みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

国民はしっかり学んでいるのです

2018年01月17日 | 憲法守るべし
民進党と希望の党の統一会派結成は結局ならなかった。
統一会派をつくれば、立憲を抜いて野党第一会派となる。与党自公は国会運営について、まず第一会派の意向を聞くことになる。野党の代表となって、「安倍一強」にブレーキをかけるというのが“表向き”の統一会派結成の目的だった。
しかし、民進も希望も、国民がこれまで経験を積み重ねるなかで、ただ数合わせするだけでは政治はよくならないことをしっかり学んでいたことに気づいていなかったようだ。国政の根本的重要問題で考え方がくいちがっている者たちが、ごまかしの“合意”の上に集まっても、国民の支持を得られないと〝幸いにも〟気づいていた議員たちが猛烈に反対した。そして、一部の者たちの夢は、はかなく消えた。
「統一会派結成」の後ろにいたのが連合らしい。野党共闘に打撃を与える結果になる、「安倍憲法改正」を手助けすることになる民進・希望会派結成の陰に連合がいたらしい。なんということか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイル避難訓練の写真から... | トップ | なんともなさけない政府だ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何が大切か (からしだね)
2018-01-18 08:24:39
昨夜はBSフジに民進党と希望の党の代表、BS11に立憲民主党の代表が出演していましたが、民進党と希望の党の代表(および執行部)が何も学んでいない、と言うのはその通りですね。支持率もどんどん下がっているのにいまだに「3党で統一会派」、そればかりでした。
一方で立憲民主党の枝野代表が「野党は3党だけではない。」と発言していたのが印象的でした。この方はもともと頭の回転がとても速い、冷静に現実を見る政治家だと思っていましたが、昨年の選挙で何か確かなものを感じ取られた気がします。

ブログ主様が書いておられるように、「連合」と言う厄介な存在がありますが、国民の側をしっかりと向くことで、野党として何をすべきかを考えて欲しいものです。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事