たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

アイドル

2017年06月20日 | 日記
ダンナの車を2年前に処分した。

処分というか買い取りに出した。

たった5000円だった。

何年も何年も乗ることが無くなっていたダンナの車だったから、車検もとっくに切れてたし、まあそんなもんか。

車を処分した時、ダンナにそのことを話すと、

「キャンディーズのカセットテープが入ってたはずだ!」

と焦っていた。

ちょ、キャンディーズのカセットテープって…

めんどくさいので、「取ってるよ」と言っておいた。

取ってないけど。

しかも取っていたとしてもカセットテープを聴ける機器も家にはないし。

ていうかダンナはキャンディーズのCDだって持ってるじゃないか。それはまだ家にある。


ダンナがキャンディーズなら、私のアイドルは郷ひろみだった。

小学3年生の夏に、デビュー仕立ての郷ひろみをテレビで見て、それはそれはもう、いっぺんに好きになった。

それ以来のファン。

まあ、今は昔のようにキャーッていう気持ちは薄れたが笑

でもま今もとりあえずひろみファンの私だが、最近なぜか昔の野口五郎の曲が聴きたくなった。

それで近くのレンタル屋に行ったら、野口五郎のCDが、1枚だけ置いてあった。

しかもベスト盤。特に私が好きな曲、「季節風」も「風の駅」も入っている。

よし。

と、カウンターに持っていこうとしたが、なんだか野口五郎のベスト盤を1枚持っていくのが恥ずかしい。

ミスチルとドリカムも借りて、野口五郎のCDを間に挟んでカウンターに持って行った。

そしてここ数日、車の中で野口五郎を聴いている。

中途半端な暑さの日には、エアコンではなく窓を開けたいところだが、野口五郎をガンガンかけて窓を開けるわけにはいかない。

窓をピッチリ閉めきって、野口五郎の往年の名曲を堪能しているおばちゃんなのであった。











1割

2017年06月19日 | 日記
息子が塾の在籍カードを紛失していた。

でもそのカードが警察署に届けられたと塾から連絡があった。

それで今日、息子と警察署に取りに行ってきた。

そういう時って1割のお礼をするのかな?でも在籍カードの1割っていってもなあ…

などと考えながら行ったけど、特にお礼を促されることもなかった。

カードは息子が利用している電車内にあったようだ。


昔、私が高校生だった時、電話ボックスにメガネを置き忘れたことがあった。

その頃は普段メガネをかけてなくて、授業などたまにかけるだけだったので持ち歩いていた。


すると警察から届いているとの電話があった。

取りに行くと警察の人に、

「小学生の女の子が届けてくれました。できればメガネの1割分のお礼をしてください。子供ですからお金よりお菓子がいいんじゃないですか」

と言われた。

メガネの1割…

メガネは23000円だから2300円分なんだー

と、ばか正直に考え…いや、それが普通かもしれないが、せめて2万円とかで計算すればいいものを笑

まだ高校生の私には、しかも実家を離れて寮生活をしている私には、2300円はけっこう痛かったのに。

スーパーに行って、小学生が好きそうなお菓子をキッチリ2300円代計算して買い、警察署に届けたのだった。


そんな経験があったから、ついつい1割のお礼が頭によぎったが、ただの塾の在籍カードのお礼はしなくて良かった。


とはいえ、届けてくださった親切な方に感謝。





















もうしばらくは居ておくれ

2017年06月18日 | 日記
ダンナが退院したいと言ってもすぐできるわけでもない。

現在ダンナは病院で、入浴や着替えなど介助してもらっている。

そんな手のかかるダンナに今戻って来られても困る。

病棟の看護師さんに電話をしたら、

「退院の話しは無いですよ。家に電話をしたいとあまりしつこかったから電話の許可をしたんです」

とのことだった。

だよね。焦ったわ。


これまでダンナは精神科の病院を転々としている。

今の病院で4ヵ所目。


初めて鬱病と診断されたのは、13年前だったろうか。もっと前かな。だんだん私の記憶も定かじゃなくなってきている。

鬱病と診断され通院していたがどんどん悪化し、入院するようになった。

後に統合失調症となり、ダンナの職場から私が何度か呼び出され、徐々に自主退職を促されるようになった。

退職しないで籍だけ置いていても給与は0だったので、いくらでも退職金をもらおうと4年前、自主退職した。

それと同時にダンナは障害者認定をされた。

私はこれからどうやって生きていこうと茫然となったが、今もなんだかんだ生きている笑

いや笑うことでもないが。

この13年間、何度離婚したいと思ったことか。

私じゃなかったらとっくに見捨てられてたよとダンナに言いたいくらいだが、その一方で、私じゃない人と結婚していたら、ダンナはこれほどまでに病気が悪化しなかったかもしれないとも思う。


だからその責任もあるから離婚しない。


いつかダンナのことをどうにかしなきゃなあ。病院から出して、少しでも幸せにしなきゃなあと思っている。


でもだ。

でもでもでーも!

まだ早い!

まだまだ早いのだよダンナ。


アンタとアンタの母親も同時にじゃ、ワタシャつぶれちまいますわ。


まあだ、そこに居ておくれ。






別の人生

2017年06月16日 | 日記
大腸の内視鏡の検査をしてから数日経つが、あれから毎日快便だ。

検査をする前はかなりビビってしまったが、やはりやって良かった。

おしりに沿って後ろにスリットのはいった紙のデカパンを履いての検査。


あの検査用のパンツを履いた時、私は20年近く前に不妊治療をしていた頃のことを思い出した。


不妊治療をする中で、卵管造影検査というのがある。

造影剤を卵管に通して、詰まりがないかなど調べる検査。

あの時履いた検査用の紙パンツは、後ろにスリットじゃなく、前に、というか下にスリットが入ってた。


その日、同じ検査を私ともう一人受けに来ていた人がいた。


Sさんという私より二つ年下の人で、県内だけど遠い町からその病院に通院していたようだ。

痛いかもしれない検査だから、待っている間、お互い励まし合いながら意気投合した。

二人とも検査が無事終わり、連絡先を交換し、通院の日が同じ時は一緒にランチをした。

そうしているうちに、なんと私たちは同じ頃オメデタになり、同じ月に二人とも男の子を産んだ。

それだけでも同じことだらけなのに、まだ私たちには共通点があった。

なんとまあ同じ車。

いや、それもビックリだが、それよりも、実はお互いダンナがウツ病だった。

そのことも二人で悩みを溢し合っていた。



そうしているうちに住んでいる所が遠いこともあり、なかなか会えなくなった頃、Sさんから「離婚しました」という便りが来た。


数年後Sさんの住む町に息子を連れて会いに行ったが、息子さんと二人、小さなアパートで元気に暮らしていた。


それからもたまに連絡を取り合っていたが、徐々にその間隔も開き、今は疎遠になってしまった。


どうしてるかなあ…


この前のデカパンを履いて思い出したSさん。

二人であの日履いたデカパン笑

そんなデカくもなかったかな。

いやまあそれはどうでもいいが。



私もSさんのようにキッパリと離婚していたら、きっと別の人生があったんだろうなあ。


ダンナのことも姑のことも考えなくてよかった。

そしてもしやもしや再婚してたりなんかして?

なんてね。


でも私には離婚する勇気も潔さもなかった。


まあ私のことだから、たとえ離婚してもそれはそれで、「これで良かったんだろうか」と、後悔もあっただろうけど。


なんてことを考えていたらダンナから突然電話が来た。


「あのさあ、退院したいー」


げっ、なんだって!?

あ~、やっぱ離婚すりゃ良かった。












日曜日はどうする?

2017年06月14日 | 日記
いくらなんでも仕事のシフトが酷い。

今週の私の勤務日がたったの二日になっていた。

昨日は一番信用できる上司にそっと聞いてみた。

すると、

「正直、今経営がキツくて…ほんとすみません…」

と言われた。

そうなんだ…。確かに派遣の者を遣うとお金がかかるらしいから、私のことをあまりシフトに入れられなくなってきたんだな…。しょうがないよね。

まあ8月いっぱいの契約だからここはもうおとなしく従って、あとは身を引きますわ。

週に2、3日だけの仕事だけど、それ以外の日は姑のとこに行ったりそれなりに忙しい。

今日はダンナの入院先の病院に行き、その後は姑のところに行ってくる。


そんなこんなの日々だが、ついこの前、派遣会社の担当者から電話が来た。

「たかぽんさん、日曜日だけは老人ホームで働きませんか?」

割りと大きい老人ホームで、日曜日は人手不足のところがあるらしい。


普段は障害を持った子供達の施設で働き、日曜日は老人の施設で働く…

さて、どうしよう…

返事は保留中。

どうしようか私。