幕張でポタリング日記

自転車趣味や好きなアニメやら思いついたことをチラホラかきちらしています

両国の自転車

2018-04-24 09:35:41 | 日記
千葉県内を走るJR東日本のBBBASE。



専用ラックを装備していて自転車をバラさないでもそのまま乗車できるというサイクリング専用の列車です。

乗ってみたいという思いはあるのですが房総を走るためにはまず出発地となるここ両国駅まで自宅幕張から自走で戻らなければならないのでどうもその気にはなりません。

幕張から両国なんてずっと車がバンバン走る国道という走って楽しいところではありませんからね。

このBBBASEが津田沼、千葉にも停車するということを聞いたときには喜んだのですがそれも一瞬でどうやらこの途中駅で乗車する際には自転車を分解して輪行バッグに入れなければならないとのころ。

普通に改札口を抜けて普通に階段やエスカレーターでホームに行かなければなりませんからね。

もっと流石に都内~千葉間は無理でしょうがそこから先の房総区間ではもっと気軽に利用できるサイクルトレインが走らせてくれれば良いのですがどうも日本の駅構造は大抵の場合それを拒みます。

サイクルトレインが日常的なヨーロッパの鉄道駅はもともと馬車から車両に直接乗り付けることを前提とした作りになっていますからね。

だから今でも長距離列車のホームは低く車両にステップが装備されているところが多いのですね。

日本の都市部でそれが考えられている駅は横須賀駅くらいでしょうか。

海軍の要衝として作られた駅なので物資搬入を考え、階段等の段差がひとつもなくホームから駅外の道路まですぐという特徴があるのでここならばサイクルトレインも走らせ易そうですが。

ならばこのBBBASEの起点である両国駅はどうなっているのか気になり先日この駅で降りた際に確かめてみました。



改札口を出て国技館方向に歩けば路面にこんな表示がありました。



この坂道を上がれば直接ホームに行けるようですね。



改札口は使わずここで改札をするようですね。

もともとこの駅は千葉方面への新聞輸送を担う荷物列車クモユニ74形の4連が起点としていましたからこうなっているのかもしれません。

さすがにこんな構造の駅はそうそう無いのでBBBASEを途中駅でも自転車をそのままで利用するのは難しそうです。




で、その受付となるB.B.BASEバイシクルステーションなる施設があったのですが、



なるほどなるほど。

BBBASE用に用意されているのですが別に乗車せず東京をサイクリングする目的でも利用できるみたいです。

不忍池、神田明神さん、昌平橋や須田町、池田坂を下って丸の内行幸通りなど自転車でμ’sの聖地を巡りたいという思いは常にあるのですがやはり幕張から東京までつまらない行程を走らなければならないという点に尻込みしてしまい未だ実現せずです。

以前東京まで何度かは走ったことはあるのですがその頃はラブライブ!ナニソレ?だったものですから。

千代田区港区文京区江東区が始めている電動自転車レンタルはその場のスマホ受付で借りられてステーションポイントであればどこでも乗り捨てられる便利さはあるのですがやはりサイクリング的な充実感はなさそう気がしますし。

でもこれならば。

前に回ってみると



SCOTTにCannondaleのバイクが用意されていますよ。



シクロはSpecializedですね。

もちろん自分の愛車であるBianchi KUMAで回れればそれが良いのに決まっていますがここでロードバイクデビューしてみるのも楽しそう。

近い内に……本格的な暑さや梅雨時期になる前に実行してみよう。

でもまずはシクロでお試ししたほうがいい?

なにせロードバイクって幕張メッセでの自転車イベントサイクルモードでの試乗でしか乗ったことがないのでそもそも細いタイヤってのすら慣れいないので……




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

両国の甘酒

2018-04-21 21:30:33 | 日記
甘酒、特に冷やし甘酒が好きです。

以前は甘酒を冷やして飲むと家族たちにヘンな目で見られていましたが昨今は冷やし甘酒として売られる商品も多くやっと市民権を得た思いです。

なにやら「夏バテに良い」などの謳い文句で新商品も続々と出ているようですがそりゃ甘酒は歴史のある甘味だし昔はいろいろなかったのだから理想的な栄養補給源として重宝したかもしれませんが様々な食品がある現在はそんなになの?と疑問さえ持ち、飲料メーカーが仕組んだブームとしか感じないのですが……

まぁとは言っても昔ばあちゃんちで飲んでいたお手製甘酒以来わりと本気で冷やし甘酒道を追求してるのですが昨日ふいに両国の甘酒のことを思い出して立ち寄ってみました。



「両国縁処(えんどころ)」さんです。

忠臣蔵の舞台となった吉良邸跡にひっそりと建つなかなか惹かれるロケーションです。

注文するのはもちろん冷やし甘酒。



結構量が多くて嬉しい。

甘さは控えめ。

でも舌休めの佃煮を食べてからまた甘酒を飲むとその甘さは一変します。

これは面白い変化。

でもだからといって甘すぎないところがまた良い。

もともとこちらは佃煮屋さんでむしろこちらが主力商品なのかもしれないけれど。

さじが付いているので氷で堰き止められるどろっとした半固形となっているところまで飲み干せて満足です。

ごちそうさまでした。



ついでですからすぐ隣の吉良邸跡も覗いてみましょう。



結構立ち寄る方も多いのだなと思ったら4/21は浅野内匠頭が切腹した日だそうです。

ベンチに座っていた初老の方が教えてくれました。

ぼくは忠臣蔵にそんなには思い入れがあるわけでもないのですが史実としての赤穂事件の戦術はなかなか興味があるところです。

鎹を打ち付ける時には大きな音が出てしかも多少なりとも時間がかかるのになぜ長屋内にいた家臣たちはすぐに反応しなかったか……とかそんな話ですね。

最新研究で判明したことなどが時折テレビで特集されると必ず見てしまいます。



討ち取った吉良上野助の首を洗った井戸だそうです。

やっぱり覗き込みたくなりますよね。

マンホールの工事やエスカレーターの整備なんかでも……



思ったより浅かった。

まぁこれが深いと危険だから姫路城の井戸みたいに網が被されているか。



この場所はとても小さいのですが実際の吉良邸はものすごく大きくここの86倍あったとのこと。



このあたりのマンション住民は吉良邸跡に住んでいるって言えてカッコいいな。






にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好き好き

2018-04-15 10:01:04 | 日記


あー! もう好き好き好き好き好きすぎる!!

昨日このMVが公開されてから何度繰り返し再生したことか。

暑くなるのはイヤだけど早く5月16日こないかなー




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコンと笑った君の微笑みキャノン砲

2018-04-13 23:12:46 | 日記


おおっ!



ふあーっ!



ひゃーっ!



おおおーっ……

NihonとかNitonじゃなくてNikonって書いてあるしD7200のロゴデザインも実機通りだ。

そして、



Panasonicのミラーレス機LUMIX GF7!



こちらはピンクのGF7。

放送前まではまったくチェックしていなかったアニメ「多田くんは恋をしない」ですが始まってみると銀座の見慣れた町並みが描写されていたためにすぐさま1時間後に始まるBS11での放送で録画しました。



大抵こういったアニメへの協力会社は1社で登場するメーカーは統一されてしまうものなのにこうしてCanon、SONY、Nikon、Panasonicと4社がクレジットされており、しかもレンズのTAMRONや三脚のSLIKってところにこだわりが感じます。

まぁ人によってはPENTAXこそ至高!とかMINOLTAフォーエバーだとかOM-D! OM-D!って人もいるのでしょうがこの協力各社の数はスゴイ。

内容は少し懐かしい感じのラブコメの王道を行く感じみたいだしこれは視聴継続・録画決定です。

ってか写真部物だったんですね。

それすら知らなかった。



でも本音は真姫ちゃんアレクさんに惚れたから……

NHKで始まったMAJOR 2ndもじきに真姫ちゃん道塁ちゃんが出るし今季アニメは豊作だーっ!




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

砕氷艦「しらせ」晴海入港 ”宇宙よりも遠い場所からの帰還”

2018-04-11 17:53:03 | 日記
夜勤明けなので諦めていました。

いつも外来艦などの晴海入港は10時や11時くらいの印象があるのですが今回の「しらせ」は8時30分。

接岸した後でも見に行くか、それとも13時に晴海を離れ大井埠頭で積載コンテナを降ろすため一旦出航するのを見に行くか。

そう考えていたのですが、とある事情により少し早く退社することになりそれが7時。

職場を出た後すぐにスマホアプリのMarineTrafficを見ると一昨日から錨泊していた羽田沖から入港に向けて移動を始めたことがわかりました。

早い。

でも多少の余裕を見て出たのでこれなら用事の前に少し寄れるかもしれない。

目の前で信号待ちをしているタクシーに飛び乗りました。

地下鉄とバスを乗り継いでいてはとてもじゃないけれど間に合わない。

少しお金がかかってもせっかくのしらせ帰国を見れるチャンスは逃したくない。

しかもその所用と方向が同じというのも僥倖と言えるかもしれない。

晴海埠頭客船ターミナルに着きいつもの見物場所に上がる階段がまだ閉鎖されているなどで右往左往しながら正面大階段を息を切らせながら上がってみると……
(昨日具合が悪かったことを忘れてた…… ヤバイですね☆)



丁度レインボーブリッジの向こうに姿を見せ始めたところでした。

ギリギリじゃん!



海上自衛隊の砕氷艦AGB5003「しらせ」が遠く南極の地より帰還しました。



レインボーブリッジをくぐるあたりでタグボート2隻が取り付きまるでお姫様の手を取り、そしてドレスの裾を持ちエスコートしているみたいに見えて軽く死ねますね。



舫いを受け取る自衛官の方もじっとその接岸の時を待っています。



ブリッジ横で測距儀を使っていることが分かるまでに近づいてきました。

天気が悪く少し靄もかかっているのですがこの距離ならばこの独特のカラーリングもはっきりと見えますね。



望遠レンズでは入り切らない距離にまでなったので急いでレンズ交換です。



もうここまで来れば長い間留守を預かることとなった家族もあれがパパだと分かるんだろうなと思うとそれだけでジンとしちゃいます。



ラミングの傷痕が生々しい。

氷海を割って進む際に一旦300m程を後退して勢い良くダッシュし氷に乗り上げ自重でへし割るラミング。

この塗装のハゲが壮絶な場所からの帰還を示しています。



2隻のタグの連携でクルリと回頭。



正面ドーン! いただきました!



いつもの晴海入港ならば逆光がきついのですが今日は曇っているのでその心配はありませんね。

まぁとは言っても晴れの日の日本帰国としてあげたかった気はしますが。



艦首だけでなく側面も、



艦尾に至るまでラミングの跡が激しい。

2014年にはなんと約5400回のラミング行った記録がありますが今回の派遣での往路は27回とのこと。

まだ復路の回数情報は見当たらないのですが今回の航海では比較的氷は薄かったのでしょうがそれでもこの傷痕を見るとその激しさに驚くばかりです。



投げれたラインが



岸壁で待つ隊員に渡り、



舫いが繰り出されてきました。



今5カ月以上に渡る長い任務を終了し”宇宙よりも遠い場所”南極から帰還したしらせががっちりと日本のその地と繋がりました。

おかえりー!! しらせ! 乗組員の皆さんお疲れ様でした!



音楽隊の演奏もその帰還を喜んでいます。



タグボートさんもご苦労様でしたー



タラップも下ろされ、



客船ターミナルならではのボーディングブリッジも接続されました。



艦載ヘリCH101は入港前に岩国基地に帰ってしまうのかと思っていたのですがこうして載っけたままなんですね。

まぁヘリを運用していた南極を離れてから日にちが経っているので航海中にまた整備をするっていうのも大変か。



戦闘艦では無くともこのフネが海上自衛隊籍であることを示す自衛艦旗。

強い風で元気に靡いていてもカメラを向けるとすっと旗がしぼんでしまうのは艦艇写真あるあるです。

またこうして開いてくれるのをけっこう待ちました。



幅が広く高さもある為にかなりの存在感があるしらせですが全長は案外短い。



ブリッジがここまで長い艦艇はほかでは見れませんね。



古くなり引退した雪上車とかは積まれているのかな?



こんな赤色を挿せばプラモも精密感がマシマシになってカッコよく見えるんだよね。



こうして細部に至るまで写真を撮れば撮るほど理想が高くなりプラモの完成が遠ざかるのはわかってはいるのですけれどもね。



おフネ好きというだけでなく今回の帰港ではこんな表示でさえも愛おしい。

アニメ「宇宙よりも遠い場所」が放送されましたからね。

このアニメには毎回泣かされました。



儀仗隊のみなさんが準備を始めました。



偉い人の車だ!



将官を迎えマジメな面持ちの若い隊員さんも先ほどまでは実ににこやかでやはり半年近くぶりの日本帰還は嬉しさもひとしおなのでしょう。



”偉い人”の背中を見つつも「あそこきまりたち4人が暴風圏突破の時ハッチを開けて荒れ狂う夜の海を見た場所じゃない?」とどうしてもアニメとのリンクを想像してしまいます。

あれは表現として素敵なシーンでしたが実際にあんなことやったらヤバイですね☆



ターミナル内では帰還式典が始まりました。

やはり軍艦行進曲はカッコよい。

過去に戻れるならこの名曲をパチンコ屋のテーマとして使い始めたヤツをぶん殴りたい!とはいつも思うことです。



式典中に子どものパパーって声が聞こえて涙がぼわっと溢れてきてしまいました。

ああ、娘を持つ親としてはこういったことには弱いんだよー。

長い航海お疲れ様でした。

国防の任ではなくともこうした科学研究の支えとなり日本の力を示してくれるあなた方を誇りに思います。

本当にいつもありがとうございます。



南極へと出発する直前のしらせ接近遭遇では寸前のところでスッとかわされフラレてしまったぼくですがやっと思いを果たせました。

南極へと向かうしらせに接近?を記したブログ回



カッコよさに昂ぶり、そして感動して涙も出して用事の時間まで差し迫ってきたので急いでこの場を離れます。



おっとその前に「KiRa-KiRa Sensation!」~「ぼくらはいまのなかで」を歌わなきゃ!!(もうそれはいいって!)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悩み苦しみ

2018-04-09 08:57:18 | 日記
朝起きたら汗をびっしょりかいていた。

多分夢の中で苦しんでいたのかも知れない。

覚えてないけれど。

イベ被り……

そんなこと自分には無縁だと思っていたよ。

推しが多いと大変だねーと知り合いのツイートを見ていても当然他人事でしかなかった。

まさかそれが自分もそれで苦しむことになるなんて……


昨日新田恵海さんの響配信番組公開録音がありました。

μ’sで一緒だった徳井青空さんをゲストに迎え楽しい2時間でした。

そして告知として今年メインとなるフルライブ日程がついに発表。

大阪堂島リバーフォーラムでの2日間と東京NHKホール1日の計3日間。

昨年の中野サンプラザ2daysよりも1日多い発表に大歓声と割れんばかりの拍手。

そして日程を見るや大歓声の中からおおおおっっっーーーぉぉ???っと微妙に変化していく多くの声が。



新田恵海さんは今ではいくつかのミュージカルや音楽イベントに出演するなど幅広い活動をしてはいるのですがやはりラブライブ!/μ’sとして大人気を博したのですからいまでも多くのラブライバーに支えられているのは間違いないでしょう。

μ’sが一旦その活動に区切りをつけて新たなコンテンツ展開として始まったラブライブ!サンシャイン!!/Aqoursを引き続き追っかけている人も数多くいるはずで、ぼくもそのひとりです。


大阪ライブの日程が6月の9、10日。

それはAqoursの埼玉西武(メットライフ)ドームでのライブともろ被りなんです。

運営側もそんなことは重々承知しているでしょう。

ファンの為……とういうよりそれはもろに売上に直結してしまうのですから直系コンテンツであるAqoursのスケジュールやμ’sメンバー個人の活動スケジュールも当然無視できるものではないでしょう。

それでも全国といっても集客が望める都市部での2000人以上クラスのライブイベント会場は限りあり週末となればどこもスケジュールがいっぱいです。

だからこの日程でしか確保できなかったのかもしれません。

ニューアルバムを引っさげての同タイトルを冠したライブの旬というのもあります。

そんな6月9、10日という日程。

ぼくはその初日9日のAqoursライブチケットが運良く取ることができていました。

BD特典先行申し込みだったのでけっこう良席が期待できます。

でも今ではその運の良さが幸せなのかどうなのか……

いや、でも心の中では決まっているんです。

Aqoursよりもえみつんだと。

でも……

もうチケット代のカード引き落としは終わっているしなー

ラブライブ!ブレード!などライブグッズも買っちゃったし……

悩む!

本当に悩んだ!

苦しんだ!

うなされた(多分)!

そして一応の決断をした。


Aqoursはその活動に限りがあるのは確実です。

ラブライブ!サンシャイン!!というコンテンツである以上、そしてμ’sよりも更にアニメありきであったからにはこの先そんなに時間はかからずにファイナルを迎えるはずです。

そしてその展開のスピード以上にぼく自身が抱える加齢ということもあります。

この夏のライブに行ってその次も行きたいかどうかは今はまだわかりません。

もちろんラブライブ!というコンテンツから離れるというのは考えられませんがライブに参加するというのはとてつもないエネルギーやモチベーションが必要となるのですから。

でも、きっとえみつんのライブならこの先もずっと参加し続けることでしょう。

彼女が家庭を持ち子を産み時間が空いたとしても、苦しかった時期に歌はどんなことがあっても捨てない宣言してくれたのですから活動はやめることはないと信じています。

当然今の人気を維持できなくなり大規模なライブイベントもやらないにしても、彼女が音楽が好きでありそれを通じてつながったバンドメンバーがいる限りは小さなライブハウスなんかであっても続けてくれるはずです。

ならば、今はAqoursのライブを目と耳と全身に焼きつけておこう。

そう決断しました。

Aqoursのライブが終わるとすぐに帰宅し翌日早朝大阪に向かう。

妻に相談すると少し呆れながらも一応は許してくれました。


まだモヤモヤは抱えているし、本当にこれで良いんだろうか?とも思わないわけではありません。

でもそう決断しました。

どっちを選んでも闇は抱えそうだけど……




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショカコーラ

2018-04-07 17:01:09 | 日記
AEONモールに入っている輸入食品のお店「カルディ」で妻がコーヒーやらを買い物している際に店内に並ぶ変わった商品をぼけらーと眺めていると「ショカコーラ」が売られているのを見つけました。



缶がかわいい。

開ける時に指を掛けるところが凹ませてあるのもかわいい。

でも見た目は可愛くても味わいはかなりビターです。

それもそのはずカフェイン含有量が普通のチョコよりも多く、6粒でレッドブル1缶と同量のカフェイン摂取となり、第二次世界大戦時にはドイツ軍の携行食糧として採用されていました。

ネットで見てみると……

なにやらレッドブルの2.5倍!とかって書かれたものが多く見受けられますが、レッドブルは1缶一気に飲んじゃうけどこのチョコを1缶16粒いっぺんに食べる人っていないんじゃ……



まぁそれはさておきドイツ軍のレーションとなればこうして写真を撮りたくなるのはオタなので仕方ないよね?

ショカコーラと言っても飲み物のコーラの味がするわけではありません。





これはパンチコーラ。

これも好き。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お花見河川クルーズ

2018-04-02 21:10:21 | 日記
ここ南関東ではあっという間に咲き、そしてあっという間に散った今年の桜。

日曜日にはもう緑色に。

そんな最後のチャンスだった金曜にお花見をしてきました。



場所はお江戸日本橋。



あの船に乗ります。

ここ日本橋からあちこちのコースに向かう遊覧船が発着しているのですがその中から「神田川巡りとお花見クルーズ」コースを予約しました。

時間にして100分。

この日本橋クルーズでは最長です。

まぁ小さな船であるけれど階下船内に水洗トイレも備えてあるというし大丈夫でしょう。

小さなカタマランシップだよ! 曜ちゃん!



乗り込むとこんなに視点が低い。


お花見シーズンで満席の船はほどなくして出航。

まず目の前の日本橋をくぐります。



関東大震災の際に燃え盛る船が逸走してしまい衝突した跡だそうです。



日本橋に覆いかぶさっている首都高速道路を醜悪と評されることは多いですがぼくはけっこうこの光景好き。

あのランプは首都高を走っていても一瞬見えますね。



常盤橋はゴジラ凍結のヤシオリ作戦時にダメージを食らったので修復中です。



新たに作り変えるのではなくこうして外した石で組み直すのだそう。



神田橋!

雪の中ラブライブ!東京大会決勝会場に急ぐ穂乃果ちゃんたち2年生を絵里ちたちが迎えてくれた感動的な場所ですね。

とーどーけてーせーつーなさーにはー



江戸城の城壁です。

よく見ると施工した各藩の印が彫り込まれています。

ガシガシとただ積み上げた藩もあればきっちりと計算して組んだ藩もあって面白い。



気象庁舎裏の桜の木。



九段下から水道橋に抜けるあたりは日本橋川にそって桜並木となっていました。

花びらが舞い散り春情ロマンチック。



そして神田川に出ます。

あの水道橋分水路の出口気になる暗渠好き。

でも入りたいとはまったく思わない怖がり。



花筏……にも程があるだろってくらいに川面いっぱいに花びらが。



JR水道橋駅から東京ドームに向かう後楽橋は上面はアスファルトが何度も貼り直され歩いていても気付かないけどこうして下からみると太平洋戦争時の機銃掃射跡が無数に残っています。



お茶ノ水分水路。

ここと首都圏外郭放水路、そして銀座線旧新橋駅ホームはしょっちゅうテレビで取り上げられる地下3点セットですね。

そのたびに「謎の地下空間が!?」って大袈裟な演出もういいよ、みんな知ってるから。



川岸は一気に高度が上がっていきます。



本郷台地を掘割した対岸には総武中央線がへばりついている。

大地震時に崩落するのを食い止めるアンカーが何本も打ち込まれているのも見えますね。



花びらの絨毯を割って進み見慣れた風景に。

御茶ノ水駅です。

現在このあたりは耐震設備や駅のバリアフリー化などで大規模改修中。



そしてお花見そっちのけでぼくにとってはこのクルーズのハイライト。



聖橋をくぐりました。



ぼくが日本の橋梁で一番好きな橋です。

この橋も長い間の改修を終え昨年後半にまたこうして美しい姿が戻りました。



そして地下鉄といいながら本郷台地を走っていた東京メトロ丸の内線が神田川を渡るために一瞬だけ顔をだす場所ではちょうど丸ノ内線車両が来ました。



しかも新宿方面、池袋方面と両方も。

ここは神田川クルーズの見どころのひとつなので船の速度を落とし合わせてくれているようです。



手が届きそう。

丸ノ内線は第三軌条給電なので本当に手が届いちゃったらヤバイですね☆



ただ以前描いたこの絵のようなことは出来ないことが今回で分かった。



とても古そうな一角。

帆場暎一が住んでいそうだよ後藤さん。

パトレイバー劇場版ではバビロンプロジェクトの影で開発から取り残された区域との描写でしたが確かに当時の神田川は汚く異臭もありそんな雰囲気もあったのでしょうね。

今では水質も良くなり整備もされ最近建つマンションは逆にこちら側にベランダを設けリバーサイドの眺望を売りにするらしいですよ。



総武線の神田川橋梁カッコイイ。



穂乃果ちゃんたちの通学路である昌平橋。



でも愛おしいあのコたちの姿はなかった……



にこにーが住んでいたマンションもすっかり姿も無くなり駐車場に。



対岸の元交通博物館も今ではマーチエキュートというシャレオツスポットに。



パセラのハニトーも川から見上げるとすごい迫力。



もちろん画像を弄ってこれで映画のとおり。



秋葉原端の万世橋をくぐり。



新幹線も越えると、



隅田川に合流です。



水上バスの「ヒミコ」が走っていますね。



松本零士さんデザインなのは見た目の通り。



水上バスは隅田川を走る船としてはかなりの大型なので曳波に入ると小さなこちらはザブンザブン揺れます。



首都高速の橋梁は多層構造なために橋脚を最上層につなげて中層は上から吊り下げるという特殊な構造。

技術の粋を感じます。



クレージーイワン!

うん、自艦のスクリュー攪拌にかき消されて死角となる後方から敵艦に追尾されていないか時々360度回頭してソナーを向けなきゃね……ってバッフルクリアをしているわけでなく両舷のお客さんにこの絶景を見せるためのサービス。

隅田川はけっこう往来が多い航路なので細心の注意を払いながらの旋回です。



え・い・た・い・ば・し



大島川水門をくぐり大横川に入ると



桜が咲き乱れていました。

お花見コースのクライマックスです。



小さな運河なので橋をくぐるときもこのとおりです。

お花見シーズンで各便満席大繁盛なのに12時のこの便が最終なのは3時間後に満潮となりこれらの橋の下を通行できなくなるから。



川に垂れ下がった桜の木も目の前に。



隙間なく桜の木が並んでいます。



まぁ写真技術はあれですが……



橋の上からも写真を撮っている人多数。

あの船邪魔だな早くどこか行ってくれないかなって思われてるんだろうな。



ここで反転し復路に着きます。



往路よりもさらに水位があがりもうギリギリな感じ。



大島川水門を抜け、



隅田川に戻りました。



川岸の桜は芝の緑と菜の花の黄色とカラフルコラボ。

ここまで見事にタイミングが重なったのは4年ぶりってガイドさんが言ってました。



隅田川を離れ水路に入り、



亀島川水門をくぐると日本橋川に戻ってきました。



箱崎ジャンクションの迫力は圧巻。



東京証券取引所前の桜を愛でて、



日本橋に戻ってきました。



思っていた以上に楽しく見どころの多い100分でした。

これで3000円は高くはない。






にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣いた。

2018-03-28 16:34:44 | 日記
軽い感じの宣伝なのに……

こんなに涙がこぼれてくるなんて。

ラブライブ!Solo Live! collection Memorial BOX Ⅲ リリース記念スペシャルボイスPV


9人再集結!なんて言葉で大袈裟に煽ったりしない。

また帰ってきたよ!なんて特別なことも言わない。

いつもどおりに。

ずっとずっとμ’sはあれからもそしてこれからもこうした時間の流れの中にいる。

ただそれだけで尊い。

ありがとう。

本当にありがとう。


……途中からなんだかカラオケに行こう!キャンペーンみたいになってないか?

まぁ途中から目的を見失って迷走脱線するのもいつものμ’sボイスドラマらしい。

こんなところでも平常運転なのがまた…………良い!




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿駅丸の内線プロムナードでμ’sic forever

2018-03-27 10:10:58 | 日記


この空間に入った瞬間に立ちすくんでしまいました。

もちろんこういった掲示がされていることを知って来たのですがそれでも数秒フリーズしてしまいました。



ここは東京メトロ丸ノ内線新宿駅改札口すぐのプロムナード。

アキバやそういった街ではなく、新宿という一般の方々が多く利用するこの通路にまたμ’sの9人がこうして戻ってきてくれたんです。



明日ラブライブ! / μ’sの新しいCDが発売されるのでその広告が通路いっぱいに掲示されることになりました。

新しいCDといっても過去リリースされた楽曲をそれぞれのソロバージョンとして編集し直した物ではあるのですがその数9人で全288曲1359分!



新曲ではなくそういった企画物ではあるのですがファイナルライブ以降2年ぶりにこうしてμ’sの新アイテムが出るというのが嬉しいんです。



涙無しでは聴けない曲「MOMENT RING」の歌詞の一部。

最初は雑誌での企画の1つとしか始まり1stシングルCDの初動売上はわずか434枚だったのに6年後には紅白歌合戦に出場し、そして東京ドーム2daysを満員にするまでに成長しました。

まさにこの歌の1節がそのすべてが凝縮されているように感じます。



高坂穂乃果ちゃんはμ’sのリーダーとしていつも元気いっぱいな絵が多かったのですがファイナル前後からこうした優しい笑顔を見せるように感じるのは気のせいでしょうか?



南ことりちゃんがいなければきっとμ’s結成は無かった。

ほんわか癒し系なのにその意思の強さは人一倍でそんな表情が見事に表現されていますね。



イヤで仕方なくいつでもやめたいと思っていたのにその生真面目さから気づけば常に真摯にスクールアイドル活動に取り組んでいた園田海未ちゃん。

こうして見せる瞬間の表情は何を思っているのか。



絢瀬絵里ちゃんはやはり生徒会室ですね。

心の葛藤を乗り越えた絵里ちがとても愛おしい。

そしてこの優しい微笑み。

ああ……絵里ち……ぼくを包み込んでそして…(以下自粛)



μ’sを絶えず影日向と見守ってきた東條希ちゃんはやはりこうして壁に寄り添いみんなを見つめている表情が素敵です。

ああ、聖母さま……



矢澤にこちゃん本当に良かったよね。

2年間くさりふてくされながらもしがみついてきたからこそ3年生になってようやく出会うことができた夢へと一緒に歩む仲間たち。

もう涙無しでは彼女を見ることはできません。



一番引っ込み思案な小泉花陽ちゃんもとうとうスクールアイドル部の部長に就任。

でもきっと仲間に助けられ立派にその勤めをはたしているのでしょう。

案外スクールアイドルに関しては譲らない彼女だからけっこう厳しい部長になっていたりして?



凛ちゃんと言えばー?  水道のホースから出てくる水だよーっ!

ぼくはアニメでのボーイッシュ的な立ち位置のキャラにはまったく心が動かないたちでしたが、この星空凛ちゃんに出会ってからはそれも変わりました。

それにそんな少年ぽい凛ちゃんが人一倍女の子らしい内面を秘めているのがこのラブライブ!というコンテンツの魅力のひとつです。



ああああ……真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん……

西木野真姫ちゃんが愛しすぎてそんなうめきのような声を出してしまいます。

学業と部活動の両立は本当に大変だと思うけれどスクールアイドルとしての夢だけだけでなく医者になる夢も叶えてもらいたい。

なんなら神田明神さまでいつもお願いしていることにそれも足そうか?

まぁそんなことをしないでも彼女なら涼しい顔で(そして裏では必死に)成し遂げるんでしょう。


そんな2次元3次元見境ない感情がオーバーフローしてしまうぼくにとってこの空間は楽園でありそして抜け出すことが困難な沼でもありました。

ぼくはこんなにも愛しているコンテンツであってもそれは結局は商品でしかすぎないというのは十分理解しているつもりです。

新しいコンテンツを稼ぎになるラブライブ!タイトルで増やしていくのも企業としては正しい判断だと思うし終わらせたりまた引っ張り出したりというのもそれは戦略のひとつだと納得しています。



でも、この一文はちょっとひっかかりました。

あのファイナルライブで穂乃果ちゃん/新田恵海さんはμ’sは永遠、μ’sic foreverだと言い、またどんなカタチになるかはわかならいけれどまた帰ってくると宣言してくれました。

それはえみつんが勝手に言ってことではなくラブライブ!コンテンツとしての宣言だったはずです。

だからぼくたちの中ではあれからもずっと絶え間なくμ’sはあり続けていたんです。

だからこの「もう一度」なんて言葉いらないんです。

μ’sic foreverなんです!




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに絵を描いた

2018-03-25 10:31:04 | 日記


期待値が日々高止まりな春の新アニメ「ひそねとまそたん」

まだどんな話になるのかわからないし、まそたんのF15J偽装装着時のカタチもイマイチわかっていない。

なのに無謀にも絵を描いてしまいました。

PVでまそたんが水から出てくるシーンがあったのできっと空を飛ぶとすぐに喉が乾いちゃうだろうなーと考え空中給油機のKC767に水タンクを増設して運用しているといったテキトー設定です。

まぁまともに描いたら並み居る絵師のみなさんには到底太刀打ちできないので変化球攻めですわ。


ぼくはこうして描いたイラストはpixivに(まりきちで登録)収納しているのですが常々疑問に思っていたことがありました。

新アニメが始まると一気にファンアートが増えていくわけですが放送開始前に登録してある最初の人はどんなきっかけで描いたのだろうと。

でもまさか自分がこの「ひそねとまそたん」タグでの絵をアップした最初の人になるとは思いもしませんでした。

タグが今までなかったジャンルということは閲覧する人も少ないってことで一向にカウントが上がっていきませんが……

まぁそれも放送が始まれば多くのファンアートがこのタグであげられ賑わってくるでしょう。

キャラが萌え~な感じではないので爆発的にってことにはならないかもしれませんが。


1年以上前にあげたけものフレンズのM561ガマゴート改造ジャパリバス絵での「ガマゴート」タグ。

ぼく以外には「ガマゴート」の絵を上げてくる人はなくいまだにガマゴートタグはぼくひとり。

まぁそりゃそうか。




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これは思っていた以上だ

2018-03-22 22:01:56 | 日記
第1段PVを見た時に感じたもの以上だった今日発表された新PV。

これはもうF15Jイーグルのアニメだ!

TVアニメ『ひそねとまそたん』【HD】4月12日放送


4月から始まる新アニメラインアップの中でも期待値爆上がりなこの作品。

この新PVも既に何度も何度も繰り返し繰り返し見ています。


女の子が戦闘艦艇に乗り込む理由付けで考えられたのが海を守る組織の海洋学校生徒という設定。

女の子が南極に行くために考えられた設定が民間に払い下げられた砕氷艦と基地の運用費用を捻出するためのスポンサー対策。

女の子が宇宙に行く設定は民間ロケット会社が低予算で作ったエンジンでの打ち上げ能力に少しでもマージンを確保するために軽量小柄なパイロットを欲したというのが理由でした。

いずれも現在日本にある機構を元にしてはいるのですがその「女の子」を主人公とするために架空の組織として設定し直しているのが共通点です。

でも、この「ひそねとまそたん」は航空自衛隊。

しかも岐阜基地に実在する航空実験団。

そこに「女の子」をねじ込む設定は「ドラゴンに選ばれたから」

これでパイロットとして、自衛官としての初等訓練をすっとばして初っ端から「空を駆ける女の子」が描けるって寸法ですよ。

そしてこの実在する航空自衛隊という組織である以上高校を卒業したばかりの少女であってもパイロットとして1人で飛行するからには「幹部」です。

だからこのPV中でも整備士の青年が敬語を使っていますね。

彼にとっては入隊したばかりの少女であっても上官なのですから。

そういった現実に存在する組織のリアリティとドラゴンパイロットというファンタジーがどういった塩梅に組み合わさるのかとても楽しみです。

どんどんファンタジー寄りに行き過ぎて「ガサラキ」のようになってしまわないかだけが心配なところではあるのですが。


ところでドラゴン~F15Jイーグルの変形フィギュア……はさすがにムリだろうな。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうツライ

2018-03-20 09:51:19 | 日記
今年の花粉症は激しすぎます。

ここ数年はそこそこだったのですが今年はホント辛いです。

目玉を取り出してジャブジャブ洗いたいとは良く言いますが正にそんな感じです。

プールにあった上向きの蛇口を仕事場のデスクに設置したい。

アーノルド・シュワルツェネッガーさんをタイムマシンで過去に飛ばして針葉樹を大量に植林する施策を始めた人たちをどうにかしてもらうっていうのも手ですね。

なんでも食べれる実がならない針葉樹の大繁殖は森の生き物たちにとっても害でしかないとも聞きました。

しかも期待された木材も安い海外産に押されてまったく振るわない様子。

いつまでも森友問題に時間を割いておらずこの過去の大問題の追求と対策をどうにかして欲しい。

それとも製薬会社や衛生用品メーカーとの癒着でベッタリとか?

ところで眼科にかかると花粉症でも眼圧の検査を毎年毎年するのはなんでなんだろう?

あの空気がプシュッと出てくるの怖くて仕方がないのですが。

いつも目を閉じちゃう。

苦手すぎて青空に気球が浮いている写真を見るだけで緊張しちゃうわ。




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春はお空

2018-03-10 16:13:00 | 日記
まあこれを見てください。


TVアニメ「ひそねとまそたん」公式HPから引用

4月から始まる春アニメの「ひそねとまそたん」新キービジュアルが発表されました。

F15J戦闘機にF2A戦闘機。

そしてC1輸送機とE2C早期警戒機じゃんこれ!

毎期アニメが放映開始となると同時に次の季節に始まるアニメをチェックし始めるのですが最初はこのキャラクタービジュアルからまったくのノーチェックでその紹介記事も流し見程度もしていませんでした。

でもあるときツイッターに流れてきた情報によるとどうやら航空自衛隊が題材のアニメであるとのこと。

確かにもう一度見てみるとパイロットスーツっぽいツナギを着ている。



サイトをチェックしてみると岐阜基地の飛行開発実験団が舞台らしい。

そしてアニメらしい設定としては空自がドラゴンを秘匿していてそのドラゴンライダーとして主人公が選ばれる話みたい。

そしてそのドラゴンが現有機に擬態とある。

???????

空自の保有機に擬態?????

そこが疑問だったのですが今回のこのキービジュアルでわかりました。

これF15やC1が変形するようなプロセスでドラゴンになるんでしょうね。

だからマクロスの可変戦闘機をデザインしている河森正治さんがスタッフとして名を連ねているんだ。

そしてこんなふわっとした絵柄なのにF15J(DJ)の複雑怪奇なノズルがきゅぅっと可動するカットがPVに描かれているスゲー!


自衛隊物アニメが大好物で今期はその枠として「宇宙よりも遠い場所」(作品内設定では砕氷艦しらせが民間に移譲されているけど)を海自物としてみていたのですが来季は空自物が楽しめそうです。

今の段階で見る候補は「銀河英雄伝説 Die Neue These」「MAJOR2」「グラゼニ」「ゴールデンカムイ」「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」「踏切時間」「フルメタル・パニック! Invisible Victory」「Caligula -カリギュラ-」、「ケッケロケー」「黒猫モンロヲ」とそしてこの「ひそねとまそたん」の11本!?

イヤ!ムリムリ……

週に11本はムリムリムリムリ!!!

(自分的に)あまりに豊作すぎるやろー!?




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての献血

2018-03-09 07:49:32 | 日記
ぼくは注射が大キライ。

好きな人はあまりいないのかもしれませんがそのキライのレベルは明らかに大人のそれでは無い。

職場で年に2回ある健康診断での採血も1カ月くらい前から憂鬱で憂鬱で……

幼稚園での集団予防接種(時代ですね)では先生の追撃をかわし園中を逃げ回ること数10分。

まぁこれは記憶として誇張されて残っているだけで実際には数分だったのかもしれませんが。


そんな大の注射キライが夜勤明けにフラっと献血してきました。



東京・有楽町駅前にある献血センターです。

なんとなく……

初めての献血なので献血バスやイベント等での献血テントはイヤだった。

こっちのほうがリラックスできて痛さも減るかな……

もちろんなんとなくですけれど。

きっと戦争映画の見過ぎで「メディーック! メディックはどこだ!」とか「郷里(くに)に帰ったらメアリーに愛してると伝えてくれ……」「嫌だ! 俺はそんなことは御免だ! いいか!? 自分で言うんだ! 生きて帰ってお前の口から言うんだぞ!!」とかそんな野戦病院的な雰囲気をイメージしてしまっているのかも知れない。



でも、噂には聞いていたのですがこうした血液センターってすっごくキレイなオシャレ空間なのですね。

Apple Storeみたいじゃん?

あのー、iPodはもう発売されないんですかね?って訪ねたくなる感じ。

これなら痛くないかも。

初めての献血なので色々と書類を書かされる。

そして意を決してキャンペーンに釣られてきたのですが……と恥ずかしさに負けないで言ってみる。

「はい、わかりました。  献血協力が終わりましたらお渡しいたします」

良かった。

まだ在庫はあるようだ。

献血って1回やったら4週間できなくなっちゃうからここで血を抜かれたのに在庫切れとなってもじゃあ別のところでもう一度やりますってわけにはいかない。

次のチャンスではもうキャンペーンも終わっちゃう。

これで一安心……

でも……やっぱり恐怖でしかない。

自分よく来る気になったよな。

それだけ魅力的なキャンペーンだったというわけで。


血圧計で測った後ロビーでドリンク。

ほえー

種類も豊富で冷熱温含め100種類くらいあるよ。

飲み終わったころに呼ばれれ、まずは血液検査で採血。

初めてなのでこの検査と献血で2回刺される。

…………

痛い……

やっぱどんなにオシャレ空間でもどんなにきれいなお姉さんでも痛いものは痛かった。

♪後悔するね!しちゃうよね!わたし航海!航海!航海中!♪

やっぱり来るんじゃなかったかも……


検査も無事クリアして(刺されたのに今日は出来ませんと言われ献血していないのでグッズもお渡しできませんでは悲しすぎる)

寒いからか手が冷たく血管が浮き出てこずに温パッドを着けられロビーで温かい飲み物を飲んできてくださいって言われる。

緊張で汗がでてきそうなのにこれ以上温めたらなおさら汗が……とも思うけれども致し方がない。

飲み終わり戻ってみると空いているからかすぐに呼ばれた。

まだ心の準備が……

テレビがセットされた座り心地の良い椅子?ベッド?に寝かされもう逃げられない状況に。

ご気分が悪くなられましたらいつでも中止できますって言われたけれど「怖いからやめます」とはさすがに言えない。

それにこういう椅子って、歯医者のもそうだけれどもちょっとコクピット感があってオトコ心はくすぐられワクワクするのも確か。

こちらでのお姉さんもキレイだし。

……

でもやはり痛いものは痛かった……

恐る恐る腕を見てみると(注射の時は思い切り顔をそむけ目を瞑る派)

ひょえー

なんかどす黒い液体が出ていってるーっ

でもまぁ痛みはもう無いわ。

400cc全血献血なので15分かからないくらいで終了。

はぁ……緊張した。

ロビーで飲み物を2杯以上は飲んで最低でも20分休憩するように言われる。

やたらと飲み物を飲まされるね。

なんでも一気に400ccの血液を抜いたので脱水症状になる危険があるとのこと。

これ、献血協力者を釣るためのサービスだと思っていたんだけれど意味があったんだね。

まぁ深夜からの勤務であとは帰って寝るだけなのでゆっくりさせてもらう。



アイスやチョコやクッキーにおせんべいと食べるものはいくらでもある。

…………

そう!

こんなに注射キライなのに献血協力に来た理由はこれ!!



ラブライブ!サンシャイン!!の献血キャンペーン用新規描き下ろしイラストを使ったクリアファイルが貰えるのです。

いままでもこうしたアニメ等を使ったキャンペーンはあったのですがやはり大の注射キライにとっては恐怖しかありませんでした。

でも今回のこのAqours9人の微笑みには負けてしまいました。

「献血は、愛のアクション!」=「LOVE in Action」のキャンペーン名そのままにいつもの元気いっぱいな雰囲気を封じなんとも慈愛に満ちた表情。

はっきりかっちりした絵柄ではなく水彩画タッチな柔らかな画も珍しい。

アニメ的表現で果南ちゃんの青く塗られる黒髪も今回は黒で彩色されていて全体的に落ち着いた色がかえって血液をイメージさせる赤い衣装を際立たせている。

ちょっと下膨れっぽくなってはいるけれどそれもまたカワイイ。

異業種コラボキャンペーンの非売品クリアファイル集めが趣味なぼくの素敵なコレクションがまた増えました。

これでハードルも下がったことだしまたなにかキャンペーンがあれば来やすくはなったかな。

もうあちこち様々なキャンペーンイベントでこれが欲しいって言い慣れたし。

まぁ刺されるのは未だ恐怖でしかないけれど……


アキバの献血センターならこちらから言わなくてもキャンペーングッズを差し上げていますがって聞いてくれるらしいですよ。





ヤフオクではこのクリアファイルが大量に出品されているとのこと。

それってまさしく自分の血を売る行為と言えるんじゃ……




にほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加