ココヨリトワニ

野球と文章書きに生きる男、空気王こと◆KuKioJYHKMのブログです。(人が死ぬ創作文があります、ご注意を)

涼宮ハルヒのあっちこっち9 ~秋の放課後編~

2009-09-05 22:08:18 | 二次創作
ハルヒ「……キョンは?」
みくる「さっき『少し教室で待ってて』と言って何処かに行っちゃいましたよ」
長門「何やらイベントの予感がする」
   「私は迷わずここで選択肢『彼を探す』を選ぶ」

→探す
 待つ
 お持ち帰り

ハルヒ「選択肢?」
みくる「選ぶとどうなるんですか?」
長門「彼と……」
ハルヒ「キョ……キョンと?」
みくる「キョンくんと?」
長門「さて、探しに行こう」
ハルヒ「その続きは!?」
みくる「気になって待ってられないですっ!?」

◇ ◇ ◇

長門「発見」
キョン「お?」
古泉「おっと、見つかってしまいましたか」
長門「二人はこんな所で何をしているの?」
古泉「学校に日頃の感謝を込めて掃除です」
長門「じゃあその背後に隠した袋の中身は、何ジャガ? 何サツマ?」
古泉「これは――先程女の子に『手作りです』と貰ったんです」
長門「その手作りチョイスは間違っている」

◇ ◇ ◇

長門「焼き芋? 二人だけで楽しもうなんてずるい」
古泉「皆さんもすぐに呼ぼうと思ったんですが、彼が――」
ハルヒ「キョンが!?」
長門「そんなに私たちのことが嫌い? ひどい……」
ハルヒ「嫌い!?」
キョン「そんなことねえよ。実は――落ち葉掃除は俺たちだけでやって、枯葉集めてから皆呼ぼうと思ってたんだよ。ばれちまったな」
長門「……」
   (土下座)
キョン「なんで土下座してるんだ!?」

◇ ◇ ◇

みくる「私たちもお掃除お手伝いします!」
ハルヒ(こくこく)
キョン「いや、皆はゆっくりしてていいよ」
古泉「僕たちだけで終わらせますから大丈夫ですよ」
みくる「そんなの駄目ですっ! 皆でお掃除して皆で食べた方が美味しいと思います!」
    「だから私たちにもお手伝いさせてください」
古泉「朝比奈さん――そんなにお芋がお好きでしたか」
キョン「え、そっち?」
みくる「そういう意味じゃないですっ!」

◇ ◇ ◇

キョン「周りも綺麗になったしもう十分かな」
古泉「ですね。これだけあれば十分でしょう」
キョン「じゃあ焚き火始めるか」

【チャッカマンとスプレー】

古泉&長門『ヨガ』(ゴオオオオオ)
      『ファーイヤー』
みくる「はわわわわわわわ」

キョンに怒られた……

【決して真似をしてはいけません】

◇ ◇ ◇

キョン「ジャガイモほくほくで美味しいな」
古泉「サツマイモも甘くて美味しいですよ」
みくる「これならいくらでも食べられそうです」
ハルヒ「みくるちゃんの胃は宇宙?」
みくる「そんな広大な胃袋は持ってないですっ!!」
長門「私の胃袋は途中」
キョン「消化の!?」
古泉「僕の胃袋は夢中です!」
みくる「消化にですかっ!?」
ハルヒ「……」

◇ ◇ ◇

長門「こっちに栗がある」
古泉「ああ、忘れてました……ではなくて、先程女の子に『手作り――』」
キョン「それはもういいっつーの」
長門「栗投下」
古泉「ちょっと、長門さん! 栗を装填しないでください!」
みくる「焼き栗は危険ですよーっ!!」
長門「危険」

(バチッ)(カッ)

長門「でゅくしっ」
キョン「栗に狙撃された!?」

◇ ◇ ◇

喜緑「あ、こら! 皆さん何やってるんですかーっ!?」
古泉「あれを」
キョン「ふむ」
    「長門」
長門「確保」(ガシ)
喜緑「ほへ?」
キョン「古泉」
古泉「上手に焼けました」
喜緑「へ? え、え?」
古泉「さあ、遠慮なさらずにたーんと食べてください」
喜緑「なんですかなんですか、なんなんですかー!?」

◇ ◇ ◇

キョン「先生、お芋美味しいですか?」
喜緑「え、ええ。とっても美味しいです」
古泉「先生は――此処に何をしにいらしたんでしたっけ?」
喜緑「えと、注意しに?」
キョン「先生が――今お召し上がりになっているのは?」
喜緑「や、焼きたてのお芋……です」
古泉「共犯者です」
喜緑「ええええええええええ!?」
みくる「あの、許可は貰っているそうなので」

◇ ◇ ◇

喜緑「先生をからかっては駄目ですよ!!」
キョン「芋握りしめながら言われても……あ、先生、ほっぺたにかけらついてますよ」
喜緑「ありがとうございます……って、さりげなくごまかされてる気がします!?」
古泉「彼の気配りを疑うなんてひどいですよ、先生」
   「元に戻してしまいましょう」
キョン「ふむ」(ぴと)
喜緑「付け直されましたー!?」
長門「何か珍しい組み合わせのコント」
ハルヒ「……」
長門「涼宮ハルヒ?」
ハルヒ「ほっぺいいなあ」(じぃー)
長門「!?」

◇ ◇ ◇

ハルヒ「……」(ぴと)
    「……よし」
    (これでキョンに……)
みくる「あ、涼宮さん。ほっぺにお芋のかけらついてますよ」
ハルヒ「――――っ!?」(ズゥ~ン)
みくる「私、何かしちゃったですかーっ!?」
コメント