Category : いかすMovie


こっちゃんポイント ★★★★

鑑賞環境  映画館(マイカル小樽)
上映時間

134分

製作国 日本
公開情報 劇場公開 (東宝)
初公開年月 2006/08/26
ジャンル ドラマ/コメディ

「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助(ユースケ・サンタマリア)が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親(木場勝己)は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介(トータス松本)の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…。

 

 
(goo映画より抜粋)

”UDONにコシのある限り、悪の栄えたタメシなし!”キャプテンUDONのこのセリフが気に入った。

「踊る大捜査線」シリーズを世に送り出した本広克行監督の作品、「UDON」。
てんこ盛りです。大盛りです。UDONの”麺”じゃなくて、”具”が。

ユースケのハイテンションぶりは予想していましたが、正直いつも戸惑います。
最初からはすーっと入り込めない。
地に足がついていない浮き足立ったキャラが多いから。
彼のお調子モノでいい加減な感じは、まるでヌルヌルしたウナギのようで、掴みどころが分からない。
でも、そこが面白いところで。
あ、「UNAGI」の話じゃなかったね。「UDON」だよね。

とにかく本広監督は、ユースケを上手に料理できる調理人の一人だと思うわけで。
今回はユースケでうどんのダシを取った、ってカンジ。

当然、濃い。

美味いかマズイかは別として、この味は食べ終わった後もしばらく口の中に残る味。
オマケにあれもこれもと色んな具材がその上に乗っかるものだから、お腹もキツクてたまらない。
腹八分どころか、完全に十分越し。

舌にも残る、腹にも残る。これを満足と取るか、やりすぎと取るか。

もしかして現代人は、ここまでやってもらわなければ満足出来なくなっているほど、
味覚音痴になってきているのかもしれません。
  だから、これは時代が望んだ味なのかも。
  だから、作り手も観客の舌に合わせた料理を作る。
  で、こんな映画が出来上がる。  そういうことなのだと思います。

でも、まあ良いでしょう。こっちゃんは楽しめました。

ユースケの「なんじゃこりゃあ!」あたりから徐々に体がヒートアップしてきて、
小西真奈美の日産マーチ乗り継ぎ伝説が3台目に至るころには、
もうあちこちで笑えるようになっていましたから。
そして泣きどころもシッカリ盛り込まれてましたし。
仏壇のどんぶりが汁までなくなっていたのは、とても嬉しかったですね。

ところで、、、舌の確かな人の評価は厳しいのでしょうか?
ちまたのレビューでは「駄作」「マズイ」「客をナメるな」などの声も上がっているようですが。
こっちゃん的には、本広監督の作品の中では”中の上”といった感じ。
特にケナす気もありません。
もしかしてこっちゃんも味音痴かな? 確かにそうかもしれません。

もっともフジテレビジョンは、いつも宣伝過剰なんですよ。
だから、観る気のない人まで無理矢理取り込んでしまう。
ここ一、ニ週間、TVでユースケをいったいどれだけ観たことか。
しかも口を開けば「UDON」「UDON」。さすがにウザい。
いくらなんでも、やりすぎです。
そりゃあ、CMや告知に引っ張られて観ちゃった人のなかには、
「言うほどのものか!」と不満を漏らす人も出てきて当然だ、と。

だからこの映画に”過剰な期待は禁物”なのだと思いました。
実際、それほど期待していなかった人ほど、楽しめているようです。
それで良いのですね。

冒頭で”具沢山”と言ったのは、まずキャストの多さがあげられます。

かつての本広ワールド常連サンが多数ご出演。
「サマータイムマシン・ブルース」を観ている人なんかはあちこちで
「おおっ!」とか「うほっ!」とか奇声を上げたくなるでしょう。
ヴィダルサスーン一派がうどん巡礼者で登場する他、未来人やホセまでちらりと顔を出しますからね。
うどんタクシーの運ちゃんなんかもオッカシイですよ。

あと、”もう一つの具沢山”は、このテーマの多さにあります。

讃岐うどんを中心に、父子の繋がり、そして家業を継ぐということ、
はたまた人を笑わせるということ、
さらにはブームが人に与えるもの 奪うもの 変えてしまうもの、
あとキャプテンUDON VS 寺島進とか、
トータスとユースケのバンザイ・コラボ・ステージとか、
タクシー代の出世払いとか、ずーっとそこにある奇跡とか、麺通団とか、
「殺す気か!ダレと争ってんのや!」とか、
「うどん屋を探すなら煙突を探せ」とか、
あと、あと・・・・。

とにかくテーマは一杯あります。(それってテーマとは言えないだろ?)

ただそんな数多いテーマ(まだ言うか)の中で、
一つだけ見失ってはいけない重大なテーマ(だから違うだろって)を見つけてしまいました。

それは・・・、小泉孝太郎の食い方を真似しちゃアカン!ということです。
あの人、汁まで飲んでからに。 早死に確定です。

まあラストに関してだけは、個人的には納得が行かないっていうか、
「どーせなら、ニューヨークでうどん屋を開いて繁盛して終われ!」などと思ってしまうのですが、
それじゃあ在り来たり過ぎるんでしょうね。 にしても、どーでしょう?この終わり。
確かに「カミング・スーン」でも悪くはないのだけど、無理矢理すぎやしませんか?

でも、楽しめたからそんなコトどーでもいいや。 結局、そんな気分になりました。
この映画で人生を学ぶつもりもありませんしね。
今回こっちゃんは、”前売食券”購入で一杯1,300円のうどんとなりました。
安くはないけど、食べて美味けりゃその日はOK!ってなもんです。
明日はまた別なものを食べるわけですから。
だからトータルでは満足、満足。

どうでしょう。
フジお得意の過剰CMでまだお腹一杯になっていない人は、一度この映画食べてみては?

ただし、食べる前からくれぐれも期待なさらぬよう。
お腹こわしちゃいますからね。( ̄ー ̄;)b

 

【作品】UDON 【松井香助】ユースケ・サンタマリア
【監督】本広克行 【宮川恭子】小西真奈美

 



Comment ( 22 )  |  Trackback ( 16 )
     
« アンダーワー... ゆれる (2006) »




 
コメント
 
 
 
ソウルフードムービー第2弾? (Ageha)
2006-08-28 11:58:41
実はまだ見に行ってはいないのですが、

だんだんあのCMがすりこまれつつあります。

なんもメニューが思いつかないときに

食欲ないときに

最近やたらうどんが夕食になるのは

きっとそのせいかと。

家族がうんざりしております。

具変えたり、熱い冷たいはバリエにならんと。(笑)



かもめ食堂ではやたらおにぎりが食べたくなりました。

裸の大将さんじゃなくっても。(爆)

今度はうどんですかい・・・。



90%はドキュメント、

現地の人、現地の店がバンバン出てくるとかで

町おこしには一役買うでしょうが、

ユースケサンタマリアという俳優を

なんとかうけいれねば・・・ってのがあって。

これが一番のネックなんです・・・。

 
 
 
こっちゃんの ()
2006-08-28 13:29:16
映画紹介ですでに、おなかいっぱいになりそう
 
 
 
具だくさん! (Anvil)
2006-08-28 15:41:17
って所は同感ですね(笑)あまりに具が多すぎて最後のキャスト一覧見て

「あれ、この人何処にでてた?」って沢山聞いてしまいました^^;



Yahooのレビュー見るとあまり評価よくないみたいですが、

私はとっても楽しんでしまい、いい気持ちで劇場を後にできましたよー。



未来人タムラやっぱり出てたんだ~。

「えー、知らないよー。」って言い捨てちゃった(笑)・・・すまぬ
 
 
 
むむ、ここもか! (かぶどん)
2006-08-28 19:30:30
許さーん!!(*`◇´*)/(のっけからハイテンションです)



なんだかんだと、日本人なら「うどん」だろ!┌(`Д´)ノ)゜∀゜ )ウドンヤデー

UDONなんて、妙にメリケンかぶれしおって!!

サンタマリアなんて芸名も許さん!!



「UDON」かかってこいー!(*`◇´*)/
 
 
 
小西さんの (m52387177)
2006-08-28 19:59:57
顔よりでかいゲソ天うどんが食べたくなったおいらです。

うっふ~ん(o^-^o) ウフッ



テーマは本当に盛りだくさんだったよね。

\(^o^)/
 
 
 
翌日の (くまたん)
2006-08-28 21:17:32
サラダUDON、また、作ってあげるからね。

TBしますよん。
 
 
 
いいよね (ニゲラ)
2006-08-28 21:24:45
まだ観てません。

でも近々観ますからね。

私は昨日の夕飯にも

今日のお昼にも

おうどん食べましたーー。

一杯期待せずに来週あたり

いってきますぅ。
 
 
 
なるほど (choro)
2006-08-28 22:22:09
最近はTV局とタイアップした映画の場合、本当にTVでの宣伝が凄いよね。(ゲドもそうだったけど)

この映画、観ようかどうしようかと迷っていたのですが、いろいろ他に観たいのがあるので、DVD待ちにしようかな~と思い始めていたところです。 

とても面白そうなんだけど、やっぱり過度な期待はしない方がいいんですね。

観る時はそうします!(笑)

 

でもおうどん、大好き!

そう言えば、先週、もう劇場の売店でうどんを売ってたわ~(お持ち帰り用です)
 
 
 
そっかぁ。。。 (miyu)
2006-08-28 22:39:05
不評が結構多いんですね。

あたしは期待してなかったから、

結構楽しめましたよ~ん♪

くまたんはユースケ好きみたいだけど、

こっちゃんはあんまり好きじゃないのかな?



確かにラストは想像とは違ったね。

香助少年がお父さんに話していた夢が叶ったんだと

いうラストにしたかったんだろうけどね(^-^;
 
 
 
クルでしょう!うどんブーム。 (【お返事】こっちゃん)
2006-08-28 23:53:08
▼Agehaさんへ

あっはっは。

いまAgehaさんのお宅にお邪魔したら間違いなくうどんを出されそうですね。

観る前からソレだったら、観たらいったいどうなるの?

家族のブーイングは一層増すでしょうね。

おにぎり→うどん。

お次のソウルフードはなんでしょう?

梅干か?納豆か?

ユースケは別に無理に好きにならなくても良い俳優だと思います。

そもそも俳優と呼んでよいものか。

こっちゃんの中では、いまだにビンゴボンゴだったりしますので。





▼るさんへ

おおっと!それはスマン。

でもこういう映画ですわ。

るさん、うどんは好きかな?





▼あんびるさんへ

あ、観てるし。(笑)

そうそう、最後のクレジットで、

「え?ドコだっけ?」ってなる人もいましたね。

未来人タムラはあれですよ、

宮脇書店で最初に「TJサヌキありますか?」って言った人です。

覚えてるかなあ?





▼かぶどんさんへ

なんか知らんけど、あちこちで怒ってるねアンタ。

メリケンかぶれの意味がよくわかりませんが、まあ良いでしょう。

サンタマリアはないよね、あの顔で。

それはこっちゃんも思う。





▼mちゃんへ

お!アンタも観てるのかい。

みんなすごいなあ。

一斉にミテルジャン。

こっちゃんだけかと思ってたのに。

具がほんと多い映画でしたな。

お腹いっぱい!





▼くまたんへ

あ。サラダうどんお願いします。

くまたんの料理は美味しいもん。

モリモリ食べるからね。





▼にげらさんへ

にげらさんも観る前からうどん食べて盛り上げてますね。

ダメですよ。

ほどほどに期待を抑えてね。

そうすればきっと楽しめるハズです。

で、観終わったらまたうどん食べるんでしょ?(笑)





▼choroさんへ

でた~~~~っ!

choroさんのDVD流し。

やっぱ、そうします?

特に邦画が好きでなければそれでも良いかと。

イマイチ力いっぱいオススメできないのね。

売店でウドンを販売?

そりゃ売れそうだわ。商売してんなー。





▼miyuぽんへ

うーん。

なんかね、結構評判が悪くて意外だったな。

みんな期待しちゃったんだよ、きっと。

だからだね。

ま、こんなモンでしょ。

でも、けっこうウルッ!と来てるんだな、これが。

くまたんはね、歌手のユースケが好きなんだよ。

こっちゃんは嫌いじゃないんだけど、

たまにちょっとウルサイ時があるからな~~~。

なんか、抵抗を感じるときがあるってカンジでございます。
 
 
 
UDONより うろん (かぼちゃ)
2006-08-29 15:14:01
ごめんなさいm(__)m。

讃岐うどんより「かろのうろん」が好きなの。

腰の強いのはどーも^^;

くたくたに煮たぶつぶつ切れるうろんは、弱ったおなかにやさしい。

え、うどんの話じゃない?こりゃまた、失礼!

間違いなく放映待ちです。

ちなみに、大捜査線、未見なので…。

こっちゃんのレビューで、コニたんが見たくなったんだけどね~。
 
 
 
そうそう、 (km_achin)
2006-08-29 20:52:20
具だくさんでしたねー。



泣かせどころがいい感じでした。

お父さんの笑顔よかったなぁ。



テレビでそんなにユースケ出てましたか。

撮りためたDVDを観るのでせいいっぱいで、気づきませんでした。かえってよかったかも。



ラストがねぇ。

お笑いで挫折したのに、そう簡単に・・・ねぇ。



そうは言いつつ、笑える映画で、楽しめましたよん。
 
 
 
讃岐うどん。タヌキうどん。意味ないけど言ってみただけ。 (【お返事】こっちゃん)
2006-08-30 00:07:48
▼かぼちゃさんへ

へ~。

「かろのうろん」なんてあるんだー。

しらなんだ。

間違いなくTV放映待ちですか。

あらっ。ヘ(_ _ヘ)コケッ

「踊る」シリーズも観てないのね。

それはもったいない。

この映画のコニタンはまたちょっと異質なキャラですよ。(笑)





▼km_achinさんへ

具沢山。

言いたいことも多々あれど、

どうかと聞かれれば「おもろいよ」と答えちゃう。

結局、自分が良くわからなくなるような映画でもありました。

ラストはねえ。あれはないなあ、と・・・。

いや、だから楽しかったんですけどね。
 
 
 
投稿できる~ (千幻薫)
2006-08-30 14:46:24
お久しぶり。ヽ(^o^)丿

URLを入力すると書き込めないみたいでTBも無理な状況です。

『サマー...』観てない人は楽しめないかもってな感じで~♪

面白かった~。満足。

 
 
 
▼千幻薫さんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-08-30 23:57:10
あ。わざわざドーモ。

相変わらず不調なんだね。

でも、URLを入れないと投稿できるってなんだろ?

ううん・・・。

「サマー~」観てる人はヘンなとこで喜んじゃうよね。

やっぱ本広カントクだわさ。
 
 
 
サンタマリアが (きつねうどんkino)
2006-08-31 00:29:39
どうにも拒否反応を起してしまう、サンタマリア。

うるさすぎます!

でもなー 小西真奈美ちゃん可愛いしなぁ~。

「サマータイムマシン」こないだ見たとこだし、観ようかなぁ~。



 
 
 
宣伝過剰ですよね (tacoss)
2006-08-31 16:12:28
私も同感です。

だって、見てない人がストーリー知ってたりするんだもの・・・

特に深夜枠では、やりすぎ?
 
 
 
ユースケ べしゃり。 (【お返事】こっちゃん)
2006-08-31 23:55:59
▼きつねうどんkinoさんへ

ユースケが苦手なんだね。ふふふ。

もしかしたらこの映画は最後まで鼻につくかも。

コニタンて、女性に人気あるのかな?

意外だ。

でも「サマータイム」観てるひとなら観ないのもったいないよ。

うーん。どーする?





▼tacossさんへ

そうそう。深夜枠がとくにヒドかった。

「いいとも」のミエミエゲストまでは良いとして

夜中はちょっと静かにしてくれ!って感じですよね。

観る前にストーリー全部分かっちゃうのって最悪だよね。(笑)
 
 
 
美味しかったよ (ニゲラ)
2006-09-04 20:14:58
観てきました~

私にとってはツボに入りまくり。

面白かったです。

5つ★ですよ。

TBしました。よろしくね。
 
 
 
▼にげらさんへ (【お返事】こっちゃん)
2006-09-04 21:04:56
ほっほー!ツボはまりまくりでしたか。

そりはそりは。

★5個!よかったんだねー、ホント。



TBありがと!
 
 
 
来るでしょう (にら)
2006-09-15 09:02:09
寺島進ブーム。



でも、ブームが去ると腰の弱い寺島進になりそうで、ちょっとやだな(笑)。



てなわけで、大絶賛に見せかけた記事をTBさせていただきます。
 
 
 
▼にらさまへ (【お返事】こっちゃん)
2006-09-15 09:51:09
あっはっは。

この短いコメントだけでも充分笑えます!



こっちゃん的には

日産マーチのカラーバリエーションが分かって面白かったです。(笑)



「見せかけた」記事なんですか?
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「UDON」見てきました (お天気屋AnvilのきまぐれBLOG)
「男たちの大和」でちょっとしんみりしてしまったので、ここは一つ笑えるものを! と思って、「UDON」を見に行きました。 日曜日の午後といういい時間帯のためか、劇場とても混んでいました! {{{ 成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サ ...
 
 
 
「UDON]「ゆれる」「しらたま」「ペ・ドゥナ写真集」 (☆動画☆くまたんと、しらたまのおもしろすぎる生活)
仕事終わってから、予定通り「UDON]観ました。   お昼に 、うどん、食べてから行きました。         ???? 讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って家を飛び出しニューヨークへと ...
 
 
 
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタ ...
 
 
 
「UDON」見ました。 (自分勝手な趣味の部屋(2号室))
「UDON」見ました。内容は「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに ...
 
 
 
UDON (Akira's VOICE)
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか~し,ダシは薄味。
 
 
 
UDON (まぁず、なにやってんだか)
予告を観て「面白そうだな。ちょっと泣けそうだし。」と思い、「UDON」を観に行ってきました。 泣く予感がしていたにも拘わらず、ハンカチ類を持たずに映画館に来てしまいました・・・大丈夫なのか? この映画は泣かせるツボがあって、すっかりそれにはまり ...
 
 
 
UDON (すれっからし塾講師のシネマライフ)
昨日、劇場にて鑑賞 いきなり感想です 無性にうどんが食べたい! あれだけ、おいしそうに食べている様子を 見させたれたら、そうならない方がおかしい!! 内容ですか? 楽しめましたよ! アニメも盛り込んだりして スペーストラベラーズのよ ...
 
 
 
『UDON』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]     2006/08/26公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】本広克行 【脚本】戸田山雅司 【出演】 ユースケ・サンタ ...
 
 
 
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
 
 
 
UDON ( NIGERAのお庭)
本日「UDON」鑑賞してまいりました!!何という面白さ!まさにこういうのが観たかったのです。前半はユースケさんがハイテンションで突っ走ってもう一人で受けまくり。静かにしようと思ってもついつい声が出てしまう。いえいえ、私ばかりではありません。他の観客 ...
 
 
 
UDON (ダラックマ日記)
? 「UDON」 を観に行ってきました。 ちょっと、これ・・・「観ないと、マズイ!」とか言ってる前にさ、、、「UDON」を観に行こうとしているアナタに・・・ 「サマータイムマシンブルース」 観てから行けよ!!って声を大にして言いたい。 ストー ...
 
 
 
「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー (オールマイティにコメンテート)
「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。
 
 
 
『UDON』 (ねこのひたい~絵日記室)
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX-メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
 
 
 
『UDON』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) ...
 
 
 
『 UDON 』 (やっぱり邦画好き…)
公式サイト 映画 『  UDON 』   [公開情報] 2006年:日本 【2006年8月26日公開】[ 上映劇場  ] 監督:本広克行 脚本:戸田山雅司 【キャスト】 ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香  升 ...
 
 
 
UDON ~DVDにて~ (三日月のしっぽ。)
  UDON・・・評価  3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 世界中の人々を笑わせたいと夢見てニューヨークに渡米した香助だったが
 
 
 

アクセス解析