海の見える家から

瀬戸内海の見える家から、日々の出来事をつづります。

100年

2011年06月27日 23時12分04秒 | 日記
100年と8カ月の生涯を終えたおばあちゃんが亡くなってから2週間が経ちます。
こどもが9人いたおばあちゃんは、こどもと孫14人、ひ孫11人に見送られ旅立ちました。
にぎやかな、いいお葬式でした。
私の母は、お年寄りをみかけると「もう、おばあちゃんはいないんだ。」と、思うそうです。
大往生だと人は言うけれど・・・。
確かにそうだけど、私も台所で料理を作っている時などに、ふと、おばあちゃんを思い出し涙がでます。

私の事もかわいがってくれました。
おじいちゃんが生きている頃のおばあちゃんちは、とっても楽しくて、あのころを思い出します。
東京では珍しい、井戸のある農家。
井戸水をジャブジャブ出してスイカを冷やし、顔を洗う。
縁側があって、床がつるつるに磨かれて、長い廊下をスケートごっこ。
庭には、おじいちゃん手作りの池があって、猫に魚が食べられないように、器用なおじいちゃんが金網を編んで掛けていたっけ。
おばあちゃんちに泊まると夜中に、柱時計がボーンと鳴る。
孫専用のかわいい枕と、ピンクのお茶碗があったなぁ。
朝起きて、みんなで食べるご飯は、甘い炒り卵。
そして、帰りは、「靴下でも買いなさい。」って、お小遣いをくれました。
「こんなにお小遣いもらったら靴下たくさん買えるね!!」なんて笑って。
あの頃の光景と、おばあちゃんちの匂いが今でも思い出せるのです。



お坊さんの話しが印象的でした。
おばあちゃんが亡くなってしまっても、おばあちゃんの生き方、心は、残されたものに、脈々と受け継がれる事でしょう・・・。おばあちゃんは、徳を積んだから長生きできたのです。
四十九日までの間の毎週月曜日は、おばあちゃんの残した徳をひとつ思い出し実行してください。
そして、おばあちゃんより徳を積んで長生きすることが残された者の勤めです。
おばあちゃんに、あの世で、「もう来ちゃったのかい?」と、笑われないように長生きすること。と、おしゃっていました。

もしかしたら、おばあちゃんが会いに来てくれているかもしれないと思い、月曜日は念入りに掃除をして、新しいお花を生けています。
おばあちゃんに会いたい・・・。
コメント

公平無私

2011年06月15日 08時31分36秒 | 日記
昨日の朝、私の大好きな100歳の祖母が亡くなりました。
突然の事で、いろいろな想いが頭の中をぐるぐる回り、まだ気持ちの整理がつきません。
ずっと元気で、また会えると思っていた。
おばあちゃん、自分が死んだ時に着る服も準備していたそうです。
おじさんが分かるように「着物の合わせは左前に」というメモまで添えて。
人の事は、心配して世話を焼く。
だけど、自分の事は、人に迷惑をかけないようにと、いつもしゃきっとしていたおばあちゃん。
それでも、歳をとって心細くなり昨年のお誕生会では「私は、これから皆さんに迷惑をかけることがたくさんでてきます。
その時は、どうぞよろしくお願いします。」と、挨拶しました。
でも、最後まで、しゃきっとしていた。
亡くなる前日、熱があり具合が悪かったそうですが、亡くなる日は、自分で顔を洗い水を飲んで「水はおいしいね。」と、話したそうです。その直後に、意識が無くなったとか。
看病する間もなく、逝ってしまいました。
25年前に亡くなった、おじいちゃんに今頃会っていることでしょう。
話す事がたくさんあるね。
おばあちゃんの人柄を表すと、公平無私です。
私もおばあちゃんみたいになれるようにがんばるからね。
おばあちゃんに会いに行ってきます。
コメント

しあわせの香り

2011年06月14日 00時44分04秒 | 日記
一か月くらい前から咲き始めたバラもそろそろ終わりです。
我が家の小さな庭の小さなバラ達。
小さくても、あまくて優雅な香りを届けてくれます。
新しい種類のバラを冬の間に植えました。
気付けば、ピンクのバラばかり・・・。

 

 

 

本当は、バラガーデンにあこがれているんだけど、それは遠い夢。
少しずつ、手入れをして増やしていけるといいなぁ。と、思っています。
幸せ気分にさせてくれるバラさんたち、これからも大切に育てていきます。


 



コメント

しゃべる?

2011年06月07日 23時27分23秒 | 日記
カフェと散歩へ出かけると、お隣の幼稚園児R君が私にこう言いました。
「カフェのお母さん、カフェってしゃべる?」
???
R君のお母さんが隣で笑いながら、「あのドラマ、見てるから。」と、解説。
今、話題のドラマだそうですね。
残念ながら、私は見た事が無いのですが、そう話すと皆がびっくりするんです。
「シュナウザー飼っているのに、見てないの?」ってね
心が暖かくなるストーリーだと友だちが教えてくれました。
その隣で、やっぱりご主人がカフェにこう言いました。
「おーい、カフェっちょ。ちょっと話してみろよ。」って(笑)



「そんなこと急にみんなに言われたって・・・」って、カフェは思っているかなぁ・・・
おしゃべりできたら、カフェはどんな話をするのかな?






コメント