公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

緊急事態宣言 どさくさに紛れて、土地家屋の強制使用

2020年04月07日 07時43分35秒 | 分都・防災・住宅政策
緊急事態宣言が出されることになりました。
人が集まる施設に圧力をかけることになり、効果が期待される面が
あります。

しかし、土地・家屋の強制使用とは驚きです。

公園や学校、公有地はたくさんあります。

以前、近隣の社会主義を標榜する独裁国家が、強制的な土地収用を
するのを見て「ひどい国だ」と批判していた人も多かったと思いますが、
気が付けば、日本も、そのような国家と同じような方向に向かっている
のでしょうか。(もっとも、強制収用はしばしば日本でも行われていますが)

感染症対策を否定するものではありません。病気の征圧を目標にする
政治を期待しています。

公有地なら、他国がやっているような突貫工事による臨時病棟を作って
も良いのではないかと思います。

どさくさに紛れて、独裁国家のようなことを平然と法律に入れ込まないで
ほしいです。

(当ブログの過去記事)

定休日を増やそう
議員の任期中だけ「政治休暇」をとれるようにすれば、優秀なサラリーマンが立候補できる

東京一極集中解消を
外国人技能実習制度を止めましょう
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本医師会が医師増員に反対... | トップ | 東京圏の人口分散を 1 »
最新の画像もっと見る

分都・防災・住宅政策」カテゴリの最新記事