公共の礎

「がん」をはじめとする難病を征圧しましょう!私達は「保障ネット」に参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「9月入学」論 今を「非常事態」とは思っていないのではないか?

2020年05月01日 07時37分22秒 | 教育・研究
「非常事態」だと騒いでいるのに、「これをきっかけに9月入学に」
などと言っている政治家を見て、がっかりしてしまいます。

改革は必要です。私も、9月入学というものを4月入学と選べるように
してはどうかと思っていました。入学機会の多様化はあっても良いと
思います。

しかし、今、それを言うことでしょうか。

愛媛県知事は反対を表明しているそうですが、愛媛県知事が言うように、
今は感染拡大に全力をそそぐべき時ではないでしょうか。

彼ら彼女らがそんなことを考える余裕があるというのは、実は事態を深刻
に考えていない証拠ではないかと思います。

政治の仕事に直接携わっていない人が思考実験であれこれ考えるのは、
それはそれで良いことだと思うのですが、

政治家には医療のことを全力で考えてほしい。

考えるなら、「コロナ後」の「医療」の体制について考えてほしいです。
今でないと、見えないことがあるはずです。

教育という面から見れば、長い伝統のある4月入学、「年度」制度などと
同時に考えなくてはならない話です。じっくりと検討してほしいことです。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 失業保険や生活保護が増える... | トップ | 「ゼロ年生」とは、愚にもほ... »
最新の画像もっと見る

教育・研究」カテゴリの最新記事