よしだハートクリニック ブログ

 院長が伝えたい身近な健康のはなし

カラダに取り入れたくない モノとは

2021-01-04 13:54:16 | 健康・病気
 明けましておめでとうございます。昨年から新型コロナウイルス感染症により生活が一変している状況が続いています。いつ元の生活に戻れるのか?あるいは変化した生活が一部定着していくのか気になるところですが、とにかく早く感染が落ち着いてほしいと思っています。

 さて今回は、体に何らかの害を及ぼす危険性があるにもかかわらず、身近にあるモノについて考えてみたいと思います。口から摂取するもの、皮膚から吸収されるもの、鼻から吸引してしまうものなど様々な種類があります。

 まずは遺伝子組み換え食品です。遺伝子組み換え作物とは、目的に適した遺伝子を見つけ出し、その遺伝子を取り出して全く別の生物の遺伝子を人為的に組み込んだ作物で、今までの品種改良や交配と違い自然界では存在しない作物です。有名なのは、除草剤(グリホサート)に耐性のある遺伝子組み換え大豆です。品質が一定で生産性が高いということで様々な作物に応用されましたが、動物実験の結果からアレルギーや免疫機能、妊娠や出産に関する生理学的、遺伝学的分野で深刻な健康への脅威が指摘されています。
 これに似たゲノム編集技術もあります。これは特定の遺伝子をピンポイントで切断することで生物の特徴を変える技術です。肉厚の鯛などに応用されていますが、切り取った遺伝子が他の遺伝子にも影響する可能性もあり安全性は誰にもわかりません。
これらの技術に対して世界では慎重な姿勢の国が多いのですが、食料自給率が低い日本では積極的に導入する方針のようです。これらの食品は表示されるから大丈夫と思っている方も多いと思いますが、表示基準が改正(改悪?)され知らないうちに食べている可能性も高くなっています。

 農作物に関連して、意外と思われるかもしれませんが、日本の農薬使用量は世界トップクラスです。見栄えが良く安い作物が消費者のニーズであるため、手間暇やコストのかかる有機栽培作物は限られています。体への影響のみならず環境汚染の観点からも農薬の功罪についても考えるべきかもしれません(無論、国は農薬の使用量、残留量など基準を決めチェックしていますが)。

 次に、様々な加工食品に使われる食品添加物についてです。今や食品添加物なしでは、日々の生活が送れないほど私たちの生活に浸透しています。
 なかでも自然界に存在しない化学合成物質の食品添加物は問題です。これらは、体で分解・排泄のできにくいものが多く、長く体内にとどまり重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
 
 渡辺氏は著書の中で、特に避けるべき10大食品添加物を挙げています。
1. 発がん性物質に変化する発色剤(亜硝酸ナトリウム)
2. 発がん性物質を含むカラメル色素
3. 発がん性や肝障害を来す可能性のある合成甘味料(アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK)
4. 発がん性が確認されているパン生地改良剤(臭素酸カリウム)
5. 発がん性の疑いのある合成着色料(タール色素)
6. 発がん性と催奇形性の明らかな防カビ剤(OPPとTBZ)
7. ヒト推定致死量が茶さじ一杯の殺菌料(次亜塩素酸ナトリウム)
8. 毒性が強く頭痛を起こす酸化防止剤(亜硝酸塩)
9. 白血病を起こす化学物質に変化する合成保存料(安息香酸ナトリウム)
10. 発がん性の疑いのある合成甘味料(サッカリンナトリウム)
これらの添加物は、加工食品の内容表示で確認できますので購入前に確認されることをお勧めします。

 シャンプーなどに使われる合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)も皮膚の細胞を破壊し、皮膚障害、発がん性など悪影響が懸念されています。皮膚からの吸収は通常、物質濃度の0.5%と考えられていますが、保湿剤乳化剤として使われているプロピレングリコールは、皮膚からの浸透を助け、他の化学物質の吸収を増加させる作用があります。またタール系色素は発がん性物質と考えられていますし、食品容器に使われるビスフェノールAも胎児に影響する可能性が指摘され特に妊婦している方は避けるべき化学物質です。

 鼻から吸引する化学物質(排ガス、たばこ煙、ダイオキシン、アスベストなど)は、喘息など呼吸器疾患、肺がんの原因であることは言うまでもありません。

 その他、抗生物質合成洗剤殺虫剤など多くの化学合成物質が身の回りに溢れています。これらは確かに私たちの生活を便利に豊かにしてくれています。しかし、体の中で消化、分解、排泄が出来ず、ガン、アレルギー、免疫機能低下など体の不調の原因になっている可能性があることを忘れずに、なるべく避けていく工夫も必要と思います。

 
参考文献:山田正彦『売り渡される食の安全』角川新書
渡辺雄二『体を壊す10大食品添加物』幻冬舎新書
竹内久米司『経皮毒』日東書院本社
コメント

皮膚(肌)からの癒し

2020-11-09 12:28:54 | 健康・病気
 新型コロナウイルス感染症対策で、三密を避ける、ソーシャルディスタンスをとるなど人との接触が憚られる昨今ですが、今回はスキンシップの重要性についてお話します。

 ヒトは胎児の頃から身体が子宮内環境と相互作用しながら連続的に発達しますが、その中で重要な役割を果たしていると考えられるのが「触覚」経験です。胎児が触覚刺激に反応を示すのは胎齢七週頃と言われ、次いで視覚や聴覚が発達します。成人では、触覚刺激は脳の頭頂葉、視覚刺激は後頭葉、聴覚刺激は側頭葉と局在的に脳活動を活発化しますが、新生児では、触覚刺激により頭頂葉のみならず、後頭葉、側頭葉の領域も広く活性化することがわかってきました。

 新生児は、「アタッチメント」と呼ぼれる、養育者と「くっつく」ことで育ち始めます。幼少期に安定して豊かなアッタチメントを形成できると思春期以降に身体精神的にも誰かに依存せずひとりでふるまえるようになります。
アタッチメントの基本は、発達初期にある特定の養育者と身体をくっつけ、自分では制御できない身体の生理的変動や情動を一定の状態に調節することですが、なかでも情愛的接触(抱く、撫でる、抱擁、キスなど)の経験が乳児期の主体性を促す点で効果的と言われています。
 この情愛的接触は末梢神経のC線維が関与しており、軽く撫でられた時(毎秒2~3cmの速度)に活性化し、脳に心地よさが喚起されます。子どもが怪我した時に「痛いの痛いの飛んでいけ~」と声をかけ患部を触れたりしますが、文字通り痛みを軽減する効果のある行為です(オキシトシンというホルモンも分泌され痛みを低減します)。

 ヒトは、抱かれる、授乳されるという心地よい身体内部の感覚と微笑み(視覚)、声かけ(聴覚)、匂い(臭覚)など外部感覚(五感)を統合して養育者(他者)という存在を意識化(概念化)し、自己との違いを認識しながら成長します。
 一方、養育者も身体を介して乳児に積極的に働きかける経験により、オキシトシン分泌が高まり心身が変化します。オキシトシンは、脳の視床下部から下垂体後葉にかけて合成分泌されるホルモンで、育児動機を高める、相手への信頼や愛情を高める、対人関係を円滑に進める、記憶や学習能力を高めるなどの働きを促します。すなわち、身体の触れ合いが子育てに重要な役割を果たしているのです。

 肌を触れ合う、あるいは寄り添うという行為は、相手との境界を開き、相手を受け入れ信頼関係を深める働きがあります。これにより、何か問題が起きても、そのことで生じる不安やストレスなどにも一人で対処するのではなく、他者が助けてくれるという期待をもつことができ、本来の問題解決に力を注ぐことができるようになります。
 私たちは、心身の不調があるとき、①自然治癒力を働かせるため身体感覚に耳を傾け、身体が欲するようにしてあげることと②対人関係の中でこそ癒されるということが重要です。一人で抱え込むのではなく、人に話すことで心が解放され、免疫力が高まり自律神経が整い、自然治癒力も高まるのです。

 最近では、「人の手」で触れること(文字通り「手当て」)が見直され、医療現場で実践されています。
 認知症患者に、ユマニチュードと呼ばれるケアがあります。ユマニチュードは、「個人として尊重する」を理念にして、「見る(アイコンタクト)」、「話す」ことにより心の交流を起こしてから「触れる(支える)」というコミュニケーションを連続して行うケアです。その他、肩や背中やふくらはぎをマッサージして、循環機能を高め、心理的緊張をほぐすセラピューティック・ケアや手を使って相手の背中や手足をやさしく包み込むように触れるタクティールケアなどがあります。
これらの技法は、すべての人に有効ですが、特にガン末期や発達障害などの治療に効果が期待されています。

 これらのスキンシップケアは通常は相手が必要ですが、誰でも簡単に、自分一人でできる方法もあります。すなわち、心の持ち方で他者との間につくっている境界を開く方法です。
 ・笑顔でいること
 ・心を開くこと(特にネガティブな感情を「語る」、「書く)
 ・感謝すること
 ・親切にすること、誰かの役に立つこと、
 ・許すこと

 日本人は、西洋人の個人主義に対して、周りの人との和を重視しながら(空気を読みながら)生きていく民族と言われています。これは、他者との境を開く(肌を触れ合う)ことの重要性をより理解しているとも考えられます。インターネットの発展によりスマホで何でも情報が得られ便利になりましたが、逆に家族や仲間と会話し触れ合う機会が失われがちです。こんな時代だからこそ直接触れ合うことによる癒し効果を認識する必要があります。

 
参考文献:明和政子『ヒトの発達の謎を解く-胎児期から人類の未来まで』ちくま新書
     山口創『人は皮膚から癒される』草思社
コメント

意外に多い「鉄」不足

2020-07-31 18:46:48 | 健康・病気
今回は、貧血の原因として有名な「鉄=Fe」について考えます。

 地球上に最も多く存在する元素である鉄。地球の地殻の5%、総質量の30%強を占めるといわれています。鉄は、地球の地磁気の主因であり、この地磁気のおかげで、地球上の生命は有害な宇宙放射線から守られています。また人類は、鉄を様々な形で利用することにより、農耕革命、産業革命を生み出し発展してきました。

 人体においても鉄は必須の元素です。ヘモグロビンは、鉄分子が4つついた蛋白質ですが、細胞に酸素を運ぶ働きをします。その他、ミオグロビンは骨格筋の酸素貯蔵、トランスフェリンは鉄イオン輸送、フェリチンは細胞内の鉄イオン貯蔵など、鉄を含む蛋白質が生命活動維持に重要な働きをしています。
また、生体内では様々な化学反応が起こりますが、その補因子としての働きも鉄の重要な仕事です。特に、生体がエネルギーとして利用するATPは、Fe2+とFe3+の間で電子を受け渡しミトコンドリア内の電子伝達系をスムーズにまわすことにより効率よく産生されます。コラーゲン合成、神経伝達物質(セロトニン、ドーパミンなど)生成や活性酸素から身を守る抗酸化物質(カタラーゼ)の働きにも鉄が重要な役割を果たしています。

 大昔、鉄はFe2+の形で海中に大量に溶け込んでいましたが、シアノバクテリアが酸素を産生し始めてから、次第に酸化されてFe3+、さらに酸化され水酸化物として海底に沈んで鉄鉱石になりました。多くの生物は、Fe2+をエネルギー代謝の基本として進化してきたため、Fe3+は吸収しづらくなっており、周りに鉄が豊富にあるにもかかわらず鉄の奪い合いが始まりました。例えば、土の中では、植物の根と土壌中の細菌、我々生体内では、腸内細菌と私たちの身体です。

 我々の身体は、他の生物が蓄えた鉄を食物として吸収するために、腸に特別な鉄輸送体を備えています。つまり、動物性蛋白質に含まれているヘム鉄をヘム輸送体という特別な蛋白質を通してそのまま吸収することができます。
一方、野菜や穀物に多く含まれる非ヘム鉄(3価鉄イオン)は、胃酸やビタミンCにより3価鉄イオンから2価鉄イオンに還元されてから、十二指腸や空腸にある非ヘム鉄輸送体から吸収されるため効率は悪くなります。この輸送体は鉄以外のミネラルの吸収も担当するため、亜鉛、銅などの吸収とも競合してしまいます。吸収されなかった非ヘム鉄は、腸内細菌(主に悪玉菌)が吸収し、腸内環境が悪化し、便秘、下痢、鼓腸などの消化器障害をきたすことがあります。

 狩猟から農耕へと変化した現代では、人の食生活が動物性主体から植物性主体へと変化し、鉄欠乏きたす可能性がでてきました。特に、月経、妊娠、出産する女性では、その傾向が顕著です。
広島で精神科、心療内科を開業されている藤川先生は、15~50歳の日本人女性の80%が鉄不足と警鐘をならしています。

 通常の健康診断では、鉄不足の代表的疾患である貧血を、ヘモグロビン値で判定します。しかし、体内の貯蔵鉄の指標であるフェリチン値の方が、より正確に鉄欠乏を反映します。すなわち、ヘモグロビン値が正常でもフェリチン値が低い場合は、「潜在性鉄欠乏症」あるいは「隠れ貧血」と呼ばれます。具体的には、女性でもフェリチン値50ng/ml以下の場合は鉄欠乏と考えられるのです。
 鉄欠乏になると、前述のようにエネルギー不足、神経伝達物質不足など体の中の代謝がうまく回らなくなり、イライラ、集中力低下、立ちくらみ、めまい、節々の痛み、冷え性、のどの違和感、肌荒れ、不妊など様々な症状がでます。うつ病やパニック障害などの精神疾患を患っている方の多くが、低フェリチン値を示しているそうです。

 鉄不足と診断されたら鉄補充が治療になります。食事から摂取する場合は、動物性のヘム鉄が効率的(吸収率10~20%)ですが、植物性の非ヘム鉄からの場合は吸収率が低いため(1~5%)、蛋白質(アミノ酸)、ビタミンCを一緒にとると吸収率が上がります。一方、お茶やコーヒーに含まれるタンニン(カテキン)や玄米に含まれるフィチン酸は鉄の吸収を妨げます。ビタミンEも鉄吸収を妨げるため、サプリを使用する場合8時間は空けるのが望ましいです。
鉄の静脈注射薬は、多用すると遊離した鉄イオンが猛毒のヒドロキシラジカルの生成を助長したり、鉄過剰症の原因になります。経口鉄剤は、主に非ヘム鉄であることが多く、消化器障害で内服困難な方もおられます。最近は、消化器症状も少なく安価で効果の高いアミノ酸キレート鉄剤もありますが、生理的吸収ではないため、漫然とした内服で鉄過剰症をきたすこともあり注意が必要です。
また鉄不足がある人は、エネルギー不足になるため糖質過剰になりがちで、ビタミン不足をきたしている場合が多くなっています。鉄補充とともに、低糖質高蛋白高脂肪食とビタミン、ミネラルなど栄養素の補充を適切に行うことが必要です。


参考文献:藤川徳美『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』光文社新書
     溝口徹『最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門』光文社新書

コメント

新型コロナウイルスQ&A  ~最新研究を踏まえて~

2020-06-08 18:53:15 | 健康・病気
 前代未聞の全国緊急事態宣言も段階的解除になり、やっと少し平穏な日々が戻ってきましたが、まだまだ第二波の心配など予断を許さない新型コロナウイルス。今回は、最新研究も踏まえてQ&A形式でお送りします。

 Q.新型コロナウイルス(正式名称 SARS-Cov-2)とは?
 A.直径100~200nmのエンベロープと呼ばれる脂質や糖蛋白質でできた膜状構造物に一本鎖RNA遺伝子を内包したウイルスです。従来コロナウイルスは、感冒の原因になる4種類に加えてSARS,MERS(いずれも重症急性呼吸器症状を引き起こします)が知られていましたが、今回、中国武漢市で見つかった新型は7つ目となります。このウイルスによる感染症をCOVID-19と呼びます。

 Q.感染経路、潜伏期間は?
 A.手指を介しての接触感染や咳・くしゃみによる飛沫感染、あるいは呼吸や発声によるエアロゾル感染が考えられています。ウイルスは、単独で増殖することはできず、前記の経路を介して、ヒトなどの宿主細胞(鼻咽頭、舌、肺、小腸など)に侵入・感染して増殖します。
潜伏期間は、2~7日(平均4日)と言われます。他の多くのウイルス感染症と違い、発症する4日前から他人を感染させる可能性があり(ピークは発症前2日~発症直前)、発症後6日以降は感染力がなくなるということが最近わかってきました。

 Q.症状は?
 A.発熱、倦怠感、筋肉痛、咳、痰など一般的な風邪症状が発症初期に見られます。その他やや特徴的なのは、嗅覚・味覚異常の出現頻度が高いです。ただ呼吸器症状が全く見られず、無症状あるいは下痢、食欲不振などの消化器症状のみの方も一割程度おられます。
80%の方は軽症でとどまり、多くは一週間程度で回復します。しかし、20%弱の方が肺炎による呼吸困難などで重症化し、5%の方が集中治療を要します。死亡率は1~2%です。

 Q.重症化しやすい人の特徴は? 逆に日本人は重症化しにくい?
 A.高齢者および高血圧、糖尿病、肺疾患、心疾患、免疫不全など基礎疾患をもっている方あるいは喫煙者は重症化率が高いです。
一方、欧米人に比較して、アジア人(中国、韓国、日本、ベトナムなど)は死亡率が低いことが報告されています。原因として、生活習慣、BCG摂取歴、遺伝子(免疫応答の違い、HLA型)、流行しているウイルス型の違いなどが考えられていますが、まだ結論はでていません。
 
 Q.検査所見や診断は?
 A.一般血液検査では、白血球は正常から低下(リンパ球は35%で低下)。CRPは軽度上昇。肝障害は35%にみられますが、腎障害はまれです。胸部レントゲン写真では、初期の肺炎など異常を捉えにくく、胸部CTが有用 です。
確定診断には、鼻咽頭ぬぐい液を採取し、PCR検査(ウイルスの遺伝子を調べる。感度70%と高いが検査時間がかかる)や抗原検査(ウイルスの蛋白質を調べる。感度60~70%とやや劣るが検査時間が短い)を行います。
血液でウイルス抗体を調べることにより、ウイルス罹患歴の有無を判定することができます。風疹や麻疹のように罹患により終生免疫が獲得される場合は、多くの人がウイルス抗体を持つことで今後の流行を抑制することが期待できます。しかし新型コロナウイルスに関しては、できた抗体がどれだけ長期にウイルス再感染予防に役立つかは、今のところ不明です。

 Q.治療は?
 A.今のところ確立した有効な治療法はありません。軽症者は、普通の感冒と同じように対症療法になります。現在、抗ウイルス薬のレムデシビルが日本でも治療薬として認可されました。その他ファビピラビル(アビガン)、ロピナビル、ステロイドのシクレソニド(オルベスコ)、蛋白分解酵素阻害薬のナファモスタット(フサン)などが治療薬として研究されています。

 Q.予防は?
 A.石鹸による手洗いアルコールでの手指衛生により、ウイルスは不活化します。また顔を極力触らないことも重要です。環境面の消毒としては次亜塩素酸ナトリウム0.05~0.1%(500~1000ppm)が有効です。
無症状(あるいは潜伏期)でもウイルスに感染していれば他人への感染力があるため、マスク着用は有用です(感染防御にはN95マスクが必要)。3密(密接、密集、密閉)を避ける社会的距離をあけることも必要でしょう。
免疫力を上げるには、前報で紹介した食事、十分な睡眠(休息)、適度な運動を心がけてください(感染防御に有用なサプリもご紹介しております)。
ワクチン接種による感染予防も期待され開発がすすんでいます。しかし、ワクチン接種後にウイルスに自然感染すると通常よりもかえってウイルスを取り込みやすくなる「抗体依存性感染増強」という現象も知られており懸念材料になっています。  

   参考文献:日経BP『日経メディカル4月号 新型コロナ 感染爆発に挑む』
コメント

新型コロナウイルス対策 分子栄養学的アプローチ

2020-04-06 18:17:37 | 健康・病気
 新型コロナウイルス感染が世界的に流行しています。日本でも連日感染者の増加が報道され、いつ終息するのか不安に過ごしておられることと思います。
特効薬がない現況では、感染予防がなにより重要です。対策として、マスク着用、うがい、手洗いに加えて、三密(密閉、密集、密接)を避ける生活などが薦められています。
 今回は、分子栄養学的アプローチから感染予防を考えてみます。

 ウイルスや細菌などの病原体が感染するためには、体内に①侵入②定着そして③増殖することが必要です。それに対抗して、体には種々の免疫機構が備わっています。

 まずは、のどや鼻腔の粘膜から分泌され、病原体の侵入を防ぎ体内に入る前に体から排出する役割をになう粘液です。粘液には、ムチンや抗菌タンパク(カセリシジン、ディフェンシン)、IgA抗体などが含まれています。ムチンや抗菌タンパクの産生に必要なのが、十分な水分硫黄を含むアミノ酸ビタミンDです。IgA抗体は主に腸管のリンパ節で産生されます。IgA分泌細胞を活性化するには、ビタミンA(レチノール)、グルタミン亜鉛が重要です。
 粘膜の強化と免疫細胞活性化に必須のアミノ酸がグルタミンです。グルタミンは、各種ストレスに応じて筋肉から取り出されますが、感染のストレス下では不足する可能性があり積極的に摂る必要があります。

 病原体が侵入してから重要なのが、免疫細胞(好中球、リンパ球、貪食細胞など)の賦活化です。ビタミンCは、免疫細胞産生増加、好中球の機能アップ、抗ウイルス作用を有するインターフェロン産生、殺菌作用のある活性酸素や次亜塩素酸から細胞を守る、など様々な作用を有しています。前述のビタミンDは、インターフェロン分泌を促進しウイルス消失率を高め、この場面でも活躍します。
 天然抗生剤様物質として注目されているものとして、オリーブ葉から抽出したオーレユーロペンがあります。これは、直接的あるいは好中球を介して間接的に病原体殺菌作用がありますが、ヒト細胞にはダメージを与えない、腸内細菌を乱さないなど安全性もある優れものです。その他、糖タンパクの一種であるラクトフェリン、様々なフラボノイドを含むハーブなども抗菌作用が認められています。

 病原体の定着・増殖を抑えるために炎症が起こりますが、過剰な炎症は病態を悪化させます。過剰な炎症を抑える役割をするのがオメガ3脂肪酸(EPA,DHA)です。これらは、炎症メディエーター(ロイコトリエン、プロスタグランディンなど)を抑えるだけでなく、抗炎症メディエーター(レゾルビン、プロテクチンなど)の材料となり直接的に炎症を抑える働きをします。
 さらにミネラルの中でも、マグネシウムは、各種タンパク代謝に欠かせないだけでなく、抗炎症作用も指摘されています。セレンは、抗酸化物質の構成成分として知られていますが、ビタミンC再生にも関与しています。

 一方、腸内細菌も免疫機能を高めるのに重要です。腸内環境を改善し善玉腸内細菌を増やす食品として、水溶性食物繊維(海藻、熟した果物、イモ類)、プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌)、発酵食品(味噌、納豆、漬物)などが知られています。

 これらの栄養素を積極的に摂取するとともに、あわせて十分な睡眠、適度な運動、ストレス管理に気をつけて総合的に免疫力を高めることが、新型コロナウイルスから身を守ることにつながります。皆でこの難局を乗り切りましょう。

 最後に上記の栄養素を含む代表的な食品を列挙しておきます。ただ、食品からでは十分量の摂取することができない場合もあります。その際には、適宜サプリメントを利用されるのも効果的です。

タンパク質(アミノ酸): 卵、肉、魚、豆類
ビタミンC: イチゴ、キウイ、柑橘類、緑色野菜
ビタミンD: 魚の内臓、レバー
ビタミンA: レバー、卵、ニンジン、ウナギ、タラ肝油、バター
亜鉛: 牡蠣、牛肉、レバー
ラクトフェリン: 牛乳
オメガ3脂肪酸: 青魚、亜麻仁油、えごま油
マグネシウム: 海藻、ナッツ、魚貝類、バナナ
セレン: かつお節、バター、ナッツ (ただし摂り過ぎもよくない)




参考文献:「新型コロナウイルス対策 感染防御と栄養の関係」 溝口徹 アドバンスセミナー特別講義       
     「分子栄養学のすすめ」 三石巌 阿部出版
     「新型コロナ対策(オーソモレキュラ医学会の報道関係者向け説明会より)」 松本明子 
      HP: 内科医が教える「遺伝子から体を変える」DNA健康法

コメント