みんなしてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひなこ議員は何も言うことがないのか

2019年04月12日 | 憲法守るべし
再び、みたびの失言で櫻井五輪相が更迭された。これだけ繰り返したら失言というより、この人物のものの考え方そのものが表れたものだ。この人物を大臣に任命し、ここまでかばい続けた安倍首相の責任は大である。
失言大臣をよんで資金集めパーティを開いたのが、岩手1区で落選・比例で復活当選した高橋ひなこ衆院議員。被災地から出ていながら「復興より大事なのは高橋議員」などと持ち上げられて、テレビではこのとき会場からは拍手もきこえたが、いまだに被災者や県民に一言もないのはなんということか。ひなこ議員も安倍首相と同じで桜田大臣が辞任したから終わりと思っているのか。
コメント (1)

「忖度発言」 首相が忖度させたことが明らかに

2019年04月05日 | 憲法守るべし
塚田国土交通副大臣が「忖度」発言がもとで辞任した。「説明責任を果たしたうえで職責を全うしたい」と副大臣の席にしがみつこうとしたが、ついに辞表提出に追い込まれた。当たり前だ。
一方任命した安倍首相は、今度も副大臣を擁護する無責任な答弁を繰り返しただけでなく、昨日の参院決算委員会ではまたまたウソの答弁できりぬけようとしたが、つじつまが合わない答弁でこちらも追い込まれた。朝日新聞(5日)の「焦点採録」によれば、次のような質疑が行われていた。

立憲・小川敏夫議員 下関北九州道路についてどう取り組んできたか。
首相: 国会議員としてそういう(道路建設の実現)可能性を追求していきたいと申し上げたことはあった。首相として要望することはない。陳情はうかがったことはある。
小川議員: 道路を建設したいとの考えは。
首相: 首相として建設したいかは、プレッシャーをかけていると誤解を生むので申し上げない。
 
その後の共産・仁比聡平議員との質疑がおもしろい。
仁比議員: 2016年3月31日付の国土交通大臣あて、下関北九州道路の早期実現に向けての要望書の筆頭に安倍首相の名がある。首相なのに国土交通相に要望するのは異様だ。忖度させたのか。
首相: 要望書は今拝見するまで知らなかった。首相として陳情する立場にない。

小川議員に対してはその場限りのごまかし答弁、仁比議員に対しては事実を突き付けられた時の決まり文句「知らなかった」答弁。
小川、仁比両議院の質疑をつなぎ合わせれば、首相がプレッシャーをかけて「忖度させた」ことは明らかである。副大臣の辞任で事を終わらせてはならない。
コメント (1)

テレビさん、はしゃぐのもほどほどにしたら

2019年04月01日 | 憲法守るべし
この2,3日テレビは「新元号発表」まで何日だ、何時間だと大騒ぎしている。しかも、それが「新時代の始まり」というのだからあきれる。
たしかに「平成」という時代が終わり新元号の時代になるから、新時代のはじまりといえなくもないが、これだけ大はしゃぎするほどの「新時代」ではあるまい。今の時代、天皇がかわったから社会が、政治が、国民の生活が変わるものではない。テレビだってそれを承知のはずだが、それでも「新時代到来」を喧伝するのにはそれなりのわけがあるのだろう。
横暴なアベ政治が続くならば平成30年も新元号1年も国民には変わりがない。天皇代替わりの大騒ぎが、知らぬ間に政治を隠す目くらましとなって続くとしたら、大騒ぎするテレビのたわいもない話が、実はほんとうの怖い話になりかねない。
伝えられるところの新元号の候補は、「安」の字が付いたのが上位にある。そこまで忖度するか!とひねくれてみたくなる。
コメント

参院選岩手選挙区は「横沢たかのりさん」が野党統一候補になるだろう

2019年03月30日 | 憲法守るべし
自由、共産、社民が、横沢たかのりさんを参院選岩手選挙区の3党統一候補者として擁立することを報じた「河北新報」が、岩手選挙区で、時間をかけて積み上げてきた4党協議から抜けるような行動に出た国民民主県連の実情を解説している。
記事は要旨次のように書いている。

共闘態勢の亀裂を引きずったまま「野党統一候補」横沢高徳氏が、参院選岩手選挙区への立候補表明を強行した。既成事実が積み重なるにつれ、国民民主党県連の孤立は深まるばかりだ。
3党県組織と横沢氏は立候補会見の席上、10項目に及ぶ政策協定への調印を記者団に公開し、結束をアピールして見せた。この瞬間「与党連合」対「野党共闘」の対決構図が事実上固まった。
横沢氏擁立を提案した自由党は、小沢代表が中央レベルで早々に共産、社民両党幹部に了承を取り付け、国民民主党玉木雄一郎代表とも気脈を通じる。
唯一、蚊帳の外に置かれた格好になったのが、国民民主党県連だ。根底にはたもとを分かった小沢氏と黄川田、階両氏の確執が横たわる。小沢氏に反発する国民民主県連は「野党統一候補には黄川田氏が最もふさわしい」と主張する。だが、ある県議は「もう誰も聞く耳を待たない。黄川田さん、階さんには大局に立った大人の対応を期待したい」と突き放す。
コメント

岩手の野党は「横沢たかのりさんで」一つになってがんばれ!!

2019年03月20日 | 憲法守るべし
参議院選挙まであと4か月。野党党首会談では統一候補擁立で一致しながらもその作業が進んでいるようには見えずやきもきしている。
岩手では、国民民主、自由、共産、社民の4党(岩手には立憲民主の支部はない)が、昨年から10回を超える協議を重ねて、1月には10項目の政策をまとめた。そして、2月に統一候補の発表をめざすことを決めた。
ここにきて、、国民民主がこれまでの協議では1度も名前をあげなかった人物を強力に推し始めたため、4党合意は成らなかった。
その後も協議を続けたが、3月17日、自由、共産、社民は、これまでの協議の流れなどをふまえて、3党が推してきた横沢高徳さんを無所属で擁立すると記者会見で公式発表した。
横沢たかのりさんは、元チェアスキー選手でバンクーバーパラリンピックの日本代表として活躍した。「突然の事故で希望を失いかけたが、パラスポーツに助けられた。障害者や高齢者など立場の弱い人にも優しい社会をつくりたい」と抱負を述べ、消費増税反対、原発ゼロ、安倍政権打倒など10項目の政策協定書に署名した。
3党は、「席は空いている。いっしょに政権打倒を」、「一緒に歩んでくださると確信している」などと、完全な野党共闘をめざしている。
一方の国民民主党県連は、野党分裂は望むところではない、党本部間の調整を待つ、岩手選挙区に独自候補を立てることはしないなどの態度を表明している。
岩手選挙区は横沢たかのりさんを統一候補に4野党がまとまるにちがいない。そうなるよう心ある市民は期待している。
コメント