記憶の彼方へ

カラーとモノクロの写真と一緒に
日頃のなにげないエピソードや
ホッとするコトバを♪

思い出がつまった家

2018年08月04日 10時26分31秒 | Weblog

昨日、たまたま見ていたテレビ
なんと小学校4年まで過ごした街が映った

今まで、特に思い出すきっかけはなかったけど、急に当時の家を見てみたくなった。
いまは、便利なGoogleストリートがあるでしょもしかしたら見られるかも

住所は、迷子になったときでも伝えられるようにと、電話番号とセットで小さい時から覚えさせられたので、今でも忘れてはいない
ただ、残念なことに、当時の住所の表記とは異なっていたため、検索はできなかった
記憶を辿り、当時の風景と位置関係を照らし合わせながら、Googleストリートで調べると、面影のある一軒の建物が出てきた。さすがに、建て替えされていたけど、門構えは変わっていない。
左隣の家の雰囲気も変わらず、間違いないはずだけど、念のため母親に家を買っていただいた方の名前を聞くと、見つけた建物の表札と同じ苗字だった

あれから、40年近くも経ってしまったのだと改めて実感

と同時にこの家で過ごした情景が、沸々とよみがえってきた
当時は、母と姉の3人で楽しく暮らしていたっけ。

雪が降った翌日のこと。庭の木に雪がかぶってしまい、枝がしなって可哀そうと、しゃがんで雪を払った後、立ち上がった際に窓の外側に付いている鉄製の手すりバルコニーの角に頭をぶつけた。ぶつけた感覚はもちろんあったが、痛みは感じず、焼けるような熱さを感じて台所に戻ると、母親が叫んだ
なんと頭から大量出血していたのだ
それ以来ぶつけたところからは毛が生えてこない

歩いて3分ほどのところにある公園には、買ってもらったばかりの補助輪付き自転車を置き忘れてきたり。翌日家に自転車がないことに気づき、走って公園に探しに行ったけど、見つからなかった。当然の如く、母親には叱られたこの公園にはぬいぐるみもお供え!?してきた(単に置き忘れてきただけとも言う)。

通りを挟んである線路は、遊び場の一つでもあった。当時は簡単に入れたから、学校帰りに線路沿いを歩くこともあった。当時の友達が、線路沿いに生えている「ノビル」というらっきょうみたいな野草を摘むのを手伝ったこともある。美味しいのかな?未だに食べたことないけど

まだまだたくさんの思い出が、あの家にはつまっている
こんなきっかけでもないかぎり、思い出すことはなかっただろう。
とっても懐かしくてほんわりした気分に包まれた

夢の中でいいから、懐かしいあの家に帰って、家族3人で過ごしたいな。
コメント

創作意欲が止まらない!!

2018年07月09日 22時37分49秒 | Weblog



以前、日暮里繊維街で買った布のひとつを使ってワンピースを作った

夏は風になびくフリフリのマキシワンピを着たい

今回は型紙を作らずに、そのまま布を直接切った。正直言って無謀だが、参考になるワンピを測り、ざっくりそれに倣った

裾の形はイメージ出来ていたが、デコルテ、首回りのデザインが、最後まで決められずにいた
理想の形はあるんだけど、如何に手抜きをして、簡単に仕上げるかを考えると、結局ゴムに頼らざるを得なかった

最後肩紐を付ける予定だったが、洋服箪笥から黒のシャーリングチューブトップを発見
これを上から着てしまえばいいかも

予想通りの仕上がり

あとは長めのカーディガンの丈を詰めて完成

思い描いていたシルエットに大満足

実は、先日母のエプロンを作った後、融通が効かないおもちゃのミシンは、箱にしまい再び使うことはないと決めていた
しかし、安かろう悪かろうで手放すことは、使いこなせなかったとして敗北を認めたのと同じだと気づき、もう少し向き合ってみる気になったのだ

最初に使った時とは違って、気まぐれに糸がつれること、油断すると上糸が切れることを重々熟知しているため、今はイライラすることも無くなった
逆に調子良く縫い続けられると、かえって不安になった。
「本当に縫えているのだろうか」とね

結局、おもちゃのミシンはお払い箱にはならず、健在
まるでネコみたいなミシンだ
気分屋で、言う事は殆ど聞かない
カタチも小さくて、猫背っぽくも見える
いずれにせよ、長い付き合いになりそうだ







コメント

現代版オートクチュール?!

2018年07月08日 12時04分05秒 | Weblog


先月初め、nutteというサイトに登録をした。
以前、Facebookに掲載されていた広告で、

【ものづくりのプロフェッショナル】が
あなたのアイデアや希望を形にします

と言うキャッチフレーズが頭につき刺さり、
いつかお世話になるだろうと、メモに残していたのだ

こだわりの布地を使って、一着しかない、私好みのデザインワンピを作りたい
自分で作れたら一番いいんだけど、裁縫の知識は高校の家庭科程度、手元にあるオモチャみたいなミシンじゃ、到底太刀打ち出来ないことをつい先日思い知った
上糸と下糸の調整が、どうにもこうにもうまく行かない。うまくいくのはほんの一時だけ。試し縫いでは良くても本番に糸がつれたり、いきなり糸が切れたり
手縫いのほうがよっぽど確実に縫えるし、ストレスも溜まらない母からのリクエストだった真っ白なエプロンは、何とか完成したものの、綺麗な縫い目はほんの僅か吊れてる縫い目の補強で二重に縫っている箇所が多く、また手縫いの部分もあったりと、手作り感満載の仕上がりまぁ、大目に見て貰おう

そんなだから、キチンとしたお洋服を作る場合には、プロの方に頼むのが一番だと悟ったのだ

私の希望案件に手を上げてくれた方は、関西の方だった
同じ関東圏の方が連絡のやり取り上、何かと安心だったのかなと不安が残ったが、そんな心配は全く必要なかった
というのも、nutteサイト内で、職人さんと納得いくまでメールのやり取りが出来るからだ。もちろん写真のやりとりも可能
さらに、担当の職人さんがとても親切な方で、逐一確認と、希望を聞きながら一つ一つ進めてくれるので、初めての私にとっては、実にありがたかった時には新たな提案もしてくれて、さすがプロならではの視点だなぁと、感心させられた

そして思っていたよりも早い仕上がりにビックリ仰天
実物も期待以上の仕上がりに大満足
自分の頭の中で描いていたものが、カタチになって、それを着ることが出来るって最高

次回お願いする時も、同じ方をリクエストしたい




届いたダンボール。
この中に完成したワンピースが入っていました

ウホッ!!開けるのが楽しみ

結局最後の最後でマキシワンピに変更して正解
フリルに使った布がまだ少しあるから、ウエストをベルト状にして
後ろでリボンが結べる形にする予定

こちらはおもちゃのミシンで作った母のエプロン。

ボタンも何もないエプロンだから楽チンだそう
使い古した見本のエプロンを参考に作成
コメント

本気度が違う?!

2018年07月04日 19時43分26秒 | Weblog


今年は異例の速さの梅雨明けでした
そして、早くも30度越えの猛暑に見舞われた為、確実に日差しをカット出来る日傘を手に入れなくては

先週、仕事帰りに、デパートでセールになっていたピンクのフリルがついた日傘を購入
2日ほど使用したが、開くと中は真っ黒で、体感温度も低い気がする。説明書によると、99.99%紫外線をカットすると書いてあった
素晴らしい

ふと、母が使っている日傘を思い出した。麻製のベージュの日傘だ。あれでは暑いに違いない
実は、梅雨明けしたあとの30度越えの日に使った裏地のないピンク色の日傘は、あまり日差しがカットされていず、体感温度も変わらなかった
まぁ、ささないよりはマシかな?くらい。だから、新調したというわけ

母にも確実に日除けが出来る日傘をプレゼントしたいそこで、amazonで探してみた。
なんと、買った日傘の1/3程で買えることが判明。勿論、材質やデザインは劣るが、紫外線カット率は99%!!
デパートで買った日傘を母に、私はこっちで充分だ

ちなみにサイズは3種類ある。
LLサイズなんてのがあった。

「晴雨兼用フリル付日傘!生地裏コーティングUVカット 紫外線遮蔽率99% UPF50+ 65cm
直径94センチ。」
女性が差している写真を見ると、おっそろしく大きいイメージではなかったので、ポチッと押してカートに入れた

翌日届いた
開けてみると、予想外の大きさ今ある雨傘よりも大きい
予想は出来たが、恐る恐る開いてみると、やはりバカでかい
かと言って、返品や交換するのも何だし。。。
晴雨兼用だから、ま、いっか

早速翌日から使い始めた
駅までの道のりだけでも、ジリジリした暑さが身に染みるが、このビッグな傘なら心配ご無用
そして、私から半径50センチは、誰も近づけない状況
だって、傘が当たるから

お店のウィンドウに映る度に、傘の大きさを実感した
向かいから歩いてくる女性達の日傘のなんて可愛らしいこと
私の傘を見て、「デカっ究極に紫外線から身を守りたいのかな」と思われてそうで、恥ずかしくなった

いや、焼けたくない本気度が違うんです!!
早くこの傘の大きさに見慣れてしまいたい


左から雨傘、LLサイズの日傘、デパートで買った日傘

こうしてみると、さほどでもなさそうなんだけどね。。。
差した写真を撮ろうとしたら、昨日職場に忘れてきたことに気づいた

もしもこのビッグな傘がきになる方は、こちらです!!
日光を遮断! 軽量LLサイズ 晴雨兼用フリル付日傘 ドーム型 生地裏コーティングUVカット 紫外線遮蔽率99% UPF50+ 65cm (灰ピンク)
クリエーター情報なし
株式会社オカモト

コメント

見事に変身しました!!

2018年07月02日 21時18分25秒 | Weblog


先日のブログで書いた、台北の旅行で行った変身写真館での写真が、今日届いた

ドキドキで開けてみた。
これ、本当に怖かった
だって、あれだけ厚化粧したし、ウィッグも頭のてっぺんが嘘っぽかったから


なんと

想像以上の別人だった
思わず、『だれ』と叫んだ

非日常の背景に、いい感じに溶け込み、あの時出来ていたニキビも、もとい、吹出物も綺麗に修正されていた
どぎついほどのメイクも、フラッシュと修正のおかげで、想像していたものとは全く異なっていた

早速台湾の友人にラインで写真を送ったら、
「Like fairy」
「Actress mamitan」
と、返信が来た

いや〜、さすが変身写真館
ぜひともリピートしたい
次に着たいドレスも2着、決まりました

Magic・s


データはこのUSBに入っています。


コメント