ももママの心のblog

猫が大好き。有料老人ホームで生活相談員をしています。映画が好きだけど、なかなか見られません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魔法にかけられて

2008-03-30 | 映画 ま行
ディズニーのセルフ・オマージュで、アニメと実写を組み合わせたファンタジー。アニメのお姫様が、実写のニューヨークに飛び出し、王子様と真実の愛のキスで結ばれるか?

2008年(公開) アメリカ ラブロマンス、ファンタジー
2008年3月29日 ワーナーマイカル・シネマ新百合ヶ丘
監督 ケヴィン・リマ
出演 エイミー・アダムス(キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン)、パトリック・デンプシー(グレイズ・アナトミー1~3)、スーザン・サランドン(エリザベスタウン、Sall we)dance?、アルフィーほか)、ジェームス・マースデン(スーパーマン・リターンズ、X-MENシリーズ)、ティモシー・スポール(ハリー・ポッターシリーズ)
(出演作品などは私が観たものに限る)

アンダレーシアのナリッサ女王(スーザン・サランドン)は、実は魔女。義理の息子であるエドワード(ジェームス・マースデン)に王位を奪われることを恐れ、運命の女性と出会わないようにしていた。その女性は森に住む娘・ジゼル(エイミー・アダムス)。彼女は偶然であったエドワードと恋に落ちてその日のうちに結婚することに。しかし、直前に老婆にばけた魔女にだまされて、「夢が決してかなわない国」・現代のニューヨークに追いやられてしまう。彼女を追いかけてエドワード王子もニューヨークに。ジゼルはバツイチで娘と暮らす現実主義者の離婚弁護士・ロバート(パトリック・デンプシー)に出会い、親切にしてもらうが・・・

ジゼルがあああ~、あああ~、あああ~と窓を開けて歌うと、お友達の森の動物たちがたくさん集まり、身の回りのことをやってくれるのです。でもそんな夢のようなアニメの世界から現実の世界に送り込まれると、ドレスも髪型も、しぐさも浮きまくりです。
エイミーは34歳と思えぬぶりっ子ぶり。でも、いやみじゃないのが不思議です。なにやら、不思議な人~って感じ。あそこまでやっちゃったら、怖いものなしなのかしら?カールした髪型、大きなチョウチン袖の真っ白なウェディングドレス(ロバートのアパートのドアを入れないくらい大きなペチコート!)、指の先までコテコテです。そして、話している最中に突然アカペラで歌いだすのです。現実的なロバートは「ちょっと待ってよ。人が見ている。」とあわてます。
でも、ジゼルは現実の世界で少しずつ成長していくのです。怒りの感情をはじめて覚え、すっきりして開放され、笑います。「デート」でお互いに興味のあること、好きなことを知り合い、お付き合いを重ねてから結婚するっていうことも知るのです。おとぎ話のお姫様は、初対面の王子がキスしてくれるとその場で恋に落ち(長い眠りから覚め)結婚します。そして「末永く二人は幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし~」で物語りは終わるのです。しかし、現代のおしゃまな女の子たちはそんな夢物語は信じられませんね。離婚率が毎年上がり、真実の愛だと思っていても継続していくことがとても難しいことだということ、また、初対面の人とキスしてそのまま結婚だなんて、あまりに現実離れしていることを早い段階で知っているのです。ディズニーはそんな、おとぎ話と現実のギャップを、この映画で埋めてくれました。
エイミーは現実の世界で、真実の愛を見つけます。ちょっと年上のコブツキ(言葉が悪いですね)相手だけれど、彼女の良さを本当に分かってくれる人です。彼女も、単なる「王子様を待っているお姫様」ではありません。現代のお姫様は、王子様(ロバートですが)のために、命がけで魔女と戦うのです。ただ、美しくかわいいだけではなく、自分を持ち、勇気があり、そして、才能を生かして自立していく(ドレスショップを開業)大人の女性になっていくジゼル。とても魅力的です。しかも、厳しい現実の中でも夢を失わず、歌も踊りも忘れることなく・・・。
ジェームス・マースデンは、ハンサムなのか少々不細工なのか微妙なところ。しかし、王子様ファッションのこれほど似合う人もいないですね。タイツとチョウチン袖が抜群に似合うといわれ、本人もうれしいかどうかこれまた、微妙ですが・・・。スーパーマン・リターンズでも、恋人を取られちゃう役柄ですが、エドワード王子の平べったいけど恋人を取られても清々しいキャラを、自然に演じられるのも、彼ならではでしょう。
下調べなしでいきなり観に行ったので、パトリック・デンプシーを見て「なぜ、デレクがここに?」と驚きましたが、こんな役にはまる彼。こちらも、適役でした。
マリッサ女王は誰が・・・?と興味津々でしたが、スーザン・サランドンはさすがですね。メイクや衣装、特殊効果のためもありますが、迫力満点で演じてくれました。さぞかし、楽しかったでしょう。私もやってみたいくらいです。あんなメイクをして呪文を唱えて、稲光が出たら、マジうれしい!
ところで、ディズニーのサービス精神には本当に楽しませてもらいました。まるで、ディズニーランドへ行ったみたい。パレードに自分も加わった気分を味あわせてもらいました。それに、おしげもなくセルフ・オマージュ(パロディともいえますが)をまぶしてあります。詳しい人には、コネタ満載で、それも楽しめるようですね。
白馬に乗って王子様が現れるのを待っている少女だったすべての女性に、この映画はささげられるべきでしょう。お子様向きというより、現実に恋愛や仕事につまずいたり失望しがちな、現代の女性たちに夢と勇気を与えてくれます。ジゼルは自分の力で幸せをつかんだのです。王子様のキスで一方的に愛を与えられたではありません。現実の世界で、ステップマザーは苦労がないはずありません。しかし、彼女なら必ず、それも見事に乗り切ってくれるでしょう。
エドワードも、現実に生きてロマンを忘れがちだったナンシーに愛されて幸福になりました。キャリアウーマンのナンシーも、本当は携帯電話より王子様を待っていたのですよね。


コメント (5)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« ヒュー・グラント自らを語る... | トップ | アメリカのドラマで見る食卓... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-03-31 11:30:14
そういえばジェームズ・マーズデンは「スーパーマン」でもちょっと気の毒な役でしたね~。
彼の下がり気味の眉毛が、そういう情けないキャラに似合ってるように思います(笑)
性格がイイというかなんというか、あっさりとジゼルを諦めたのも彼らしかったし、すぐに代わりを見つけたのも面白かったです。
現実離れ (kazupon)
2008-04-01 12:26:45
ももママさんこんにちわ。
絵本とかディズニーの世界で夢見た子供も、いつの
間に現実的になっていくのかな?
そんなオトナたちにしばしそういう気持ちを取り戻させてくれる映画なんじゃないかと思います。
ジェームス・マースデンは「君を読む物語」でも
彼女とられてましたけど、ほんとに王子が似合います
ねー。
コメントありがとうございます (ももママ)
2008-04-01 23:05:47
>ミチさん
>すぐに代わりを見つけたのも面白かったです。
ホントですね。どうなるかと思ったら、ちゃっかりあたらいい相手がいて、ハッピーエンド!


>kazuponさん
観客である私たちも、現実だけでなく夢を見させてくれる良質のファンタジーだったと思います。ディズニーマジックにやられました!
素敵でした (かん)
2008-04-02 08:58:31
王子役がとてもコミカルでそれでいてイケ面で魅力的な俳優さんでした。1バツ子持ちの役よりもそちらのほうがタイプです。久々最後まで笑えた映画でした。きっと欧米ではブレイクしているんじゃないでしょうかね。
良かった! (ももママ)
2008-04-03 10:36:43
王子様役のジェームス・マースデンは、「スーパーマン・リターンズ」でも「君に読む物語」でも恋人を取られたりして気の毒な役です。でも、「タイプ」っていってくれる人がいて、ほんとに良かったです~。

コメントを投稿

映画 ま行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

魔法にかけられて (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。』  コチラの「魔法にかけられて」は、ディスニー映画のお約束をセルフ・パロディしちゃった3/14公開のファンタジー・コメディーなのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪  とは言っても、「ライラの冒険 黄金...
リアルな愛情の物語。『魔法にかけられて』 (水曜日のシネマ日記)
御伽の国に暮らすプリンセスが、現代のニューヨークに送り込まれてしまうディズニーのファンタジー映画です。
魔法にかけられて (にき☆ろぐ)
おとぎの国に住んでいたプリンセスが魔法により現代のニューヨークに追放されてしまったということでアニメーションと実写が混じったファンタジー映画ですね評判がとても良かったので見てきました最初はアニメーションなのですがひっさしぶりにCGでないディズニーアニメ...
魔法にかけられて (Akira's VOICE)
会話と食事で,愛を育んで歌お~う♪
魔法にかけられて (ともやの映画大好きっ!)
(原題:ENCHANTED) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) おとぎの世界で生きているお姫様が悪い魔女によって、現代のニューヨークに追いやられてしまう。 数々のディズニー作品にオマージュを捧げながら、それらをパロディに変えてしまったコメディ作品。 ...
映画 【魔法にかけられて】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「魔法にかけられて」(字幕版) ケヴィン・リマ監督によるディズニー・ファンタジー。 おはなし:“アニメーションの世界”に暮らす心優しいジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられて...
『魔法にかけられて』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魔法にかけられて」□監督 ケヴィン・リマ □脚本 ビル・ケリー □キャスト エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、レイチェル・カヴィ、ティモシー・スポール ■鑑賞日 3月20...
魔法にかけられて (It's a Wonderful Life)
なかなか面白かったですよ。ベタとはいえ楽しい作品。 おとぎ話といえばディズニー。 ほんとにディズニーらしい映画というか、 セルフパロディみたいな内容で、かなり楽しめました。 なんといっても作曲が「アラジン」「美女と野獣」の 王道メロディーの達人、ア...
魔法にかけられて (ネタバレ映画館)
これだけパロディを盛り込むんだから、そりゃ著作権にうるさいディズニーにしか作れない。
魔法にかけられて☆愛は魔法の国を越えて現代へ・・・・。 (銅版画制作の日々)
   真実の愛のキスは、誰とのキス? 4月1日、ファーストディにMOVX京都にて鑑賞。前日は「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を観たので、連続シアター通いとなってしまった。「ウォーター・ホース」を書くつもりでしたが・・・・。この作品のツボにはまってしまい、...
「魔法にかけられて」 パロディでなくオマージュ (はらやんの映画徒然草)
「サンタを何歳まで信じていた?」なんて話が時々出たりしますが、僕はずいぶん小さな
「 魔法にかけられて / Enchanted (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【魔法にかけられて】2008年3月14日(土)公開 監督 : ケヴィン・リマ ...
『魔法にかけられて』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
アニメと実写の融合、ディズニー自身のセルフパロディもかわいらしくて面白いファンタジックなコメディ、『魔法にかけられて』。やっと観ました~。魔法の王国アンダレーシアで暮らすジゼルは、王子エドワードと運命的に出会い結婚をすることに。この結婚によって、王位を...
真・映画日記(2)『魔法にかけられて』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (1から) 『暗闇の女たち』が午後11時20分に終了。 この時間だと電車がないから、せっかくなのでもう一本見ることに。 そこで、mixiのとあるマイミクの日記に「じょ~いさんはどう評価するか?」という書き込みがあったので、それに乗って...
魔法にかけられて ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
劇場公開中にレビューを書けなかった作品のDVDが出たので買ってきた(尤も当作品DVDは次女が購入した。ふたりの娘共に親に似たのか、小遣いの殆どは音楽・映画のソフト代に消えている。もっと本を読め、パパは音楽もやっていたが、実は文学少年だったんだぞ~)。実は、この...
「魔法にかけられて」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
魔法の王国“アンダレーシア”に暮らすプリンセス、ジゼル(エイミー・アダム)。ある日、エドワード 王子(ジェームズ・マースデン)と運命的な出会いを果たし、結婚することに。しかし彼らの結婚 によって王位を手放すことになるナリッサ女王(スーザン・サランドン)は...
『魔法にかけられて』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアニメーションで描かれる、美しいおとぎの世界。ジゼルは、そこで動物たちと一緒に暮らしていた。そしてある日、王子様と運命の出会いを果たし、結婚することに。だが、王子の継母ナリッサ女王は自分の王座を奪われることを恐れ「永遠の幸せなどカケラもない所に...
魔法にかけられて (Addict allcinema 映画レビュー)
それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法。