暮らしと古民家

折々の暮らしの中気が付く大切なこと

井戸

2021年12月02日 | 古民家
 ガキガキとハンドルを動かして、ゆっくり流れるたっぷりの水に・・・
笑顔と歓声がぶつかり合う・・・夏は冷たく冬はほんのり暖かい・・・
潤す声は聞こえない場所も多いけれど・・・
恵みの水と同じくらい・・・大切に暮らしを支えてくれた・・・。

井戸水だけで暮らす地域がまだちらほらと・・・少し田舎に行けば、そんな暮らしもあって・・・
冬は水位が下がって・・・涸れる事は無くても、水量が少なくなったり・・・
鉄管や銅管を腐食させて、水漏れや機械の故障の原因にもなります・・・。
それでも・・・水道水とは違うおいしさに見とれて・・・
豊かな暮らしを、選んでいるような気がします・・・。

釣瓶を使って水をくみ上げる毎日では、少し困ってしまいますが・・・
手漕ぎで汲み出す水には・・・自分で造った料理や手仕事ほどの喜びが生まれます・・・。
小川や、大きな橋のある川の生まれた場所を知りたがり、山から巣立つ雨水の行方が気になり・・・
川の大きさや流れの強さに負けじと・・・大きな声を出しています。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 感謝 | トップ | ないもない »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿