ノイバラ山荘

花・猫・短歌・美術な日日

映画「旅猫リポート」「ルイスと不思議の時計」

2018-10-30 18:21:42 | 映画
みなさま、こんばんは(*^_^*)

10月はすごしやすかったですね。
後半、お出かけ日和、洗濯日和が続き、
秋晴れを楽しまれたことと思います。
その10月もあっという間に終わろうとしています。

今月観た映画2つ。


旅猫リポート

 
にゃんといっても、主人公悟役の福士蒼太くんと
猫ナナ役のトムくんがよかったです~。

福士さんとノイバラはお誕生日が同じ5月30日。
うふふ~。

 
ある事情でナナを飼うことができなくなった悟が
飼ってくれるという昔の友達のところへ、
車で旅するのです。


いいお話、泣きましたにゃ(´;ω;‘)
これからご覧の方はハンカチ必携です。
猫好きの方々、必見です。

原作は有川浩。猫種、ロケ地、など少しずつ違うそうですが、
原作を読んでいないノイバラには気にならず。
しかし、元野良猫という設定を生かすには
三毛猫の方がよかったとは思いますが・・。
トムくんのかわいさに免じて許します。

トムくんはCMにもでている、タレント猫なのです。
実写の難しさはありますが、実写ならではのリアリティもあり、
「あ~今この子抱かれるの嫌がってるな~」なんていう
猫好きならではのつっこみをしつつ、楽しみました。




ルイスと不思議の時計
ファンタジー映画です。
原作はジョン・ベレアーズの児童小説『壁のなかの時計』。


事故で両親を亡くした10歳の少年が、
魔法使いである伯父が暮らす古い屋敷で
恐ろしい力を持った魔法の時計を見つけたことから、
不思議な出来事に遭遇します。

 
私のお目当ては伯父さんの仲良し魔女
ツィマーマン役のケイト・ブランシェット。
映画「エリザベス」でお会いしてから好きなのです~。

同じ魔法系ファンタジーでは「ハリー・ポッター」シリーズの
スピード感に慣れてしまっているので、比べて
この作品はイマイチといった感じを受けました。

11月は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が
封切られます。楽しみです~❤




コメント

芋がら、たぬちゃん、ホテイアオイ

2018-10-20 20:10:30 | 日常
みなさま、こんばんは(*^_^*)


買ってきた地元の芋がら、皮を剥いて水でさらしているところです。


油揚げとやわらかく煮て・・大好きなんです。


1ヵ月ぶりでございます。


月と火星が美しい秋となりましたが、
いかがお過ごしですか。


ノイバラが何していたかというと・・。


ぼーっとしてました
(チコちゃんにまた叱られる・・)


猛暑を乗り切るのに体力気力を使い果たし、
涼しくなってほっとしたのも束の間、

 
気づけば、歩行時、左足裏が痛むようになり、
(「片足人魚姫」と呼んでいます)
ますます遠出が難しくなりました。


それでも、閉じこもっていてはいけないと、
休み休み高尾山にのぼったり、植物園に行ったり、
映画や展覧会にも行っているのですが・・・
「ノイバラ山荘」までたどりつけませんでした。


ホテイアオイが9月末にまた咲いたのです❤
7月で終わりかと思っていたので、すごくうれしい❤

またお出かけなど、おいおいアップしてまいりますね。

 
どうぞ秋の日を気持ちよくお過ごしください。
コメント

9月折り返し

2018-09-17 14:51:55 | 日常

みなさま、こんにちは(*^_^*)


いかがお過ごしですか?
降ったりやんだり安定せずに、
曇りがちな「蒸し涼しい」天気が続きましたが、
今日は久しぶりの青空です。


ご近所のたぬちゃん(ノイバラ命名)。
今日は眼の色と同じ水色のリボンをしてもらっています。

 
「たぬちゃん」と呼ぶと濡れた道路の上でもごろごろ。


さて、おかげさまでノイバラは
先週末の短歌3連チャンをなんとか乗り切り、
昨日、結社誌校正のお仕事もすみ、
9月前半を無事に折り返すことができました!

1日目、池袋の勉強会はもう4回目なので安心です。、
昼間だし、気心の知れたお仲間とランチまでご一緒しました。

 
2日目の中野は氷川神社のお祭りでした。


あ~サンプラザ、久しぶりです❤
東京歌会に8か月ぶりに復帰しました。

夜の会で、かなり密度が濃いので、
気分が悪くなった時すぐ退席できるよう、
一番後ろの席で聞きました。

幸い、一度休憩をとっただけで最後までもちました。
3連チャンの中日でしたので、2次会はパス。

 
品川の次の建設中の新駅をみながら・・。


3日目、新橋で歌会です。
夜のお食事までご一緒できて、すごくうれしいです。

こんなふうにハードルをひとつひとつ超えて、
もとの生活に戻れるといいな。

さて、おいしい生活です。


セロリとミョウガの塩昆布サラダ。
セロリとミョウガという意外な組み合わせが
意外なおいしさでした!
アールエフワンのショーウィンドーで
おいしそうだったので切り方などよくよく観察して、
味付けは塩昆布とドレッシングビネガーにしてみました。


タッパーに切ったセロリの茎と葉を入れて、塩を振ります。
お店では葉は入れてなかったですが、入れると葉っぱまで全部食べられます。
蓋をしてシェイクして、一晩置き、
明朝、ミョウガ、塩昆布、ドレッシングビネガーを混ぜて、
しばらく味をなじませると出来上がり❤


葉生姜は葉を切り落とし、すし酢に半日漬けていただきます。
ビールがすすむ❤
切り落とした葉はコップに挿してキッチンに飾ります。
生姜の香りが大好きなので、すごく幸せになります。


香りのよいバジルがあったので、
地元の石窯ピザ屋さんでマルゲリータを買って。
たっぷりのせました。


生ハムのサラダも作ったにゃ~。


先生宅にパリのMSさんより送られてきたパテ。
昨夜編集後の夕餉のカナッペに乗りました。
さすが、缶の色がシックで素敵です。


先日、映画の帰りにエクセルシオールカフェで飲んだ
ペリエ ラズベリー&クランベリー


マネして、炭酸水に冷凍のミックスフルーツを入れてみました❤


フルーツの甘さだけなので、お店のよりも気に入りました。

 
シュミツト社のブルー猫と緑猫。
「猫というよりキツネ」というご意見もありますが。
中身のワインを飲んでよし、飾ってもよしなのにゃ❤


コメント

映画「プーと大人になった僕」

2018-09-17 12:00:02 | 映画

映画「プーと大人になった僕」、封切の日に見てまいりました!

よかった~。
感動的で、泣きました(´;ω;‘)


100エーカーの森に住むプーさん、ピグレット、
イーヨー、カンガとルー、ティガー、ラビット、オウル・・。

 
大人になったクリストファー・ロビンとプーの再会。

 
それは風船よりも大切なもの?
ロビンが忘れかけていた大切なものを
プーさんは思い出させてくれます。

時代設定が第二次世界大戦前後ですので、
モデルとなったクリストファー・ロビンの実人生が
反映されているのかもしれません。

 
みなさまご存知M.M.ミルン『くまのプーさん』(1926)
ミルンの息子クリストファー・ロビンのための物語です。
ロビンもキャラクターの1人となって物語に登場します。


『プー横丁にたった家』(1928)
いずれも挿絵はE.H.シェパード。

石井桃子訳でノイバラも読みました~。
のちにディズニーも「プーさんとはちみつ」(1966)をはじめ
新たなキャラクターも参加させ、
短編アニメーション映画を制作し、
プーさんはディズニーを代表するキャラクターとなっています。

私はシェパードの挿絵が好きですが、
ディズニーの黄色いプーさんの印象が強いのでしょう、
友達は「汚れている?」と思ったらしいです。

ミルンがハロッズで購入し、
クリストファー・ロビンにプレゼントした
プーさんはファーネル社製のもので、
現在でもニューヨーク公共図書館に展示されているらしいです。
挿絵のモデルになったのはシェパード家の
シュタイフ社製のものらしいですが、
現在では失われています。

物語の舞台となる100エーカーの森も
ミルンが家族を連れて訪れた別荘のある
サセックス州のアッシュダウンの森であり、
現在ではプーさん詣での観光客が訪れています。

しばし昔読んだプーさんの世界に浸りました。


コメント

台風一過、秋の気配

2018-09-05 12:28:38 | 日常
みなさま、こんにちは(*^_^*)

台風の被害はありませんでしたか?
ノイバラのところは昨日、風が強かったですが、
雨量は思ったよりたいしたことがなかったです。

今月初めにお庭の側溝工事をしてもらっていたので、
水がたまることもなくて安心でした。
長年、台風でも大丈夫だったのですが、
昨今のゲリラ豪雨は排水が間に合わず
一時的にたまってしまうので、
すみやかに排水するようにしてもらったのです。


朝からだんだんと青空が広がり、もう暑いです。
ニラの花にシジミチョウが来ています。

先月末からお納戸の食材消化メニュー作りに励んでいました。


水飴が出てきましたので、生姜を買ってきて、
「ひやし飴」を作りました。「飴」ですが、飲み物です。
炭酸水で割ると和風ジンジャーエールです。


強力粉がたんまりでてきましたので、
とりあえずTVでやっていた簡単なナン
「なんちゃってナン」(ノイバラ命名)を作りました。


ヨーグルトとベーキングパウダーを使うことによって
発酵の時間が必要なく、オリーブオイルも混ぜて、
フライパンで焼くだけ。


ううむ・・(´-ω-`)イマイチ。
材料はいいので、こういうものだと思うとおいしいですが、
やわらかいナンを期待すると硬い~。
手で生地をのばし広げるのが、
あまり薄くできなかったためかもしれません。

ちゃんと発酵させて焼かないと
おいしいものは食べられないです。
というわけで、ドライイーストを買ってきました。
もう10数年パンもピザも焼いていなくて、
正直めんどうくさいのですが・・。

なぜ強力粉がいっぱいあるかというと、
私が天麩羅のために小麦粉を頼んだのに
家族が間違えて買ってきてしまったのです。
多分、小麦に薄力粉と強力粉があるのを
知らなかったんだと思う。
「安かったから、たくさん買ってきた」・・。
(´;ω;‘)うん、ありがと。

あとはホットケーキミックス。
明日の朝ごはんにゃ。


納戸の整理の折に出てきたお弁当箱に
おむすびを詰めてみました。


先月の勉強会の帰りに食べたクリームあんみつ。
久しぶりだな~。
リヨンのI田さんが来られた時以来じゃないかな~。
・・ということは、3年? 4年? ぶりです。


これはルコウソウ? へクソカズラと一緒に
川の柵にまきついていました。


最近は空き地が少ないので、ススキを見ることも少なくなりました。

 
今年は歩道の脇の斜面に出てきました。

 
ちょっとすれ違いに邪魔ですけれど、
しばらく立ち止まればいいことです。

 
ここのところ急ぐことがなくなりました。


ツルボ~。


あ、ツマグロヒョウモン。

 
おひさしぶり~。

      


買い物から帰ってきた時にもまだいました。
同じコだと思うんですが。
よほどここいらの居心地がいいのでしょう。

まだまだお暑い日が続きますが、あと少しの辛抱です。
今週末の3連チャンを何とか乗り切らねばなりません。
すっかり体力が落ちていて、自信はありませんが
ダメなら帰ってくればいいのですもの。
健康のため、今日もお散歩にいってきます。


コメント

奥芝商店スープカレー

2018-08-22 14:44:22 | 飲食
みなさま、こんにちは(*^_^*)

今日もよく晴れて暑くなりましたね。
台風の影響で明日からお天気が下り坂らしいです。

先日、「奥芝商店」にスープカレーを食べに行ってきました。
札幌の奥芝商店の支店として八王子にできたお店です。
この八王子子安のお店が田代城、
最近できた片倉のお店が片倉城と呼ばれているようです。

以前、もっと狭いところでやっていた時から
行列していたのは知っていて、気にはなっていたのですが、
スープカレー自体にあまり食指が動かなかったので
忙しいこともあって、行ったことがありませんでした。


昨年末で10周年ということで、
「話の種に行ってみるか」ということになりました。
予約は4名かららしいので、予約せずに開店の11時に行ってみます。


店前の立て看板。すでに数組待っていて、順番に呼ばれています。


「お待ちください入れます」と言われ、5分ほど待って案内されました。


座席席とカウンター席、全部埋まっても18名のこじんまりした店内。
なぜ扇子がおいてあるのかしら?

 
スープ、メイン、トッピング、辛さ、ライスを選べます。


ヒューガルデンホワイトは何年ぶりかしら?
❤❤おいしい~❤❤
大好きなベルギービールですが、
あまりどこにでもは置いていないのです。

 
店内のインテリアが60年代。


あの黒電話は2年前まで母が使っていたのと同じ。
父が亡くなった時にあちこちに電話をかけて、
右手人差し指が腫れてしまい、
しばらく消毒しては包帯を巻いていたのを思い出しました。
お店のノートもおいてあって、感想を書くことができます。


ノイバラのカレーは野菜カレー、薬膳チキンスープ、一番辛くない、
トッピングはブロッコリー、ご飯小盛りを頼みました。
(この日は玄米がありませんでした)


連れのはチキンカレー、チキンスープ、二番目に辛くない、
トッピングブロッコリー、ご飯普通盛り。

かなりのボリュームで、休み休み食べました。
野菜はほとんどが素揚げ、ソテーしてありましたので・・。
チキンは骨付き肉がほろほろと柔らかくて美味でした。

一番辛くないはずなのに、途中から汗をかき、
扇子をぱたぱた・・ああ、このためだったのですね。

ご飯量だけでなく、カレーの分量も
2分の1から3分の2のレディー用を
用意していただけると有り難いと思いました。


ついでに日曜日の校正の日のごちそうです。


フランスのLさんからのパテといわしのオイル漬け。


缶がかわいいです。
しかし、中はオリーブオイルでぎとぎとなので、再利用はできません。

  
T岡シェフとT山料理長がカナッペにしてくださいました。


ディルとトマトと胡瓜のピクルスをトッピング。
さすがです~。


鹿児島がふるさとのN留さんの壺漬け。


M輪さんのぶどう。


アメリカのA木さんのビーフジャーキー。
御礼状4枚。


立ち寄られたS綱さんにテオちゃんが大喜びで撫でられていました。
うっとりとしていて、私たちの時と顔が全然違います~。

作業は頼りのY綱さんが急遽の御欠席でてんやわんや。
次回の全国大会のために徳島からY本さんもいらして、
にぎやかな1日でした。

コメント

「プロヴァンス物語 マルセルの夏」「マルセルのお城」

2018-08-21 11:11:11 | 映画
みなさま、こんにちは(*^_^*)

今日も爽やかないいお天気ですね。
2日続けて映画のお話です。


つい先日、「プロヴァンス物語 マルセルの夏」と
続編「プロヴァンス物語 マルセルのお城」を見てまいりました。
フランスの国民的作家マルセル・パニョルの自伝的小説「少年時代」3部作をもとに、イブ・ロベール監督が映画化した2部作。制作は1990年。今回はデジタルリマスター4k版でのリバイバル上映です。


恵比寿ガーデンプレイスです。舞台が設営してあるので、
後でコンサートか何か開かれるのでしょう。


あ、ここでランチを食べよう❤
なにぶん、2本の間の休憩は20分。
食べに行っている暇はありませんので、おむすび持参です。


「マルセルの夏」


「マルセルのお城」

南仏プロヴァンス オーバーニュの自然と
少年マルセルの家族のエピソードを楽しみました。

前編の時代に1900年(明33)、
後編では1914(大正3)-1918の第一次世界大戦がでてくるので、
100年以上前のお話、ということになります。

前編、少年の眼を通した世界が生き生きと描かれているので、
物語の世界に入り込むことができます。
後編には大人になるまでの時間が凝縮されていて、
幸福ばかりではないのですが、
たどりついたところは1つの幸というべきでしょう。

「現実と違う世界にひたりたい」
ノイバラには何よりの映画でした。


コメント

映画「ジュラシック・ワールド―炎の王国」と恐竜フィギュア

2018-08-20 13:13:13 | 映画
みなさま、こんにちは(*^_^*)


一時期の猛暑はなりをひそめ、昼間は暑いものの、
35℃を越えることはなくなりました。
夜は虫が鳴きはじめ、秋の気配が少しずつ。
熟睡できますし、昼間も眠くて眠くて・・。

みなさま、いかがお過ごしですか?

猛暑にアップする気力もなかった「映画」
続きをご覧ください。


ジュラシック・ワールド――炎の王国
7月の封切りの日に見てまいりました。
平日の昼間だったためか、
幅広い年代の方々が見に来ていました。

「ジュラシック・ワールド」に至るまでの
ノイバラの恐竜遍歴(?)をお聞きください。

みなさま、恐竜に興味はおありですか?

ノイバラは恐竜の名前はそこそこ知っていて、
三葉虫、アンモナイト、ウミユリなど
化石もいくつか持っています。


英国博物館の恐竜フィギュアも集めました。
およそ40年前に発売され、日本には80年代より輸入されたそうです。
ノイバラが集め始めたのは、90年代です。
20種類います。もう現在では絶版らしいですが
マニアの方のHPを見てもこれ以上ないので、
全種類と思います。


恐竜研究の世界も日進月歩ですので、
40年前のティラノサウルスが
尻尾をひきずっているのも御愛嬌です。


どどどどど・・。


どんな声だったのか、どんな色で、どんなふうに動いていたのか。


いろいろ想像して楽しんでいました。

当時、画や映像で見る恐竜は、このフィギュアと比べると
稚拙でぎくしゃくと見えました。

25年前に1作目の「ジュラシック・パーク」を
見た時には興奮しました。
リアルな恐竜が動いている!!!
夢中で2作目、3作目も見ました。

「ジュラシック・ワールド」1作目も見ました。
より恐竜の動きがスピーディになり、
最後の恐竜同士の戦いはすごい迫力でした。

今回は「ワールド」シリーズ2作目、
「ジュラシック」シリーズ全体の5作目ということですね。

この続編も作られていて、
「パーク」3作、「ワールド」3作の
計6作となるようです。


前作に続き、ラプトル「ブルー」の恐竜監視員オーウェンが
中心となってストーリーが展開します。

純粋な恐竜愛vs金への欲望の戦いは
全作を通したテーマですが、
遺伝子操作や新種開発に
手を出した末に「恐竜との共生」を打ちだした
ラストには茫然としました。
人は食われてしまう・・?(・ω・;A

いやしかし、次作がある。
人間の英知でもうちょっと
ましなことになるのではないか、
いやいや恐竜跋扈の世界になるのではと
期待させる作品でした。


コメント

「塩パンソフト」と「桂林」

2018-08-15 18:18:55 | 飲食
みなさま、こんばんは(*^_^*)

昨日今日は雷雨がなくて、ほっとしました❤
雷雨の停電で炊飯器の予約が狂ってしまったり・・
雷さまは困りますにゃ。


「塩パンソフト」のポスターをご覧になったことはありますか?
ヴィ・ド・フランス」のバリエーション「デリフランス」の
お店の前を通るたびに気になっていたのですが・・。


このたびめでたく体験してまいりました。
店内にプラカップに入った塩パンがおいてあり、
これをレジにもっていって支払をすますと、
パンは調理スペースに移動。



おねえさんがパンの頭をちょんと切って、
塩パンの空洞にソフトクリームを詰めてくれます。
イートインのカウンターでめでたく受け取ることができます。

流行の塩パンを使った、面白いメニューです。
何でも、塩パンというものは
成形時に入れたバターが融けて
中に空洞ができてしまうらしいんですね。

その空洞にソフトクリームを詰めてしまえ!
夏の塩分補給→塩パンの流行+酷暑→塩パンソフトかな?

そしてパンの塩気とソフトクリームの甘さが
絶妙にミックスしたこの味は・・

ノイバラの大好きな
フランスパンにミルククリームを挟んだ「ミルクフランス」
または「コメダ珈琲」の「シロノワール
のお味ではないですか!

カロリーはどう見ても350キロカロリー前後。
一食分くらいと覚悟すれば、大丈夫です~。


これは地元のシロウリと青ジソ。

シロウリは胡瓜と同じように食べられるらしいので、
いろいろ作ってみますにゃ❤

 
買い物途中に会った大好きなピカチュウ。
一緒に写真撮影ができるらしいんですが、
流石に子供たちが並んでいたので・・(・ω・;A


ゴーヤネズミの仲間が増えました❤
チビキュウリと黄色ちゃんです。


先日、鈴木陽美さんの『スピーチ・バルーン』の
お祝い会に参加しました。


中華「桂林」は久しぶりです。
ランチのお料理2品を頼んで待ちます。

 
あ、赤い灯りがスプーンに映ってきれいです。


お料理をいただきながら、
15名の参加者がそれぞれ感想をいいます。


急遽でしたので準備もしてなくて
手短にポイントを言うのに緊張しました。


細かい一首ずつの鑑賞は無理でしたが、
オノマトペや家族の歌に話題が集まり、
楽しかったです。

ノイバラは作者とご一緒する機会が多いのですが、
バックボーンを知ることによって
彼女の世界に厚みと広がりが感じられました。
歌集にまとめていただいてよかったことです。

いずれ批評会や雑誌などで
さまざまな論評が加えられるでしょうから、
楽しみです。

コメント

2018庭の夏の花--ホテイアオイ、ヒオウギなど

2018-08-15 18:09:00 | 植物
打ち続く酷暑のため、写真をとる気力もありませんが、
律義に花は咲きます。


3株買ってきたホテイアオイ、だいぶ大きくなりました。
なぜか足長蜂が通ってきて水を飲むのです・・
蜂の通り道と人の通路が重なるので、
庭でばったりでくわしてびっくりします。


昨日、1つ目が咲きました。


涼しげですにゃ~。

 
夕方、手前の株の蕾発見。


と思ったら、今日咲きました。


昨日の花はつぼんで花茎ごと水面に倒れています。
これからこのようにひとつずつ咲くのでしょうか。


ヒオウギも咲きはじめました。

 
ヒオウギは夜はつぼむのです。
朝、開くのはツユクサと同じですね。

 
シュウカイドウ花盛り。


春に咲いていたシロヤマブキの種。

コメント

2018年創刊120年記念大会

2018-08-11 15:50:33 | 短歌

2018年創刊120年記念大会、如水会館において
7月27日~28日、台風直撃の2日間にわたり行われました。

今回の大会、10年に1度の
大切な記念大会であったにもかかわらず、
実行委員の1人であったノイバラは
事前の準備期間、体調悪化のため、
途中で係の代表を若手に交代していただき、
ほとんど外野状態となりました。

当日も「参加するだけで立派」状態だったため、
若手、新人ががんばってくれて、
無事に歌集歌書グッズ販売を
終えることができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

直前に実行委員長のO野さんが倒れて入院される中、
副委員長のY綱さんを中心に
K古さん、相談役のF島さん、
そしてベテランの各係が立派にお仕事をされたこと、
何よりの収穫と思います。

ともかくも参加できただけで、
ものすごく幸せです。
あまり写真もありませんが、
ご覧ださいね。

 
大会朝、雨。ちょっとポストまで行ったら、
シジミチョウがついてきたのです。

 
係は9時に集合。
これからほぼ12時間の長い1日が始まります。


スターホール会場内ではリハーサル、点検が行われています。


会場前の歌集販売コーナー。
すでにNさん、Sさんがセッティングを済ませてくださっていました。


同じく会場前の受付コーナー。


荷物がいっぱいのスタッフルーム。


お祝いのお花がぞくぞくと届けられます。

 
座談会「新しさは何か」
馬場あき子さん、佐佐木幸綱、俵万智。

 
瀧井敬子さんによる講演「歌人ピアニスト橘糸恵」

 
川﨑翔子さんによるピアノ演奏。

  
お祝いのお花が増えて・・。

 
販売スペースをぐるりと囲む形になっています。
すご~い❤


シンポジウム「短歌これからの120年」
パネラーは岩内敏行さん、寺井龍哉さん、
野口あや子さん、佐佐木定綱、
司会は佐佐木頼綱。

 
結社賞、群黎賞授賞式。
結社賞はダブル授賞です。

ついについにHさんが結社賞を受賞なさいました。
選者賞や次席がつづきましたが(それだけでもすごいんですが)
あきらめずにチャレンジなさって
「やっと卒業しました」と御挨拶なさいました。
すぐにあきらめてしまうノイバラは頭が下がります。

もうお一人は、歌集歌書グッズ販売の係で
ご一緒のSさんです。
病をおして2日間係のお仕事をなさり、
こちらも本当に頭が下がります。

おめでとうございます。

写真撮影を挟んで、祝賀会です。

   
先生やご来賓の方々の御挨拶が続き・・。


Y綱さん渾身の「心の花の歴史」。

 
K子さんのお歌。うっとり~。


すみません、ごちそうの方はあらかた食べ終わった状態ですが。

 
会計Kさんのセレクトのおかげで、
たっぷりとおいしくいただきました。


翌朝、KKRホテルの一室です。
よく眠れました。
例年ですと家に帰るのですが、
台風のこともありますし、
泊ってよかったです。


窓から。まだ靄がかかっていました。


窓左手。皇居のお堀です。


竹橋の近代美術館。


武道館の屋根も見えます。


右手、首都高側。


2日目ですにゃ~。

 
雨上がりの欅がすがすがしいです。


歌会は通常通り。題「新」。227首。


2人×9組の評者と先生、伊藤一彦による総合評。


Mさん、昼食会からの司会お疲れさまです。
記念会、つつがなく終わりました・・。

 
ノイバラも選者賞をいただくというオマケつきです。

来年は徳島。
ノイバラは四国初上陸です。

7月は台風が心配ですが、
楽しい大会になるといいですね。


コメント

アップルパイ、ルッコラと馬鈴薯、シソと茄子、ジェノベーゼソース

2018-08-09 11:27:07 | 飲食
みなさま、こんにちは(*^_^*)

お久しぶりです。
台風の被害はございませんか?

幸い、ノイバラのところでは
6日夜の雷雨、7日の風と小雨、
8日昼の風と時折の雨、夜の雨くらいで、
予報のような大雨は降りませんでした。

台風のおかげで、35℃超えの連続酷暑は
6日昼で終わり、ようやく一息つくことができました。

7月末、所属結社の120周年記念大会が
終わってからは酷暑にあえぎ、
なかなか疲れがとれなかったのですが、
ようやくブログを書く気力がわいてきました。

とりあえず、おいしいものから始めたいと思います!

 
記念大会で宿泊した竹橋のKKRホテル東京、
食事はしなかったのですが、
1階のレストラン「ラウンジロイヤル」で
おいしそうなアップルパイが売られているのを発見。


おみやげにしました。
昭和29年に作られたという
ホテルメイドアップルパイ、珍しい長方形です。


リンゴをサンドしてあります。
スパークリングワインをぜいたくに使ってあるそうです。
しっかりした、素朴なお味と思いました。


おいしそうに売られていたルッコラを使った
ジャガイモとルッコラのマリネ。

家庭菜園でできたジャガイモを
たくさんいただいていたので、
たっぷり作りました。

オリーブオイルと塩コショウ、ドレッシングビネガー
和えただけですけれど、冷たくすると
暑くて食が進まない時でもいただけます。


これもいただいたちびっこゴーヤ。
どうしよう。
とりあえず、ネズミさんになってもらう。

  
鬱蒼とした裏庭にミョウガを探しに行ったら、
バッタ発見。2匹いたのですが、
1匹は飛んでいってしまいました。
小さかったから、オンブバッタかしら?


茄子の浅漬け。
青シソが束で売られていて、
あまりの香りのよさにたくさん買ってしまい
そうだ! 茄子に混ぜたらどうだろうと思いつき、
長茄子の塩少なめの一夜漬けに
梅かつおと一緒に和えてみました。
箸休めにごきげんな一品です~❤


え~とこれはご存知、すり鉢とすりこぎです。
フードプロセッサーやミキサーが普及している昨今
もう使っていらっしゃる方はいないと思いますが、
母の時代まではよく使っていました。

子供の頃、祖母のお手伝いで
すり鉢で大豆をすって呉汁を作ったり、
山芋をすったものにみそ汁を加えた
冷や汁もどきを作っていました。

今回、何に使ったかというと、
香りのよさにシソと一緒に買ってきたバジルの束を何とかしようと
これも買い置きのクリームチーズと混ぜることを思いついたのです。

バジルの葉を使ったジェノベーゼソース、
イタリアでは乳鉢ですっていたなと
テレビで観たのを思い出し、すり鉢でも行けるかも!
と考えたのです。(フードプロセッサー買ってないので)


材料も適当に、そこいらにあったミックスナッツの中の
マカデミアナッツを使い、にんにく、バジルを加え、
ひたすらがらごろすりすりして、
塩とオリーブオイルを加え
このように、無事にできました。

私が見たレシピだとオリーブオイルが多すぎる感じかしたのですが、
後でネット検索してみると、
自分で加減していいとのこと。
昔ながらの乳鉢ですった方が
粘りがでておいしくできるとのこと。
な~んだ。

いや、しかし、がらごろすりすり、
かなり疲れました~(´-ω-`)。


それで、できたソースをクリームチーズにまぜて・・


ごきげんな一品になりました❤


これは地元の「三宝庵」の天ざるです。

セレオのビール祭りでビール一杯がタダ!
というクーポン券をいただき、
用のついでに台風の最中にでかけていったのです。

最近はほとんどビールを飲んでいなかったので、
あまり体調もよくなかったこともあり、酔っ払いました~。
おちょこになりそうな傘をさして、
ふらふらしながら帰りました。

コメント

新歌集2冊、積読の解消

2018-07-27 12:23:23 | 短歌
みなさま、こんにちは(*^_^*)

一昨日の雨のおかげで、
昨日今日はずいぶん涼しくなりましたね。

梅雨なしの猛暑が長く続き、
35℃以下だと涼しく感じてしまいます。

いかがお過ごしですか?

涼しくなったので体が緩んだのか、
美容院に行っては寝、
ごはんを食べて寝、テレビを観ながら寝、
気付くと眠っています。

明日から2日間、120周年記念大会なのですが、
台風の進路が気になるところです。

さて、ここのところ歌友の第1歌集の出版が続いています。


鈴木陽美『スピーチ・バルーン』
峰尾碧『森林画廊』

全く傾向は違いますが、どちらも歌歴、実力ともに
文句ない作者によるすぐれた歌集です。

ずっと傍らで歌を読んできたので、
どの歌がとられているのか、
また、意外と知らなかった
作者のバックボーンを知ることができて、
楽しさ倍増です。

明日からの120周年記念大会のため、
ばたばたしていますので、
まだ流し読みしかできていませんが、
いずれ批評会ではさまざまな読みがなされることでしょう。
楽しみです。

その他、今、積読本の解消を図っています。


曽野綾子『人間にとって病いとは何か』、NHKテキスト若松英輔「神谷美恵子『生きがいについて』」
最近面白かったのは、この2冊。
偶然、曽野も神谷もキリスト者でありますが、
いずれも自らの人生をかけて、「生きるとは何か」を問いかけたものです。


安部龍太郎『等伯』(上)(下)。
何ぶん長編ですので、今まで部分部分
かじっては断念していたのですか、
8月はどこに行く予定もないので、
このチャンスに読破しようと思います。

あまりに忙しい生活に、何年も読書から遠ざかっていましたが、
突然、真空になげだされたように漂う生活が始まってしまい、
また読書が私の日常に戻ってきました。

まだ頭がぼんやりとしていて、
無理すると気分が悪くなるので、、
ぼつぼつと気に入った本から始めようと思います。

コメント

スイカと味噌汁

2018-07-27 12:23:22 | 飲食
7月は夏まつりのシーズンですね。


午前中、駅前をとおりかかったら山車。


お神輿。まだ準備の途中でした。


今年の梅ジュース完成。
またふるふる梅寒天を作ります。


毎年、郷里から母の親戚がスイカを送ってくれるのですが、
今年はメロン。


スイカの方が好きなんだけどな~と思いながらもうれしいです。


朝ごはんはこのメロンとお味噌汁。
いつもはスイカなのです。

このスイカとお味噌汁、
熱中症対策の1位2位を争うすぐれた食品です。
お味噌汁はほとんど私しか飲まないので、
この季節、鍋に作り置きしておくと腐ってしまい、
冷蔵庫にしまって冷たくして飲むことにしています。
具だくさんにして、お野菜もたんぱく質も
とれるようにしています。

具だくさんの味噌汁はずっと
お祖母ちゃんが作ってくれていて
ちっともスマートではないので、
「田舎の人だからなあ」と恥ずかしく思っていたのですが、
今や時代の先端です。

私は和食が好きで、
ずっと朝ごはんは和食でした。
ご飯とお味噌汁だけなんですけれど。
最近はご飯がなくてももつようになりましたけれど、
学生時代から通勤・通学時間が長かったので
パンではお昼までもたなかったのです。


ニューヨークパーフェクトチーズをいただきました。


チーズたっぷりラングドシャで
クリームとチーズチョコレートをまいてあります。
袋をあけると濃厚なチーズが香り、おいしいです❤

今流行りのニューヨークチーズケーキのアレンジでしょうか。
新宿京王でお店の前を通った時に売り切れていて、
おや、と思っていました。
東京駅の第1号店でもすぐに売り切れてしまうらしいです。

ノイバラはヨックモックのシガールが大好きなんですが、
パーフェクトチーズの方は買うかなぁ?
ずっと食べ続けるにはちょっとくどいかもしれません。

どんどんおいしいスイーツが出てくるので、
生き残っていくのは大変ですね。




コメント

猛暑の校正、ホテイアオイと庭の花

2018-07-17 15:37:22 | 日常
みなさま、こんにちは(*^_^*)


お暑うございます。


今年は裏庭のヤブミョウガがことのほか元気です。
暑いのが得意なんでしょうか。

 
鬼ゆりもたくさん咲きました野で、花瓶に挿してあります。


昨日は校正。あまりの暑さに休み休み行きました。
道すがらの花屋さんで買ったホテイアオイ。


うす紫の可愛いお花が咲きますにゃ。
冬越しができないので、
うまく出会えた年にしか楽しむことができません。
今年はうまく出会えたのです❤うれしい❤


玄関のタイル床に伸びたテオくん。
いかに暑いかおわかりいただけると思います。
家の中でここが一番涼しいんですね。

<暑い寒いは犬に聞け(´・ω・`)チガッタ?

昨日はお風呂に入り、今日は頼綱さんとお散歩をして、
シャワーしてもらっていました。


あらかたの作業が終わり、いっぷくするO田さん。
右下隅にディレクターチェアにくつろいでいる彼の頭が見えます。


お庭は熱風ですが、風が心地よいです。


何故か今夜はお赤飯。


珍しくお誕生日席。見晴らしがいいです。


御礼の葉書が好評だった缶ビール、アサヒ。


エビス。

カテゴリーを無理やり「飲食」にしたのは、
天丼とビールの写真をアップしたかったからなのです。


池袋のエソラのお寿司屋さん「寿し常」のランチ。
ごらんください、この天丼のボリュームを!

こんなところでスカイツリー天丼?
全部はたべられませんでした・・(・ω・;A

短歌の勉強会のあと、皆さんは大会の会場下見に行かれたので、
残られたHMさんとご一緒したのです。
何度もランチご一緒していますが、
2人は初めてといわれて、
そうだったか~と初めて気付きました。

 
こちらは5ヶ月ぶり?秋葉原のローズビール。
おいしいです~❤


コメント