製図 ワンピース

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。

●洋裁が初めて、製図が初めての人は・・・パタピッ 入門ソフトから始めましょう
                          詳細は
●経験者は・・・スーパーパタピッ ソフトプロパタピッ ソフトをお勧めします。
                          詳細は
●製図のプロを目指す方は・・・スーパーパタピッ CADの両操作で工業用パターンを作成。
                          商品と価格紹介は  


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。






今流行の パフスリーブ  タックスカート 

を組み合わせたワンピース


身頃はワンピースソフトを使用し、スカート部分はを使用します。

袖は半袖ですが、が長袖にも半袖にも対応します。

襟はです。

どれも基本操作に少し手を加えるだけででき上がります。簡単な操作でおしゃれを是非実現してください。

※ は、「プロパタピッ トップス&ボトムセット」のサービス商品として組み込まれています。「スーパーパタピッ トップス&ボトムセット」をお持ちのユーザーは、この機会に是非プロパタピッ へ更新しましょう。




パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!

又は



印は「スーパーパタピッ セット」又は、「プロパタピッ セット」に含まれるソフトです。)

は「プロパタピッ トップス&ボトムセット」に含まれますが、「プロパタピッ ボトムセット」には含まれません。)







下表はプロ パタピッ の入力表です。
プロ パタピッ 「バストゆとり」、「ウエストゆとり」、「ヒップゆとり」の数値操作でゆとりを自由に変えられますので、バストや1ウエストヒップは採寸寸法のまま入力し、「バストゆとり」、「ウエストゆとり」、「ヒップゆとり」を下表の様に打ち込んで操作してください。

プロ パタピッ は補正操作が正確に行えます。着易く形の良い服をプロ パタピッ で操作しましょう。

スーパーパタピッ を使用する場合は、「スリム」を使用しましょう。
スーパーパタピッ に無い入力項目は飛ばして使用してください。




実行ボタンを押すと下左の製図ができ上がります。ウエストとヒップの中間(ミドルヒップ)辺りに切り替え線を引きます。(青色線で区別しました)

上下を切り離し、上の身頃を使用します。

前ネックポイント下6~7cmに第一ボタン、ミドルヒップライン上3~4cmを最終ボタンとし、5個並べます。
身頃は以上ででき上がりです。



ウエストリボン

幅は約7cm、長さ 200cm~220cmのリボンを作ります。







「前後差調節」は、身頃の前後差を考慮して入力しますが、タックの増減で調整できますので、「0」のままでも特に問題はないでしょう。

スカート丈は、身頃作成で切り離した下のスカート部分の丈(前中心の丈)を入力します。
実行ボタンを押すと、画面に下の製図が現れます。



タック展開をして仕上げます。
第一タックの位置は、身頃のダーツ位置としましょう。
その先3cm間隔で3本のタックを作成します。

下図の様に位置を決定し、



各10cmずつ切り開きます。(前スカートの例)



前中心にボタンを並べ(先の身頃のボタンと同間隔になる様に並べましょう)、1.5cmの前合わせ(持出し)を追加作図します。
各タックの間に陰山線を入れてラインをつなげると下図の様になります。
後スカートも同様に展開してください。



飾りポケットは下図の様に製図します。






  「ギャザー少」を使用



前後身頃のアームホールを計測し、袖ソフトに入力します。
実行ボタンを押すと下の袖ができ上がります。
この時点での袖幅の目安は、Sサイズで約31cm、Mサイズ 約34cm、Lサイズ約39cmでしょう。



ギャザー展開をします。4~5cm切り開きます。



袖山のラインをつなげて仕上げましょう。








前後身頃のネックラインを計測し、襟ソフトに入力すると襟が自動ででき上がります。
「後ろ襟幅」は、3cmと入力しましょう。
外側の襟を使用しましょう。





以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

製図 チュニック

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。

●洋裁が初めて、製図が初めての人は・・・パタピッ 入門ソフトから始めましょう
                          詳細は
●経験者は・・・スーパーパタピッ ソフトプロパタピッ ソフトをお勧めします。
                          詳細は
●製図のプロを目指す方は・・・スーパーパタピッ CADの両操作で工業用パターンを作成。
                          商品と価格紹介は  


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。






今流行の パフスリーブ 今流行の ハイウエスト切り替え 


パタピッ ソフトの基本操作でタック展開やギャザー展開前の製図ができ上がります。

裾のフリルやタックがないデザインであれば、かなり簡単にでき上がりますので、裾の展開が面倒な場合は シンプルなチュニックに仕上げて楽しみましょう。

夏の季節では、半袖に変えて楽しみましょう。
を使用して同じ様に操作します。







パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!


(又はを使い裾を広げる) パネル切替のソフトでも、ダーツに変更すれば製図ができ上がりますから、お持ちのソフトを利用して製図してください。ダーツに変更する方法はマニュアルが詳しく解説しています。

印は「スーパーパタピッ セット」又は、「プロパタピッ セット」に含まれるソフトです。)









下表はプロ パタピッ の入力表です。
プロ パタピッ 「バストゆとり」、「ウエストゆとり」、「ヒップゆとり」の数値操作でゆとりを自由に変えられますので、バストや1ウエストヒップは採寸寸法のまま入力し、「バストゆとり」、「ウエストゆとり」、「ヒップゆとり」を下表の様に打ち込んで操作してください。

プロ パタピッ は補正操作が正確に行えます。着易く形の良い服をプロ パタピッ で操作しましょう。

スーパーパタピッ を使用する場合は、「ノーマル」を使用しましょう。
スーパーパタピッ に無い入力項目は飛ばして使用してください。




実行ボタンを押すと下の製図ができ上がります。

スーパーパタピッ を使用する場合は、「ノーマル」を使用し、「バスト」入力は「実際のバスト寸法-2cm」の数値を入力し、ウエスト入力でも「実際のアンダーバスト採寸寸法-2cm」の数値を入力します。

「WL移動」の処理は、自動操作後の製図のウエストラインの点をそれぞれ上表の寸法だけ上に上げてください。(Sサイズでは5.5cm上に、M,Lサイズでは6cm上に移動)それによりハイウエストの製図(下図と同様の製図)ができ上がります。



後中心は直線に修正し、「わ」裁ちにしましょう。
ハイウエストの位置に切り替え線を引きます。
前開きは、切り替え線の下約10cm開け、見返しはその下3cmまでとします。

裾に2段のフリル、タックが2本あります。
最終裾に二段目のフリルを縫い付けますが、その上4cmの位置に一段目のフリルを挟みます。
タック2本は2cmの間隔で4cmずつ開きます。



それぞれを切り離したり、開いたりします。
身頃とスカート部分は切り離しましょう。
スカートのウエストダーツは消します。更に横に3cm開き、消したダーツの幅と開いた3cmがギャザーとなります。

裾のタックは2箇所4cmずつ開きます。タックをたたんで縫うと2cm幅のタックが2本平行に並びます。
タックの下に2段フリルを縫います。それぞれ6cm幅で付け位置の1.5倍の長さのフリルを用意します。
一段目はギャザーを寄せたフリルを上下の布で挟んで縫い、二段目のフリルは裾に縫い付けます。






前身頃にギャザーフリルをに載せてミシンでたたいて縫い付けます。
3cm幅の付け位置の1.5倍の布を2本用意し、予めギャザーを寄せ、下の位置(青色線で示しました)に載せて2本ステッチで縫い付けます。

ボタンを7個並べて仕上げます。






  「ギャザー中」を使用



前後身頃のアームホールを計測し、袖ソフトに入力します。
実行ボタンを押すと下左の袖ができ上がります。

袖幅の目安は、Sサイズで約33cm、Mサイズ 約36cm、Lサイズ約39cmでしょう。



袖山のギャザー展開をします。
下左図の様に、前後の袖山をそれぞれ5cmずつ回転させる様に切り開きます。
袖山で10cmのギャザー分量が確保できました。

余分な線を消して仕上げると下右図の様になります。
この様に袖山を回転させ、山を膨らますことで 写真の様なパフスリーブができ上がるのですが、膨らまし分量が多すぎると袖丈が長くなり袖全体に影響します。長くなり過ぎた場合は、袖丈の裾の線を上に移動するなどで調整してください。



以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

製図 チュニック

0
自動製図ソフトパタピッ を使って最高級のおしゃれを実現しましょう !! 


パタピッ は数値を打ち込むだけで、たった数秒で画面に製図ができ上がる唯一の自動製図ソフトです。

オーダー事業、アパレル事業で製図ロボットとして活躍する一方、一般ユーザーにも広がり
誰でも使え、誰でもおしゃれを叶えるソフトとして広く愛用されています。


パタピッ ソフトを30秒の映像で説明しました。 三角マークをクリックすると、コマーシャルサイトにジャンプします。

 


下はパタピッ ユーザーの為の操作雑誌です

 ・・・星の数でランク分け。三ツ星までできたら、雑誌の写真やショーウインドーで目に止まった素敵な服を自由に無限に製図する「基礎力」が付いたという目安になるよ。

パタピッ を道具に、頭に思い描いたデザインを自由に短時間で製図する夢の技を実現してください。










今流行の ピンタック 今流行の チュニック 


パタピッ ソフトの基本操作でタック展開前の製図ができ上がります。基本操作ですから かなり簡単です。

ピンタックはその基本身頃にタックの本数分の縦線を引き切り開いて仕上げます。

夏の季節では、半袖に変えて楽しみましょう。
を使用して同じ様に操作します。







パタピッ ユーザーは下記のソフトを使って、以下の操作方法に従い製図を作成しましょう。 my パターン ができ上がります!




印は「スーパーパタピッ セット」又は、「プロパタピッ セット」に含まれるソフトです。)









下表はプロ パタピッ の入力表です。
プロ パタピッ 「バストゆとり」、「ヒップゆとり」の数値操作でゆとりを自由に変えられますので、バストは採寸寸法のまま入力し、「バストゆとり」、「ヒップゆとり」を下表の様に打ち込んで操作してください。

プロ パタピッ は補正操作が正確に行えます。着易く形の良い服をプロ パタピッ で操作しましょう。

スーパーパタピッ を使用する場合は、「ノーマル」を使用しましょう。
スーパーパタピッ に無い入力項目は飛ばして使用してください。




実行ボタンを押すと下の製図ができ上がります。



後身頃はそのまま使用します。
前身頃に追加線を加えて仕上げましょう。

「前合わせ寸法」が1.5cmですから、前中心を軸に1.5cm内側に線を引き3cm幅の前立てを作ります。

ピンタックの切り開き線を9本引きます。
前立て線から1.5cmの位置に1本目。以降、1cm間隔の平行線を引きましょう。

つまみタック幅が0.5cmです。つまり、タック切り開き線を1cm(0.5×2)ずつ開いて製図を仕上げます。
タックの縫い止まりは、バストポイント(BP)の8cmほど下としましょう。
切り開いた製図が右です。左製図より横幅が9cm広くなりました。
この9本をつまんで縫うと、縫い止まりまでの身頃幅は左製図の幅に戻ります。



ベルトは6cm幅、 長さは Sサイズ 170cm、 Mサイズ 180cm、 Lサイズ190cm




 



前後身頃のアームホールを計測し、袖ソフトに入力します。
実行ボタンを押すと下図の袖ができ上がります。

袖幅の目安は、Sサイズで約33cm、Mサイズ 約36cm、Lサイズ約39cmでしょう。



  <いせの無い袖山の操作>
このデザインでは「いせ」の無い袖山を操作してみましょう。
プロ パタピッ では「いせ」の分量を調節する項目がありますから、それを使いましょう。
自動ででき上がった袖山の分量を計測し「いせ調節」項目に数値を入れると自由に操作できます。操作はいたって簡単です。この項目があることで、更に自由なデザインの創造が可能になり、操作する側の表現も自由になりました。


袖にタブが付いています。2cm幅のタブを袖の裏側に縫い付け、表の二の腕辺りにボタンを付けて止めます。
タブの長さや止め位置は、着用して程よい位置に決めてください。




 

身頃の前後ネックラインを測り、襟ソフトに入力します。
「台襟後幅」は3cmです。

実行ボタンを押すと下の製図ができ上がります。
内側の襟を使用しましょう。





以上で製図はでき上がりです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )