こっぽんおりブログ

朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(愛称:こっぽんおり)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

滋賀ウリハッキョマダン2012に参加してきました!

2012-09-06 08:58:08 | 活動報告
8月26日、滋賀ウリハッキョマダン2012に参加してきました。
朝鮮学校の関係者だけでなく、日本学校の教員・生徒のみなさんも、
そしてブラジル人学校のみなさんも、スタッフとして大活躍されていました。
「多文化共生」を実践するにあたって多くの刺激と示唆を与えてくれました。
2012年のウリハッキョマダンには、こっぽんおりも初めて広告協賛をしました。

日本学校の教員が朝鮮半島の農楽「サムルノリ」を演奏する、
グループ「チング」の演奏には新曲も登場しました。
ハッキョの幼稚班の先生が「パンソリ」を披露、
参加者は自然とオッケチュム(肩を揺らして唄にのる踊り)に入ります。
運動場では、野洲中学校の生徒さんたちがジュースを売って回ったり、
ブラジル・ペルーの食べ物が売られていたり、
ハッキョのオモニたちが手づくり小物を宣伝していたり、
「ともに」つくる「ウリ」ハッキョマダンが実践されていました。

今年も晴天に恵まれ、滋賀ウリハッキョマダンは盛会でした!

中高級へ訪問(第4回運営委員会報告)

2012-09-05 08:54:24 | 活動報告
8月25日、こっぽんおりの第4回運営委員会を開催しました。
今回の会場は、京都朝鮮中高級学校です。こっぽんおりから6人、そして中高級学校から4人のソンセンニムが参加されました。
みなさま、おつかれさまでした。

会議後、関西吹奏楽コンクールで銀賞をとったばかりの吹奏楽部から、
サプライズ公演をしてもらいました。楽曲は「豊年のクムガン」。
朝鮮の楽曲として世界的な評価を受けている曲なのだそうです。
部長さんから「これからも応援してください!」とメッセージをいただきました。
壮大な音の広がりは朝鮮民族の歴史を奏でているようで心に深く響きながらも、
若さ溢れる旋律が可能性溢れる未来を予感させていました。

会議では当面の行動として以下の項目が提起されました。

・11月10日(土)もしくは17日(土)に学校見学会&説明会を実施する
第2回連続講座として位置づける

・高校無償化適用署名に取り組む
街頭署名にも取り組む、機会があれば学校と合同で

・学校行事、業績報告はブログで報告
毎月はじめに連絡をとりあう体制を確認

・9月23日(日)開催の中高級学校体育祭に協賛する

・次号『こっぽんおり』にソンセンニムの思いや生徒の活動を掲載する

これからも、民族教育の現場に関わりながら、
教育現場での交流を広げ深めていけるように運営会議を開催していきます。
会員のみなさんの積極的な参加をお願いします!