日記@小鉄

振り幅デカい厨二病の備忘録。
転載禁止。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GOTH

2011年09月28日 02時00分00秒 | 本の話
GOTH リストカット事件(著:乙一)角川書店 ハードカバー版
GOTH (画:大岩ケンヂ 原作:乙一)角川コミックA



初乙一にして我が家にあるただ一冊の乙一。
当時は、乙一と言えばラノベのヒット作家という認識しかなく、そのくせ必ずといって良い程“切ない”のを売りとしていたので、ラノベらしからぬ作風に読む気全くなしだったのですが……。
なんかの拍子にコミック版を読んで、自分内乙一像を修正し、(漫画版)あとがきにあった乙一氏の寄稿に興味が湧いてきて、以下略。
俗にいう原作付きの漫画や映画→原作の流れです。


こっちの写真のがはっきり判るかな。
装丁が凝ってますな。
コミック版のカバーは、黒一色だけど立体的に印刷が乗ってて光線の加減で画が見えるのが良い感じだし、コミック・ハードカバー共にカバー裏面にもお楽しみが待っている…という。
こんなに装丁の凝った本は持ってなかったので、矯めつ眇めつニヤニヤした記憶がありやすた。
内容はさておき(オイ)、あとがきで“何故かクッパに浚われるピーチ姫=森野”というのを知り、大いに納得し、コミックの森野に突っ込みを入れ、原作のイメージ通りだった森野に膝を打ち、さらに原作で外道っぷりを披露する主人公にあばばばばな感じにgkbrするといった具合です。
そんで最終話で主人公の名前が明かされるお遊びも。




















樹くんよ。
あんたそれ、100%執着って言い切って良いんですかー(ニヤニヤ)



 
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月26日(月)のつぶやき | トップ | 9月28日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本の話」カテゴリの最新記事