自己満足的電脳空間

完全自己満足主義。テーマはない。自分の趣味・関心事を偏った嗜好と思考でダラダラと書き綴る自分のための忘備録。

サッカー日本代表 ホーム(2002日韓W杯モデル)

2017-09-09 00:05:00 | ジャージ(ユニフォーム)
サッカー日本代表 ホーム(2002日韓W杯モデル)

2002年(adidas製)日韓ワールドカップを戦ったモデル。地元開催で見事ベスト16に進出した。国土を象徴する海と、スピード感を表す青の生地を組合わせたコンビのデザイン。首元から袖にかけてを彩る赤いラインは、日本の象徴富士山になぞらえている。

※歴代サッカー日本代表ユニフォーム一覧はこちら

私が初めて購入したサッカーのレプリカユニフォームである。


小さいときから野球少年だったオレは、Jリーグ開幕後も大してサッカーに興味もなく、サッカーで知っていることと言えば「キャプテン翼」から得た情報ぐらいだった(笑)しかし、1997年、本大会初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」をサークルの仲間たちとTV観戦してから、少しづつ興味を持つようになる。

2002日韓W杯モデルは高温多湿対策として裏地にメッシュを使った二重構造。軽量化のため、3本ライン、日の丸、協会エンブレム等全てラバープリント。オレの所有しているオーセンティックレプリカユニフォームも当然ラバープリントのため、15年以上経過した現在では様々な箇所にひび割れが目立つようになってきた。【追記:2018年6月11日…洗濯したら肩の三本ライン等がボロボロになり剥げ落ちた…

グループリーグを突破しベスト16まで進撃したチームと共に、日本中が、そして私もこのユニフォームを着て熱狂した。


2002年ワールドカップのロシア戦に先発した日本代表メンバー(2002年6月9日 横浜国際総合競技場 日本1 - 0ロシア)



先日、日本代表が2018ロシアワールドカップ出場が決定。2002年の感動が再び蘇った。

※その他グッズはこちら
ジャンル:
サッカー
Comment   この記事についてブログを書く
« サンフランシスコ・ジャイア... | TOP | 今年最後(予定)の東京ドー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ジャージ(ユニフォーム)