公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京一極集中解消を

2012年09月03日 08時41分55秒 | 分都・防災・住宅政策
2100年 東京の人口半減 有識者研推計 65歳以上は45%
(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012090390070123.html

(引用開始)
政策研究大学院大の松谷明彦名誉教授(マクロ経済学)は「一極集中で増えていた労働人口が、一気に高齢化する。途上国の発展が続いていれば、都内の大企業の国際競争力は、大きく低下するだろう」と指摘している。
(引用終了)



一極集中は、その地域の急激な高齢化につながるのだ
ということを知りました。



そのためにも、バランスよく人口が分散する政策が
必要だと思います。



ただ、それは、大阪、名古屋、東京の「三都」ではなく、
もっと多くの都市が元気になることが大切だと思います。



もっとも、便利な都市の中心に高齢者の方達が集住する
のは良いことかもしれません。病院や福祉施設、
買い物施設、行政機関など利用しやすいでしょう。




(当ブログの過去記事)

「3都構想」よりも、分都を
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/39264f9c0f246edeaa01bacac6f923cd

道州制というのは 日本解体では?
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/5395955af5771dc33d1ac589533483af

東電資産「売却」ではなく、国有を(2) 原発こそ問題 すりかえるな
http://blog.goo.ne.jp/hoshonet/e/7a3fdea51e18f09f52ab937f336b20fe

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« がん制圧の研究開発に資源を... | トップ | いつまで、「原発の電力は安... »
最新の画像もっと見る

分都・防災・住宅政策」カテゴリの最新記事