NiKKi Fron

~ つなぐ技術で未来をつなぐ ~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京大学に協力

2008-07-11 | インポート

この度、東京大学・情報システム工学研究室から試作依頼を受けて製作した弊社加工製品が、開発中の次世代型ヒューマノイドロボットの部品として使用して頂けることになりました。

ヒューマノイドロボットとは人と共存、或いは代替して種々の作業を行うことを目的に開発されているロボット で、2本の手足を持つのが特徴です。東京大学で開発中のロボットは、人間と同じように骨格と筋肉で構成された体を持つ全身筋骨格型です。人間と同様の筋骨 格を持つことにより、人間と同じくらいの関節の自由度と柔軟性を得ることを目的に開発が進められています。これが実用化されればより生活に密着した場面 で、柔軟な動きが求められる仕事、例えば介護などの分野でロボットが活用されていく可能性があります。

弊社では今後も引き続き、東京大学のロボット開発に協力していきたいと考えております。
東大で開発中のロボットに関する詳しい情報はこちらのサイトを参考にしてください。
Link site URL: http://www.jsk.t.u-tokyo.ac.jp/~ikuo/kotaro/#