製図 スカート

大切な製図は 自動製図ソフトパタピッ で引こう !! 

最先端のコンピューターソフトの出現!  あなたサイズのおしゃれが実現するよ
誰でも使える簡単ソフト。 アッと言う間のパターン作成  自宅のパソコンで実物大型紙 Get !!


●既製服感覚の製図が引けるよ・・・パタピッ 入門ソフトから始めてみませんか?
                          詳細は
●作り方も覚えたい!・・・既製服の様におしゃれに作りたいですね。
                          ソーイング講座の詳細は
●製図のプロになりたい!・・・既製服の製図やオーダー製図は、短期で身に付くスーパーパタピッ がお勧め。 最高級のおしゃれを実現します。 スーパーパタピッ は正に有能なパタンナー。高速処理でコストも削減。
     スーパーパタピッ ソフトの詳細は  事業活用方法は





パタピッ ユーザーは、下の解説に従って製図を作成しましょう。


マーメードスカート

6枚はぎ


前回の基本の応用です。

6枚はぎを覚えましょう。

同じ要領で8等分すると8枚はぎ、12等分で12枚はぎ・・・
基本を理解すると幾通りでもマーメードスカートが楽しめます。

 

パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!



印は「スーパーパタピッ セット」に含まれるソフトです。)









下表を参考に数値を打ち込むと基本製図ができ上がります。

下表の「あなたのサイズ」を参考にあなたの数値を打ち込みましょう。
S,M,Lは参考数値としてご利用ください。

体型的に癖のある人は、マニュアルの「補正解説」を参考に操作しましょう。



数値を打ち込んで数秒待つと、下の製図が画面に現れます。

「ウエスト」入力は採寸寸法ではなくウエストベルトの実寸を入力します。
ウエストのでき上がりは、きつく閉めて着用することを好む人とゆるめで着用したい人と個々で異なります。
現在着用しているスカートで、丁度履き心地の良いものがあれば、ウエスト部分を測って入力すると良いでしょう。

既製服にウエスト表示がありますが、実寸ではありませんので注意してください。
例えば「W60」と表示された既製のスカートのベルト部分を測ると「63cm~65cm」と数センチ多いものです。注意しましょう。



自動で現れる後スリットを消します。

前回のマーメードスカートは脇のみを開きましたが、今回のマーメードは6枚はぎです。
第一ダーツを下に降ろして、脇とその位置で開きましょう。

裾からスカート丈の二分の一の辺りから下を開きます。
このデザインでは6cmが適当でしょう。

分割すると右図の様になります。
下は、前スカートの例ですが、後スカートも同様に操作してください。





以上で製図はでき上がりです!




 は、ウエストの入力、ヒップの入力、スカート丈の入力、身長の入力などで、全体のバランスを整えて製図が自動で仕上がります。ダーツの配分、ダーツの幅、ダーツの長さ、ウエストとヒップのつながり等 トータルにバランスを整えますので、お尻の大きな人も小さな人も、着用した状態がとてもきれいです。このバランス操作は、手書き製図ではなかなか叶いませんでした。

ウエストとヒップがきれいに沿うことで、パタピッ で作るスカートは「履いてないみたい!」という感想が思わず漏れるほど履き心地の良いスカートにでき上がります。

既製服で、ウエストとヒップがきれいに納まる人は意外に少ないものです。ヒップとウエストを身体に合わせると弱点を強調しないかと思っている人がいますが、そうではありません。ヒップとウエストが合わないスカートは、つっぱりじわやだぶり(余り)が目立ち、返って弱点を強調し格好を悪くさせます。

自然に納まった服は、着用者にとっても気持ち良く、周りの人の目もごく自然に流れていくでしょう。

履き心地が良くて、格好の良いスカートを どうぞパタピッ ソフトでお楽しみください。

好みにより「ちょっとゆったりさせたい」や、逆に「ぴちぴちに履きたい」という希望も、数値操作で自由自在です。

子供サイズに入力すると、子供デザインができ上がります。親子お揃いで楽しみましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )