濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」、独立型ソーラー発電、電気自動車の話題がメイン。理系技術系の話題が多いです。

贅沢な宿の泊まり方(小さな宿に一組貸切)。

2018-11-10 20:25:09 | 乗り物・旅行・グルメ
一般的に旅行ともなると、とかく高価な宿代を支払って贅沢な設備を求めるもの。
高級感を求めるべく、露天風呂・バストイレ付の広い客間・お土産コーナー・遊戯施設・キレイな空間・美味しい食事・丁寧な接客…これらがまず候補に上がるでしょう。
己も家族旅行はじゃらんの口コミを参照しコストパフォーマンスの高い旅館を選びがちでした。

…しかし最近は用務で岐阜県内の旅館に一泊することも多々あります。
プラレールひろば・おもちゃ病院など、有志活動で全て自費ともなると最低予算で贅を排し、内風呂のみ・バストイレなし和室・売店もない館内・質より量の食事…質実剛健を求めます。
当ブログに出た旅館が軒並み該当。昭和の香りを色濃く残した「鄙びた宿」が多く、常連化した今はすっかり馴染んでます(爆)慣れの産物!
表向きより本質を大事にする信条は昭和の日本旅館が自分にくれた賜物。本職がガテン系なので尚更マッチしますw
「日本ボロ宿紀行」「ひなびた宿が好き」等の先達ブログもその良さを教えてくれました。最早バイブル

自分の宿泊に関する贅沢の感覚も変わりました。
客の多い旅館に大枚をはたくより小さな日本旅館に一人または一組の「貸切状態」で格安で泊まるほうがよっぽど贅沢であること。
※先が長くはなさそうでも、自分に合っていれば満足感は格別です。
今年2月の厳冬期に泊まった「下島温泉朝六荘」がその典型。昭和の風情をふんだんに残し、結構広い館内を誰にも気兼ねなく散策できて楽しかったもので。
なんだか童心というか子供の頃に帰った気分になれるのが大きいです。田舎の親戚の家にでも来た気分になれるのがイイ!!
建物も熟成されており、暑さ寒さに苛まれながらも季節を肌で感じさせられる非日常な時間は今や滅多に味わえるものではありません…いかに現代の宿泊施設が人間を軟弱なものにさせているのかよく判る気がします。
しかもそういう宿こそ鮮烈に記憶に残りリピーターになるという「ひなびた宿中毒」にかかってます。
物的ハード面だけでは物足りない。精神的ソフト面だけでも「おもてなしの心」さえあれば、満足できて思い出も楽しくなる…そんな宿が好きです。
どんなに宿が小さくても、従業員が精一杯努めていれば、多少サービスが劣っていても気持ちは伝わりますよ。
※他には飛騨萩原の旅館「萩の里本館/別館」も自分一人の貸切状態で泊まった事があり、館主・女将のもてなしが行き届きビジネス旅館にしては接客サービスがイイ印象を与えてくれました…どっちも昭和時代からの家族経営の宿なのでその意味では同じだと思います。

こんな記事を書いている自分は現代人から見れば相当の変わり者ですが…これが実感だから仕方ない。ワイルドとでも言ってくれぃ!
※もっとも[Get Wild]といわれても昔のTMNの名曲を浮かべるだけですが(爆)
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アイミーブ中古減少! | トップ | WAONとEVとの相性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

乗り物・旅行・グルメ」カテゴリの最新記事