みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「共謀罪法」は怖い!怖い!  その2

2017年06月02日 | 憲法守るべし
共謀罪法案は「日本の刑事原則を180度転換してしまう」大問題があると指摘されている。山田健太専修大学教授の講演から引用して「刑事原則が大転換する」問題について考えを整理したいと思う。

「日本の法律は、既遂・未遂・予備・共謀の四つの犯罪の段階で構成されています。すでに日本には共謀罪が存在しています。ただ、原則は既遂、つまり実行することによって初めて、その人は犯人となり、捕まり、罪を負うことになっています。」
「殺人のような重たい罪の場合には、未遂、実際に遂げなくても、殺すという意思をもってその人にケガをさせた場合には、殺人未遂という罪になります。未遂は案外たくさんの罪状で設けられています。」
「特別に重たい犯罪には、殺人もそうですが、前段階の予備の段階(人を殺すために包丁を買ったなど)で罰することを決めています。」
「予備罪は日本でたくさんある犯罪の類型のなかで40の類型で決まっています。」
「もう少し前に取り締まらないと社会全体が大きく混乱するようなものに関しては、『共謀』とか『陰謀』を罪にすると決めて、すでに共謀が15、陰謀が8、合計13の犯罪に関しては、話し合う、準備するという段階で罪にすると決まっています。」
「これまでは何か犯罪行為を実行して初めて捕まえるとしていたのを、原則話し合うということで罪になるとするのが今回の共謀罪の真実ですから、根底から話が代わってくる。刑事訴訟法の専門家がおかしいと言っているのです。」

講演のこの部分は、山添議員が自民党が宣伝している例をもとに質疑して、共謀罪法案を「客観的な危険性のない段階の行為を一挙に277も犯罪に仕立てるのが共謀罪法案の中身だ」と断じたところに通じる。


「初夏の野原」 キショウブ 図鑑には「ヨーロッパから観賞用に輸入した花ですが、水辺で野生に戻っています」




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「共謀罪法」は怖い!怖い!... | トップ | 「共謀罪法」は怖い!こわい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共謀罪を廃案にするために (からしだね)
2017-06-02 20:03:26
日本にすでに共謀罪があるということは今まで知りませんでした(共謀罪を補てんする予備罪がある、と言う認識でした)。政治に関心を持つためにはもっと学ばないといけませんね。

しかし、やはり今回の「共謀罪」が拡大解釈や冤罪、密告などの危険性をはらんだものであることには変わりはなく、何とか廃案に持って行って欲しいのですが、、、
5日に集中審議があるみたいなのでまずはその中継を見てからですね。

キショウブ、きれいですね。実はアヤメとショウブの違いもよく分からないのですが、アヤメは乾地、ショウブは半乾湿地に咲くそうです(ちなみにカキツバタは湿地)。と、言うことは、我が家の庭に咲くのはアヤメと言うことが今解りました。
みんなしてなんとかしよう! (西尾敬吾)
2017-06-04 09:07:38
共謀罪、恐ろしいですね。

満州15年戦争下の軍規保護法が、2013年の特定秘密保護法だとすると、ついにくるべきものがきたか、という感じです。次は特別高等警察、いわゆる特高警察でしょうか?国防軍とか、旧軍を思わせます。 あきらかに、もときた道を逆戻りしています。

やはり互いが互いを監視し合う世の中に逆戻りするのでしょうか?
だから保守政権になど、政治をまかせてはいけないのです!

しかし、世の中の半分は女性。これは変えられない事実。
そして、大多数の女性たちは、政治に興味・関心などもっていない、
これも悲しい現実。

だから私のchange.orgのキャンペーン「世界中の女性の皆さんへ」なのです。

https://plus.google.com/106503479554273653231/posts/co4Qr8jJk5k

もちろん、男性の方でもかまいません。どうかみなさんの「賛同!」のクリックで、いまの世の中を根本から変えていきましょう!

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事