みんなしてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

堀篭俊材さん、賛成です

2016年11月30日 | 憲法守るべし
11月29日の朝日新聞「波聞風問」に堀篭俊材編集委員が注目すべき(と思う)ことを書いている。
パリ協定発効で、日本が二酸化炭素などの排出量削減中期目標を達成するために、「政府は『原発再稼働が不可欠である』という事実を国民に粘り強く説明しなければならない」とする有馬純東大大学院教授の説を記したうえで、堀篭さんは「原発以外の道を模索すべきだ」と書いている。
経済同友会の試算によると、政府の電源構成(30年度に原子力の比率を20~22%に上げる)を達成するためには約40基の原発を再稼働しなければならないという。「3基しか再稼働が認められていない現状では、とても可能な数字とはいえない」、「原発の再稼働以外に道はないのだろうか」と自問して、5年かけて電力の消費量を半分に減らした重機メーカー・コマツの例を取りあげている。そして、コマツの野路国夫会長が「CO2削減というとすぐ電源構成の話になるが、電力を使わない工夫が大切だ」と話していることを紹介している。その通り、同感である。
今、“過剰なサービス”にやっと注意が向けられ始めたが、この異常を正す努力とともに、私たちもエネルギー消費を減らす生活の工夫と努力をしなければ「原発再稼働は不可欠」論に対抗できないのではないだろうか。


ここからイラン旅行記
3~7世紀、ササン朝ペルシャはゾロアスター教を国教と定めたが、7世紀の中頃、ペルシャはアラブ人に征服されイスラム教が瞬く間に広がった。以降イランを含む中央アジア一帯は、13世紀にモンゴル帝国の支配を受けた時期を除きイスラムの王朝の支配が続いた。
1979年、イスラム教指導者・ホメイニ師などによる革命がおこり、パーレヴィー朝は倒され、「イラン・イスラム共和国」が樹立された。


宮殿博物館玄関前の巨大なブーツの像   国王が国民を踏みつけた象徴として革命後、国王の銅像の足の部分だけを残している。


イランは、ホメイニ氏が提唱した「法学者の統治」に基く国づくりがすすめられ、西欧的な価値観とは異なるイスラム法による政治が行われている。国内では、旅行者も含めて女性は外出(人目に触れる場所に出る)時にはスカーフを被って髪をかくし、ひざ上までのコートを着用しなければならないのもその一例だ。今回の旅行でも、添乗員が飛行機がテヘランの空港に降りる直前、女性たちにスカーフを被るよう注意して回っていた。

                             広場で語らうイランの女性たち


コメント

「駆けつけ警護」の英訳はないと政府は言うが

2016年11月29日 | 憲法守るべし
今日の「しんぶん赤旗」があまり他紙が知らせていないことを載せていた。
民進党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に対して政府が閣議決定した答弁書で、戦争法に基づく自衛隊の新任務について「駆けつけ警護」の公式な英訳がなく、過去の政府文書では「So-colled"kaketsuke-keigo"」と日本語のローマ字表記していることを認めた、という記事だ。

しんぶん赤旗は、これについて要旨次のように解説している。
この表記・説明には重大なごまかしがある。
例えば、集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈の変更を提言した、首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告書の英語版では、「離れたところにいる同じ作戦に参加する部隊や要員が攻撃を受けているときに救援に行く」ことを実行すべきだと説いている。もともとの「駆けつけ警護」の趣旨はこれだった。
ところが、政府は南スーダン派遣部隊に「駆けつけ警護」の任務を付与するにあたって、「外国軍隊は防護の対象にしない」、「外国軍隊が対処できない場合に限って自衛隊が出る」などと「限定」ぶりを強調しているが、英語の説明ではそのような限定は存在していない。そもそも法律上も閣議決定のうえでもそのような「限定」はない。「警護」は、広くゲリラ攻撃などから防護対象を警護することであり、軍隊は防護しないなどという限定はありえない。
そういう限定がないことを国民には知らせたくないために、「英訳が存在しない」などと日本語(ローマ字)表記でごまかし、説明を内外で使い分けている。逢坂議員は、質問主意書で「日本国内だけで通用するあいまいな概念を用いて任務を与えることは、国連や諸外国から誤解を招きかねない」と批判している。
コメント (2)

「鶴保発言」放置は大変な問題

2016年11月28日 | 憲法守るべし
アメリカのヒトラー崇拝者たちが、集会を開きナチス式敬礼をしたことが世界に衝撃を与えている。こうした者たちが堂々と表に出てくる背景としてトランプ氏の言動と彼が次期大統領になることがあげられている。トランプ政権の要職に排他的・差別主義的人物が登用されることでアメリカ社会にファシズムの傾向が広がりかねない予感がする。
鶴保沖縄担当相は、高江の米基地建設に反対して闘っている沖縄県民を「土人」とののしった機動隊員を擁護する発言をし、いまだに「『土人』は差別とは言えない」と言い張っている。
しかも、官房長官や法務大臣などが「遺憾である」、「『土人』は差別用語」と認めていながら、安倍内閣としては鶴保発言を放置しおとがめなしである。こうした言葉を口にする機動隊員(権力を国民に向かって直接行使する末端)がいて、権力の上部がそれを擁護する。
アメリカだけではない、安倍内閣によって日本はたいへんな国に変えられている。


     ここからイランの旅報告
アケメネス朝ペルシャ帝国は、ゾロアスター教(拝火教)を保護したが、ペルシャは帝国内の他民族の信仰や言語、慣習について寛容で改宗させることなどはなかったといわれている。現在のイランではゾロアスター教の信者は約5万人と少数で、その多くはヤズドなどに居住している。

      ヤズドの拝火教寺院で1500年以上燃え続けるといわれる火。



<ゾロアスター教は火、土、水を神聖なものとしたので、火葬、土葬、水葬は神聖なものを汚すと考え、死体を小高い丘の上において鳥葬や風葬した。
      鳥葬を行っていた「沈黙の丘」。現在は鳥葬は法律で禁止されている。
コメント (1)

ペルセポリス2

2016年11月26日 | 憲法守るべし
またまた強行採決だ。自民・公明・維新三党は、年金切り下げ法案を委員会で強行採決した。政府と与党は「野党はいくら説明しても理解しようとしない」から強行採決になると言いがかりをつけているが、安倍首相は、物価が上がっても年金の切り下げをするならば、「少額の年金で暮らしている者は暮らせなくなるのではないか」と問われて、「そうではない」と答えられなかった。肝心のところを語れない説明で国民が納得するわけがない。
安倍政権は、国民に説明しない、することができない政治を続けているから、数を頼んだ強行採決で野党を〝蹴散らす〟しかない、というのが本当のところだ。



新年を祝って朝貢に訪れたペルシャに服従する諸民族の使者たちのレリーフ。顔や帽子、衣服など民族の特徴が克明に彫られている。


朝貢の列の反対の階段には槍を手に行進するペルシャの衛兵のレリーフ。

ペルセポリスは、辺りの平原を一望に収める岩山のすそを利用して、大きな切り石を積んだ縦450m、横300m、高さ15mの巨大な基壇(テラス)を築き、その上に謁見の間、玉座の間、万国の門、ダリウス大王の宮殿、宝庫など壮麗な建物群が建てられていたという。
ダリウス1世、息子のクセルクセス王、孫のアルタクセルクス王の三代に渡って建設が続けられたが、完成を見ることなくマケドニアから遠征してきたアレクサンダー大王によって焼き払われた。ギリシャの歴史家プルタコスは、アレクサンダーは莫大な財宝を略奪し、ラバ2万頭、ラクダ5千頭に積んで持ち帰ったと記している。ペルセポリスは、1931年~39年にシカゴ大学調査団によって発掘されるまで忘れ去られた存在となった。(ワールド航空サービス社「WORLDオリジナル教養ガイド」より)
コメント (1)

ペルセポリス

2016年11月25日 | 憲法守るべし
安倍内閣の中心的政策は次々にほころびがめだってきている。その最たるものがTPP。完全に行き詰まり・袋小路に追い込められたが、それでも首相の強気は変わらない。年金切り下げ法案といっしょに会期を延長してでも今国会で批准、成立させるつもりのようだ。
TPPは農業の問題がすぐ浮かぶが、実は国民生活全般に害が及ぶことが審議するほどに明らかになっている。トランプさんがTPPから抜けるというのは、もっとアメリカに有利な貿易ルールでなければならないということのようだから、もしアメリカがTPPに残るとなれば、いっそう厳しい要求を突き付けられることは容易に想像できる。田村議員は断念するように迫ったが、首相は、“首脳会談”トップバッターになったことに喜んで「トランプ氏は良い人だ」とうかれていた直後に、「アメリカは離脱する」と宣言されてメンツ丸つぶれではないのか。なのに、TPPのリーダー気取りを続けている安部首相の気がしれない。


イラン・ペルセポリス遺跡  広大な遺跡で全景を写すことはできない。石造りの宮殿と王の偉業をたたえる像や浮彫が残されている。

紀元前2000年ころ、アーリア人は中央アジアからイラン高原に移住を始めた。そのなかのペルシャ人のアケメネス家・キュロス2世が紀元前550年にメディア王国を破って建国したのがイランの始まり。ダレイオス(ダリウス)1世のとき、アケメネス朝ペルシャの領土はインド北西部からエジプトまで含む西アジア全域にわたる大帝国となった。ペルセポリスはその首都としてダリウス1世によって築かれた。
アケメネス朝ペルシャは紀元前330年、マケドニアのアレクサンダー大王に敗れ、ペルセポリスは破壊され焼き払われた。


ダリウス大王の浮彫
コメント

あこがれの「ペルシャ」

2016年11月24日 | 憲法守るべし
     イスファハンのイマーム広場で

心配なく旅行できたことだけで「この国は安全」と断定することはできないかもしれない。けれども、小さな子どもを連れた親子やたくさんの人々が広場に出かけてくつろぐことができるのは、やはり人々が身の危険を感じることなく日常の生活をしているからではないだろか。
私がイランに行きたいと思ったのは、1975年にNHKが放送開始50周年記念特別番組として「未来への遺産」を放映したことがきっかけだった。そして、学研から同じ題の本が発行された。アケメネス朝ペルシャのペルセポリス遺跡の「髪の毛や葉脈、羊の毛の一筋一筋まで丹念に彫り上げた、繊細な浮彫」が紹介されていた。また、イスファハンのイマーム広場・王のモスクなどのドームの装飾も映された。浮彫の一部を昔、大英帝国が持ち出して大英博物館に展示しているものを見たことがあったが、ますます、そのままの本物を観たいと思い続けてきた。ずっと憧れていたことを実行するのが今回の旅行の目的だった。



コメント (1)

イランのカラスの写真です

2016年11月22日 | 憲法守るべし
同じカメラで写した写真でも、4MB(前回、単位をGBと書いたが、MBの間違いでした)以下のものがあったりそれ以上のものがあります。比べてみると、倍率を大きくして「望遠レンズ」の方で写しているものほどメガバイトの値が大きくなっているようです。4MB以下のものを探してみました。これがイランのカラスです。

イラン人のガイドは、何度も「報道が間違っている」とこぼし、「このコース以外にも良いところがいっぱいあるので、日本からたくさんの人が観光に来てくれるのを待っています。以前は日本人が多かったが、この頃は中国人とフランス人などヨーロッパからの観光客が主です。」と語っていました。
私たちを見るとイラン人が「ニーハオ」と呼びかけることから、ガイドの説明を実感しました。

さて、今朝東北や関東に津波警報などが出されるほどの地震がありました。盛岡は震度3でしたが被害は今のところ聞いていません。また、三陸沿岸には最大140㎝の津波が押し寄せたそうですが、これまた大きな被害の報道はありません。ただし、これまでには50cmの津波でも養殖施設は打撃を受けたことがあるので、調査が進めば今出荷が盛んになっている牡蠣などの棚に被害が出てくるかもしれないと心配しています。

コメント (1)

イランは〝危なくない”国だった

2016年11月21日 | 憲法守るべし
イランのカラスは「白い」と聞かされた人は、どんな姿を想像しただろうか。全身真っ白と思った人もきっといるはずだし、たとえば頭だけ白いと思った人もいるだろう。ほんとうはどうか?写真を見てもらえばイランのカラスはこうだと誰もが分かるのだが、新しいカメラを使ったせいで、写真をアップロードできずにいる。4GBを超える写真はできないのだそうだ。ブログフォトに入ればよいのだろうか。誰か解決方法を教えてほしい。

「白い」カラスを紹介したのは、イランに行くと言ったら周りから「危ないところになぜ行く?」「拉致されたらどうする!」などと心配の声がかえってきたからだ。実は自分自身、不安があって今回はしっかりした保険に加入してから出発したのだ。旅行会社の説明でも「特別の心配はない」ということだったし、外務省HPで危険情報を確認したにもかかわらずだ。
ところがイランはまったく〝平和で安全〟な国だった。旅行したイランの内陸(国境から離れたところ)に限って言えば、まったく日本にいると同じ気持ちでバスに乗り、遺跡を見学し、買い物ができた。少なくとも、日本で心配されているような“危ない”国ではなかった。
「中東諸国は危険なところ、いつ何時テロに襲われるか分からないところ」といつの間にか日本中が思い込んでいる。イラクやパレスチナの戦闘や自爆テロの報道から、あるいはISの残虐な事件の報道から「中東は危険」と思っている。「イランのカラスは白い」と知らされて、全身が白いと想像するのと同じように。
コメント (1)

隠す政治は終わりにしよう

2016年11月19日 | 憲法守るべし
安倍首相とトランプ次期米大統領の会談内容について、首相は「私の基本的な考え方については話した」というだけで、それがどんなものか、トランプさんはどう応じたかは語らない。例によって国民が何となく首相は良くやっていると思い込むようにと、次期大統領と面談した最初の外国首脳を印象付ける演出を優先しているのではないか?本当のところは隠して、なんだか頑張っているようだ、何か良くなるのではないかとの思いに誘導する手法だ。
戦争法案でも、参院選でもそうだった。TPP審議でも、憲法審査会でもそうだ。まさに〝だまし討ち〟の政治だ。
野党が会談の内容を語るべきだと求めたのは、国民の声を代表するものだ。隠す政治を終わらせて民主主義を復活しよう。
コメント

カラスは白い!?

2016年11月17日 | 憲法守るべし
1か月休みました。
この間、核兵器禁止のための国際会議を始めることに反対しながら、核兵器保有国インドと原子力協定を締結したり、高浜に続いて期限切れの美浜原発の運転期間延長を許可したり、自衛隊に新任務を付与していよいよ戦争法の本格発動に乗り出すなど、世論無視の自公・アベ政治はとどまることなく暴走を続けています。TPPの強行採決もありました。
一方で、大谷翔平選手の“常識を超える”大活躍は心わくわくさせる嬉しいニュースでした。どこまで進化するのか、まさに栗山監督が言う「野球のロマン」です。こういうニュースはいくらあっても大歓迎です。

私は、10月の下旬、長年の夢だったペルシャのペルセポリス遺跡などを訪ねる旅行に参加しましたので、これからイランについても何回か書こうと思います。「イランのカラスは白かった」ことから始めます。
イランでカラスほどの大きさで、「ガー、ガー」とカラスと同じように鳴く鳥に何度もお目にかかりました。しかし、その鳥は日本のカラスとちがって白いのです。ところが、イラン人のガイドさんは「あれはカラスですよ」と言ってました。
イランの「カラスは白い」、と聞かされた人はどんな姿の鳥を想像するのでしょうか。
コメント (1)