放浪のページ DR650でオフロード・ツーリング

キャンプ・ツーリングに林道ツーリング。スキーや食べ歩きも。ホームページや巡礼と芸術の別ブログもあります。左下のリンクで。

セローを購入

2021年02月22日 20時19分03秒 | ヤマハ・セロー


これまでDR650の1台だけに乗ってきたが、ヤマハ・セローを増車することにした。DRを手放すつもりはないのだが、1990年型のバイクはさすがに古くなっていて、長期間のツーリングでは不安なのである。そしてDRはキック・スタートなのだが、このキックをこの先ずっと踏めるのか、自分でもわからなくなったのだ。DRのキックはむずかしく、しかもはげしく踏み抜かねばならない。エンジンはなかなかかからず、10回、20回とキックすることはザラで、かなりの体力をつかう。もしもキックを踏めないときがきたらと、考えてしまう年になった。



DRで荒れた林道を走ると重く感じるようにもなった。もっと軽くて扱いやすいバイクのほうが、オフロードをたのしめると思うのだ。ガレ場でエンストしても、セル付きならすぐにエンジンをかけることもできるが、DRでは足場の悪いところでキックをしなければならない。それで以前から軽くてセルのついているセローがほしいと思っていた。



オフロードバイクは他にもある。ヤマハのテネレ700やスズキVストーム650もいいが、DRとかぶる。それに林道では重くて扱いかねるだろう。ホンダCRF250やカワサキKLX230もあるが、ジャリ道をゆっくりはしる私のスタイルには、セローがいちばんあっていると思うのだ。



車の電動化がすすむ昨今、2輪の世界も規制が強まって、ガソリン・エンジン車はへっていく方向だ。セローも生産中止になるが、再販売されるのか見通せない。手に入れるなら、今ではないか。DRのキックはまだしばらく踏めそうだが、林道ツーリング用にセローをキープしておきたいと思ったのだ。



そもそもほしいバイクはホンダCB1300、カワサキW800、ヤマハテネレ700、スズキVストーム650、それにセローなのである。この年になって飛ばそうとは思わないから、セロー以外はDRで代用できると感じられる。



バイクを買うのはDRを手に入れた1992年以来で、29年振りである。新車を購入したのはカワサキZXー10以来になるから33年ぶりだ。じっさいにセローに乗ってみると原付のように小さくて、軽くて、扱いやすい。インジョクション付きのエンジンはセルで簡単に始動する。メーターはデジタルで時計もついていて便利だ。ただパワーはない。高速ではきついし、北海道でも国道はきびしいだろう。あらためてDRにのってみると、アクセルもクラッチも車体も重い。よくこれで林道を走っていたなと我ながら感じるほどだ。音と振動は大きく、煙も吐くが、それがいいのも事実だ。これからはセローは林道ツーリングやトランポ・ツーリング、DRはキャンプ・ツーリングなどに使い分けてゆくつもりである。
コメント (6)

2021湘南ツーリング

2021年02月05日 18時02分20秒 | ツーリング関東


1月30日。厳寒の一日。バイクで湘南の海岸線を走りにゆくことにした。緊急事態宣言が延長される観測が強まっているが、叫ばれているのは飲食の場での危険性だ。だれとも会食せず、コロナに感染しない、させないように行動すれば、ソロで、バイクでツーリングをするのは、問題がないと判断して出かけた。



朝の気温は2℃。キックすると21回でDRは始動した。今日は手こずった。第三京浜をゆき保土ヶ谷PAで休憩する。気温は5℃ほどだが、バイクは5・6台いた。



当日は上下ともウインター・ウェアでかためたので、走っていなければ暑いほどだった。



ここでトラック・ドライバー?の女性に話しかけられた。2019年の刀ミーティングで、私のと同じDRを見かけて、なんというバイクなのかずっと気になっていたそうだ。そのときのDRの写真をスマホで見せていただいたが、私のとまったくおなじバイクだった。これはスズキDR650RSというモデルで、逆輸入車。1990年型で、私以外にも、オーナーズ・クラブにゆけば、3台同じバイクがいると話したりした。女性は刀に乗っているのだろうか。刀ミーティングはスズキが主催するものと、オーナーが自主的にやっているものの二種類があるようだが、だれか行きました? 女性とは距離をとって、互いにマスクをして会話をした。



横浜新道をゆき、大混雑している藤沢の街をぬけて江ノ島にでた。



富士山が正面にみえている。



海岸にはサーファーがたくさんいた。



気温は9℃だが、日差しがあるのでもっとあたたかく感じられる。



サーファーの人たちはバイクにボード用のフックを取り付けていて、ここに板を固定して移動していた。まるでサイドカーのように。



鵠沼海岸。



ふたたび海岸線をゆく。漁港の案内がでていたので立ち寄ると、ここからも富士山が大きくみえた。海の風景をながめると気分がよい。毎週のように雪山に行っているが、海もいいなとしみじみと感じた。



海岸をはなれ、国道129号線で北上する。橋本でローカル中華チェーンの南京亭に入ろうとしたが、大混雑していたのでパスした。そこで前から気になっていた、瑞穂町の定食屋にゆくことにする。日本亭という食堂た。



店についてお得な満腹セット1050円をえらんだ。



肉野菜定食に、



半ラーメンつきとメニューにあるが、半ではなくふつうの量のラーメンだ。



それに唐揚げつきで、正に満腹セット。こういう定食屋が好きなんだよね。



その後は足をのばしてバイク屋に立ち寄った。目についたのはヤマハ・テレネ700。エンジンやマフラーの作りこみやデザインがすばらしいが、1265000円と値段もすごい。



こっちのカラーのほうがカッコイイ。



でも、気になるのは、このファイナル・セローなんだよね。
コメント (2)

DR650RSEのカタログ

2021年01月30日 18時16分51秒 | バイク・旅の話題


ネットを見ていると、DR650RSEのカタログが売りにでているのをみつけた。



私のバイクはDR650RSだが、カタログはDR650RSEのものである。Eはエレクトリック・スターターの略で、セル・モーターがついているモデルなのだ。1992年ころの製品で、このカタログは手に入れたいと思った。



ダイナミック・アドベンチャー、砂漠のインペレーションと題されたカタログには、ビック・ボアのシングル・エンジン。エレクトリック・デコンプ付きのセル・スタート。デジタル・イグニッション。デュアル・バランサー・シャフト。デュアル・エグゾースト・マフラーなどの特徴が紹介されている。私のバイクはキック・スタートだから、このセル付きがうらやましい。



ブラックカラーのカタログ。



こちらは仏語のものだ。



このブルーもいい。



上の英語版と仏語のスズキ・フランスのカタログが微妙にちがうのがおもしろい。
コメント (4)

パーツリスト 

2021年01月24日 14時22分16秒 | スズキDR650RS


バイクのパーツリストが売り出されているのを知って、入手した。元々パーツリストはオーナーズ・クラブのゆーじさんにコピーさせてもらっていた。でも不人気車のパーツリストを買う人なんて、ほかにいないだろうと思ったのだ。私が購入しなければずっと死蔵されたままになるのではないかと。

とどいたリストを見ると、ゆーじさんにコピーさせてもらったものと、年次がちがうようだ。上のコピーさせてもらったリストは1990ー10とあり、下の今回手に入れたものは1989ー11と記されている。



今回買ったもののほうが古いようだが内容は一致している。31のページ。



こちらは17の一致である。



サービス・マニュアルとならべてみた。

コメント (4)

イワタニのカートリッジ・ガス・ストーブ

2021年01月17日 18時45分38秒 | 車・Pキャンの旅


冬の車中泊用にイワタニのガス・ストーブを買った。



カートリッジ式のガスだけでつかえる製品で、電池もいらない。



車内でつかうときに換気が必要だが、とてもあたたかくて便利だ。使ってみた感じでは、-5℃でも着火する。そしてそれ以上の-7℃くらいでは火はつかない。いずれにしてもかなり低い温度から対応してくれるたのもしいストーブだ。



窓を網戸にして換気をしながら、焼肉をしたりしている。


コメント