雅行の酒と絵画の日々

日々の暮らしを「はがき絵」と「五行の文章」で綴る。

映画の日

2014-02-17 15:53:16 | 映画

晴天の朝!練馬でも大雪の跡は未だまだ残る。月曜日は、「絵画の日」か『映画の日』。

こう決めていたが、この頃は全く実行力がない!特に映画鑑賞が激減している。最近は、

TVドラマ番組の録画や、映画の録画を再生している事が多い。今日は、久しぶりに映画。

午前10時上映!中島京子のベストセラー小説「小さいおうち」を鑑賞。監督は山田洋次。

物語の時代背景は昭和10年~終戦直後と平成の現代。西洋と日本文化の融合世界観。

20140216e

コメント

映画鑑賞

2014-01-17 13:54:14 | 映画

平成26年。最初の『映画鑑賞』は、小説家・百田尚樹のデビュー作、「永遠の0」にする。

珍しく、二日酔いでない金曜日の朝。としまえん映画、上映スケジュールをチェック、購入。

いつもの最後列、定位置を予約。空いていると思って劇場へ!意外にサービス金曜日で、

大行列。PC予約は大正解!2時間超の映画で、駐車券が4時間分。映画終了、1時間の

余裕。では、手打ちそば「萬月」へ。あれ~つ!満席、残念。諦らめて、半チャンラーメン。

20140110c

コメント

レモンの味

2013-12-16 17:46:46 | 映画

月曜日は写生の日。でも、こう寒くては!と。「映画鑑賞の日」としました。三ヶ月ぶりの(汗)

年間目標を50から40本と、達成が難しく減らして来たが、その40本も全くダメとなっている。

来年の目標から映画鑑賞は外す事とする。さて、今日は「カノジョは嘘を愛しすぎている」を!

「小枝里子」こと、大原櫻子ちゃんは・・・素晴らしい!漫画家・青木琴美の映画化、第三弾!

佐藤健のアキとリコとの3度のキスシーンが、この映画のポイント!青春とは『レモンの味』?

20131214h

コメント

マン・オブ・スティール

2013-09-02 14:17:14 | 映画

劇場にて、映画鑑賞を年間目標のひとつに!今年は、40本に減数していたが、目標が

スケッチに方向転換(?)月曜日を絵画の日に変更。この日を映画鑑賞にしていたので、

当然、激減!今日、久しぶりにユナイテット・シネマへ!『マン・オブ・スティール』IMAX。

1作目は「東京家族」、次は「ストロベリーナイト」、そして、「きいろいゾウ」、「昨日と今日」、

「横道世之介」「すーちゃん・まいちゃん・・・」「愛、アムール」と、今日の映画が12作品目。

20130805e

コメント

くちづけ

2013-05-31 16:28:44 | 映画

映画鑑賞第11作品目は『くちづけ』。2010年に初演の舞台劇。宅間孝行の脚本により、

彼の主催する劇団「東京セレソンデラックス」で上演。その映画化で、主演は貫地谷しほり。

知的障害者のグループホームで繰り広げられる仲間たちの交流と、父と娘の愛を描いた、

ヒューマンドラマ。練馬区高齢者いきいき健康事業を申し込み、入手の「いきいき健康券」

を利用。妻とT・ジョイ大泉で映画鑑賞。年間ふたり6枚入手。ふさわしい映画鑑賞になる。

20130526e

コメント

ボクたちの交換日記

2013-03-29 11:22:41 | 映画

映画鑑賞第10作品目は、『ボクたちの交換日記』。お笑いコンビ「房総スイマーズ」の夢。

放送作家の鈴木おさむ原作を映画化!監督・脚本は「ウッチャンナンチャン」の内村光良。

田中(伊藤淳史)と甲本(小出恵介)が目指したのはお笑いの世界。売れるために始めた

「交換日記」。メールとは違う、ワンクッションの日記!互いに話しにくい本音を書く事に!

ある日書かれた「解散」は・・・。夢を諦めていい理由が、ひとつだけある。家族愛?友情?

20130313l

コメント

プラチナデータ

2013-03-17 14:15:29 | 映画

映画第9作品目は『プラチナデータ』。ひとり、ふたり・・・?男性の一人客は、少ないね~!

ほとんどが、若い女性。豊悦、杏、希子ファンもいるでしょうが、当然の嵐ファンとニノファン。

私も、二宮ファンと原作の東野圭吾ファン。今朝の朝日新聞にも、3面の全面広告と凄い!

「ユナイテッド・シネマとしまえん」スクリーン3の380席で200名超位埋まっていたのでは?

私の周辺にも、「ジャニーズファミリークラブ」入会の女性が!愉しい人達で、明るくていい!

20130306l

コメント (2)

愛、アムール

2013-03-10 13:48:12 | 映画

映画鑑賞8作品目、『愛、アムール』。悠々自適の老後を送る音楽家夫婦。妻の発病で、

この物語は始まる。人間誰しも避けて通ることのできない「老いと死と別れ」が描かれた。

夫ジョルジュ役のジャン=ルイ・トランティニャンが82歳、妻アンヌ役のエマニエル・リヴァ

は、86歳。と素晴らしい夫婦役。病院嫌いな妻の願い通り、自宅で車椅子生活となった。

管理人夫婦、看護師、ヘルパーの協力があっても?難しい介護。「もう終わりにしたい」。

20130224m

コメント

すーちゃん・まいちゃん・さわ子さん

2013-03-03 17:10:41 | 映画

映画鑑賞7第作品目は、人気ほのぼのコミック。原作は増田ミリの四コマ漫画の映画化!

すーちゃん・まいちゃん・さわ子さん』すーちゃんの柴咲コウ、まいちゃんの真木よう子、

さわ子さんの寺島しのぶ。素朴な絵とリアルなセリフが、現代の女性に受けているようだ。

当然、劇場は女性が多い。多分、日曜日の午後2時15分上映では男性は2、3名程度。

35歳位の女性の気持ちが、なんとなく理解できる?そんな気分にさせる、興味ある作品。

20130217m

コメント

横道世之介

2013-02-25 14:14:43 | 映画

今朝は少々寝坊、午前7時起床!本日、振休の予定は午前9時10分上映の映画鑑賞。

横道世之介』。原作・吉田修一×監督・沖田修一の青春小説の金字塔、待望の映画化。

吉高由里子のファンで、「草原の椅子」「遺体」を押しのけての映画鑑賞!関心したのは、

高良健吾。「蛇にピアス」「百夜行」「軽蔑」など彼の演技力は25歳とは思えない魅力が!

青春時代と彼がいなくなった16年後・・・。私の大学生時代と韓国にハマッていた頃・・・。

20130211l

コメント