔の洞窟を尋ねることにしました。
悪魔の洞窟(ジアボ鍾乳洞)までは、サンパウロから250Kmくらいです。
ペルイベはその途中から海側に下ったところなので、まずは大通りであるBR116号線に戻ります。
そしてBR116号線をクリチバ方面に向かって50Km。
レジストロの町を抜けてさらに30Kmでジャクピランガという町に到着です。

このBR116号線という道路、全く気が抜けません。
何故って?それは穴だらけ(笑)。
それも半端じゃない大きさです。
大きいものは直径2mくらいあり、避けようとしてもスピードが出ているため避けきれません(笑)。
もちろん小さい穴(直径50cm程度)は無数にあります。
小さいからと言って侮ってはいけません。
表面がちょっと剥がれた程度ならいいのですが、完全な穴なのでまともに突っ込むとタイヤがパンクする恐れがあります。
こんな道路なのに制限速度は100~110Km/hです。
道路わきにはタイヤ屋が点在しており、いい商売になっているようです(笑)。

この道は大型トラックがとても多く、道路を傷める原因となっているようです。
しかし、道路を直す財源が無いことから放置されている状態です。
しかし、いつまでもこのままで良いわけがなく、政府はこの道路を民営化して整備することにしたようです。
先ごろ入札が行われ、スペインのオブラスコン・ウアルテ・ライン(OHL)が落札しました。OHLはこれから43億レアル(約2600億円)かけて補修し、有料道路化するようです。
多少お金を払っても、道路は整備されていたほうが安全なので良い事だと思いますが、沿道の修理屋は潰れるでしょう(笑)。

話がそれましたが、ジャクピランガから北に40Kmほど行くとエルドラドという町に出ます。このあたり一帯はバナナ畑となっており、見渡す限りバナナの木が生えています。
エルドラドから更に川沿いに45Kmほど入ると、ようやく目指すジアボ鍾乳洞に到着です。
明日に続きます。
コメント

ペルイベ

 | 旅行などなど

こんにちは。サンパウロは曇りです。

ペルイベという町に行きました。
サンパウロからクリチバに向かう116号線を120Kmほど走り、ペドロ・バホスという町から40Kmほど南側に戻った海沿いの町です。
サントス方面からプライア・グランジを通る道もありますが、夏場は海へ向かう道路は大渋滞するため、敢えて山側からアプローチしました。
距離的には空いていれば2時間程度だと思いますが、クリチバへ向かう道はトラックが多く、途中1車線になる山道があるため渋滞しました。
結局3時間ほどかかりましたが、それでも海ルートよりはマシだと思います。

ペルイベの町はサントスから続く海水浴場の終点です。
ここから先は環境保護区域であり、大きな道は通っていません。
さて、町に着いてまずは海岸の様子を見に行きました。
海岸は空いており、のんびりした雰囲気です。
以前行ったベルチオーガの海岸もそうなのですが、田舎の海岸は海岸通に駐車スペースがふんだんにあり、適当なところで車を停めて浜辺に出ることが出来ます。
プライア・グランジなどのメジャーな海岸だと日本の海の家みたいに駐車場の呼び込みがいるのかもしれません。
それにしても、日本ほどバカ高くなく、数レアル程度だと思います。
もちろんペルイベは無料です(笑)。

次は泊まるところの確保です。
海水浴場を抱える町なので、宿泊施設はそれなりにあるようです。
但し、そろそろ海水浴シーズンでもあり、値段は少し高めのようです。
例によって観光案内所を探し当て、紹介してもらうことに。
結果、値段もそこそこだったので、海に面したホテルに決めました。
この時点では特段問題もなく、後に起きる悲劇を予感させるものは何もありませんでした。

チェックインしてから目の前の海で一泳ぎです。
海の家が提供するパラソルと椅子を確保し、ビールを飲んだり泳いだり。
夜は近くのレストランでカイピリーニャを飲み、いい気持ちで就寝しました。
ところが・・・夜中に大音響が響いてきました。
最初は何だかわかりませんでしたが、どうやら表で何か騒いでいます。
窓を開けると、海岸通を車が音楽を鳴らしながら走っています。
そして騒ぎ続けるブラジル人達・・・。
特にお祭りとかがあったわけではなく、週末なので騒いでいるようです。
車は改造してあり、トランクに大音量のスピーカーを搭載しているようです。
騒ぎ続けるブラジル人。子供は全く気付かずに眠っていますが、私は眠りそうになると大音響で起こされるという状態。心臓に悪いです(笑)。
そういえば、日本でも騒音おばさんという事件がありましたが、安眠妨害は犯罪ですね。
結局明け方までお祭り騒ぎは続き、5時近くなってようやく眠ることが出来ました。

こんなことなら、海より少し内側の宿にすればよかったと思いましたが、祭りのあと、もとい、あとの祭でした(笑)。
コメント

野外ランチ

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは今日も晴天です。

日本は寒いようですが、サンパウロも朝起きた時などは結構寒く感じます。
しかし、陽が昇れば一転して暑くなります。
まさに高原の気候なのでしょう。
さて、晴れた日は外に出たいもの。
たまには公園でランチもいいものです。
近くのスーパーでサンドイッチなどを買い込み、車で公園まで行きます。

週末には家族連れや運動する人、自転車に乗る人でごった返す公園も、平日の昼間は空いています。
木陰のベンチに座って緑の中で食べる食事はとても美味しいです。

日本では人目が気になりますが、こちらは全く関係ありません(笑)。
ブラジル人は他人のことには関心を示さないようです。
おかげでのんびり食事ができ、リラックスして午後の仕事に向かえます。
コメント

ワールドカップ予選

 | スポーツ

こんにちは。サンパウロは晴天です。

昨晩、2010年サッカーワールドカップの南米予選第4節が行われました。
ここまで負けは無いものの、いまひとつ調子の上がらないブラジル代表です。
昨晩はサンパウロのモルンビー球技場にウルグアイを迎えてのゲームでした。
残念ながらテレビでの観戦でしたが、夜遅く(10時ちょっと前)のキックオフでしたので、さすがに球場で見るのは辛いかも(という負け惜しみです)。

さて試合の方は予想に反してウルグアイの優勢で進みました。
前半8分にウルグアイに先制点を決められ、その後もウルグアイの猛攻をなんとか凌ぐ展開に・・・。
流れから行けばあと2点くらい入れられてもおかしくない状態でした。
球場に詰め掛けているサポーターのストレスは増すばかりです。
しかし前半終了間際にファビアーノが右サイドのゴールポスト脇から角度の無いシュートを放ち、キーパーがはじいてゴールに入り同点とすると、後半20分にもファビアーノが決めて2対1となり、そのままブラジルが逃げ切りました。

これでブラジルは2勝2分で勝ち点8。
序盤を無難に切り抜けました。
次節は来年6月になります。そして南米予選はあと2年続きます。
その間に全く別のチームになってしまうのではと思われますが(笑)。
コメント

ツリー

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは晴天です。

事務所のエアコンの調子が悪く、とても暑い。
早く修理しないと暑くて大変です。
さて先日クリスマス関連ショップのことをチラッと書きましたが、街中は既にクリスマス(Natal)モードです。




ホテルに行けばこんな感じ↑でクリスマスツリーが飾ってあります。
これはグランメリアホテルの様子ですが、ショッピングセンターはこんな感じ↓


ここは、ショッピングDというショッピングセンターで、所謂庶民向けのショッピングセンターです。
市内には高級ショッピングセンターも多くあるので、クリスマスツリー巡りも楽しそうです。

しかしこの暑さでクリスマスとは・・・今ひとつピンと来ませんが(笑)。
コメント

連休明け

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは雨から曇りに変わりそうです。

4連休のあとの月曜日。そして明日はまたお休みです。
社内は休みの人が多く閑散としています。
連休のことについては、また後日書くことにします。
今日は仕事に専念します。

コメント

連休

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは曇りです。

明日から連休です。
明日15日は共和国宣言記念日(Proclamação da República)、翌16日は認可休日で休むことを推奨している日である為、多くの企業が休日にしています。
土日を挟み、翌週の火曜日は黒人の日で今まではリオだけが休日でしたが、近年サンパウロも休日になりました。
なので、月曜日を休めば6連休です。
ブラジル人たちはここぞとばかり休みを取り、海へ海へと向かうようです。
そのため、今日の午後から明日にかけて道路は大渋滞の予想が出ています。

我が家は・・・、もちろん出かけます。
でも月曜日は真面目に働きます(笑)。
コメント

銀行について④

 | 日常生活

こんにちは。サンパウロは晴れです。

以前、銀行のことについて色々書きました。
1日に600レアルしか引き出し出来ないことや、銀行取引税などなどです。
また、実際に引き出すまでの操作もややこしいのです。
①カードを入れる。
②カード認証後、カードを1度抜く。
③カードを入れる。
④取引メニューを選ぶ。
⑤暗礁カードの指定された項目の番号を入力する。
⑥金額を入力(選ぶ)。
⑦暗証番号6桁を入力。
⑧めでたく現金ゲット
となります。
つい最近、⑦~⑧の際に機械が故障し、現金が出てきませんでした。
店員を呼ぶと、隣の機械でもう一度やれと言っているようですが、既に口座から引き落とされたのではないかと心配しましたが、どうやら大丈夫だったようです。
やはり現金を吐き出して初めて処理が終わるようです。
現金も出てくる種類はバラバラです。
暫く前に600レアル引き出したときは、全て20レアル紙幣で出てきました。
おかげで財布はパンパンです(笑)。

通帳が無いので、時々残高を確認します。
メニューから明細票を打ち出せるのですが、つい最近この明細票を出すのに1.4レアル(約80円)かかることが判明しました。
まったく、何でもかんでも手数料です。

ブラジルのお札、特に低額紙幣はボロボロのものが多いようです。
ATMも識別するのが大変なのではと心配します。
願わくば、多く間違えて払い出しして欲しいものです(笑)。
コメント