極楽写真倶楽部 「ゆ」

なんとなく撮って載せてみる写真のブログ from 北京。

バンドゥンで音楽に親しむ その1:「西ジャワ~スンダの神秘 ジャイポン」再び

2011年04月04日 | 一眼レフ - 標準レンズ


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

3年前のバンドゥン旅行で叶わなかった「生演奏ジャイポンが見たい!」の願いは、その後ジャカルタの橋の下で実現したのですが、ダンドゥット・バーがジャカルタと言うなら、ジャイポンはやっぱり本場で見たいだろう、ということで、バンドゥンに着いてからジャイポン・バー探しに。

事前にネットで調べた情報は、ロンリー・プラネットのコピペみたいのしかなくて、しかも結局役に立つものがなく、ホテルで訊いてもダンドゥット・バーの情報しかなく、本場にしてこの手強さかよと困っていたところ、駅の観光案内所で「あの辺にあるよ多分」と教えてくれたのが、Dalem Kaum 通りの一軒。

嬉しくてその足で行って見ると…


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

あった。「Jaipong & Dangdut」って書いてある!

店の前で靴の修理屋さんみたいなの広げてるおっちゃんたちに訊くと、ちゃんと営業してるらしい。やったね。バンドゥン最高。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

で、こんな感じ。夜10時くらいから何となく演奏が始まる。夜のお店の箱バン的営業テイストは否めないが、ジャカルタの橋の下に較べるともっと真面目で上手くて、結構ガーって感じで来る。マイクやらPAやら適当そうに見えるのに、出音はバランス良くいい感じにラウド、っていうか歪んでる。どの曲も全部同じに聞こえるけど、とても楽しい。

ダンサーはなし。でもお姉さんはいっぱい。頼めば席に着いてくれる、っていうそういうお店。日本人だってバレるとチップくれくれ攻撃で群がられる。何もしてないのにチップって言うなみたいな。小銭は予め用意しておきましょう。

はじめにジャイポン演奏して、お客さんが増えてくると、ダンドゥットに切り替わる。ダンドゥットは自動伴奏キーボードとクンダン(太鼓)だけの演奏になってちょっと寂しいが、こっちも悪くはない。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

ジャイポン隊編成は、右からクンダン(両面太鼓)、サロン(鉄琴)、ゴング(銅鑼)、ボナン(金属の壷みたいの)、ルパブ(弦楽器)。手前のバケツみたいのはチップ入れ。中にあるのはすりこぎじゃなくて歌手用のワイヤレスマイク。

ステージはすごい暗いのに、それなりに撮れてしまうD7000はやっぱり便利。少しだけ撮ったビデオもきれいで、驚いたのがこの大音量なのに、本体のマイクで音声がかなりまともに録れていたこと。大したもんです。

店名は「Endah Parahyangan」。場所は、Alun-alun(公園)南側のDalem Kaum 通りを少し東に行ったところ。周りには生演奏バーやマッサージ店が数件ありました。ここの並びに雛壇あるお店もありました。そんな、バンドゥンのナイトライフを満喫できる一画のようです。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンドゥン駅

2011年03月06日 | 一眼レフ - 標準レンズ


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

3年振り2度目のバンドゥン。行ったのはひと月前ですが、遠い昔の様…

バンドゥンにはこのとき3日滞在。ほとんど曇り空か雨だったのが残念。でも、気温は30度を超えず、蒸す感じもなく、過ごしやすい気候でした。寒い北京から来た身にはありがたい。

バンドゥンにはクアラルンプールから飛行機で来ましたが、以下、駅の写真をお送りします。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

西ジャワの一番大きな都市の多分メインの駅ですが、こじんまりと、割とのんびりとしています。線路は東西に伸びていて、駅の南北にそれぞれ入り口があります。これは北口。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

ホームは確か4本。改札はありますが、「駅の反対側に行きたい」って行ったら、切符なしで中に入れてくれて、駅の中を通り抜けることができました。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

これは改札の外側。ATMやコンビニがあります。駅特有のがちゃがちゃうるさい感じがなく、とても静か。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

出口案内の看板は、印・英・中・仏・英、かな。なんで英語がふたつ?中国語あるんですね。うーん…そういえば、中国旧暦新年(春節)は全国的に休日になってるって、ホテルの人が言ってました。うーん…


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
バンドゥン/インドネシア

こちらは駅の南口。北側に比べると、ごちゃこちゃっと商店街、な雰囲気。

南口には観光案内所があります。「どこそこのステージ・パフォーマンスのスケジュール」とか、あんまり細かい話は把握しておらず、聞けませんでした。でも、探していたジャンルの音楽の生演奏バー所在地を教えてもらえたのが大きな収穫でした。ここの話はまた後で載せます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クアラルンプール その4 ~ チョウキット

2011年02月18日 | 一眼レフ - 標準レンズ


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

もうちょっとクアラルンプール。再びD7000とMakro-Planar。

「地球の歩き方」では、活気のあるマレー人街と紹介されているエリア、チョウキットです。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

「その1」でも紹介したような、マレーシア的で庶民的な建物が並びます。この後に、2階の窓から半裸のおっちゃんが出てくる。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

食材売ってる市場も楽しいです。見てるだけですみません。肉とか買って帰れないし。食事するくらい。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

で、バンドゥンの前後でここに来たのは、マレー系音楽ソフトお買い物目的。一枚目の写真のTuank Abdul Rahman通りには、CDやらVCDやら売ってるお店がいくつもあります。大抵表通りに聞こえる音量で音楽を流しているので、すぐわかります。上の写真もそうで、看板も入り口も貴金属店、でも奥に音楽ソフトがいっぱい。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

こちらは、Tuank Abdul Rahman通りから入る路地のHaji Taib通りにあるPasar Malam(夜市)にある、音楽ソフト屋台。最初に行った日に探し物を問い合わせたら、在庫はなかったけど「取り寄せるから来週月曜日夕方においで」と。連絡先も訊かれる訳でも前金を取られる訳でもなく、でも帰国が月曜深夜クアラルンプールからだったので、あまり期待しないで行ってみたら、お約束の品をちゃんと揃えててくれてびっくり。その日に届いた段ボールからお目当ての品を出してくれました。感謝。

CD、VCDだけでなくカセットも多数。私は詳しくありませんが、マニアの方にもよいのではないでしょうか。市が出ているときにLorong Haji Taibを入るとすぐなので、場所はわかりやすいです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クアラルンプール その3 ~ KL Sentral モノレール駅周辺

2011年02月13日 | 一眼レフ - 標準レンズ


Panasonic DMC-GF1 / G 1:1.7/20 ASPH.
クアラルンプール/マレーシア

カメラは代わってパナのGF-1。写真撮りやすいG1とどちらを持っていくか迷いましたが、ビデオ撮れるので今回はこちらを選択。

写真はKL Sentral モノレール駅、入り口の反対、裏側の通りから撮ったものです。この日は旧暦正月初日。近所で少し爆竹が鳴っていましたが、華人はほとんどいなくて、特にお正月気分はなし。ここに着いた前日の晩、年越しの時も同様。でも夜中に飯食ったりブラブラしたりしてる人は多かったです。


Panasonic DMC-GF1 / G 1:1.7/20 ASPH.
クアラルンプール/マレーシア

同じ通りのナイトクラブ。カラオケとかダンドゥットとか書いてます。夜見た時は、近くにちょんの間かエロマッサージみたいのが3軒ありました。入り口が照明でドピンクになってて、ところによりセクシーな(多分)お姉さんが座ってるのが見えたり見えなかったり。残念ながら中は未チェック。


Panasonic DMC-GF1 / G 1:1.7/20 ASPH.
クアラルンプール/マレーシア

KL Sentral 駅は、空港から途中停車なしの速い電車に乗ると着くところで、地下鉄みたいな市内向けの他の路線に乗り換えが可能です。モノレールもその市内向け路線なのですが、他の電車が接続する駅から数百メートル離れていて、仲間はずれになっています。乗り換えのための道順表示がなく、知らないと不便です。モノレールへの乗り換えは、他にもそんな駅がありました。

写真はKLIA Express、LRT等発着のメインの駅に向いて撮ったもの。盛大にビル建設中。景気よさそうです。モノレール駅周辺とは随分雰囲気が違います。上の高架はモノレール。


Panasonic DMC-GF1 / G 1:1.7/20 ASPH.
クアラルンプール/マレーシア

布地屋さんの看板。


Panasonic DMC-GF1 / G 1:1.7/20 ASPH.
クアラルンプール/マレーシア

何かこういろいろ立ってる感じ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クアラルンプール その2

2011年02月10日 | 一眼レフ - 標準レンズ


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

前回の続き。ブキッビンタン駅前のマックの前にいた鳥。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

そのブキッビンタン付近のアロー通り中華美食街。暗くなる前の、写真的に素敵な時間。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

で、こんな風にオープンエアなところで飯を食う。バクテ(肉骨茶)を食べた。おいしかった。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

さっきのマックの近く。高架はモノレール。暗くなってきた。


Nikon D7000 / Carl Zeiss Makro-Planar 2/50 ZF
クアラルンプール/マレーシア

そろそろお帰りの時間。KL Sentral駅からKLIA Express で空港へ。

以上、2回に渡ってクアラルンプール駆け足1日観光 with D7000 + Makro-Planar 50mm でした。

カメラの設定は、最低SSを1/125秒、感度はオートで、「A」だか「P」だかの横着モード。最後の写真の駅は微妙に暗いのですが、F5.6で撮ってISOは3200になってました。そんなんできれいに撮れちゃうから、今時のデジカメはすごいですね。便利すぎてボケてしまいそうですが、頭は他のところに使いなさいよ、ってことでしょうか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする