photo life 秋田

秋田が分かる「かもしれない」ブログ

第12回白神山地ウォーキングツアー~秋の白神を満喫する~

2018-09-23 | 藤里町

 9/23、藤里町で第12回白神山地ウォーキングツアーが開催されました。駒ヶ岳登山になります。
 参加者は18名でガイドさんはサポート含め計4名でした。


 今回のルートは、マップ下の樺台登山口から登り、前岳を経由して駒ヶ岳、帰りは田苗代湿原を経由して黒石沢林道へと下りる縦走登山です。
 難関は前岳~駒ヶ岳間にある「くさり場」足元もガレ場とのこと。
 さらに今回は、山頂からタカの渡りが見れないものかという個人的願望のために重量約2キロ、超望遠ズームと一眼レフの組み合わせも背負っていこうという、体力自慢の方がやるようなプラン。体重の重い私に乗り越えることができるのでしょうか?
 なお、道中の写真は首からぶら下げたコンデジです。


 道中の林道は小岳に向かうようにして進み、途中から分岐しました。小岳よりは乗車時間は短く、何よりマイクロバスです。
 ちなみに今回の最年少は小4の「りゅうのすけ」君。お母さんと参加したとのこと。秋田駒ヶ岳、鳥海山、太平山は登頂済という健脚どころか豪脚の持ち主。
 今回のガイドさんは、秋田白神ガイド協会会長、斎藤栄作美さん。白神といったら斎藤栄作美さん。根城相撲の行事も斎藤栄作美さん。道中も楽しいお話を聞きながらでした。
 白神山地を除く国内の自然遺産(知床、小笠原、屋久島)は国立公園に指定されており観光地化されているそうです。
  知床といったら、やっぱり流氷!
  3月ころの小笠原はクジラの繁殖で素晴らしい眺め。ただ、船酔いに気を付けて!
  屋久島といったら縄文杉。やはり見ると圧倒される
  富士山は2~3日かけてゆっくり登るのがおススメだけど、ぜひ北アルプスに行ってみてもらいたい  と熱く語ってくれました。
 山の日小岳登山に参加されていた方もいらっしゃいまして、当日のパンクの話などを思い出しました(笑)


 現在、樺台登山口では新しい登山道を整備しているとのこと。より緩やかにつづら折りに登っていくのかな。


 参加者は2班に分かれて列を作って登りました。私は1班の最後です。




 足元や目の前はキノコがたくさん!食べれるのかは分からないけれど、目を楽しませてくれました。


 大きく朽ちてしまった大木などもありました。


 朝から天気も良くて、木々の隙間から覗く青空がとてもきれいでした。


 最初は緩やかだった道のりも、次第に勾配がついてきます。前日まで降った雨の影響で足元も滑るところがあり、注意しながら進みます。


 とちの実だったかなぁ。料理しようとすると灰汁がすごいんだとか。


 休憩の合間には、様々な話を聞くことができました。
 これはクロモジといって、高級楊枝などに使われる植物だそうです。




 前岳山頂に到着しました。向こうに見えるのが駒ヶ岳。
 ここからは下って登り、難関のくさり場へと続きます。手袋の着用をチェックし前に進みました。


 稜線に出ると、はるか遠くに岩木山が見えました。


 視点を変えてみると、遠くには田代岳。田代岳に向かう道路は、途中にロケット実験場もあるため舗装されていて走りやすいそうです。




 山頂左下に見える灰色の部分がくさり場






 新設されたロープなどを掴みながら登るため、ここでポールはバッグに。


 コンデジを構えることもできませんでしたが、身体にぶつかって思いがけない1枚を撮影していたり。


 くさり場に到着です。前の参加者と距離を開けて慎重に進みました。






 ガレ場の次は木の階段!






 ポールを使えないからヘトヘト・・・。すぐ後ろを歩くガイドさんから励まされながら山頂を目指しました(-_-;)






 山頂までもうちょっと。心なしか足取りも軽くなったような?


 何とか駒ヶ岳山頂に到着しました!
 小岳よりもキツイ~❗️


 前岳で眺めたよりも岩木山がクッキリ見えました。
 ここで待ちに待ったお昼タイムです。当初の予定を過ぎていたことから時間は30分。食事後には白神山地について説明を聞くことができました。先日登った小岳も遠くに見えました。
 帰りのバスでの話ですが、今回の登山のちょっと前に、小岳山頂から朝日が昇る様子をビデオ撮影をされていたそうです。朝日に照らされ森に小岳の影がクッキリと浮かび上がるなど、最高の状況で撮影ができたようです。ふるさとCMに使用されるかもとのこと。
 実はこの時、小岳に共通の知人がいると知り合いであるサポートガイドさんから教えてもらいました。こちらを望遠鏡で眺めていたようですが見えたのかな~?


 記念写真を3枚撮影して下山開始です。


 下山コースは田苗代湿原まで下りっぱなし。ぬかるんでいるところも多く気を付けながら進みました。


 久しぶりの田苗代湿原。ニッコウキスゲを探しに来たのは何時だったかなぁ。






 ここで最後の勉強タイム
 斎藤栄作美さんから四季折々の風景写真を見せてもらうことができました。冬にはスノーモービルで来ることもあるそうですよ!


 ここから黒石沢林道登山口までは、あとちょっと。


 参加者全員、けがもなく無事に下山することができました。
 帰りのバスでも、いろんな知識を吸収することができました。
  橅は「きへんになし」と書くけれどお椀やしゃもじくらいにしか使い道がないから「橅」となった説
  でも、戦後の復興を支えたのはパルプ。その原材料として橅は重宝された。
  水分が多いので、建材に使うには長年かけて乾燥させる必要があり、お金持ちや神社仏閣などの建材によく使われた。特に、山形の山寺はほとんどが橅を使用している。
  今ではフローリングに使用されている そうです。
 藤里館に戻ったあとは、温泉ゆとりあに浸かってスッキリ。

 そして鷹の渡りに・・・と持って行ったカメラは結局使わず。2キロのダンベル担いで登った格好になりましたとさ(笑)
  再び登るときには、極力身軽に行こうと思います。スゴイ疲れたー!

 10/7~10/14の期間、藤里町では白神山地世界遺産登録25周年記念事業として、秋の白神ウィークが開催予定です。
 知床、小笠原、屋久島と国内の自然遺産が勢ぞろいしたイベントが開催される模様です。各地のグルメもあるそうです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
コメント

平成30年根城豊作相撲

2018-09-16 | 藤里町

 3連休の中日には、根城豊作相撲が行われました。私も数年ぶりに足を運んでみました。


 安室ちゃんの引退日であり、もしかしたら安室ちゃんも見に来てくれるかもしれない!という淡い期待をもちつつの選手宣誓でした(笑)


 粕毛地区で藤里町民と交流している秋田大学生も参加していたようです。


 一番右の方が青年団の団長さん。青年団も28歳までという決まりがあったと記憶していますが、実は今年の相撲が終わると団員がゼロになってしまうとのこと。
 今年は団長さんが八幡幣を自宅に持ち帰り、飾るまで行事が続くようです。力士の方もまわし姿で団長宅に向かうんだとか。そして座敷で祝宴!


 三種町や井川町のちびっこ力士も行事を盛り上げてくれました。


 また、恒例の親子相撲も見られたり。
















 本割の前には?しょっきり相撲もあって、今年は「かめはめ波」で相手を倒すという飛び道具が披露されたほかに、シャキーンポーズも出ました(笑)


午後になると勝ち抜き戦、団体戦、三役戦と見どころ目白押しです。




 勢いあまって、土俵下に転げ落ちる方もいらっしゃったり。酔ってフラフラなこともあり、観衆の笑いを誘っていました(笑)




 根城相撲は横綱がいないので、大関戦が千秋楽になります。






 今年も決着つかず、来年に持ち越しとなりました!




 一番右で踊っている方は、町長さん!
コメント

雄島花火大会

2018-08-19 | 八峰町

 今年は雨により順延になって、9/18に開催されました。
 規模は小さい部類かもしれませんが、10号玉を間近で見ることができることもあって、大迫力です。
コメント

第3回 山の日記念~小岳登山~

2018-08-11 | 藤里町

 8/11は山の日ですね。白神山地の奥深くにある小岳登山の機会をいただいたので、参加しました。
 心配されていた台風の影響もなく、早朝にサッと雨が降ったくらいで天気は晴れ。午前7時頃の気温も25℃前後と気持ちのいい朝でした。
 藤里館前を7:30頃出発し、小岳登山口までクルマで約2時間の道のりです。そこから片道2時間の登山となります。
 今回は、秋田白神ガイド協会の佐藤浩二さんがメインガイドを務めました。申込定員15名に佐藤さん以外のガイドさん3名と報道2社などの20名前後です。さらに、山頂ではふるさとCM大賞の撮影メンバーが待っているそうです。


 クルマ4台に分乗して登山口に向かいましたが、道中からハプニング続きでした。大きなくぼみに前の車がハマってしまい、タイヤが浮いてしまいました。


 先日降った大雨が影響しているようです。


 登山口に到着です。
 入念にストレッチを行い、山登りの始まりです。上りは新登山道、下りは旧登山道ルートとのこと。


 トトロに出てきそうな木々のトンネルなどをくぐりました。


 よく見るとヤマブドウがたくさん!


 途中、休憩したところの看板にはクマによる痕跡がクッキリと。


 大きなキノコがありましたが、アカヤマドリというそうです。


 新登山道の見どころの一つ、多数のクマの爪痕が残っているブナ

第3回 山の日記念~小岳登山~①

 白神山地の中でも、これほど爪痕の多い木もないんだとか。ガイドさんの話からは、頭上に枝に折られた跡がないことから、エサを食べるためではなく、樹上で休むためではないかとのことでした。




 今回の最年少は小学6年生の二人でした。藤里町から三鷹に転向してしまった友人が遊びに来るから一緒に登山しようと参加したそうです。エゾゼミを見つけていました。


 至る所にクマの痕跡がありました。






 看板が激しく損傷していましたが、これもクマによるものだそうです。裏側には獣毛が付着していました。


 小岳に向かうカウンターを通過します。
 ここからは急な山道に変わりました。登山口から2時間が経過していました。山頂までラストスパートのようです。


 樹高の低い植物が目立つようになり、見通しも良くなりました。風も感じられるようになり気持ちよかったです。




 振り返ってみると、本当に森の奥の奥です。


 ブルーベリーの仲間のスノキの実だそうです。




 山頂近くには、所々に大きな岩石がありました。先端が二つに割れていて、二ッ森の稜線に似ているかも?


 出発から約2時間半、山頂に到着しました!
 天気は少し雲がかかっていましたが、暑すぎずに登りやすい天候になったのだと思います。


 ここでしばしの昼食タイム。大パノラマの中でみんなで食べるご飯は、特別美味しかったです。


 食後は、秋田白神ガイド協会会長である斎藤栄作美さんによる、白神山地のブナ林についての話を聞きました。
 小岳を挟んで西側は世界遺産に認定されたけれど、東側は認定されなかったそうです。違いは人の手が入っていたかどうかだったそうです。


 東側の森にはブロッコリー状の集まりが少なく、それは人の手が入ったためで


 一方、西側の森は


 一面がブロッコリー状だそうです。人の手が全く入っていないから、どこまで眺めても人工物もないそうです。
 西側(正面奥に見えるのが二ッ森)は青秋林道の開通が計画されたことがあったそうです。ですが、このまま開通してしまうと道路に沿ってブナ林が伐採されてしまい、藤里町民の生活のための水資源確保にも支障をきたしてしまう恐れがあったことから反対運動が活発になったそうです。
 その後、植物や動物等の有識者による現地調査の結果、白神山地は世界的にも貴重な森であることが確認され林道建設は消滅、平成5年、屋久島と共に日本初の自然遺産登録となったそうです。


 そんな白神山地を一望できる小岳の中でもベストスポットがここからなんだとか。
 参加者が山頂付近でご飯を食べているとき、ガイドさんはここから山並みを眺めながらご飯を食べていたようです。ズルイ!(笑)


 山頂で登頂の記念写真を撮影し、山を下ることとなりました。
 ドローンで上空から撮影されていたようで、みんなで手を振りながらの道のりでした。


 遠くに岩木山の裾野が見えました。雲がかかっていて山頂が見えないのが残念。


 帰りは斎藤栄作美さんの後ろに小学生が続き、いろんな話を聞きながら下ることができました。


 実は小岳はもっと高い山だったようですが、山崩れがあって谷を埋めてしまったようです。結果、谷が二つになったそうです。
 また、白神山地には駒ヶ岳を除き火山がなく、しかしその駒ヶ岳についても火口がどこにあるのかは不明だそうです。


 森林限界についても話を聞くことができました。小岳は標高がそんなに高い山ではないのですが、厳しい環境のためか、本来は標高の高い場所で見られるハイマツを確認することができる貴重な場所とのこと。山頂は本州最低標高のハイマツ群落だそうです。


 帰りの旧登山道の見どころ、千手ブナ
 この辺りは風が強いため、ブナの枝はなだらかに伸びるのではなく折れ曲がった形状をするそうです。


 また、朽ちて幹が大きく裂けたブナもありました。


 林間ギャップといい、折れた幹によって葉っぱのない空間が生じ、そこに向かって若いブナが我先にと枝を伸ばすそうです。
 
第3回 山の日記念~小岳登山~②

 山ベコの話などもきくことができました。


 旧登山道は新登山道に比べると起伏が激しいとのこと。膝が笑いながらも何とか無事に下山することができました。

 小岳登山は白神山地の中でも人気コースのようで、10月と11月にも紅葉、落葉後の景色を眺めながらの登山が計画されているようです。一面が金色になった世界などぜひ見てみたいですね!
コメント

天空の不夜城

2018-08-03 | 能代市


















コメント