MATURE&RELAX

好きが仕事に
イギリスアンティーク雑貨とシャツの店を
オープン。
主婦のつれづれ日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思い出のAntique Scandinavia textile from London

2012-08-30 | ロンドンのお話
今や日本でもとても有名になったロンドンの
コロンビアロードフラワーマーケット。

はじめて訪れた時は、4月というのに大雪で、
辺りは銀世界。こんな日にこんな人気のない場所で
花市が開かれているのかな?なんて不安一杯で訪ねていきました。



さすがガーデニングを愛するロンドナーです。
真っ白な雪の世界に忽然と現れた花市。そしておとぎの国のような可愛いショップが
立ち並び、ガーデニング雑貨、オーガニックカフェ、アンティークショップ。
全ての店が、このフラワーマーケットの日にだけオープン。
なんと優雅なロンドンガーデニングスタイル。



その中でもひときわ目立つ可愛いアンティークショップ。
店内はいつも賑やか。
ファンキーなマダムが切り盛。
「4月といういのに雪なんて。でもこれがロンドンよ!」
「値段がついてないものもあるから聞いてね~」
いつ訪ねても変わらず、テンションが高い!

仕事柄、テキスタイルが大好きな私にとっても
アンティーク布が沢山あるこの店はワンダーランド。
アンティーク布には、現代の布にない柄や色使いがあって
とても魅了されます。

布は重量が嵩むので、飛行機の超過料金を払う事が度々ですが、
ついつい買い過ぎてしまいます。
スカンジナビア(北欧)のアンティークテキスタイルを購入したのです。
しばらく寝かしていましたが、綺麗にお洗濯をして
この度リビングへ。



「家は自身の記憶だから」とおっしゃった建築家の半谷仁子さん。
さりげない一言でしたが、深く感銘しました。
その言葉を聞いて以来、インテリアの概念も少し変わりました。
もっと、のびやかに◯◯風というバリアをなくして
好きな物を五感の導くままに。。。

そして、リビングへ飾ったとたん
一気に、あの頃へとタイムスリップ。

あの頃とは


このスカンジナビアテキスタイルを見ると
ショップへ夢馳せて、ロンドンで買い付けをしていた頃を思い出します。

ショップの名前をgarden barn (ガーデン小屋)と名付けたのも
すべてがこのコロンビアロードのフラワーマーケットが原点だったような。

大人がナチュラルに日々の生活を楽しめる店。
植物や、愛犬と触れ合う生活、そして心地良いコットン&リネンシャツ。
上質なものをすこしだけ、、日々の生活を豊かに。

自身のライフスタイルと照らし合わせながらの
ショップ作り。

試行錯誤の四年間、小さな小さなガーデン小屋ですが、
ご愛顧いただきまして誠に有り難うございました。
初心に戻りながらも、五年目に向って
インテリア部門 Garden Casa の充実をはかりつつ、
すこしづつショップのリニューアルをめざしています。


暑い暑い夏が終わりに近づいて、
garden barn は来月5年目へと突入いたします

++++++++++++++++++++++++++++++++++

ガーデンバーン WEB SITE

ガーデンバーン オフィシャルブログ

twitterでつぶやいてます。フォローミー!
















コメント

ロンドン、リバティーのラベル

2011-07-23 | ロンドンのお話
ロンドンのデパート、リバティーの文具売り場が楽しいです。
素敵なノートやカードが盛りだくさん。

その中にキュートなラベルを見つけました。

一枚、一枚絵柄が違うものが連なって
ロールに状になっています。


使い方は人それぞれですが、
ストッカーやガラス瓶に貼ってハンドメイドのジャムや
ハーブティーを入れてプレゼント。

(イメージです)

アロマクラフトの瓶に貼っても素敵。

ショップにて取り扱っています。

一箱に数十枚ラベルが入っています。
税込み 945円 (税込み)


***********************
*******
ガーデンバーン WEB SITE

ガーデンバーン オフィシャルブログ

twitterでつぶやいてます。フォローミー!

************************


















コメント

色が奏でる季節のストーリー

2011-07-22 | ロンドンのお話
ブライトン名物
今月初めに訪ねた
イギリス、ブライトン。

砂浜に小屋。

この小屋、小さな海の家。
聞くところによると、買う事ができるのだとか。

ビーチウエアに着替えたり
お昼寝?したり。。

それにしてもこのカラフルさ、
素敵。夏のビーチライフがいっそうhappy に。

ロンドンやパリに行く度に思うのは
どうしてヨーロッパで見る色遣いは素敵なんだろうって。

パリのカフェで使われているビストロテーブル&チェア。
様々な色遣いを同時に使っても様になるんです。
ラブリー!と思って日本で取り寄せようと思うと
なぜか、マゼンダ色やパーパル色は取り扱いがなかったり、、



ショップで取り扱いのgardens of paradiseの
リネン後染めシャツ。



お客様からヨーロッパ的な素敵な色ね~と良く褒めていただきます。
色の魔術師と自称するデザイナーM氏は
テキスタイルデザイナーでもあります。
ですから、微妙な色遣いが天才的。

そして、初秋色のシャツ、ラベンダー、ネイビー(ベルギーリネンを使用)が
入荷してまいりました。

ラベンダー色もさまざま、ネイビーだってさまざま
残暑残る初秋をどんな風にイメージし、どんな色が仕上がっているのでしょう。

あなたはどんな色で季節のスト―リーを奏でますか?

初秋シャツはショップにてお楽しみに。

************************
*******
ガーデンバーン WEB SITE

ガーデンバーン オフィシャルブログ

twitterでつぶやいてます。フォローミー!

************************


コメント

RIMOWAの鍵のその後

2011-07-06 | ロンドンのお話
本日は定休日につきショップはお休みです。

2週間の海外出張の最終章。
思いもよらないドイツの銘品RIMOWAトランクの
解錠が出来ないアクシデントに見舞われました。
このお話は数日前に記事にしましたので、
その後どうしたかな?と気になる方もいらっしゃいますね。

正規代理店品でしたので
カスタマーズセンターの方の指示により、
まずは、000~999まで根気づよくダイヤル順列組み合わせを実行。
(はずみで他の暗証番号でロックされた可能性があるため)
地味な作業が好きな私は二回もトライ。

それでもダメならペンチでブチ切るように指示されました。
本来ならトップ画像のようにロック解錠されるべきなのです。

ついに、ペンチが登場。

ジッパーの持ち手を鍵部分を傷つけないよう
ペンチでカット。ようやく荷物を取り出す事に成功。
そしてトランクは修理へとまた旅に出たのです。

こんなアクシデントにもめげず、
帰国したのもつかの間、半年後来年一月の
出張日程を決め、今回の満足度100%の
パリのアパルトマンを押さえる作業に入りました。

booking 完了~!

******************************
*******
ガーデンバーン WEB SITE

ガーデンバーン オフィシャルブログ

twitterでつぶやいてます。フォローミー!

************************







コメント

ロンドン、ビクトリア駅からブライトンへ

2011-06-30 | ロンドンのお話
ただ今ヨーロッパ出張中につき、ショップは不定期営業です。
次回のオープンは7月1日(金)
ガーデんバーンでおなじみガーデンスタイリストの
胡桃澤陽子先生のガーデン相談日となっています。




パリからロンドンへ。
ビクトリアステーションからサザンレイルで約一時間。
紺碧の空、白いヨット。

ロンドン屈指のリゾート地 ブライトンで
旅の最後を迎えました。

今回の旅は、ミラノ到着そうそうlost baggage に翻弄され、
パリでも予約をしていた荷物運搬の業者がこなかったり、
パリからロンドンへ到着便が遅れて、事前にネット予約していた
列車に乗り遅れたりと
アクシデント満載。

そんな経験を積んでこそ、次回の旅へ反映され
回を重ねるごとにもっと、もっと旅は楽しく、
オリジナリティー溢れ
また行きたくなるものですね。

人生も同じ事、どんな失敗をしても
遠回りをしても、
必ず目指す目的地への代替え手段はあるものです。

そして、
もしかしたらそのほうが、
もっと面白いルートを辿る事となることも、、、、

旅は
明日からの人生の道しるべ。
多くの事を私に教えてくれ、
ショップワークへと反映させてくれます。

この続きは帰国してから
ショップにてお話いたしましょう。

アクシデントのお陰で
スケジュールが大幅に狂ってしまい
お約束の品を買えなかったお客様に
この場を借りてお詫びいたします。

********************************
*******
ガーデンバーン WEB SITE

ガーデンバーン オフィシャルブログ

twitterでつぶやいてます。フォローミー!

************************


コメント