みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

理解できない菅官房長官の態度

2017年05月28日 | 憲法守るべし
どう考えても納得できない。菅官房長官、文科大臣はじめ政府自民党の態度だ。
マスメディア各社の世論調査に、国民の多数は森友問題にしても加計問題にしても「政府はきちんと説明していない」と答えている。「森友」に8億円以上も差し引いて国有地が売られた本当の理由はなんだったのか、どのような経緯で決まったのかなどを知りたいと思っているのだが、これまでの政府の説明は肝心なところは語らず、ごまかしているように見えるし聞こえる。加計問題も、15回も〝不合格〟だった岡山理大(加計学園)が、どうして突然〝合格〟と判定されたのか、それも〝強力な競争相手〟がいたし、文科省は〝合格させるには点が足りない〟と言っていたにもかかわらずだ。どちらの問題も、専門家が「普通あり得ない」と言っていることが起こったそのわけを丁寧に説明してほしいと思っている。
8億円の値引きはごみ処理費用分と説明したが、実際にはそれほどのゴミはなかったとの証言がある。にもかかわらず政府は「適切に行われた」としか言わないからますます怪しくなる。
文科省から出たという本ものらしい文書が現れて、作成した側の元トップが本物だと述べても、「“偽文書”であることにかわりはない」、「この前調べたがなかったから調べ直す必要はない」などとしか言わない。文書の真偽が不明だから国会の証人喚問も必要ないとの態度だ。
なぜそんなにむきになるのか、あげくは個人攻撃まで始める。これでは国民の疑問をひろげるばかりではないか。国民や野党の疑問、要求に応えて疑惑解明に努めた方が、自民党・安倍内閣のためにも良いと考えないのだろうか?

      
  「初夏の野原」  名前は知らないが野草ではない感じ。住宅地を流れる川の土手に庭の花が入り込んだのかな?
       

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官邸、自民党、公明党にメー... | トップ | 和泉補佐官は物忘れがひどい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
他人事ではない問題 (からしだね)
2017-05-29 07:37:26
加計問題に関し、昨日のBS TBS「週刊報道Life」で地元今治市の状況が放送されました。

加計学園と言えば、千葉県の銚子市がこの学園経営の千葉科学大を誘致し、今回と同じように多額の助成を行ってその負債で市の財政が圧迫されている、と言う報道がありましたね。今治も土地代も含めますと市の年間予算の約7分の1にあたる額を今回の獣医学部設置に関し負担するということで、銚子市と同じ状況になるのではないかと言われています。

今治は地元の業者さんの努力で「今治タオル」と言うブランドを作り上げてきたのに、今治の今後が心配ですね。そしてこのことは日本の地方都市どこでも起こりうることですから、本当に他人事ではないと思います。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事