NiKKi Fron

~ つなぐ技術で未来をつなぐ ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「産業フェア in 善光寺平 2011」出展

2011-10-29 | インポート

 

2011年10月28日(金)、10月29日(土)と

長野市ビッグハットにて開催されました

「産業フェア in 善光寺平 2011」への出展のご報告をいたします。

創業から115年の歴史と伝統を紹介したヒストリーブースと

次世代事業と位置付けて世界に発ししておりますレアプラ®

ご紹介したレアプラ®ブースを展示致しました。

お陰様をもちまして2日間で1,000人を超えるお客様に

お立寄り頂きました。ヒストリーブースでは、麻問屋として創業した

春日商店が日本機材を経て、現在のNiKKi Fronへ

至るまでの歩みをご紹介いたしました。

NiKKi Fronの素材へのこだわりを理解していただけるよう、

その創業のルーツから2つの新規事業まで、時代の変遷に合わせ

事業展開のストーリーを、その時代ごとの主力製品と共に

弊社の歴史と伝統についてのご説明をパネル展示いたしました。

 

1

ヒストリーブースを説明する弊社社長春日

 

2

ラジオインタビューを受ける弊社社長春日

 

レアプラ®ブースには、それぞれ明確なコンセプトのもと

感性に訴えるような付加価値を高めたレアプラ®を使った

作品を展示いたしました。サイエンス&アートの原点である

レアプラ®の開発コンセプト「美」・「知」・「信」とプロダクトコンセプト

「包」に加え、「日本の伝統と情緒を重んじ、伝統と革新によって

世界観をつくる」という弊社社長の想いを込めた「禅~ぜん~」、

「宙~そら~」というプロダクトコンセプトの作品を展示し、

発祥の地「長野」を大切にしながら、世界へ羽ばたいていこうという

NiKKi Fronの強い想いを表現いたしました。

 

3_2

レアプラ®ブースにて説明する弊社社長春日

 

また、10月29日(土)には13:30より弊社社長春日が

会長を務めるB-cip Nagano(ながのビジネス共創プロジェクト)

のブースにて、講演の時間を頂戴し、「春日秀之の感能の世界」

と題して、春日が価格や技術で差をつけることが難しい時代

において、感性により製品の付加価値を上げる

ことの大切さを語りました。

 

4

講演中の弊社社長春日

 

来年初めに弊社社長のプライベートブランド仏国法人

Blanc Bijou(ブラン・ビジュ:白い宝石の意味)がパリの展示会に

レアプラ®の出展を予定しており、その前に長野の皆様に

レアプラ®や弊社の考え方を知っていただく上で

大変意味のある産業フェアとなりました。

これからも日本の伝統、長野の地を大切にし、

従来事業の適正化に取り組むと共に、

世界にも目を向け新規事業を成功させるべく、

社員一丸となって邁進して参ります。


信州日経懇話会にパネリストとして参加

2011-10-27 | インポート

 

2011年10月27日、長野市のホテル国際21にて

日本経済新聞社が主催の信州日経懇話会が行われ、

弊社代表春日が、パネリストとして参加しました。

 

Shin1

【参加パネリスト】(左席より)

長野県知事 阿部 守一様

長野経営者協会会長・八十二銀行頭取 山浦 愛幸様

日本銀行松本支店長 和田 季之様

NiKKi Fron株式会社CEO 春日 秀之

 

経営者の学びの場でもある同会では

「長野経済 浮場の条件」をテーマに、新時代を切り開く

方向性や構想、次の時代を見据えた熱い戦略・想いについて、

各界を代表するパネリストが活発な討論を行いました。

 

弊社代表の春日は、産業界の代表として、

先行きの不透明感を強める長野県経済に対し、

中小企業は自立性を高めて下請体質から脱却する必要がある。

今こそ自分たちの技術力の強みを整理・集積し、

製品の研究開発に力を注ぎこむことで今までの

機能性価値の追求の上に、感性価値を積み上げることで

オリジナルブランドを創りあげ、

自立型経営を確立しなければならない。

そして、忘れがちになってしまった日本独特の

伝統文化から発する日本古来の「おもてなしの心」を

もう一度見つめ直すべきではないかという所見を述べました。

 

Shin2

 

そして、研究開発に力を注ぐべきであるとの

認識では一致しましたが、加えて、各パネリストの

方々からは下記のようなご意見がでました。

 

長野県知事 阿部様

長野県は本当の豊かさがあって、持続可能な社会を

つくっていく先進地域にならなければならないと思っている。

長野県の持つポテンシャルを生かして、新しい地域のリーダー・

新しい社会のモデルを長野県からつくっていきたい。

 

長野経営者協会会長・八十二銀行頭取 山浦様

旗印を上げて長野県全体として方向性を統一

していかなければ、何年たってもバラバラということになり、

変化を生む一つの大きな力になっていかない。

 

日本銀行松本支店長 和田様

個別企業の経営者がより強くチャレンジ精神を

発揮していくということで新たな平地が

切り開かれていくはずだと信じている。

 

また、弊社代表春日は、自らモノづくり企業の経営者として

研究開発の強化と世界市場への進出を進める中、

「モノづくりの現場を若年層、感受性の高い世代に

もっと見てもらいたい。モノづくりの素晴らしさや

こだわりを若い世代に感じてもらえるような

現場をつくることが大事なのではないか。

そこで興味や未来を感じなければ研究者や

エンジニアになろうと思わない」という

自らの考えを述べさせていただきました。

 

弊社では、人材の確保と人材から人財への育成が

今後の長野経済を大きく左右するものと考えております。

 

Shin3

セイコーエプソン株式会社元会長、

前社団法人長野県経営者協会会長、

安川 英昭様(右)と弊社代表春日秀之(左)

 

現在、年内をめどに敷地内を新しいコンセプトのもと

新しいものづくりのファクトリーの整備を進めているところです。

徐々に、中高生の皆様を主対象としてお迎えし

モノづくりの現場を公開するオープンファクトリーとして

10年、20年後に、長野県を支える研究者や

エンジニアが育つようなきっかけを

ご提供する環境を創って参ります。


産業フェア in 善光寺平に出展いたします

2011-10-24 | インポート

 

お陰様で弊社、NiKKi Fron株式会社は

創業115周年を迎えることが出来ました。

 

今年は、長い間ご支援頂いております皆様に感謝の意を込めて、

弊社ヒストリーブースと、昨年に引き続き弊社の次世代事業として

世界に発信しておりますレアプラ®を展示するブースを設置します。

 

昨年に引き続き、多くのお客様のご来場をお待ちしております。

 

【産業フェア in 善光寺平 2011】

開催: 2011年10月28日(金) 10:00~18:00

              29日(土) 10:00~16:00

会場: 長野市ビッグハット (長野県長野市若里3-22-2)

 

弊社社長春日が会長を務めるB-cip Nagano

(長野ビジネス共創プロジェクト)も同時に出展致します。

尚、10月29日(土)13:30より「B-cipメンバーこだわりトーク」

として、「春日秀之の感能の世界」と題して、春日が

感性価値の大切さを語ります。皆様ご多忙とは存じますが、

何卒ご来臨くださいますようお願い申し上げます。

 

Photo


堂免先生を囲む会

2011-10-15 | インポート

 

本年10月15日、銀座某ホテルでNiKKi Fronグループ

技術顧問であります、東京大学工学部 堂免 一成教授が

今年3月に日本化学会の最高栄誉である日本化学会賞を

受賞されましたが震災の影響で祝賀会が延期になっていたところ、

半年経て「堂免先生を囲む会」という趣旨で祝賀会が開催されました。

 

先生は東京大学 工学部から助手として東京工業大学

資源研究所に移り、42歳の若さで教授に就任され、50歳を前に、

もう一度、一から新しい研究分野にチャレンジするため、

東京大学 工学部へ移られました。

 

1_2

【スピーチされる堂免先生】

 

30年に亘り、一貫して水を光によって機能する触媒で

水素と酸素に分解する研究に携わり、光触媒という

最注目されている新エネルギー創出の分野で

世界的トップランナーとして走り続けておられます。

会には東京工業大学、東京大学で先生にお世話になった、

各方面で活躍する弟子達と各方面の関係する

大学教授など、約90名が集いました。

 

堂免先生がこれまでに発表された論文本数は、

累計で500本以上という数を有し、世界の

光触媒の研究で参考文献として多数引用されています。

先生との昔からの親交の深い先生方や弟子達から、

さまざまなエピソードが披露され、

大変に和やかかつ盛り上がりました。

 

2_2

【写真左より、堂免先生ご夫妻、

東京理科大学 工藤教授、弊社社長 春日】

 

NiKKi Fronブループとしても「エネルギーをつくる」

という分野で堂免研究所と約2年間に亘り研究を

続けており、震災の営業により長野本社ファクトリー内に

既に東大から移管しているラボが、来年から本格的に

堂免研分室として共同研究のため稼動する予定です。

 

堂免先生は、世界中から招待講演を受けられている

お忙しい日々でございますが、是非ともお身体をご自愛いただき、

次はノーベル賞へ目指して頑張って頂ければと

NiKKi Fronグループ一同、心より祈念しております。


東京工業大学130周年記念式典に出席

2011-10-09 | インポート

 

弊社社長の母校である東京工業大学が今年130周年を

迎えました。今度、10月9日に開催された記念式典に

ご招待頂き、参加いたしました。

 

祝賀会では同窓会 蔵前工業会の理事長である

前日立製作所会長の庄山様のごあいさつから

始まり、東京工業大学初、IT系ベンチャー企業工業者

会長 ぐるなびの滝副理事長の乾杯のご発声に続き、

終始和やかにすばらしい雰囲気に包まれました。

 

1_3

【蔵前工業会理事長(前日立製作所会長)の

庄山様(写真左側)】

 

2_3

【㈱ぐるなび代表取締役会長/創業者

である滝久雄様(写真左側)】

 

現在、日本のものづくりは大きな転換期にありますが、

従来の成長過程の変遷を謙虚に見直すことで、

新しい可能性が見出せることを歓談の中で感じました。

 

3_3

【弊社社長 春日】

 

ものづくりの蓄積のある日本において、今求められていることは、

世界への表現力です。日本の良さやこだわりを人から人へ

伝えていける「ものづくり」企業が求められています。

 

NiKKi Fronは引き続き、技術をベースに多方面活動により、

「素材へのこだわり」を十分に世界に表現して参ります。