公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

歩車分離式の交差点の普及を

2021年12月16日 13時09分04秒 | 交通
今日も、左折車に登校中の小学生がはねられる事故がありました。

交差点で、右折車や左折車が突っ込んできて怖い思いをしたことのある
人は多いのではないでしょうか。

運転者の方も、右折や左折時にハッとした経験のある人は多くないでしょうか。

右折や左折による事故は実に多いです。

歩車分離式の交差点なら、こうした事故は圧倒的に少なくなるはずです。

御存知だと思いますが、歩車分離式の交差点なら、自動車の動きは
全て止まります。信号無視の車までは防げませんが、かなり安全でしょう。

広がらない理由は何でしょうか?? 自動車で渋滞が起こるからでしょうか。
渋滞を起こさないために人の命が危険にさらされているのだとしたら、
とんでもないことです。

歩車分離式の交差点が少ない現状では、交差する道路の信号が赤になった
途端に見切りでスタートする人が歩行者タイムに突っ込む可能性はありますが、
表示をして、多くの人に慣れてもらうようにしたら良いと思います。

運転者への「注意」を要求するのではなく、システム自体を変えるべきだと
思います。

子ども達や高齢者、障がい者を守るために歩車分離式の信号機のついた
交差点が増えることを期待します。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« そもそも、立憲民主は「負け... | トップ |   
最新の画像もっと見る

交通」カテゴリの最新記事