心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「愛おしき隣人」

2008-11-18 | 映画「あ」行
北欧のとある町。そこに住む人たちは普通なのにちょっとヘン。ロックスターとの結婚を夢見る
少女、世界で一番ツイていないと嘆く夫婦、誰からも愛された事のない男、「誰も私を理解
してくれない」と泣き叫び歌いだす女、困窮した家計を静かに嘆く精神科医など。みんな一生懸命
生きているけど、やっぱりツイていない。そんな人たちが一日の終わりに集うバーがあり・・。


めちゃくちゃ寝不足の日に見ちゃったもんだから、す・睡魔が(^^;;)
結局寝ちゃったので(^^;;) 次の日、しっかり寝てから再見^^
独特のユーモアがあったし、それぞれのエピソードはそれなりに
面白いんだけど、繋がりがほとんどなくて、この世界にノリきれなかったかな~。

どっかで繋がるんだろうって思って見ていた私。でも、確かに
みんな一日の終わりに集うバーがあったんですが、
人と人との繋がりは結局ほぼなし。
そこでのラストオーダーがかかると、バーテンダーが
“明日があるから”と言う。明日がある・・この映画に出てくる
他の人も言ってたし、なかなかいい言葉ではありました、特に
個々に出てくる人たちにとっては必要、と思われるような。

出演してくる人たち、みんなどっか変。
そして夢と現実が絡み合った映像。面白くもあったけど
私にはちょっと叙情的過ぎたかな~。
それでも、それぞれの人たちに、なんとはなしに愛着というか
哀愁とか感じたりもしました。

中でも、ロックスターとの結婚を夢見る少女の物語は一番良かったですし
印象に残りました。ロックスター、ミッケがなかなかかっこよく見えたし
ギターもなかなか情緒的で良かったですしね。
それに彼らが(夢の中だけど)結婚生活を始めたばかりと思われる
アパート(ビル?)が移動して行くシーンも斬新で、
ぼ~っと見とれてしまいた。それに彼女の彼への思いが感じられる
素敵なシーンに、ジーン・・。ここだけはすごく感情移入して見ちゃった^^
唯一悲劇(?)ではなかったですし。

夢のパートでは、上記の少女のだけではなくて、
ある罪(?)を犯してしまって裁判にかけられて・・と言うエピソードも
印象に残ってますし、歌っちゃうおばさんも人生を卑下してるんだけど
なかなかユニークで面白かったです。

それ以外にも場面場面ではふと笑ってしまうところもありましたし
ドラマ的映画ではめったにない、すっごい土砂降り、すっごい雷雨という
天候も珍しかったかな~。最初のころの“おじいさんと犬”のシーンを見て
お、これはカウリスマキ風かな?と期待したんですが、違ってました~。
とにかくこの映画を理解しようと思って見るのは間違ってるんだな、と思ったし
“感じる”作品だったんでしょうね。

それぞれのカット、シーンなどにすごく拘りを感じた
絵にもなる映画だったですけど、どこか単調だったので
こういう映画は眠いときに見てはいけない、とつくづく思いました(^^;;)

このロイ・アンダーソン監督の作品はこれが初めてだったんですが
特典映像に予告が入ってた「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」は
ちょっとそそられました。1970年の映画とのことでしたが、
DVD化されたようなので見てみようかな~。

個人的お気に入り度2.5/5

愛おしき隣人

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« Good Girls - Bad Girls(グッ... | トップ | 「イースタン・プロミス」 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ~これね (ちゃぴちゃぴ)
2008-11-18 19:43:18
予告も観たことあるし、借りようかどうしようかと、悩んだのよ。
結局、ミルコとかこの道~とか借りちゃったけど。
もう少し後でもよさそうね。
ちゃぴちゃぴさんへ♪ (メル)
2008-11-19 08:40:23
好きな人はすごく好きだと思われる映画でしたし
私ももちっと体調が万全だったら(寝不足じゃなかったら(^^ゞ)しっかり見れたと思うんですが
一つ一つのエピソードに繋がりがいつかあるんだろう、っていう風に見てたのが間違っていたようで(^^;;)
期待ほどではなかったか?!という気がしちゃいました(^^ゞ
でも、一つ一つは面白いものもあったんですけどね。
微妙・・でした(^^ゞ
不思議でしたね~ (はるはる)
2008-11-20 12:48:21
予告編では、ストーリーらしきものがある映画に思えましたが、全く(と言い切っていいるかな?)ストーリーらしいストーリーがなかったし、登場人物たちも繋がっているのかバラバラなのかよく判らない構成で、今年一番の不思議な映画でした(笑)。
でも、メルさんが書いてらっしゃるように、映像の構図や色調、音楽等にすごーくこだわりを感じたし、私好みの映像ではあったので、そこそこ楽しめましたけど。これってストーリー展開を楽しむよりも、感性で観る作品なんだろうなぁと思いました。

それにしても最近眠いです。なかなか映画を観る時間を確保するのが難しい‥。
はるはるさんへ♪ (メル)
2008-11-20 19:45:59
そうですよね~、予告編ではなにやらストーリーがありそうでしたよね。
でも実際はほとんどなかったような?!(^^;;)
そうそう、それに登場人物たちも、もっとどっかで
繋がってくるもんとばっかり思って見てたんですが
あのミッケと彼女のウエディングのときには、みんな
あのプラットホーム(??)にいたのかな~?
ほんと不思議~~~な映画でしたよね(^^ゞ

映像はおっしゃる通り、なかなか良かったですよね。
色の感じも好みだったし。
音楽も拘りを感じました。
でも、やっぱり単調だったかな~?(^^;;)

>これってストーリー展開を楽しむよりも、感性で観る作品なんだろうなぁと思いました。

ですね^^
それを楽しめないと駄目だったんだろうなぁ、って思います。

>それにしても最近眠いです。なかなか映画を観る時間を確保するのが難しい‥。

私も~!
眠すぎる(^^;;)
年末が近づき、気ばっかり焦ってるんですが
なにもはかどらず。気づかれしてます?!(笑)

コメントを投稿

映画「あ」行」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

愛おしき隣人/ジェシカ・ルンドベリ (カノンな日々)
スウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督の作品。と、言われても「それって誰?」状態なんですが、予告編を観てビビッときたのとスウェーデン映画というところにちょっと惹かれたのでした。別にスウェーデン映画に詳しいわけでもいっぱい観ているわけでもないんだけど、...
愛おしき隣人 You The Living (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。スウェーデンのロイ・アンダーソン監督、ジェシカ・ランバーグ、エリザベート・ヘランダー、ビヨルン・イングランド。北欧のとある町と言っても、実質ストックホルムだろう。北欧版“壊れた”人々の住む町に何かが襲う。
愛おしき隣人 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今日もついてないことばかり、でも明日はきっとしあわせ。 人間はちっぽけで情けなくて、でもこんなにも愛おしい!__。 北欧のとある町。そこに住む人たちは普通なのにちょっとヘン。 ロックスターとの結婚を夢見る少女、世界で一番ツイていないと嘆く夫婦、誰から...
愛おしき隣人 (ひめの映画おぼえがき)
愛おしき隣人 監督:ロイ・アンダーソン 出演:ジェシカ・ルンドベリ、エリック・ベックマン、エリザベート・ヘランダー、ビヨルン・エング...
(改訂版)大学生もわかっていない中学英語 日英比較「英語のしくみ」入門 日本語がわかれば、英語はわかる (これいかが)
中学英語は英語の基本なのに、なぜか、英語専攻の大学生もわかっていない・・・・・・・・・・その不思議"I go to school."を「私は学校へ行きます」と訳していませんか?英語専攻の大学生でもほとんど全員が平気でそう訳しています。たとえば、「私には母がい...
愛おしき隣人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今日もついてないことばかり, でも明日はきっとしあわせ.』  コチラの「愛おしき隣人」は、カンヌ国際広告祭で8度もグランプリに輝くスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督が、手掛けた4作目の長編映画で、スウェーデンのアカデミー賞ではグランプリ&監督...
愛おしき隣人 (レンタルで映画)
 DVDにて「愛おしき隣人」という映画を観ました。これはスウェーデンのロイ・アンダーソンという監督さん(世界的にも著名な方だそうです・・)の作品。まさに北欧といった景観がいっぱいな映画・・・いえいえ、それ以上に異質な雰囲気を持った映画でしたよ。これは好み...
愛おしき隣人 (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 スウェーデン, フランス, デンマーク, ドイツ, ノルウェー, 日本 洋画 ドラマ コメディ 作品のイメージ:笑える、ほのぼの 出演:ジェシカ・ルンドベリ 、エリック・ベックマン、エリザベート・ヘランダー、ビヨルン・エングルンド 北欧のとある町の人々の日常...