旅するガーデナー(仮)

いつも五感を刺激し、喜怒哀楽、幸も不幸も、哲学も瞑想も、言葉にできない多くが存在する庭は私のパワー・スポット!

続☆秋の宿根草 

2018年09月22日 16時08分37秒 | 庭作り(2014April~)

午前中は小雨がパラついていましたが、午後からは晴れて、ようやく洗濯物が外に干せました
9月も雨の日が多いですね。

秋の宿根草で可愛らしい花はシュウメイギク。
何色かわからないまま頂いて植えていた株の一つは、ピンク&濃いピンクの二色の花でした。
まだ小さな株なので、どれくらい成長するかわかりませんが、秋のさし色にピッタリかも


もう一株は白い八重咲きでした。
雨で花びらが数枚落ちたら、中心から白い何かが出てきました
ナンジャコリャ


築山では初夏に植えたアスター・ディバリケータスの花が咲きましたが、株の状態が悪くて
夏越しが上手くいかなかったのかもしれません。
宿根アスターは何度か挑戦していますが、夏越し出来ず秋には枯れていました。
だから、この株がとりあえず生きているだけで良しとしましょうかね

 

築山ではハナトラノオが咲き終わり、今はタイワンホトトギスとゲンノウショウコが伸びて花を咲かせています。
切り戻したペッシカリア・シルバードラゴンも、蕾をつけ始めました。

 

リコリス・アルビフローラの花はほぼ終わりました。
こんな終わりがけの姿も結構好きです
この後、株元から葉が茂ります。

 

玄関前ではハクリュウの花が沢山咲いています。
水色の花が残暑の頃の涼となっています。


 

今日、大好きなライトノベル「ビブリア古書堂の事件手帖」の続編が発売されたので、早速買いに出かけました
主人公のカップルは結婚し、その子どもが6歳になっていました
どうやら一寸生意気な子のようですねぇ~



11月にはこの映画が公開になるし、この秋は読書と映画とコンサートの予定も・・・私的文化の秋になる予感

 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 
人気ブログランキング


にほんブログ村

コメント

ヒガンバナの咲く頃の作業は

2018年09月19日 16時03分41秒 | ボランティア【長久保公園)

今日は午前中、公園のローズガーデンのボランティアに行きました。
バラの夏剪定も施肥も終えているので、作業は除草がメイン。
昨夜雨が降って土が濡れていたせいで、草がスルッと抜けるので楽でした。
除草は雨上がりに限ります

その後、黒酢or竹酢ブレンドの忌避剤+スペシャル栄養剤をバラの新芽と葉に散布しました。
タイミングとしては少し遅いですけど、秋バラに向けて新芽が出ているので、少しでも守らないと

ネルマーティンに沢山の赤い新芽が出て成長していて嬉しい
この新芽が全部、秋の花になってくれると良いのだけれど

駐車場前ローズガーデンでは、全く葉の無いバラと、しっかり葉を付けているバラに、ハッキリわかれています。
古いタイプのHT系はようやく新芽がみえてきました。
比較的新しい品種のブルーフォーユー(2001年作出)は、病害虫に負けずにスクスク育っています。
秋バラが楽しみ


剪定後のローズガーデンは花が無く淋しいですが、そんな時にこそ下草が彩りになります。
春に植えたシノグロッサムがまた咲き始めました
通常なら、花は6月に終わって今頃種蒔きのシーズンなのですが、一度終わった花のこぼれ種が芽吹いたのでしょうか
とにかくよく増えて、これからマダマダ咲きそうです。
それともシノグロッサムじゃなかったのかな
でも可愛いから許す。

温室前に植えたハツユキソウ(ユーフォルビア・マルギナタ)も育って花が咲いています。
小さな花なので、分りにくいけど
コリウスも花を咲かせて賑やかな雰囲気に


公園にはヒガンバナの仲間のコーナーがあります。
今はべラドンナ・リリー(ピンク色の大きな花)や、ゼフィランサス・タマスダレが咲いています。

赤いヒガンバナは満開までもう少し。

このヒガンバナを「曼珠沙華」と記したネームプレートが立っています。
この漢字を読める人は、そう多くはないのでは
でも学名の「リコリス・ラジアータ」じゃ、親しみが湧かないですかね
ならば「ヒガンバナ」との並列表記では
もうすぐお彼岸だし、季節を感じる花としてもイメージしやすいし。

植物の名前の表記って、難しいですね。

 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 
人気ブログランキング


にほんブログ村

 

コメント

リコリス・アルビフローラ と くまのプーの映画

2018年09月18日 15時03分39秒 | 庭作り(2014April~)

昨夜は突然の豪雨でした。
家族で横浜まで出かけ、レストランで食事して外に出たら、土砂降り&稲妻
最近は「あ~、またか」と驚かなくなってきているような

庭でリコリス・アルビフローラ(白いヒガンバナ)が咲く季節になりました。
昨年は7、8本咲いたのですが、今年は5本に減りました
ちょと残念

それでも一つの花が大きいので、存在感があります。


写真の被写体としても魅力的な花です。
特に雨上がりなどは、一層素敵に

長い雄蕊のおかげで面白い写真が撮れるような気がします。
雨粒の演出はさらに効果的


リコリス・アルビフローラばかり眺めていて、実生のハマナスが育っているのに気が付きませんでした。
白く囲ったところに芽が出ています。

旧庭時代に芽を出した実生のルゴサ(ハマナス)は今も育てているのですが、彼是5年以上たっているはずなのに、サッパリ咲きません
鉢植えだからでしょうか・・・もっと肥料がいるのかな
この実生株をこのまま築山で育てるわけにいかないので、掘り上げて鉢で育てようと思います。

もしかしたら、何かしらと交配して新種のルゴサが出来ているのかもしれない
なんて、淡~い期待をしているのですよね
そしたら、なんていう名前にしようかな~なんて妄想したりして


 

先週の金曜日、公開初日にプーと大人になった僕』を観に行きました。
初めから終わりまで、目がウルウルしていました。
A.A.ミルンの原書版のシリーズを学生時代に授業で読んで、その世界観に惹かれていたから、映画冒頭から引き込まれたのかもしれません。
勿論アニメも子どもたちと観たことがあります。
クリストファーロビンのような幼少時代など、自分に在ったのかどうか思い出せないけど、この物語には心洗われました。
不思議な展開なのに違和感がないのは、元の物語を知っているからでしょうかね~
映画の風景はロンドンの公園だったり、イギリスの田舎の森だったりで、それも素敵なの
私も「100エーカーの森」に行ってみたいわ


応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 
人気ブログランキング


にほんブログ村

 

コメント (2)

秋の里山ガーデンフェスタは花一杯! ~ガーデンネックレス横浜2018

2018年09月16日 16時54分52秒 | 横濱WALK

このところ雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、今日は薄曇りだったので、長女と一緒に、昨日開始の「ガーデンネックレス横浜2018 秋の里山ガーデンフェスタ」へ行ってきました。
里山ガーデンの大花壇が再び花一杯になっていました

ガーデンベアーも健在
エントランスの植栽からワクワク


ウエルカムガーデンではピンク色のダリア、ブルーのサルビア、黄緑色のコリウス、ジニア、コスモス等、沢山の種類の秋咲きの草花が一杯

ガーデンベアーも居ました。
フォトスポットになっています。


ガーデンには所々に、咲いている草花を記したパネルが置かれていました。
ここは園芸王子こと三上真史さんデザインのポタジェ。

野菜も植えられているサークル花壇が可愛らしいです

 

大花壇へのデッキを歩いて行くと、竹林越に大花壇がみえてきます。
このチラリズムが、大花壇への期待を膨らませてくれます。


見事な秋の大花壇は見ごたえ十分
草花の株にボリュームがあるところを見ると、しばらく前から植えこんで育てていたのでは。
準備万端での公開なのかな。

ピンク色の大きなネコジャラシのような花はケイトウ・アジアンガーデン
色のグラデーションが面白い

ジニアと白いサルビア・ファリナセアの中にハート

アンティークカラーのジニアも秋らしくて素敵
コリウスが赤く色付いてきていました。

センニチコウ・ファイヤーワークスが、植栽の中からピョンピョンと飛び出して、可愛らしい


黄色とオレンジ糸のキバナコスモスの混植がダイナミック

このガーデンは、数種類の植物が混植となっていて、その色のコンビネーションがとても良いの
ジニア・リネアリスや秋色マリーゴールド、ペニセタム・ギンギツネなどの組み合わせも好きだわ
混植って、単なる色合わせではなく、植物の性質なども考慮しなくてはいけないので結構難しいと思いますが、とても素敵に出来上がっていました


コスモスは咲き始めたばかり。
コキアもどんどん色づく事でしょう。
これから先のこのガーデンの変化も楽しみです。

一年草中心の植栽は、自分の庭ではしないけど、こうした素晴らしいガーデンを見ると、ガーデンのイマジネーションが刺激されます。
色合いのエッセンスだけでも、どこかに取り入れたいな


明日まで本日までグリーンマルシェが開催され、多肉植物や草盆栽、ドライフラワー等、販売されています。
こうしたイベントも楽しいですね。

お土産にガーデンベアーのイラストが付いた箱に入った「ローズ マドレーヌ」と、ガーデンマルシェで売っていたドライフラワーのキャンドルを買いました。

 

里山ガーデンフェスタは10月14日までの開催。
秋も花を愛でたい方、秋のお出かけを考えている方、皆さんにお勧めの「秋の花イベント」で~す

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 
人気ブログランキング


にほんブログ村

 

コメント (2)

秋に咲く宿根草

2018年09月13日 15時53分06秒 | 庭作り(2014April~)

ここ数日、涼しい日々が続いています。
昨日は午後からガーデニングを頑張りました

庭では秋咲き宿根草のサルビア・オルナタが咲いています。
日本原産だそうで、和名トウテイラン、漢字で洞庭藍と表記します。
検索すると「花色の美しいブルーが中国の洞庭湖の湖面の色に由来する、と言われる」そう。

原産地では絶滅危惧種だそうですが、ウチの庭では宿根しています。
シルバーリーフにブルーの花が美しいです


先月からラスティーセージ(サルビア・ランセオラタ)が咲いています。
シルバーリーフに茶系の花。
個性的で面白く、陽当たりが良い場所では元気に育ちます。
また蕾が上がってきました


先日、ガイラルディアを数株頂きました。
それまで何処かに植えていたそうで、花の盛りが過ぎていましたが、蕾もついていたので、花ガラを切って植えこみました。(白い枠内)

徒長しているけど、小さいながら花も蕾もあるので、もう一花咲かせられそう
上手く宿根しますように


強風や台風で倒れたり折れたりして、悲しい姿になったダリア・黒蝶が一本だけ残った枝から花を咲かせました。
蕾も次々上がってきています。

株元を見ると、茎が折れて穴がぽっかり見えているのです。
その茎から伸びた枝が枯れずに花を咲かせるなんて


植物はなかなかに、しぶとい。
人も、しぶとく生きていかねば・・・

この度防災グッズを新たにした我が家です。


 

応援のワン・クリックをよろしくお願いします。
励みになります。

 
人気ブログランキング


にほんブログ村

 

コメント