新潟県産! モンコレシピ!!

20周年モンコレのデックを紹介します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤黄鬼武者

2016-03-12 08:37:00 | 赤黄
豊秋キチョウ
岳田リツコ

ヤマタノオロチ4
イソタケル4
伊万里弐4
カーリー1

オロチ10
ナンダ4
ツマツヒメ3
シータ3

神通力 金剛4
ラクシュミの蓮の花4
神通力 八千矛3
ヴィシュヌの天眼2

銘刀 童子斬4



13-17-13-4。
A++17枚のデッキ。
流行りの黒黄チャリはAが多いので、A++の多いこちら側が有利なはず。

FREE覚醒持ちのA++が大量に欲しいデッキですが、該当するのはウムギヒメとツマツヒメしかいません。
ウムギヒメは値段が高くて効果が弱いので、値段が安くて打点と反響があるツマツヒメを投入。

シータはコノハナサクヤでもいいんですが、コノハナサクヤは1枚しか持ってないのでシータに。
正直FREE覚醒要因で入れてるので、ツマツヒメ4枚目やウムギヒメ、イソタケルをサポートする丹波辺りでも問題ないです。
デッキ的にはA++を増やして同型デッキには負けないようにすることと、FREE覚醒を増やして攻守の強化を図るのが目標です。



雷火を積んで金剛を減らすと守りが手薄になるので金剛は4確。
ヤマタノオロチは単なるドロソ要因ですが、手札消費なしの打点アップが強いと思いました。
FREE覚醒持ちなので酒呑童子よりもこっち優先です。

あとはなんだかんだでカーリー強いですね。
先攻取るだけでBP130が保証されて、かつFREE覚醒持ちですから。
カーリー枠はツマツヒメ4枚目でいいんですが、保険としてMサイズを増やしました。



このデッキの回し方は、序盤~中盤はナンダやシータ、ヤマタノオロチや伊万里弐を優先的にキャストして、イソタケルとオロチを手札に貯めます。
伊万里弐は同盟覚醒があるので、瞬間的な火力はイソタケルよりも高いです。
ただ所詮は0コストですしFREE覚醒ではないので、終盤まで温存する意味はありません。

あとスピードチェックでCがめくれたらギアチェンは基本です。童子斬がめくれてもノータイムでギアチェンです。
Bがめくれた時は微妙ですが、こちらB、相手A+でも基本はギアチェンで先攻を取りにいきます。
相手がC++でこちら仮先攻でもギアチェンでAかA++を置きます。
こちら側がギアチェンなしと言った瞬間、相手がギアチェンしてきたら目も当てられませんからね。
ただしこちらの場にMサイズが1体しかいなくて手札にMサイズ0枚の時は、ギアチェンせずにきちんとMサイズを揃えた方がいいと思います。


細かい点はそんな感じです。
デッキ相性的に、対赤赤は万雷が飛んでくると防ぐ手段がありませんが、適当に殴ってれば相手は死ぬので微不利~互角。
対青黒は眼光を消せるかが鍵です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青黒ハーデスver.2 | トップ | ドレノ1ターン目の攻防がわけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

赤黄」カテゴリの最新記事