射水市聴覚障害者協会

障害者もあたりまえに地域で暮らしていけるまちをめざして…
日々の取り組みや聴覚障害者に必要な情報をお伝えしていきます。

聴覚障害者、孤立させない 避難所の連絡体制 重要情報は文字で(日本経済新聞)

2016年04月30日 | 社会の動き・情報(全国)

以下引用 日本経済新聞 2016年4月27日  http://www.nikkei.com/article/DGXKZO00150150X20C16A4CC0000/

 

 地震が相次ぐ熊本県の避難所で聴覚障害者への対応が課題となっている。聴覚障害者は館内アナウンスなどを聞き取れず重要な連絡を逃しやすい一方で、周囲が気づかず対応が後回しになって避難所で孤立する恐れもある。関係者は「避難所で大事な連絡をする際は文字情報を多く使うなどの配慮をしてほしい」と話している。

 「お耳の悪い方はいらっしゃいませんか」。避難所となっている熊本県菊陽町の小学校。熊本市の公務員、後藤香織さん(40)が筆談用のホワイトボードを手に、被災者一人ひとりに声をかけていく。

 後藤さんが所属する「熊本県難聴者中途失聴者協会」(熊本市)は18日から避難所を巡回し、避難中の聴覚障害者に手話通訳の無料サービスを紹介するなどしている。後藤さんは「掲示板が十分に活用されていない避難所もあり、重要な情報から取り残されている聴覚障害者は多い」と話す。

 熊本県によると、障害者手帳を持っている聴覚障害者は県内に約9600人(昨年3月末時点)。耳が遠くなっても手帳の交付を受けない高齢者なども含めれば、聴覚に関する「災害弱者」はさらに多いとみられる。

 福祉避難所に指定されている「熊本県身体障がい者福祉センター」(熊本市)には5人の聴覚障害者が身を寄せる。同市東区の安村敏男さん(78)は16日の「本震」後、近くの避難所で数日過ごしたが、食料や生活物資をどこで受け取れるのか分からず「黙って耐え忍んでいた」という。

 21日に妻の兼子さん(81)と同センターに移り、ようやく県外の親族に安否を伝えることができた。「避難所では話しかけてくれる人もおらず、心細かった」と振り返る。

 聴覚障害者が避難所に行くことをためらい、支援が行き届かないケースもある。3年前に聴力を失った同市中央区の本田ゆかりさん(50)は「自分だけが大変なわけじゃないから」と避難所に行かず、自宅近くに止めた車中で寝泊まりを続けている。本震後数日は自宅にあったお菓子だけで過ごしたという。

 九州聴覚障害者団体連合会の松永朗理事長(78)は「避難が長期化すれば、体調変化を周囲に伝えにくい聴覚障害者の健康面も心配だ。手話通訳者を避難所に配置したり、福祉避難所を紹介したりするなど早急な対応が必要だ」と話している。

 

ーーーーー

当事者が聴覚障害者への対応に頑張っているようですね。

大事な連絡(情報など)をする時には、やはり文字情報を多く使うように配慮してもらうことですね。

コメント

第11回全国手話検定試験チラシをアップしました。(全国手話研修センター)

2016年04月30日 | 全日ろう連・全国手話研修センター情報

全国手話検定試験HP  http://kentei.com-sagano.com/

毎日、少しずつアップしています。試験の開催級をアップしました。
★「受験の手引き」申込期間 2016(平成28年)5月9日(月)~ 8月1日(月)
★ 受験申込期間 2016(平成28年)6月10日(金)~ 8月12日(金)
詳細については、5月9日(月)にHPにアップしますので、お待ちください。

 

 

ーーーーーーーー

第11回全国手話検定試験「受験の手引き」は県聴覚障害者センターにあります。
手引きが必要の方はセンターに取りに来てください。

問い合わせ:富山県聴覚障害者センター
TFL 076-441-7331  FAX 076-441-7305


ーーーーーー

 第11回全国手話検定試験の日程が決まりました。

コメント

映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」 日本語字幕付き上映のお知らせ(再掲)

2016年04月29日 | 字幕付映画情報(邦画)

下記の作品字幕付上映時間を予定しております。

 映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」公式サイト


4月30日(土)~5月2日(月)

8:45 ~ 10:35

TOHOシネマズファボーレ富山

 字幕付き上映館一覧


 土日は大変混み合いますので、窓口やインターネットでの事前販売をお勧め致します。

     TEL 050-6868-5009   FAX 076-466-1717 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日UPした関連記事

 映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」 日本語字幕付き上映のお知らせ

コメント

【感動】耳が聞こえない両親のために、クリスマスソングを「手話」で歌う女の子(FEELY)

2016年04月29日 | 動画・画像

 

おはようございます。

一昨日、「ザ!世界仰天ニュース」のTVを観たんでしょうか?

耳の聞こえない両親のために、娘が手話通訳しながら歌っているというサプライズに感動しましたね。

別の、あの感動動画がありますので、紹介します。もう一度感動を(≧∀≦)

 

ーーーーーーー

FEELY  http://feely.jp/1111/

幼稚園のクリスマスイベントで、一人だけ違う動きをする女の子。

実は彼女、耳が聞こえない両親のために「手話」を交えて歌っているのです。

しかもただの手話ではなく、表情豊かにおどけてみせたり、曲の「雰囲気」まで見事に表現しています。

こんなに愛らしい手話がこれまであったでしょうか?

心が温かくなる映像です。(HPから引用)

 

 

 

ーーーーーー

一昨日UPした関連記事

 全米が感動 「耳の聞こえない両親へ娘が奇跡の歌!」(ザ・世界仰天ニュース)

全米が感動!娘の合唱発表会(ザ・世界仰天ニュース)

 http://www.ntv.co.jp/gyoten/backnumber/article/20160427_02.html

 

コメント (2)

4/23 射水市聴覚障害者協会 第11回定期総会の報告

2016年04月28日 | 協会情報・行事案内・報告

暖かい日が続いていますね。
花粉シーズンも終わり、やっとマスクが外せるようになってきてちょっと喜んでるIADのヨシです。

 

さて、タイトルの通り、4/23に第11回定期総会、記念講演を行いました。

定期総会では平成27年度の事業報告、会計報告、各部門の報告並びに平成28年度の事業計画、会計予算を報告しました。
今年度もよろしくお願いいたします。

 

定期総会や記念講演の様子を写真でお伝えします。↓↓↓

 村田会長の挨拶
  

夏野市長代理の障がい福祉課長の島田氏

 県議の海老克昌氏
  

市議の小島啓子氏

射水市心身障害者連合会会長の久々江氏
  

来賓のあいさつを頂いた後、広報部メンバーのタローさんが制作した射水市聴覚障害者協会創立10周年記念のムービーを上映しました。

 参加者からは面白かったとの好評でした。

  

 記念講演は「障害者差別解消法について」というテーマで射水市社会福祉課の益塚麻里子氏に講演いただきました。

個人的になるほどと思ったこと、感じたことをまとめると、

・障害者差別解消法は26の本則の条文と附則からできており、障害者の人権を守るための法律。

・教育、交通、生活などいろいろな場面で合理的配慮の提供が必要になってくるので。障害のことを知ったり、受け入れたりすることが大事。

・国や地方、会社は努力義務、県条例は何人(なんぴと)に対して配慮が必要ということ、法律よりも重たい内容となっている。
行政としては、データがまだまだ足りないので、困ったことがあったら、窓口に相談してほしい。そうやってデータを集めて、これからの対応につなげることができる。

 

定期総会に参加いただいた皆様、ありがとうございました。

コメント